虹プロジェクト 7話。 虹プロジェクトスッキリ7話スター性順位結果とショーケース動画付き

虹プロジェクト9話ネタバレ。TWICEのサナ&モモが遂に登場!|虹プロジェクト非公式ファンブログ

虹プロジェクト 7話

でも、あやかちゃんが そのくらい有名になったら嬉しいですよね。 この方は12人全員の将来について書いていますが、 残念ながら、 ユナ、リリア、あかりは 脱落メンバーだと踏んでいます。 このスレ主さんは、あかりとリリアは そのままJYPに残って次のガールズグループとして デビューするのではと言っていますね。 そしてユナはもしかしたら コマーシャルやモデルの方に移行するかもと言っています。 うーん。 誰がデビューするのかはわかりませんが…。 この虹プロが終わったら、 JYPからガールズグループは しばらく作らないんじゃないかなって思うので 私はこの方とはちょっと違う意見ですね。 ちなみに、私はアカリ、リリア、まゆかが脱落だと予想しています。 (アカリまゆかペンなので、 こうなったらめちゃめちゃ悲しいですが…泣) まゆかは韓国スタイルが似合うので、 韓国グループの日本人メンバーになってほしいなぁぁぁ(願望) にしても、 5年後まで予想されているなんて、期待値がすごい!笑 NiziUについて ちまたでは、デビュー名が NiziUになるのではないかと騒がれていますね。 これは、JYPとソニーミュージックが 商標登録をしたということで噂をされているんですね。 これについてのスレッドが立ち上がっていました。 from このスレ主さんは 嫌いではないが、変だと言っています(笑) コメント欄で、好きかどうかを ディスカッションしているのですが、嫌いという人が少し多いかな?笑 日本人も微妙と言っている人も多いですよね。 ということは…ですよね。 どちらにしてもモヤモヤです(泣) また他のコメントでは、上のコメントとは違って パクジニョンさんが意図的に コメントをしなかったという意見もありました。 その理由としては、 コメントをしなかった メンバーのうち誰をデビューさせるのかが まだ曖昧だったからという風に書かれています。 ユナは今回のパフォーマンスでは弱点が表れてしまった。 リリアは今回のパフォーマンスは素晴らしかったが、 バランス型ということで彼女の持っているものは、 他のメンバーでカバーできる。 あかりはスタミナとボーカルで不安定さが見えてしまった。 まゆかは今回合格点ではあったが、 次のミッションでも自信を持ってできるかどうかをみているのではとのこと。 このコメント者の予想では、 9人目のメンバーでまゆかが選ばれて、 あかりちゃんがサプライズで10番目に選ばれると予想されています。 これが現実になるとどんだけ嬉しいことか。 皆さんはどう予想しますか。 オーディション番組は炎上がツキモノです 今回は、9話を終えた 海外ファンからのコメントを紹介しました!! やはり、9話をみてモヤモヤしているのは、 日本人だけではないようですね(笑) 個人的には、 視聴者投票とか リアルタイムでデビューメンバーが 決定するのが今までのオーディションスタイルだったので、 それがない分、情報の流出や意図的な編集が 多くなってしまったんじゃないかなと感じます。 まあでもオーディション番組は荒れるものなので(笑) そこは仕方がないかな。 デビューメンバーが決まったら一喜一憂もあると思いますが、 虹プロの練習生をこれからも全力で応援していきたいなと思います。 ではまた Makka.

次の

【虹プロジェクト】シーズン1・第7話のネタバレ!出演者一覧とスター性オーディションの画像・macdonald.360heros.comの評価コメントなど!

虹プロジェクト 7話

Sponsored Link 【虹プロジェクト】ファイナルのチーム分け こうやって見るとミイヒちゃんの足の細さも目を引くが、マコちゃんの信じられないストレートすぎる美脚やばくないですか? マコちゃん服装で隠れているけどめちゃめちゃ華奢だと思います😂 虹プロ スッキリ ファイナル — ちび nijijigo 韓国合宿では個人レベルテスト・チームミッション・3チームバトルそれぞれのミッションを終え、残すところはファイナルミッションだけとなりました。 ファイナルステージのミッションは2チームのバトルです。 ステージの上で楽しむことを誰よりも忘れてないリマさん。 高音の歌声が安定の高評価ですが、ダンスの成長が課題のニナさん。 とにかく可愛く韓国合宿ではセクシーさも見られたミイヒさん。 前回のチームバトルミッションではカッコよく自分を表現したマユカさんの6人のチーム構成になっています。 もういつでもデビューできそうな実力派で構成されています。 ダンスだけでなく歌も更に磨きがかかったリオさん。 個人ミッション最下位から一気に力を付け、存在感を見せたアカリさん。 感覚もよく歌にダンスに成長著しいリリアさん。 ダンスの精度も凄くかわいいルックスで人気のアヤカさん。 こちらも実力ある6人のチームとなっています。 ・JYParkさんの作った虹プロジェクトのデビュー曲となるオリジナル曲。 の2曲だと分かりました。 同じ曲でチームで競い、テーマやカラーの違う曲で更に審査をするとは、オーディションを熟知したJYParkさんの考える事は凄いですね。 オリジナル曲だと曲の潜在的なイメージもなく、各チームの個性を存分に出すことができますね。 デビュー人数も決まっていないと言い続けてきたJYParkさんですが、これは12人揃ってのデビューも見越してのパフォーマンスなのかな?とも感じてしまいました。 誰がデビューメンバーに選ばれるのか、パフォーマンスを早く見たい気持ちでいっぱいになります。 ファイナルステージ1回戦・オリジナル曲対決 Can you feel my heartbeat? ファイナルステージ — 🌈アレク🍓 Ashexailala 虹プロジェクトファイナルはJYParkさんがメンバーのイメージに合わせて書き下ろした曲で2チームが2回対戦します。 自分のチームのカラーを一番うまく表現したチームがいい評価をもらえる事になります。 マコチームのパフォーマンス マコチームの為に作られた曲名は『虹の向こうへ』。 各チームのイメージに合わせて作った曲を初めて聴いた時の練習生は、曲のかっこよさや人生初の自分たちの為に作られた曲に喜びます。 明るくエネルギッシュなイメージで、アップテンポのかっこいい仕上がりになっています。 マコチームのパフォーマンスは 一人一人が実力を出すことができるのか? 今まで磨き上げてきたものを思いっきり見せる事ができるのか? 生き生きとしたパフォーマンスが出来るのか? という点に注目が! マコさんを中心としたチームは緊張の高まる中、高難易度のダンスや歌のパフォーマンスを見せました。 評価 Nizi Project Part2 ファイナルバトル Mc サナ 特別審査員 モモ ウヨン 現在のキューブ獲得 マコチーム マコ3,リリア1,ユナ1,リオ3アカリ2,アヤカ2 マヤチーム マヤ3,ミイヒ3,リク2,ニナ3,マユカ2,リマ3 — Nizi Project Japan Fan Base NiziProjectJFB TWICEモモさんの評価 ここまでのパフォーマンスを見せてくれた練習生を誇りに思う。 マコさんについては、練習生のレベルではない仕上がりで歌もダンスも素晴らしいが特に歌を褒めたい。 マコさんに劣らず練習生のレベルではないダンスを見せたリオさんも、課題だった歌も上手だった。 6人の中で一番実力が劣っていたアヤカさんも成長が著しい。 あとの3人も上手だったけれど、最初のパフォーマンスで緊張がもったいなかった。 マコさんについては、チームを支えリーダーとしても評価されました。 緊張することなく次の対戦では心から楽しんで欲しいと、さらに良いパフォーマンスを期待した評価をしたのでした。 緊張による悔しさが残ったマコチームのパフォーマンスでした。 マヤチームのパフォーマンス マヤチームの為に作られた曲名は『BoomBoomBoom』。 各チームのイメージに合わせて作った曲を初めて聴いたメンバーは、カッコよくてGiRlCrushな曲で好きな曲で挑戦してみたい曲と喜びます。 また逆に今までに挑戦した事のないタイプの曲だと不安がっているミイヒさんの表情も印象的でした。 マヤチームの曲は自分を貫く意志や決意を表現した曲となっています。 マヤチームのパフォーマンスは チームとしてはマヤチームの方がマコチームより上手だった。 でもそれはチームにキューブを3つ持つメンバーが4人もいるマヤチームとしては当然の事。 マコチームには飛びぬけて上手いA+評価のメンバーがマコとリオの2人いたけれど、マヤチームにはそういう存在がいなかった。 リマとリクがA+には届かなかったけれど動作を大きく早く出来ていて、力を抜いた状態でダンスができていて良かった。 更にマヤさんは上手にしようとして力が入りすぎている事を指摘されます。 ニナさんもダンスが苦手という意識から力が入りすぎているけれどもう大丈夫だから自信を持ってとアドバイス。 そして話はミイヒさんに。 ミイヒさんは韓国合宿個人ミッションで1位になってから、自信を持って実力を発揮する事ができていない。 だけどミイヒさんが自信を持ってパフォーマンスができればミイヒさんに勝てる人はいないと笑顔でアドバイスします。 最後のステージでは楽しんで思いっきりパフォーマンスをしてと激励されるのでした。 このように2チーム共に緊張しているとの指摘を受ける事に。 審査結果 両チームのパフォーマンスが終わり、審査委員長のJYParkさんとウヨンさん、モモさんにによる審査が。 勝利したのはマヤチーム! 発表された時のマヤチームの練習生は信じられないという表情を浮かべながら、勝利を喜びます。 マヤさんもまさか勝てるとは・・・とコメントし、今までの緊張が急にこみ上げたように涙を浮かべます。 そして次の舞台では指摘された部分をすべて直して楽しんで、また勝利できるように頑張りたいとも語りました。 JYParkさんはマコチームを、ウヨンさんとモモさんがマヤチームを選んだという事でマヤチームの勝利となったこの対戦。 JYParkさんはマヤチームの潜在能力を知っているので、緊張により力を出し切れなかった事を残念に感じたのですが、ウヨンさんとモモさんは客観的にチームを見てそうなったと審査内容を付け足しました。 そしてJYParkさんは最後のパフォーマンスは思い切り楽しんで! と練習生に笑顔で激励するのでした。 見ていてどちらのチームも素晴らしいパフォーマンスだと思いましたが、練習生は評価され審査する方は選ばないといけないし、順位を付けなければいけない。 その双方の緊張も伝わりますね。 【虹プロジェクト】ファイナルステージ2回戦・デビュー曲同曲対戦 ファイナルの衣装がアヤカの身長やスタイルが引き立っててめっちゃいい。 オリジナル曲なので、音源だけで見本とするパフォーマンスがないのは1回戦と同じです。 両チームとも曲の解釈や個性が違うので、同じ曲でも全く違ったパフォーマンスになるのではという期待が高まります。 2回戦では、このデビュー曲となるオリジナル曲をいかにうまく表現するか? 練習生の為に作った曲なので、一番自分らしい姿を見せなければいけない。 同じ曲で対戦する事により、比べられそうで怖いといった気持ちも。 という所がいい評価を受けるポイントとなっています。 JYParkさんの作った2回戦の曲名は『Make you happy』 作詞作曲共にJYParkさんが作られています。 マコチームのパフォーマンス 練習生もとにかく明るく、ダンスが上手い子が集まっているのでパワーで見せたい。 そう語るリーダーのマコさんを中心に、練習時間以外でも細かい所を調整しチームワーク抜群の仕上がりに。 トレーナーにも凄くよく練習したと高評価を受け、絶え間ない練習の成果を見せます。 そして迎えた本番。 一回戦で緊張を指摘されたメンバーですが、二回戦のパフォーマンスはまるで別人のような一人一人が堂々と、自分らしいパフォーマンスを見せました。 一回戦よりはるかに良かったと呟くウヨンさん、全然違うと驚きの声をあげるモモさん。 審査前にもそういう一言がもれる程の素晴らしいパフォーマンスでした。 評価 TWICEモモさんの評価 このパフォーマンスは今期待できる最高のパフォーマンス。 チーム6人が本当に1つのチームに見えた。 マコのいるチームはいつもチームワークが素晴らしかった。 このステージではみんな褒めてあげたい。 他の参加者のお手本になってプロジェクトの力になりこのプロジェクトの力になった優れたリーダーシップのマコさんへの高評価はマコさんにとっても何より嬉しい事ですよね。 ユナさんには緊張していて上手くできない事もたくさんあったけど、パワフルな歌声でていて本当に嬉しかったと自分のパフォーマンスを見せる事ができたユナさんも高く評価しました。 リリアさんはとても速く素早いパワフルさ、アカリさんは明るくて元気な姿が見えたとそれぞれを評価します。 そしてこのステージで一番良かったパフォーマンスはリオさんのパフォーマンスだとJYParkさんは続けます。 歌の成長のレベルが期待以上で表情とダンス全部が生きていると絶賛します。 見ていて本当に素晴らしいパフォーマンスでかわいいとパワフルの両面から素晴らしパフォーマンスで、JYParkさんからもみんな上手だったと評価を受けホッとしましたね。 マヤチームのパフォーマンス ボーカルやラップが強みでバランスのとれたチームでマコチームとは違う輝きを放つマヤチーム。 ですが、 マコチームに比べるとパワーが足りないとトレーナーに指摘。 ポイントもないし力がなさそうと比較をされる事にプレッシャーを感じてしまう場面も。 そんな時リーダーのマヤさんを中心に一人一人の応援歌でもあり聴いてくれる人に元気を与える曲でもあるからこそ、自分たちの半年間頑張ってきた感情をこめて届けよう。 みんなに元気とハッピーとポジティブな力を与えるという気持ちを再確認し不安を払拭します。 マヤさんもマコさんもチームリーダーとして本当に素晴らしい役目を果たしてきましたね。 そして迎えた本番のパフォーマンス。 緊張や不安を吹き飛ばし、各自の魅力を全部出し切ったキラキラと輝くパフォーマンスになりました。 評価 TWICEモモさんの評価 短期間でここまでのパフォーマンスに仕上げたマヤチームに6人全員本当に上手だった。 マヤさんは本当に自分の曲のように自信を持ってこの曲のすべてを表現できた事がたくさん練習してどれだけ成長したのか証明してくれた。 この曲のパフォーマンスだけではリクさんが最高で歌もダンスも上手で指摘するところが見つからない。 とチーム全体の仕上がりを高く評価します。 また韓国合宿がで忘れられないのが個人ミッションでのミイヒさんの『Nobody』だと話すJYParkさん。 ミイヒさんの才能と可能性はどこまで伸びるのかもっともっと成長してほしいという気持ちが強くなったと、ミイヒさんの才能と可能性を認め、高く評価します。 リマさんは課題だったラップの典型的な表現が全くなくて、完全にスターのように見えキラキラと輝いていたと絶賛。 マユカさんには心からダンスを楽しんでいて良かった歌も安定していて上手だった。 特に良かったのはラップで速いリズムがすべて正確だったとこちらも高評価。 ニナさんには歌のレッスンも受けていなかったところから期待していた最高レベルまで来たと全員に対して良かった事をにこやかに話しました。 このようにどちらのチームにも高評価をしたJYParkさんなのでした。 練習生が実力を出し切れた2回戦でした。 審査結果 ウヨンさんはマヤチームに、モモさんはマコチームに。 勝利チームの選択が分かれJYParkさんがどちらのチームを選択するのか、注目が集まりました。 そしてJYParkさんはわずかな差であると言い、マコチームを選択します。 現在キューブを3個持っているメンバー.

次の

(虹プロ7話)新井彩花のプロフィール!天然で可愛い性格や魅力をまとめた!

虹プロジェクト 7話

幼稚園の年長から小学校6年生まで空手を習い、3段を所有しているといいます。 ギャップを狙ってスター性評価には空手を披露しようと思ったのだとか。 合否結果 合格 プロデューサー パクジニョン氏評価 僕たちがわからない分野だとしても、とても優れているということが感じられました。 始まった瞬間に表情が変わりましたが、本当に驚きました。 本当にリクさんの中の新しい一面、リクさんを司会できたしもっと知れたように思う。 劇画の主人公のようでした。 ミイヒの魅力を最大限に魅せてくれたパフォーマンスだった。 視聴者がこのパフォーマンスを見たらこの容姿でドラムを叩く姿にとても驚く。 虹プロの最新情報を見るにはHuluしかないです。 Huluはダウンロードできるからスマホ代気にしなくて済みます。 1アカウントで視聴台数の制限が無し!同時間帯は1台のみです。 2週間無料で見れるからシーズン1から全部観れちゃう。 曲において一番大事なのは意図です。 ラジオ番組においてオープニング曲はオープニングとして、BGMはBGMとしての役割を果たすことがそれぞれの持つ意図なんですよね!本当にラジオ番組が好きなようですね、それができていました。 14歳でここまでの曲が作れるなんて。 プロではないので少し粗っぽいけど、それでもここまでのものを作れたということに驚きました。 そしてこのスター性という課題が与えられた時、BGMまで自分で作ってラジオ番組をすると考えたことにびっくりしました。 歌も本当に上手だった。 3年間のテニス経験があるアヤカちゃん。 友達から少し変わっていると言われるので、少し変わったテニス講座をしてみようと思ったようです。 途中からテニスラケットをマイクにしてTWICE「CHEER UP」でダンス披露。 合否結果 合格 プロデューサー パクジニョン氏評価 スター性評価がどうなったら成功かというと、パフォーマンスをする前よりした後にその人をもっと好きになったら成功です。 みなさんアヤカさんが前よりもっと可愛く見えますか?もし今後アヤカさんが有名になったら今のこの映像がファンたちの間で有名になると思います。 今回のスター性評価ではキッチン道具とともにエプロン姿で登場! 合否結果 プロデューサー パクジニョン氏評価 美味しそうな匂いのでいで評価ができない 笑 本当に印象的で魅力を焚きうさん表現できたと思います。 一番ナチュラルで魅力的に見えました。 普段のキョウカさんそのままの姿だったと思います。 ダンスと料理のタイミングを計算するためにはすごく練習が必要だったと思います。 それも印象的でした。 スター性審査内容 CHEER UPトッポギのパフォーマンス トッポギを作りながらパフォーマンスをするというもの 使用曲:TWICE「CHEER UP Japanese ver. 7話では放送されず、またまたお預け状態…。 次回の8話で放送されますかね。 期待して待ってみましょう。 今回はスッキリ放送分も含めたので7話には無い内容、例えばグループパフォーマンスのショーケースに関する事や、TWICEのモモとサナの登場だとか、そんな事も書きましたが、それらはおそらく次週8話と被ってくるかと思います〜。 7話では多くのメンバーのスター性評価が行われたので、8話はきっと、スター性評価は前半で終わりで、後半はTWICE登場のグループパフォーマンスが行われるんじゃないかな〜と予想中。

次の