小南 朝ドラ。 朝ドラ「エール」の強力助演女優・小南満佑子 「音楽の力で多くの方に元気になって頂きたい」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

小南満佑子のwikiプロフィール!大学やイケメン兄についてもチェック!

小南 朝ドラ

俳優の窪田正孝さん主演で、3月30日にスタートする2020年度前期の連続テレビ小説(朝ドラ)「エール」に、ミュージカルを中心に活躍する俳優の柿澤勇人さん、女優の井上希美さん、小南満佑子さんが出演することが3月19日、明らかになった。 同日、ドラマの公式ホームページで発表された。 柿澤さん、井上さん、小南さんが朝ドラに出演するのは今回が初。 柿澤さんは藤山一郎さんがモデルのコロンブスレコードの歌手・山藤太郎、井上さんは裕一(窪田さん)作曲の「船頭可愛や」を歌う芸者で歌手の藤丸、小南さんは音(二階堂ふみさん)の良きライバルとなる東京帝国音楽学校の声楽科の生徒・夏目千鶴子を演じる。 制作統括の土屋勝裕チーフプロデューサーは、「今回発表する出演者の皆さんは、とにかく歌がうまい! 東京に出てきた裕一と音が出会う、一流の音楽の才能を持った人です」といい、「音楽を志すもの同士として仲間になり、良きライバルとなっていきますが、皆、一筋縄ではいかない個性的な面々。 裕一と音の人生に大きな影響を与えていきます」と説明する。 「お芝居はもとより歌が得意な俳優のそろい踏み」と表現しており、「皆さん、ミュージカルの第一線で活躍されている俳優たちですが、他にも『エール』には、山崎育三郎さん、吉原光夫さん、古川雄大さんと、ミュージカル界からたくさんのキャストに参加していただいています。 実は、古山裕一のモデルとなった古関裕而さんは、日本での本格的なミュージカルの黎明期に、数多くの舞台の音楽監督を務め、日本のミュージカル発展に大きく貢献しました。 そんな日本ミュージカルのDNAを引き継いだ俳優の皆さんが加わって、『エール』はどんどん豪華に、ますます面白く盛り上がっていきます。 どうぞ、お楽しみに!」と視聴者に呼びかけている。 「エール」の主人公は、福島県の作曲家・古関裕而(ゆうじ)さんがモデル。 古関さんは全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、プロ野球・阪神タイガースの応援歌として知られる「六甲おろし」を手がけたことでも知られる。 ドラマは昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲を数々生み出した作曲家、裕一(窪田さん)とその妻・音(二階堂さん)の物語となる。 私が演じさせていただく藤丸にとって、音楽は救いであり、生き甲斐であり、苦しみでもあります。 ですが、どんな時でも前向きに、自分らしく生きている藤丸から、私は日々の彩りと生きる力をもらっています。 「エール」と藤丸に私を導いてくださったみなさま、ありがとうございます! ちょっと、いや、随分と「個性的」な役ですが、ひたむきに、精いっぱい藤丸を生きてまいりますので、どうぞ、温かく見守っていただけたら幸いです。 僕が演じる山藤太郎役は藤山一郎さんがモデルとなる人物。 昭和の偉大な名歌手です。 まさか自分がそのような偉大な方を演じるとは思ってもなく驚きました。 「丘を越えて」「長崎の鐘」を歌うにあたり、撮影に入るまでに何度も藤山さんの歌唱や発声を勉強して現場に臨みました。 窪田さんとは数年ぶりの共演ですが、窪田さんがいるだけで現場の雰囲気が温かく、和やかになるのがとても印象的でした。 古山裕一に少しでも良い影響を及ぼせるよう、そして作品に貢献できるよう、努めたいと思います。 私自身、10歳から声楽を学び世界を目指して勉強してきましたので、この役に運命を感じ、感謝の気持ちでいっぱいです。 最初はツンとした千鶴子ですが、音さんとの出会いによりたくさんの刺激を受け次第に歌手として、人としても成長していきます。 劇中では、いくつかオペラアリアも歌います。 2020年の日本の朝に音楽の力でたくさんの方へエールを送らせていただければと願っています。

次の

エール:次期朝ドラにミュージカルスター続々 柿澤勇人、井上希美、小南満佑子が朝ドラ初出演

小南 朝ドラ

小南満佑子さんのプロフィール まずは簡単に、小南満佑子さんのプロフィールからご紹介しましょう。 名前:小南満佑子 こみなみ まゆこ 生年月日:1996年8月10日 年齢:23歳 出身地:兵庫県神戸市 身長:166cm 活動期間:2015年~ 事務所:ホリプロ 主な出演作品:レ・ミゼラブルなど 趣味:神社仏閣巡り、舞台や演劇鑑賞 特技:英会話、オペラ、ダンス 出身高校:兵庫県立西宮高校 音楽科 出身大学:東京音楽大学 声楽専攻 小南満佑子さんは、高校では音楽科を卒業しており、大学では音楽大学で声楽を専攻していました。 現在は舞台やミュージカルをメインに活動しており、テレビへの出演は朝ドラ「エール」が最初になります。 「エール」では、東京帝国音楽学校声楽科の生徒を演じており、上級生役で出演している山崎育三郎さんとのデュエットも、見所の1つとなっています! 小南満佑子さんの家族について 小南満佑子さんには、舞台俳優の兄、小南竜平さんがいます。 年齢は10歳上とのことなので、結構離れていますね。 お兄さんも舞台俳優なので、小南満佑子さんと同じです。 小南満佑子さんに彼氏はいるの? 小南満佑子さんは、現在23歳。 恋愛が楽しい年頃ではありますが、彼氏についての情報は見つかりませんでした。 大学を卒業したばかりですし、どうなんでしょうね? もしかすると彼氏がいるという可能性もありますが、個人的には彼氏はいないのではないかな?と思います。 理由として、• 仕事が忙しいこと• お兄さんとカフェ巡りなどをしていること が挙げられます。 小南満佑子さんがミュージカルなどに本格的に出始めたのは、2015年。 まだ活動を始めて5年目です。 今までは高校や大学などの学業が優先だったと思いますが、大学を卒業した今はお仕事を優先することができますよね。 朝ドラ「エール」への出演も決まりましたし、普段テレビばかりで舞台やミュージカルは観ないという人にも、顔と名前を覚えてもらえるチャンス! 今後のためにも、今は恋愛よりも仕事を優先にしているのではないでしょうか。 また、小南満佑子さんのインスタでは、たびたびお兄さんの小南竜平さんが登場します。 お兄さんのおすすめのカフェをめぐるなど、彼氏がいたら彼氏とやりそうですよね? カフェ巡りをお兄さんとしているということからも、彼氏はいないのではないかな?と思います。 小南満佑子さんの歌声をチェック! 小南満佑子さんは東京帝国音楽学校声楽科の生徒という役どころですが、歌声は本物なの?と思っている人もいます。

次の

エール夏目千鶴子(小南満佑子)の実在モデルは?歌声が綺麗と話題!

小南 朝ドラ

小南満佑子(こみなみ まゆこ)プロフィール 生年月日:1996年8月10日(23歳) 出身地:兵庫県西宮市 身長:166cm 趣味:神社仏閣巡り、舞台・映画鑑賞 特技:英会話、オペラ、ダンス 所属事務所:ホリプロ 活動開始:2015年 生まれは兵庫県神戸市東灘区(ひがしなだく)ですが、育ちは神戸市のお隣で大阪府に近い 西宮市だったようです。 小南満佑子さんは、幼少期に音楽やダンスなどに興味をもち、クラシックバレエやジャズダンス、タップダンスのスタジオに通って習っていました。 バレエは、西宮市内にある バレエ教室「永井エコール・ド・バレエ」で習っていたそうですね!(参照:) 現在は、主にミュージカル女優をしていますが、初めてミュージカルに出演したのは 小学4年生の時。 その時に、「もっと歌がうまくなりたいと思い」、クラシックの声楽を本格的に始めたんだとか! 3月に大学を卒業したばかりで、朝ドラ「エール」でテレビドラマデビューしています^^• 小学校:?(兵庫県西宮市内?)• 中学校:?(兵庫県西宮市内?)• 高校:兵庫県立西宮高等学校・音楽科(声楽専攻)• 大学:東京音楽大学・音楽学部(声楽専攻) 小南満佑子さんが好きで憧れていた映画やミュージカルは「 レ・ミゼラブル」、コゼットという登場人物に憧れを持っていました。 高校3年生の時に、2015年版ミュージカル「レ・ミゼラブル」のオーディションに応募しコゼット役は落選しましたが、アンサンブルキャストとして採用されて芸能界デビューを果たしています! 2015年4月〜9月まで「 レ・ミゼラブル」に出演、2016年2〜3月までは「 Endless SHOCK」(Kinki Kidsの堂本光一さん主演のミュージカル)に出演し、学生時代から多忙だったようですね。 いよいよ社会人。 もし、留年や休学をせずに高校・大学(4年制)を卒業していたら22歳で卒業かと思いますが、小南さんは学生時代、ミュージカル出演で多忙だったため、 留年・休学をしていた可能性が考えられるかもしれません。 東京音楽大学は卒業実技試験もあり、卒業するのも難しそうですね〜。 レ・ミゼラブル(2015年4月-9月) アンサンブルキャスト• レ・ミゼラブル(2017年5月-10月) コゼット役• レ・ミゼラブル(2019年4月-8月) コゼット役• Endless SHOCK(2016年2月-3月) リカ役• ポストマン(2017年12月) 美月・ソフィア役• タイタニック(2018年10月) ケイト・マクゴーワン役• イノサンmusicale(2019年11月-12月) マリーアントワネット役• アリージャンス〜忠誠〜(2021年3月) ハンナ・キャンベル役 レ・ミゼラブルのコゼット役は映画だとアマンダ・セイフライドさんが演じていて物語の中でも主要なキャラクターですよね。 アマンダセイフライドさんは画像右下の女性() インスタグラムでも熱い想いをつづっていました!.

次の