宝徳 寺 桐生 市。 【宝徳寺】アクセス・営業時間・料金情報

宝徳寺(群馬県桐生市)の座禅会【くちコミ付き】

宝徳 寺 桐生 市

6月より観光参拝、御朱印も通常対応とします。 御朱印受付は午前9時~午後4時、但し、火曜日、金曜日はお休みです。 当県の社寺におきましては新型コロナ ウイルスによる感染者並びに クラスターの発生は一件も起こって おりません。 引き続き宝徳寺では感染予防に全力で あたる所存ですので安心してご参拝 いただきますようお願い申し上げます。 お知らせ 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として受付所にはアルコール消毒液を設置、密集しないよう順番にお一人ずつ受付するようお願いしております。 「参拝された方々の思い出に残るよう個性的なご朱印」をお書きしております。 御朱印希望者が多い場合、週末などお一人様1枚など数量制限することもございますのでご理解願います。 また、受付が混雑し、お待ちいただく時間が長くなると判断した場合は、御朱印帳をお預かりして郵送対応とさせていただく場合もございます。 基本御朱印 基本御朱印 片面 基本御朱印 見開き お誕生日御朱印 お誕生日の方はお申し出いただければ、お誕生日御朱印をお書き致します。 1枚と、見開きの2種がございます。 季節の御朱印(参考) わんちゃん健康長寿御朱印(書置きのみ) ご希望によりわんちゃんのお名前を書き入れします 御朱印対応について 上記掲載御朱印が基本内容となります。 来寺参拝者のみ授与(御朱印帳記載)致します。 宝徳寺御朱印スタッフ一同、皆様のおまいりをお待ち申し上げております。 但し祝日の場合は受付致します。 【お知らせ】 御朱印に関するお電話やメールなどでのお問合せは一切受付けておりません。 お電話で非常識な時間にご連絡してくる方や、何度もお問合せする方など、寺院運営に支障がでています。 ご注意事項やルールをお守りください。 お電話やメールでの御朱印に関するお問合せは不可。 ・御朱印の郵送対応はいかなる理由があっても対応致しません。 ・限定、月参り御朱印など期間外での授与は致しません。 ・御朱印の取り置きなど一切致しません。 ・御朱印は本人に授与するものです。 よって代理で依頼された御朱印帳への記載は不可。 ・書き置き御朱印を当寺院にて御朱印帳に貼りつけることはしておりません。 ・御朱印の受付時間は、午前9時より午後4時までとなります。

次の

御朱印

宝徳 寺 桐生 市

群馬県桐生市 宝徳寺 群馬県桐生市 宝徳寺 宝徳寺 群馬県はいろいろな寺のある素晴らしい街です。 実は、美しい花の「ボタンを紹介」していますが、ここにも名寺があることを知りました。 とにかく群馬県の赤城山の山麓地域には、沢山の自然があって花を観賞するのには大変です・・・一度に開花してしまうからです! ゴールデンウィーク(5月上旬)には境内にある数百株のぼたんが咲き始めます。 石庭と山々の新緑、ぼたんと和傘のコントラストを是非お楽しみ下さい 花の寺ばかりでなく、その他いろいろな行事をやっている寺です。 また、 いろいろな行司もやっています。 例えば、 「宝徳寺座禅会」のご案内 ・・・宝徳寺では下記の通り毎月第一日曜日早朝に座禅会を行っております。 当山の場所は桐生城(柄杓山城)の裏側に位置し、名久木の砦の入口を見渡す所にあります。 これは城の裏口を護るための要害としてこの場所を選び建てられま した。 天正元年に桐生佐野家が太田の由良家に滅ぼされると、当山は保護者を失い荒廃してしまいました。 しかし地域の人々の力により、再び隆盛となり江戸中 期には当山17世の天渓和尚が大本山建長寺186代管長を務めました。 また明治初年には大間々第一分校(現桐生市立川内北小学校)が当山において開校され ました。 京都大仏師 村田岱觀師により樹齢300年からなる木曽天然桧を用いて5年の歳月をかけ制作されました。 平成14年に大本山建長寺管長導師のもと、50有余人の和尚方によって開眼法要が営まれました。 方丈前は石庭(枯山水)庭園になっています。 枯山水とは、室町時代の禅院の「作庭様式」の一つで、水を用いずに、石・砂などにより自然の生命を表現する庭 のことです。 当山の枯山水庭園は、正面に野趣に富んだ山肌を借景とし、朝には太陽、夜は月さえも庭園の一部に取り入れてしまい、宇宙の森羅万象を写してみ ることができます。 方丈脇には枯山水とは異なり、滝と池からなる山水庭園があります。 静寂な禅の庭は壮大な宇宙感と融け合い、時代を超えて我々の心と対話し続けています。 ・・・・といった注意書きがあります。 「ぼたん祭り」が春には行われます。 宝徳寺境内では「百花の王」といわれる ぼたん数百株が美しい花を咲かせます。 ぼたんには赤、紫、白の和傘がかけられます。 石庭と山々の新緑、 ぼたんと和傘のコントラストはまさに花浄土、ぜひお楽しみ下さい。 また、 宝徳寺ぼたん祭り さこ みちよ「 トーク&歌謡コンサート」も行われたそうです。 また、本年は赤澤圭子氏指導の絵手紙・水彩画教室の作品展を同時開催いたします。 素敵な絵約70点が5月10日迄展示されます。 こちらも合わせてお楽しみ下さい。 ・・・というようにいろいろな行事が行われています。 「紅葉祭り」 が、秋には行われます。 宝徳寺の境内や周辺の山々は、赤や黄色に彩られ紅葉 浄土の 世界が広がります。 秋の一時をお楽しみ下さい。 紅葉見頃:11月中旬~11月下旬 「厄除け・祈願のご案内」 ・・・宝徳寺では、下記のご祈願を受け付けています。 前橋市、高崎市、太田市、伊勢崎市、みどり市などからも大勢いらしてます。 ぜひご来山下さい。 家内安全、厄災消除、方位除災、無病息災、 当病平癒、交通安全、学業成就、発育健全、 商運隆昌、ボケ封じ、ポックリ大往生 などの祈願です。 半僧坊大祭 「厄除け祈願」のご案内 大根焚き祈願・人形供養・・・・半僧坊大祭では、本堂にて厄除け祈願法要をおこない、境内ではこの一年を 大きな 根をはって、健康で幸せに送れるよう「幸福を招く大根焚き祈願」をおこない参拝者に振る舞います。 特別祈祷のあつあつの大根を味わっていただき、無病息災、開運招福をお祈りしに出かけてみてはいかがですか。 当日は 人形供養とお焚き上げを併せて行います。 「平泉 中尊寺蓮 泰衡が蓮」・・ 宝徳寺では平成22年5月10日平泉の中尊寺様より「中尊寺蓮」を株分けしていただきました。 この蓮は藤原四代泰衡の首桶(くびおけ)から見つかった種を現代の技術で再生し800年ぶりに開花させたものです。 この夏に花を咲かせると思います。 平安の香りを漂わせた中尊寺蓮をぜひ見に来てください。 「硫黄島から帰った日章旗」 平成19年8月、総代の今泉喜久司氏より当山に日章旗が納められました。

次の

「宝徳寺(ほうとくじ)」ってどんなとこ? 新緑・紅葉の床もみじの特別公開/御朱印の受け渡し/風鈴まつり/境内の様子/駐車場/アクセス方法をチェック

宝徳 寺 桐生 市

6月より観光参拝、御朱印も通常対応とします。 御朱印受付は午前9時~午後4時、但し、火曜日、金曜日はお休みです。 当県の社寺におきましては新型コロナ ウイルスによる感染者並びに クラスターの発生は一件も起こって おりません。 引き続き宝徳寺では感染予防に全力で あたる所存ですので安心してご参拝 いただきますようお願い申し上げます。 お知らせ 新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として受付所にはアルコール消毒液を設置、密集しないよう順番にお一人ずつ受付するようお願いしております。 「参拝された方々の思い出に残るよう個性的なご朱印」をお書きしております。 御朱印希望者が多い場合、週末などお一人様1枚など数量制限することもございますのでご理解願います。 また、受付が混雑し、お待ちいただく時間が長くなると判断した場合は、御朱印帳をお預かりして郵送対応とさせていただく場合もございます。 基本御朱印 基本御朱印 片面 基本御朱印 見開き お誕生日御朱印 お誕生日の方はお申し出いただければ、お誕生日御朱印をお書き致します。 1枚と、見開きの2種がございます。 季節の御朱印(参考) わんちゃん健康長寿御朱印(書置きのみ) ご希望によりわんちゃんのお名前を書き入れします 御朱印対応について 上記掲載御朱印が基本内容となります。 来寺参拝者のみ授与(御朱印帳記載)致します。 宝徳寺御朱印スタッフ一同、皆様のおまいりをお待ち申し上げております。 但し祝日の場合は受付致します。 【お知らせ】 御朱印に関するお電話やメールなどでのお問合せは一切受付けておりません。 お電話で非常識な時間にご連絡してくる方や、何度もお問合せする方など、寺院運営に支障がでています。 ご注意事項やルールをお守りください。 お電話やメールでの御朱印に関するお問合せは不可。 ・御朱印の郵送対応はいかなる理由があっても対応致しません。 ・限定、月参り御朱印など期間外での授与は致しません。 ・御朱印の取り置きなど一切致しません。 ・御朱印は本人に授与するものです。 よって代理で依頼された御朱印帳への記載は不可。 ・書き置き御朱印を当寺院にて御朱印帳に貼りつけることはしておりません。 ・御朱印の受付時間は、午前9時より午後4時までとなります。

次の