メディカル プラザ 札幌 健 診 クリニック。 医療法人社団 光星 メディカルプラザ札幌 健診クリニックの求人

女性のための健診|メディカルプラザ札幌健診クリニック

メディカル プラザ 札幌 健 診 クリニック

子宮頸部細胞診• 子宮がん検診では、まず内診をします。 内診は、膣の中に指を入れ、子宮口の状態を触診し、もう片方の手で、お腹の上から子宮底 子宮の一番てっ辺の部分 を触り、大きさや形 筋腫などの有無なども含む を大まかにチェックします。 次にクスコ 膣鏡 という器具を膣の中に入れ、子宮口の状態 ポリープやびらんなど を眼でみて観察します。 そして、子宮頸部細胞診ですが、これが子宮頸がん検査のメインになるもので、子宮口の細胞をブラシで擦り取って顕微鏡でみる検査です。 細胞が取れないと意味がないので、ある程度力を入れて擦るため、痛みや違和感を感じる方もいますが、一般的には痛みは殆どありません。 検査のあと出血が見られる事がありますが、数日で治まりますので心配はいりません。 マンモグラフィは乳房を片方ずつ、装置の撮影台と透明なプラスチックの板ではさんで、乳房を平らにして撮影します(圧迫)。 圧迫して乳房を平らにすると、撮影の時に少ない放射線量での撮影が可能になり、かつ、綺麗な画像で診断が可能になります。 圧迫の際に、痛みを伴うことがあります。 その時は我慢せず「痛いです」と検査担当技師に伝えて下さい。 また、胸に「しこり」がなく安心しているかもしれませんが・・・中には「しこり」が出来ないタイプのがんもあります。 近年は、この自分ではわからないタイプのうち、「しこり」になる前の「石灰化」と呼ばれるタイプが増えております。 これはマンモグラフィでしか発見出来ません。 この状態のうちに発見することがとても大切ですので、積極的に検診を受けられることをお勧めします。

次の

女性のための健診|メディカルプラザ札幌健診クリニック

メディカル プラザ 札幌 健 診 クリニック

子宮頸部細胞診• 子宮がん検診では、まず内診をします。 内診は、膣の中に指を入れ、子宮口の状態を触診し、もう片方の手で、お腹の上から子宮底 子宮の一番てっ辺の部分 を触り、大きさや形 筋腫などの有無なども含む を大まかにチェックします。 次にクスコ 膣鏡 という器具を膣の中に入れ、子宮口の状態 ポリープやびらんなど を眼でみて観察します。 そして、子宮頸部細胞診ですが、これが子宮頸がん検査のメインになるもので、子宮口の細胞をブラシで擦り取って顕微鏡でみる検査です。 細胞が取れないと意味がないので、ある程度力を入れて擦るため、痛みや違和感を感じる方もいますが、一般的には痛みは殆どありません。 検査のあと出血が見られる事がありますが、数日で治まりますので心配はいりません。 マンモグラフィは乳房を片方ずつ、装置の撮影台と透明なプラスチックの板ではさんで、乳房を平らにして撮影します(圧迫)。 圧迫して乳房を平らにすると、撮影の時に少ない放射線量での撮影が可能になり、かつ、綺麗な画像で診断が可能になります。 圧迫の際に、痛みを伴うことがあります。 その時は我慢せず「痛いです」と検査担当技師に伝えて下さい。 また、胸に「しこり」がなく安心しているかもしれませんが・・・中には「しこり」が出来ないタイプのがんもあります。 近年は、この自分ではわからないタイプのうち、「しこり」になる前の「石灰化」と呼ばれるタイプが増えております。 これはマンモグラフィでしか発見出来ません。 この状態のうちに発見することがとても大切ですので、積極的に検診を受けられることをお勧めします。

次の

フルドックxxx |メディカルプラザ札幌健診クリニック|人間ドックのここカラダ

メディカル プラザ 札幌 健 診 クリニック

子宮頸部細胞診• 子宮がん検診では、まず内診をします。 内診は、膣の中に指を入れ、子宮口の状態を触診し、もう片方の手で、お腹の上から子宮底 子宮の一番てっ辺の部分 を触り、大きさや形 筋腫などの有無なども含む を大まかにチェックします。 次にクスコ 膣鏡 という器具を膣の中に入れ、子宮口の状態 ポリープやびらんなど を眼でみて観察します。 そして、子宮頸部細胞診ですが、これが子宮頸がん検査のメインになるもので、子宮口の細胞をブラシで擦り取って顕微鏡でみる検査です。 細胞が取れないと意味がないので、ある程度力を入れて擦るため、痛みや違和感を感じる方もいますが、一般的には痛みは殆どありません。 検査のあと出血が見られる事がありますが、数日で治まりますので心配はいりません。 マンモグラフィは乳房を片方ずつ、装置の撮影台と透明なプラスチックの板ではさんで、乳房を平らにして撮影します(圧迫)。 圧迫して乳房を平らにすると、撮影の時に少ない放射線量での撮影が可能になり、かつ、綺麗な画像で診断が可能になります。 圧迫の際に、痛みを伴うことがあります。 その時は我慢せず「痛いです」と検査担当技師に伝えて下さい。 また、胸に「しこり」がなく安心しているかもしれませんが・・・中には「しこり」が出来ないタイプのがんもあります。 近年は、この自分ではわからないタイプのうち、「しこり」になる前の「石灰化」と呼ばれるタイプが増えております。 これはマンモグラフィでしか発見出来ません。 この状態のうちに発見することがとても大切ですので、積極的に検診を受けられることをお勧めします。

次の