左手 小指 しびれ 脳 梗塞。 不気味な「しびれ」のウラには、実は重大な病気が隠れていた(週刊現代)

左手のしびれの原因はなに?病気の可能性を紹介!小指や人差し指などの部位ごとに原因が変わる?

左手 小指 しびれ 脳 梗塞

この記事の目次• 左手の痺れの原因は? ではまずは左手の痺れの原因について触れていこうと思います。 左手の痺れに悩まされている方も少なくはないはずです。 詳しく見ていきましょう。 左手の痺れには大きく分けて2つの要因がある 左手の痺れというものに日々悩まされている方もいると思います。 何もしていないのに左手だけが痺れている、なんてこともあるでしょう。 この左手の痺れというものには大きく分けて、「病気」が原因であるものと、「日常生活」が原因のものと、この2つに分けられることができます。 ここでは左手にある指それぞれの痺れについてと、全体が痺れるということについての原因となるもの、つまり病気と日常生活の部分について紹介していこうと思います。 病気が原因の場合も? 「痺れ」というものが起こるとされているメカニズムとしてまず脳から命令を送る神経系のいずれかに問題が生じていると考えるのが一般的であると言えるでしょう。 全ての司令塔というのは脳でありその脳から全身へと張り巡らされている神経というものが信号を伝達し身体のいたる部分の動きに関係していると言えます。 なのでここの神経という部分に異常を来していると考えるのが一番の原因であると考えるべきでしょう。 また一時的な痺れというのは日常的にも多少はあるものであると考えるべきかもしれません。 神経の圧迫などは痺れにも繋がります。 すぐに治る部類の痺れであるというのであればまず深く考える必要もありません。 しかしながら、長くそれもじわじわと痺れているもの、さらに神経というのは全身1本で繋がっているわけではないので、痺れというものが長く続く場合や、広範囲に渡って広がる場合、もしくは手のこわばりや筋肉、つまり力が弱くなったという運動障害を伴う場合には病院での診察が必要であることが確実視されます。 痺れというものや痛みは左右で差があるのが一般的であると言えます。 その部位ごとによって繋がっている神経も違いますので、左手だけ痺れているなどのことも言えます。 全身に対して不規則的な痺れが起こっている場合や左右対称に痺れが起こっている場合などは、広範囲的な障害というものが考えられるものなので、内科、もしくは神経内科的な病気が考えられると言えるでしょう。 日々の生活が原因かも? 日常生活などやその行動からくるものなども左手の痺れに挙げられる原因の一つと言えます。 寝違えなどをして、首の痛みなどや首筋の痛み、こりなどがあると、手や指先などの痺れが起こることがあります。 これは首と腕に繋がる神経というものが要因となっており、主に橈骨と尺骨部分に通る神経が関係してきます。 頭骨は内側、尺骨神経は外側です。 これは先ほども言ったように神経によるものであり、圧迫というものが主な原因となっています。 日常生活的に寝違えることはごくたまにあることであり、誰しも経験することであると言えます。 またこの他にも、筋肉というものが大きく関係してくることもあります。 それは筋肉が繰り返して同じ動作をすることや同じ姿勢でいることによって、血行の不良を生じることが原因と考えられています。 これによって血行に酸素欠乏状態が起こり、感覚に異常を来すことになります。 その症状として痺れが挙げられるということですね。 この手に痺れを感じる方は繰り返して同じ手作業などをする方や、同じ姿勢を維持しながら仕事をする方多いという特徴があります。 その中でも立ったままなどやうつむいたりする姿勢を続けることなど、デスクワーク系統の仕事で背中が曲がり顔を前面に突き出したりするような姿勢が続く仕事をしている人などに多く見られる傾向があります。 これは、前側にある筋肉の斜角筋というものが、俯く時に顎などを引いたり、顔を身体よりも前へ突き出していることによって収縮して硬くなるために血行の不良を起こしやすいためであり、最も手に痺れを起こしやすい原因となることがわかっているのです。 部位ごとの左手のしびれ(親指部分と人差し指部分の痺れ) では部位ごとに見ていこうと思います。 これの原因について 手の痺れの原因というもので最も多いものが、神経絞扼障害というもので、神経の通り道を締め付けることによって起こるもの、末梢神経というものの障害です。 その中でも手根管症候群というものが多くなっており、この病気というものは正中神経が手首にある手根管というものの狭いトンネル内部を圧迫された状態を言います。 手根管症候群では、親指部分から薬指部分までが痺れ、そして小指は痺れないという特徴があります。 特に人差し指、さらには中指の先端の痺れが強く現れ、時間帯で言えば、夜間、早朝に痺れが強いというのが特徴でもあります。 この症状が進んでしまうと、親指の付け根部分の筋肉が痩せてきて、さらに親指と人差し指部分で綺麗な丸サインを作ることが不可能になります。 つまり摘むなどの細かい動作などが困難になったりできなくなってりします。 手根管症候群の一般的な原因というのは手の酷使というもので、手を必要以上に酷使すると症状を悪化させることとなります。 またこれは妊娠や、出産期、そして更年期の女性などに多く生じている病気であるのが特徴的でもあります。 首の痛みと痺れの関係について 首を後ろなどや横側に回した時に腕に痛みなどや痺れが走るという症状が出てしまう場合には、頚椎椎間板ヘルニアというものが疑われます。 ヘルニアによって障害とされる場所の違いというものから、障害される神経というものも異なっており、症状が出るとされる場所も違っています。 5番目と6番目部分の間の椎間板などによって、神経の通り道などが障害されてしまうと、第6頸神経というものが圧迫されてしまい障害され、そして親指から人差し指部分、腕の前側などに痺れが生じてしまいます。 頚椎椎間板ヘルニアというものは、スポーツなどや車の運転中に後ろ部分を振り返ったり、さらにデスクワークで常に首の緊張というものが強いられるような状態が続いてしまうと、頚椎の負担が大きくなって起こります。 また、重労働やラグビーやアメフトなどで、頸部を圧迫してしまうことで原因となることがあります。 そして左手が痺れたり、さらには痛むことなどがある場合は、などやのことも挙げられます。 何科に受診すればいい? ではこの親指部分から人差し指部分に関する病気、症状の際にどの科に受診するべきがご説明しましょう。 この手根管症候群などや頚椎椎間板ヘルニアの症状の場合に関しては、脳神経外科、神経内科などを受診するといいでしょう。 手の痺れなどの他にも、階段を上がると胸などが痛くなることが症状としてがある場合は狭心症などや心筋梗塞を疑うべきなので、心臓外科やハートクリニックなどを受診するといいかもしれません。 幅広い分野で考えて、そして結論を出すようにしましょう。 わからない婆に限っては総合診療などやセカンドオピニオンなどを利用するといいかもしれません。 部位ごとの左手のしびれ(左手の小指とさらには薬指などの症状) では次に小指や薬指の症状についてご紹介します。 これの原因について 手の痺れというもので多いものが尺骨神経部分の障害となります。 多くの方が、机の角で肘を当てた時に指先などに痺れが走るという経験をしたことがあると思いますが、この肘の内側にあるのが尺骨神経というものです。 この肘にある内側部分に尺骨神経が通るための狭いトンネルのようなものがあり、これのことを肘部管と呼びます。 その部分を通る尺骨神経が、トンネル部分が狭くなったことによって長く圧迫され続けると、手の小指や薬指などの部分が痺れを起こすことになり、これを肘部管症候群と呼んでいます。 肘部管症候群の発症原因の中でも多いのは、大工仕事などや工事現場での作業で、肘関節が酷使される結果によることが多く、変形性肘関節症というものを生じてしまい発症する場合など、また過去などの肘の骨折をしたのちの後遺症などで肘部分が変形して、年月が経ち、成人になってから発症するというケースもあります。 神経への圧迫期間が長くなってしまうと、手の小指側の筋肉部分が痩せてきてしまいます。 さらに小指と薬指が曲がった状態になり伸ばすことが不可能になることもしばしばあります。 小指や薬指がうまく伸びず合わさらないために、顔を洗う時に水が掬えなかったり、箸がうまく持てなかったりなどの症状が現れてしまいます。 何科を受診するべきか これについても上記で述べたものと同じ科を受診することがいいと思われます。 基本的には神経の圧迫によるものですので同じでもいいでしょう。 他にも整形外科などや、神経内科などを受診するといいでしょう。 もしわからない場合は同じように総合診療やセカンドオピニオンを受診するといいでしょう。 左腕の痺れや力が入らない場合は? 次は左腕の痺れ、そして力が入らない場合による症状について述べようと思います。 これの原因について まず挙げられるものとして橈骨神経麻痺というものがあります。 橈骨神経麻痺というのは、ほとんどが運動神経であるので、手が動かないのが主な症状となっていますし、痺れというものが多少起こりますが、親指と人差し指の付け根の間部分を触ってみると感覚がないと言った程度になります。 橈骨神経は腕の付け根部分から、腕の骨を回るようにして身体には走っています。 原因として、橈骨神経を圧迫するということによって、うたた寝などをして長時間の間、外側の神経が圧迫されていた場合など、飲み過ぎなどによって腕を下にして寝てしまった場合、また腕枕などが挙げられます。 脳卒中などや脳梗塞といったもの、脳血管障害などによって、大脳皮質や末梢神経部分から感覚神経が通る場所が障害されると障害側の反対部分の手足の痺れが起こることもあります。 右脳の障害であるなら左手足という具合になります。 特に視床という場所に起こってしまうと、痺れと共に強い痛みなどを伴うことがあります。 脳卒中というものは、長年の高血圧などや生まれつき脳の血管の病気のために、血管の脆い部分などが破れてしまい脳内が出血するのが病状です。 一度破裂してしまうと三分の一の人は死に至る病気であり、未然に防ぐことが重要しされています。 現在日本の死因の第4位でもあり、これの症状として脳腫瘍による痺れというものが挙げられます。 何科を受診するべきか 橈骨神経麻痺の場合にどの科を受診するべきかと言えば、整形外科を受診するべきであると言えます。 脳卒中などや脳梗塞などの症状、つまり脳が原因である場合は脳血管障害が疑われるので脳神経外科や神経内科を受診することがいいと思います。 左手の痺れの対策方法は? ではここで左手の痺れや痛みについての改善方法を述べていこうと思います。 改善方法その1:ストレッチ まずは基本となる改善方法を挙げていこうと思います。 第一となるものが「ストレッチ」です。 デスクワークなどの時には、背中を丸めている場合など、頭を突き出している姿勢などが目立ちます。 そのような姿勢をしていると頭部分を支える筋肉に負担がかかってしまいます。 これが痺れの主な原因となっているのです。 また、デスクワークに限らず、長時間のPCなどの作業や腕を前に出す姿勢や作業を主としている方やそのような動作が多い方は、肩甲骨の周りの筋肉部分に負担が大いにかかります。 これが痺れの主な原因となっているのでしょう。 その場合は、首の内側の筋肉を伸ばすストレッチを行うことによってこれを解消することが可能となっています。 正確には両腕を後ろのほうなどへ回したり、また肩甲骨を意識したストレッチ法を用いることによって、痺れなどや痛みの改善が期待できます。 これは日常的に日頃行うことを心がけましょう。 1から2時間程度に一度はこういったストレッチを行うようにしてなるべく筋肉、また筋を停滞させないようにする、またほぐすということが改善、または予防法となります。 改善方法その2:肩こりを解消 寝違えなどをしてしまい、首部分に痺れや痛みがあったり、また肩こりなどがあると、手の指先や腕が痺れるというものが生じることになります。 肩こりというものは、肩の周辺の筋肉の緊張というものが原因となっていますので、肩の上げ下げなどや肩回しなどを試みて血行を良くすることが効果的であるということがわかっています。 緊張を緩めるというのが目的ですので、ヨガなども日常的に行うのもいいでしょう。 貼るカイロを押したりして痛むところに貼るというのも効果的であると言えます。 温熱の効果で緊張が緩んで楽になることがわかっています。 またそのほかにも湯船に浸かって全身の血行を良くするのと同時に代謝をあげるというのも肩の周りの筋肉の緊張を和らげるという意味ではかなり効果的であると言えるでしょう。 改善方法その3:サポーターの着用 手根管症候群というものや肘部管症候群といった症状が見られる場合は手などの使いすぎによる痺れが挙げられるので、安静にすることがまずは大事だと言えます。 そしてそのほかにもサポーターやテーピングなどで、手首などやヒジ関節をサポートし曲げたり伸ばしたりをなくても済むようにすることも重要であると言えます。 固定ということですね。 手首やヒジ関節を安静に保つということに専念するならば、夜間、そして睡眠中などは必ず固定具であるサポーターなどを着用することが改善の方法として有効であることが言えるでしょう。 また作業の際もサポーターでできるだけ固定しているというのも改善というよりも予防にも繋がります。 改善方法その4:ストレス解消 頸肩腕症候群の場合は、ストレスというものが原因の一つとして考えられます。 このストレスというものは現代では一般的とも言えるものであり最も病気の原因であると考えられています。 またストレスというものが溜まってしまうと、自律神経の乱れやホルモンバランスの崩れにも繋がりますし、それによって筋肉が緊張し、そして血行も悪くなって今います。 そのために手の痺れなどが起こっていましますので、ストレスを解消するということが早い段階で求められてくる改善方法と言えます。 これは一貫して言えるものではなく、自分なりの改善方法というものがありますので、自らのストレス改善方法というものを模索してストレス発散を心がけるようにしましょう。 アロマオイルというものは現在若い女性などに人気で、気分をリラックスさせる精油もあり、またストレス発散という部分でも効果的であると言えます。 そのほかにも軽い運動、ウォーキングやヨガなどを試すのもいいでしょう。

次の

しびれ:医師が考える原因と対処法|症状辞典

左手 小指 しびれ 脳 梗塞

手や足にしびれを感じるようになった時、自分が脳の病気になったのではないかと心配される方が大勢いらっしゃいます。 もちろん、脳腫瘍や脳梗塞といった脳の病気で手や足にしびれることはありますが、実際には脊髄や末梢神経の病気でしびれがおこることの方が多いのです。 日本語で「しびれ」と表現する感覚はいろいろな感覚の異常を含んでいます。 しびれと言うと正座をした後の足のしびれを思い浮かべる方も多いと思います。 正座の後、はじめは自分の足に触っても足には手が触れている感覚がありません。 足の感覚がなくなっている感じです。 しばらくすると、足はビリビリ、ジンジン、痛いようなくすぐったいようななんとも言えない強い異常感覚に襲われます。 その感覚が薄れるに連れて足の感覚は戻ってきます。 最後に残ったピリピリ、ヒリヒリした弱い異常感覚がなくなってもとに戻ります。 このように、感覚のなくなってしまったような感じから、我慢できないようなビリビリ感、何となくヒリヒリする感じなどしびれといっても色々あるのです。 しびれを感じる場所も色々あります。 両手両足がしびれるような時や、両手がしびれる時は末梢神経の病気の可能性が高く、右側あるいは左側の足がしびれる時、あるいは両足がしびれるときは腰骨(腰椎)の病気の可能性があります。 右半身あるいは左半身がしびれる時には脳の病気が疑われます。 しびれの感じ方や、しびれる場所からどのような病気か推測することができます。 では、しびれを起こすような病気にはどのような病気があるのでしょうか。 脳、脊髄、末梢神経の病気について、次回からお話します。 脳に原因のあるしびれは、体の右半身あるいは左半身のどちらかに一側にしびれが起こりますが、一側の手だけ、あるいは足だけにしびれがおこることもあります。 多くの場合は感覚が鈍くなったような感じです。 手足が思うように動かなくなる運動麻痺を伴っていることが多いのですが、感覚の異常だけが症状としてあらわれることもあります。 脳腫瘍あるいは脳出血や脳梗塞といった病気が原因になります。 脳腫瘍の場合は、いつとはなしにしびれを感じるようになりますが、脳梗塞や脳出血は、ある日から急にしびれを感じるようになります。 脳の中心部にある視床という部分に脳出血や脳梗塞が起こると、ビリビリしたようななんとも言えない強い異常感覚が後遺症として残ることがあります。 大きな手でわしづかみにされているような感じだと言う患者さんもあります。 強い痛みとして感じられるような時は視床痛という病名で呼ばれます。 鎮痛剤はあまり効果がなく、抗てんかん薬などを使って治療しますが、スッキリと治ることはなく患者さんは辛い思いをされます。 右半身や左半身になんとなくいつもとは違う感覚が感じられるようになったら、できるだけ早く専門医にご相談ください。 脳から来るしびれに続いて、脊髄からくるしびれについてお話したいところですが、脊髄そのものの病気はむしろ少なく、実際には脊椎(背骨)の病気がしびれの原因になることがはるかに多いため、今回は脊椎の病気からくるしびれについてお話します。 首や腰の骨つまり頚椎や腰椎の病気によって、脊髄や脊髄から出る末梢神経が障害を受けるとしびれが起きます。 椎間板ヘルニアという病気をご存知の方は多いと思います。 この病気は、5つある腰骨の骨と骨の間にある椎間板というクッションの働きをする組織が、何らかの原因で一部が飛び出して神経を圧迫する病気です。 腰痛と同時に右か左のどちらかの足にしびれが起こります。 腰の痛みと共に、太ももの後ろから膝の外側、足先にかけてしびれが起こります。 ビリビリ、ジンジンする強いしびれから感覚が鈍くなったような感じまで、いろいろな程度のしびれが起こります。 年配の方では、加齢によって腰骨が変形して、脊髄の入っている空間が狭くなってしまう腰部脊柱管狭窄症という病気になることがあります。 この場合には両足にしびれが起こりますが、しばらく歩いていると両足が痛くなって歩けなくなる、間歇性跛行(かんけつせいはこう)という症状が起こることもあります。 頚椎でも椎間板ヘルニアが起こることがあり、その場合には右手や左手どちらかにしびれが起こります。 年配の方では頚椎そのものが加齢によって変形して神経を圧迫すると同じようなしびれをおこします。 時には変形した頚椎が脊髄そのものを圧迫することがあります。 その場合には両手にしびれがおこったり、両足にうまく力が入らなくなって歩きづらくなってしまったりすることもあります。 神経というととても細いものというイメージがあるかもしれませんが、末梢神経は太い部分ではうどん程の太さがあります。 とても細い神経が何十本も束ねられているからです。 神経は手や足の先に行くにつれて、ちょうど木の枝が枝先になるにつれて細くなってゆくように、神経も少しずつ枝分かれしながら細くなり、最後は目に見えない程の細い一本の神経になります。 末梢神経の病気には、神経が骨や靭帯などによって圧迫されることによってしびれが起こる場合と、末梢神経そのものが障害を受ける場合があります。 神経が圧迫されてしびれがおこる病気には色々ありますが、手根管症候群という病気は代表的です。 中年女性に多い病気で、親指から中指あたりまでの手のひらから手の指にかけてしびれがおこります。 しびれは明け方に強く感じられ、ジンジンと焼け付くような強いしびれのこともあります。 手首をよく動かす仕事をする人に多いと言われます。 正中神経という神経が手首のところで靭帯に圧迫されるために起こる病気です。 時には両手で同じようなことがおこり、しびれが両手で感じられる患者さんもあります。 手首を安静にしたり内服薬を飲んだりすることでしびれは軽くなりますが、靭帯を切り開いて神経の圧迫を取り除くような手術が必要になることもあります。 末梢神経の神経細胞が障害をうける代表的な病気は糖尿病です。 多くの場合は両足の足先からしびれが始まり、足首から膝へと少しずつ年月をかけてしびれが広がっていきます。 何となく感覚が鈍い様な感じ(素足でも足の裏に膜が貼ってあるような感じがする)や、ピリピリ、チクチクと痛むような感じまで、色々な感覚があります。 糖尿病の治療をきちんと行なっていれば、そう簡単にしびれが広がってゆくようなことはありませんが、糖尿病による末梢神経の障害は、目や腎臓の障害と並ぶ糖尿病の三大合併症(糖尿病によって引き起こされる病気)と言われます。 糖尿病の方はくれぐれもご注意ください。

次の

左腕がしびれる5つの原因!なかなか治らないときは要注意!

左手 小指 しびれ 脳 梗塞

参考: 2. 手根管症候群 手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)、あまり聞きなれない病気ですが、指先のしびれの原因として多い病気の一つです。 手の神経は手首の部分にある手根管という管を通って繋がっているのですが、その手根管の中で神経が圧迫されると、指先にしびれや痛みを感じるのです。 手根管で圧迫される神経は親指から薬指の中指側半分を支配している為、親指から薬指に強いしびれが現れ、小指にはしびれが出ない、手のひらにしびれを感じるが、手の甲側にはしびれを感じないといった特徴があります。 夜間と早朝にしびれが現れやすく、妊娠や出産時の女性が発症するケースが多いことから、女性ホルモンと何らかの関連があると言われていますが、詳しいことはまだ解明されていません。 手根管症候群の怖いところは、症状がすすむとしびれをあまり感じにくくなるところです。 結果、治ったと勘違いして、放置され、水面下で症状が進行してしまうケースがあります。 ですので、上記のような症状が出た時は早めに病院に行き、適切な処置を受けましょう。 参考: 3. 指神経麻痺 指神経麻痺とは、指の神経が刺激を受けることによって起こる感覚障害です。 指の神経には、正中神経と尺骨(しゃっこつ)神経という2本の神経がありますが、これらの神経のどこか一部を常に圧迫するような動作をするとしびれが発生します。 道具や楽器を継続して同じ動作で使用すると、指の一部に強い刺激があたり、その部分の指神経が圧迫されるのです。 この場合は、負担が軽くなるような工夫をすることで改善されます。 糖尿病 糖尿病の症状として、手足の指先にしびれが発生する場合があります。 私たちは食事をすると体内で必要なブドウ糖を生産し、膵臓で作られているインスリンで身体の細部にまで運んでくれるのですが、糖尿病になるとインスリンが正常に働かなくなり、血液に糖が溢れ、血管に負担をかけることによる血行不良でしびれが発生すると言われています。 この場合の特徴としては、 しびれが指先から中心部にひろがっていく、左右同時に発生する、全ての指でしびれを感じるといったものがあります。 症状が悪化すると、痛みに変わったり、指先から身体の中心部にまで症状が進行したりします。 さらに悪化すると、神経が麻痺してしまい、感覚がなくなってしまいます。 とても怖いですよね。 早めに病院に行って相談をしましょう。 参考: 5. 脳障害 脳梗塞などの脳障害の場合にも指先にしびれが出ることがあります。 脳梗塞とは頭の血管が詰まることで、脳に血液が行かなくなることで発症します。 動脈硬化により、脳に流れる動脈の内腔が細くなった部分があると、血圧の変動などにより、脳へ運ばれる血液の量、血流が減少します。 減少した血流の先が手足の感覚をつかさどる場所の場合、発作的に手足にしびれが出ます。 脳の病気が原因で指先がしびれる場合は、片手や片足など、両側に起きずに片側で起きる、激しいしびれはない、何かに覆われているような感覚がするといった特徴があります。 鈍いしびれの為、見逃しがちですが、頭痛や吐き気、食欲不振などが同時に現れたら、そのまま放置せずにすぐに病院に行って相談しましょう。 参考: 6. 狭心症 狭心症とは、心臓付近にある冠動脈が狭くなってしまうことで、心臓が正常に働かなくなることで発生する病気です。 その狭心症が原因で、指先にしびれが発生することがあります。 特徴としては、関連通と言われるものがあります。 これは臓器に何か問題が発生した際に脳が勘違いを起こして、違う部分の痛みだと認識をしてしまう現象です。 ですので、心臓付近の臓器に問題が起きた時は、関連通として、腕や手、肩や首などの上半身に症状があらわれ、痛みやしびれを感じるのです。 狭心症が原因の場合は、心臓に負担がかかっている時にしびれをかんじる場合が多いので、激しい運動などをした時は一気に血液が体内をめぐるので、注意が必要です。 ストレスが原因のことも 過度のストレスを受けると、血管が傷つき、緊張状態になり、身体に血液や酸素が運ばれにくくなります。 そういった時に大きな病気は発生しやすくなります。 それくらいストレスが私たちの身体に与える影響は大きいのです。 仕事や勉強、対人関係など、様々なことでストレスを抱えがちになる時もあると思いますが、日頃から自分に合った上手はストレス解消法を見つけておくのは、そういった時の一助となります。 いかがでしたでしょうか? 指先のしびれといっても色々な症状がありましたし、そのうち命にかかわる大きな病気もありました。 その場合そのしびれにどう対応できるかが大きなカギとなります。 違和感を感じたら、早めに病院にいきましょう。

次の