Question: Plumbersは真鍮製の継手を使用していますか?

真鍮は管継手を作るための最も一般的に使用されている材料の1つです。 ...真鍮の管の継手は、動的な特性のために、プラバーやその他の建設専門家の選択です。それは他の材料の選択肢よりも耐久性があり柔軟性があり、耐腐食性に耐性があります。

は亜鉛メッキ管よりも真鍮が良くなっていますか?

真鍮製の配管は内部に錆びない長さの材料を提供し、内部に摩擦損失を引き起こさないパイプ。真鍮製の配管パイプはスチールパイプよりもねじ込みや、ポンプ継手、水槽、井戸などのお湯と大流通システムに優れています。

真鍮製の継手の利点は何ですか?

真鍮は可鍛性です金属 - 鉄や鋼よりもはるかにはるかにそれは真鍮の継手を多くのタイトな配管箇所に非常に柔軟なオプションにします。 4.耐食性 - 真鍮は錆びない、腐食には非常に耐性があります。

真鍮製の継手が最後の長さ?

一般的に、真鍮製のパイプは80~100年の間で生き残ることができます。ただし、真鍮製のパイプは、微量のリードを区別していることがよくありました(後で得る)亜鉛メッキ鋼製:亜鉛めっき鋼製配管も80~100歳の間に続きます。

金属は一緒に使用してはいけませんか?

これにより、アルバニー郡ファスナーは、アルミとステンレス鋼を一緒に使用しないことをお勧めします。私達はまた最大の寿命のために排他的に金属を使用することを勧めます。アルミニウム、アルミニウム、アルミニウム、真鍮の真鍮、黄銅付黄銅焼き付きの黄銅継手を使用するのは大丈夫ですか?

黄銅を亜鉛メッキ鋼管に接続できますか?

ガルバニック作用は亜鉛めっきの間の黄銅では悪くない。真鍮の間で亜鉛めっきはかなり急速に亜鉛メッキされます。

なぜ真鍮製の継手がとても高価なのですか?

なぜ黄銅園が他のものよりも高価なのですか?

Reach out

Find us at the office

Khater- Bambara street no. 79, 79261 Apia, Samoa

Give us a ring

Eton Serratelli
+93 730 730 215
Mon - Fri, 9:00-23:00

Tell us about you