巨人 戦。 巨人・岡本が2戦連発の特大弾「前に比べれば打席の中でしっかり振りにいけている」

プロ野球 日程・結果

巨人 戦

15 05:02• 14 14:53• 14 05:03• 13 20:47• 13 19:54• 13 19:34• 13 18:02• 13 16:21• 13 15:52• 13 14:46• 13 14:42• 13 08:00• 13 05:02• 13 05:02• 12 22:09• 12 21:38• 12 20:47• 12 18:56• 12 18:50• 12 15:45• 12 15:39• 12 05:00• 12 05:00• 11 17:51• 11 17:41• 11 14:02• 11 13:48• 11 05:00• 10 17:32• 10 17:14• 10 16:11• 10 15:28• 10 15:26• 10 08:51• 10 08:49• 10 05:02• 09 20:22• 09 17:51• 09 17:35• 09 10:00.

次の

2020年|巨人戦のライブ中継をネットで見る方法。無料でも可能だよ!

巨人 戦

2回、巨人・岡本が本塁打を放つ=東京ドーム(撮影・矢島康弘) 巨人・岡本和真内野手(23)が13日、日本ハムとの練習試合(東京ドーム)に「4番・三塁」で先発出場。 二回無死で左翼上方にある看板の間を直撃する特大ソロを放った。 相手先発の杉浦に一回を三者凡退とされて迎えた二回の第1打席。 カウント1-1からの3球目、外角128キロを振り抜くと、打球は高々と上がって左翼上方の壁にガツン。 外野手が一歩も動かない特大の一発で反撃ののろしを上げた。 岡本は前日12日の日本ハム戦でも上沢から左中間席へ2ランを放っており、2試合連続の本塁打。 チームは5-8で敗れた。 【岡本に聞く】 --本塁打の打席振り返って 「点差があって先頭バッターだったので、出塁する気持ちで打席に立ちました」 --開幕へ調子上がってる 「前に比べれば打席の中でしっかり振りにいけているかなと思います」 --その後も全打席四球。 打席の内容は 「今日に関してはよかったかなと思います」 --チャンスでスピーカーの応援 「やっぱりスピーカーよりは実際に応援してもらう方が気持ちは入りますけど。 あまり気にはならなかったです」 --開幕まで1週間をきった。 残り2試合への意識は 「しっかり自分のバッティングができるように頑張りたいなと思います」 --ものすごいホームラン。 手応えは 「いい感じだったと思います」 --看板に当たるくらいの飛距離。 看板に当たったことあるか 「特にあまり、そういうのは気にしたことがないです」 --シーズン通して4番でスタメンで出るのが理想。 そのために意識しているのは 「まずはけがしないことだと思いますし、その中で自分の仕事があるので。 そこをしっかりこなせるように。 こなせるというか、しっかりやっていけるように1試合1試合やりたいなと思います」.

次の

「クライマックスS」巨人戦チケット高値転売で逮捕

巨人 戦

一軍 [ ] 本拠地 [ ]• (1952 - 1987) - 以前にも優先的に使用していた• (1988 - ) 北海道 [ ]• (1952 - 1972、1974 - 2000)• (2001 - 2009)• (1953、1988 - 1990、1992、2008 - 2009)• (1952)• 野球場(1960)• (1952 - 1953、1959、1961) - 「函館オーシャンスタジアム」の愛称が付いて以降の開催はない 東北 [ ]• (1950)• (1952 - 1953)• (1973 - 1974、1976、1978、1980、1982、1984、1990、2012)• (1954)• (1954)• (1954、1973、1976、1978、1980、1982、1984、1986、1988、1990、2005、2006、2007)• (1951)• (2006、2012)• (2013、2016)• (1954)• (1990、2006、2008、2013、2016)• (1973 - 1974、1976、1978、1980、1982、1984、1986、1988、2011 - 2012、2015、2020)• (2010、2014、2020)• (1954) 関東 [ ]• (2007、2010、2014、2018 - 2019)• (1955)• (1956)• (2008 - 2009、2012、2014 - 2015、2017 - 2018)• 野球場(1953、1956)• (1955)• (1954 - 1955、2011、2013 - 2015、2017 - 2019)• (1952、1954)• (1952 - 1953)• (1952 - 1954)• (1952)• (1952 - 1954)• (1953)• (1952、1954)• (1962)• (1955)• (1956)• (1952 - 1957、1959)• (1952 - 1956)• (1952) 中部 [ ]• (1953)• (1969、1987、1989)• (2010 - 2011、2013、2019)• (1953)• (1953)• (1954、1958、1960 - 1973、1975、1977、1979、1985、1987、1989、1991)• (1993、2008、2010 - 2011、2013、2015 - 2016、2018、2020)• (1954、1961 - 1968、1970 - 1973)• (1975、1977、1979、1981、1983、1985、1989、1991、1993、2008、2010、2015、2018)• (1971-1972、1975、1977、1983、1985、2009、2011、2013、2016、2020)• (1954)• (2005、2010、2012、2014、2018)• (1952 - 1955)• (1952 - 1954、1991、2017)• (1954、1956)• (1955 - 1956)• (1954 - 1956)• (1952 - 1953)• (1955 - 1956)• (1953 - 1956、1958 - 1959、1961)• (1953 - 1956、1959、1961、1966、1979 - 1981、1983)• (2009 - 2010、2012 - 2013、2016 - 2017、2019 - 2020) 近畿 [ ]• (2010)• (1955)• (1997、1999、2001 - 2010、2012 - 2020) - 現状は毎年7月下旬に2試合連続で開催• (2007、2013、2020) 中四国・九州 [ ]• (2001、2003、2006、2018)• (2004 - 2005、2008、2015)• (2011) - の影響から、当球場での開催が2011年度の開幕戦となった• (1975、1977 - 1981、1985 - 1986、1989 - 1991、2011)• (1979 - 1992)• (1993 - 2007、2009)• (2009)• (2005、2007、2009)• (1975 - 1976、1978、1982、1987-1992、2006、2012、2016 - 2017、2019 - 2020)• (2004、2014)• (1976、1984、2012、2014、2016 - 2017、2019 - 2020) 二軍 [ ] 北海道・東北 [ ]• 青森市営野球場• 関東 [ ]• (現・西武ドーム)• 東海・関西 [ ]• (2009)• 掛川球場• (2009)• 山口・九州 [ ]• 備考 [ ]• 巨人は長年、親会社・読売新聞の販路拡張活動も兼ねて、本拠地のない地域の球場での主催試合を多く行っており、福岡(以前と以後)、札幌(以後)、仙台( - と以後)に地元チームが誕生した後でも、それぞれ協約に基づいて地元チーム(、、)の許諾を経て公式戦を行ってきたが、でも対戦する機会が多いということで、以上の3つの都市では以後は一時主催試合から撤退することとなった(但し廃止ではない)。 一方での地元で、の本拠地とも距離が近いため、頻繁にビジターでの試合が組まれるでの主催試合は継続されている。 2007年と2013年に至っては、阪神の本拠地のある兵庫県での開催も行っている(阪神もMLB球団とのオープン戦ではあるが、東京ドームのでの主管試合経験がある。 ただし主催はMLB)。 また、の本拠地に近いでも2009年・2012年・2013年・2017年・2019年に主催試合が行われた(2010年と2016年にも主催試合の予定が組まれたが降雨中止となった)。 ただし、大阪・神戸での阪神戦、岐阜での中日戦の主催試合は地域権の絡みからか、開催されたことがない(オープン戦では京都や三重県伊勢市倉田山で巨人主催の阪神戦を開催した実績がある)。 2016年4月には熊本・鹿児島遠征が行われる予定となっており、特に熊本は2012年が降雨中止になったため事実上2006年以来10年ぶりの巨人主催試合開催 となる予定だった。 ところが直前のにの前震(1回目の震度7)が発生。 当初は被害がバックスクリーンの一部に亀裂が入った程度であり、観戦に特段な支障がない として、予定通り開催する方向で調整が進められていたが、におきた本震(当初発表は震度6強、後に震度7に訂正)により、外野部分が隆起した上に、観客席(特に外野席の石垣や、内野座席・記者席)の壁面に亀裂が入っていること、また照明塔の一部が損壊する被害もあったため、試合開催に支障をきたす恐れがあり、また来場者の安全確保を最優先にするという理由で開催が中止された。 また鹿児島での開催についても、当時交通事情が悪化しており、空路・新幹線の欠航や、高速道路も災害復旧作業関係車両以外通行止めという状態であることから用具輸送の確保が難しいとして取りやめとなった。 代替開催は東京ドームに会場を変えて9月27・28日に設定された ため、この年の九州開催はなくなった。 2017年4月にヤクルトを帯同して2連戦を熊本・鹿児島の順で施行したが、熊本での開催が震災後の復旧杮落としでもあった。 なお、2018年は九州地区での主催試合の予定はないが、5月に東京ヤクルト主催で鹿児島にて2試合ビジターが組まれている。 1972年10月3日に岡山県野球場で広島東洋カープ対読売ジャイアンツが開催された以降は長年、その集客力から巨人がビジターチームとして地方開催試合の相手となることはなかったが、2004年6月15日に静岡草薙球場で横浜ベイスターズ主催の相手となって以降は横浜DeNAベイスターズ、東京ヤクルトスワローズ主催の地方での対巨人戦も増えてきている。 一方で中日ドラゴンズは未だ主催の対巨人戦を公式戦において地方開催した実績はない(巨人主催は相当数あり。 一方の阪神は甲子園球場が使えない春先や夏場は京セラドーム大阪〔年度によりほっともっとフィールド神戸も〕で主催試合を行うが、巨人戦を行うことは、左記2会場を含め公式戦ではない )。 オリックスもセ・パ交流戦以後、準本拠に降格(2006年は本拠地に一時復帰)した神戸でまで巨人戦1試合を主催していたが、からは神戸での開催を減らした都合で開催していない。 出典 [ ]• (スポーツニッポン2016年4月15日 5月19日閲覧)• 但し阪神甲子園球場が全面改築のため使用できなかったにで阪神主催試合となった場合には京セラドーム大阪を使用したが、巨人戦ではなかった この項目は、に関連した です。

次の