進撃の巨人 130話 ネタバレ。 進撃の巨人ネタバレ最新130話確定【ファルコの能力が判明?】

進撃の巨人第130話『人類の夜明け』あらすじと未解明の謎・伏線・考察【ネタバレ注意】

進撃の巨人 130話 ネタバレ

スポンサーリンク エレンが地鳴らしを発動させ混乱する世界。 イェーガー派と反イェーガー派にクッキリと別れていきます。 イェーガー派の筆頭フロックはアズマビドを人質に。 フロックに対抗する反イェーガー派のアニは皆殺しを提案しますがアルミン達は反対します。 どうすればいいとアルミンに聞くアニ。 ハンジはもうマーレは襲われている、私は見ているだけのつもりはないと言います。 それをマガトはエレンの居場所を聞くためイェレナを拷問しようとします。 しかし飛行艇が先だと遮らアルミン達に昨夜の態度を謝罪し少しだけ我々のやる事に目を瞑ってくれと頼みます。 その頃、フロックがキヨミを脅し身の程を弁える事が大事だと語ります。 お気の毒に、繰り返すだけと言うキヨミ。 そこへ反イェーガー派のアルミンとコニーが登場。 フロックにアズマビドの整備士に至急連れてこいと騒ぎます。 ・・・何を言ってるというフロック。 アルミンはマーレの残党がジャンとオニャンコポンを殺したといいます。 海に逃げたから追う、早く整備士を連れてくるんだ!!と叫びます。 そして飛行艇を見つけ港に向かうアルミンとコニー。 港にいるダズとサムエルにフロックの指示で取り付けた爆弾を早くとれと指示します。 しかしダズとサムエルは、お前達は裏切った疑惑があると言います。 仲間だろとアルミンは言い、ダズ達は安心し良かったと起爆装置を外します。 考えるフロックはやはり不安の種は潰しておくとアズマビドの技術者に銃を向けた瞬間、飛びかかるキヨミ。 殺せと命令するフロックと同時にミカサがキヨミの救出に現れます。 「敵襲!アルミン達は裏切った!殺せ!」とフロック。 地下に逃げたミカサ達。 そこに巨人化したアニとライナーが現れ暴徒化します。 裏切ったと聞いたダズとサムエルはアルミンとコニーに銃を向けます。 ちょっと待ってと言うアルミンをダズは撃ちます。 裏切ったのか仲間じゃないのかとサムエル。 お前達は仲間だ、でも俺はと叫びながらコニーはダズとサムエルを撃ちます。 スポンサーリンク 都市オディハ マガトは飛行艇が飛んでもエレンの位置さえ分からない。 時間は更に掛かる。 そしてここで半日持たせるのは不可能だと狼狽えます。 そこへキヨミが、考えがあると言います。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 ここより南の都市オディハにはアズマビドが所有する格納庫がありそこで整備可能。 すぐさま出航しオディハで整備を完了する手があると提案します。 ハンジは、そこは地鳴らしで壊滅する都市じゃとキヨミに聞キました。 キヨミは、オディハは地鳴らしより先回りできるが、半日もつかは賭けになりますと返します。 マガトは何にせよ、このままここで飛ばす事は出来ないと出航まで15分でしろとそれぞれ一斉に動き出します。 スポンサーリンク 作戦変更 港で船を守るアニとライナーに作戦変更を教え乗船の援護をと頼みます。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 それを聞いたアニはそんな事でエレンに、父のいるレベリオまで辿りつけるのと思います。 そんな中、危険を顧みず外に出てきたアズマビドをフロックは殺せと指示します。 アニは後だ、アズマビドを先にとイェーガー派は言い攻撃しますがライナーとアニも懸命にアズマビドを援護します。 邪魔だと一斉に攻撃するイェーガー派の攻撃がアニを襲いますが、ライナーは身を呈してアニを守ります。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 そんな中、フロックは船で飛行艇を持って逃げていくことに気がつきます。 そして、ありったけの雷槍を持ってこい、船を壊すと指示しエレンが殺されればパラディ島は血の海になる。 全世界からも復讐され親も兄弟も子も皆殺しになる。 心臓を捧げよと檄を飛ばします。 スポンサーリンク 躊躇えば ライナーとアニが集中攻撃されるのを見て、「助けないと」というミカサ。 しかしハンジは増援の列車を私達で止めないと出港も危うい、全滅するとミカサにいいました。 その瞬間に激しい爆音が聞こえ、振り返ったハンジとミカサが見たのは脱線した列車でした。 まさかと言うフロック。 その一方では集中攻撃を受けたアニとライナーは限界を迎えます。 体が・・・動け・・・というライナー。 そして何も見えないと言うアニに反イェーガー派がトドメを刺そうと一斉に飛びかかります。 そこへコニーが加勢に入り、反イェーガーを斬りつけます。 死ね、裏切り者と今度はコニーを攻撃する反イェーガー派ですが、 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 ハンジ、ミカサ、ジャンそしてピークが躊躇えば仲間が死ぬと覚悟を決めて攻撃します。 「フロック!!」と叫ぶ反イェーガー兵士に、「分かっている車力に雷槍を打ち込め!」とフロックが指示します。 それぞれ懸命に戦う中、自身に傷をつけたファルコが遂に顎の巨人になり、イェーガー派を襲い掛かります。 そして、一気に連携が崩れるイェーガー派に今しかないと懸命に反撃します。 クソと悔しがるフロックは船底に穴を開けるこの1発にかける。 エルディアを救うのは俺だと隙を見て飛び出しますがガビに撃たれます。 海に落ちるフロック。 良くやったとハンジは言いイェーガー派を何とか抑えます。 スポンサーリンク マガト隊長 出港できるぞとオニャンコポンは叫びます。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 ジャンは次が来ない内にと喋る途中、暴走したファルコが現れました。 ピークは「ファルコ!敵はいない!出てきて!」と叫びますがファルコは攻撃します。 首を噛まれるピークにマガトが現れそのままファルコを押さえろと指示します。 頸に傷を入れ人型に戻したマガト。 良くやったファルコと労わります。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 そして、傷つきながらも反イェーガー派は船に乗り込みます。 すぐに船を出せと殿(しんがり)を務めると言うマガト。 出港する船を見ながら銃を構えます。 まだ敵が残っているとイェーガー派に見つかりますがそれを阻止する男が現れます。 あんたが増援を食い止めたのはあんたかと気がつくマガト。 男はそうだと答えます。 何故、船に乗らなかったかとキースに聞かれます。 マガトは巡洋艦を指差し仲間が乗った船に直ぐに追いつかれる。 あれを残してはいけないと答え、男はならば手を貸そうと言います。 スポンサーリンク キース・シャーディス 巡洋艦に乗り込んだ2人。 海に飛び込むなら今のうちだと話します。 死に時を探していたと語り、何故我々を助けたとマガトは聞きます。 男はシガンシナの砦から教え子を見た。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 そして目的を察し胸が震えたと言います。 あんたが増援を止めてくれなければ我々はここまでだった。 後に語られる英雄となるだろうとマガトが言いました。 じゃあアンタと一緒だと男は返します。 マガトは自分を誇る事は出来ない、子供達を国の都合のいいように壁を壊す事を教えた。 ようやく気づいた。 あの子達が普通に暮らす事がどんなに嬉しかったかと言います。 男はあんたにできなくても誇りに思うよとあの子達も同じだと言いました。 マガトはありがとう、ところでアンタ名前は?と聞きます。 キース・シャーディスと答え、キースに聞かれたマガトはテオ・マガトと答えます。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 そして、巡洋艦に仕掛けた爆弾に火をつけ爆破します。 スポンサーリンク 『進撃の巨人』ネタバレ129-130話のまとめ 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 アニとライナーが巨人化し時間を稼ぐ反イェーガー派ですがアズマビドの整備士は飛行艇を整備するには時間がかかると言います。 マガトはそれだけ掛かるのは不可能だと言いました。 キヨミは南の都市オハティでも整備が可能だと提案し反イェーガー派はオハティを目指します。 危険をおかし外に出てきたアズマビドにフロックは目的を察知します。 船を守るアニとライナーを集中攻撃するイェーガー派。 それを見てファルコはガリアードさんだったらと飛び出します。 アニとライナーは変わらず集中攻撃を受け続けます。 ミカサは心配しますがハンジは増援の列車を止めないと、といいます。 しかし爆音と共に列車は脱線します。 驚くハンジ達。 そして限界を迎えたアニとライナーの救援にコニーを先頭に向かいます。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 そして自身を傷つけたファルコが遂に顎の巨人として現れ、イェーガー派を何とか押さえ込みます。 早く船にと言うジャンですがファルコは初めての巨人化で暴走します。 押さえるピーク。 マガトは頸に傷をつけファルコを人に戻し良くやったと労います。 傷つきながらやっと船に乗る反イェーガー派。 オニャンコポンに早く出せ殿をつとめるとマガトは言います。 敵に見つかるマガト。 そしてそれを助ける男。 何故、船に乗らなかったと聞く男にマガトは巡洋艦を指差し仲間にすぐ追いつかれるので残してはいけないと言いました。 男はならば付き合うと行動を共にします。 マガトは増援の列車を止めたのはあんたかと気づき何故だと聞きます。 男はシガンシナで教え子を見て行動を察した。 胸が震えたと答えます。 それを聞いたマガトは、アンタは後の英雄だと言います。 男はじゃあアンタと一緒だと答えました。 マガトは間違いだった。 国の為に壁を壊す事だけ教えた。 普通に暮らしてくれる事がどれだけ嬉しかったかと語ります。 男は誇りに思うと返し、あの子達も同じだと言います。 ありがとうと言うマガト。 男の名前を聞き自身の名前を名乗ります。 諫山創「進撃の巨人」129話より引用 キース・シャーディスとテオ・マガト。 2人は巡洋艦に火をつけ爆破します。 新しい局面を迎えた「進撃の巨人」。 エレンの地鳴らしを止める為に南の都市オハティに向かいます。 傷だらけになりマガトを失った反イェーガー派。 そしてシガンシナから見守り増援を食い止めたキース・シャーディス。 この2人の意思をつぎどういった展開になるのか。 そして傷を癒すリヴァイの活躍はあるのか。 次号を楽しみに待ちたいですね。

次の

最新ネタバレ『進撃の巨人』130

進撃の巨人 130話 ネタバレ

スポンサーリンク アニとライナーが巨人化し時間を稼ぐ反イェーガー派、アズマビドの整備士は飛行艇を整備するには時間がかかると言いました。 整備士の言う時間を稼ぐのは不可能だと言うマガト。 キヨミは南の都市オハティでも整備が可能だと提案し反イェーガー派はオハティを目指します。 危険をおかし外に出てきたアズマビドにフロックは目的を察知。 船を守るアニとライナーを集中攻撃するイェーガー派、それを見てファルコはガリアードさんだったらと飛び出しました。 アニとライナーは変わらず集中攻撃を受けています。 ミカサは心配しますがハンジは増援の列車を止めないと言いました。 しかし爆音と共に列車は脱線。 驚くハンジ達、そして限界を迎えたアニとライナーの救援にコニーを先頭に向かいました。 そして自身を傷つけたファルコが遂に顎の巨人として現れた事でイェーガー派を何とか押さえ込みます。 早く船にと言うジャンですがファルコは初めての巨人化で暴走! 抑えるピーク、マガトは頸に傷をつけファルコを人に戻し良くやったと労いました。 傷つきながらやっと船に乗る反イェーガー派、オニャンコポンに早く出せ殿をつとめるとマガトは言います。 敵に見つかるマガト、そしてそれを助ける男。 何故、船に乗らなかったと聞く男にマガトは巡洋艦を指差し、仲間にすぐ追いつく、残してはいけないと言い、男はならば付き合うと行動を共にします。 マガトは増援の列車を止めたのはあんたかと気づき何故だと聞きます。 男はシガンシナで教え子を見て行動を察した、胸が震えたと答えました。 それを聞いたマガトは、アンタは後の英雄だと言い男はじゃあアンタと一緒だと言いました。 マガトは間違いだった、国の為に壁を壊す事だけ教えた、普通に暮らしてくれる事がどれだけ嬉しかったかと語ります。 男は誇りに思うと返しあの子達も同じだと。 ありがとうと言うマガト、男の名前を聞き自身の名前を名乗ります。 キース・シャーディスとテオ・マガトは、巡洋艦に火をつけ爆破しました。 スポンサーリンク アニの本音 アニとライナーの活躍により飛行艇を手に入れオディハへと向かう反イェーガー派ですが、ハンジからレベリオを救う道がなかった事実が告げられるとアニは絶望します。 諫山創「進撃の巨人」130話より引用 それを聞いたアニは戦う理由がない私は降りると言いました。 マガトは命を賭して私達を先へ進めた。 それはレベリオやマーレのためじゃない。 名も知らぬ人々を一人でも多く救えと、私達に託すためだと説得するハンジ。 ですがアニはミカサにだったら最初の疑問に戻るけどあんたはエレンを殺せるの、私がエレンを殺すのを黙って見てられると言い、 「もう戦いたくない、あんたと殺し合いたくない、あんた達ともエレンとも」とアニが本音を吐き出しました。 スポンサーリンク 回想 どこから始まったのだろう、あそこか? 諫山創「進撃の巨人」130話より引用 いや、どこでもいい、すべてが最初から決まっていたとしても、すべては俺が望んだ事、すべてはこの先にあるとエレンの回想に入ります。 そして、エレンの思い真実が分かります。 必死に説得するヒストリア、エレンは「憎しみによる報復の連鎖を完全に終結させる唯一の方法は憎しみの歴史を文明ごと、この世から葬り去ることだ」と言い拒みます。 そして、ミカサについてジークとの会話では「つまり、そのアッカーマンの女の子が…お前に向ける好意の正体を知りたいんだな?」 諫山創「進撃の巨人」130話より引用 「俺が思うになぁエレン、その好意には正体も習性もやむにやまれぬ理由もない、ただお前のためなら巨人をひねり殺せるくらい、お前が好きなだけだ」と言い、 エレンは何言ってるんだ「俺は長くて後4年しか生きられない」と返し私が子供を作るのはどう?と言うヒストリアもいます。 そして、エレンは本当の思い、「オレが死んだ後もずっとあいつらの人生は続く、続いてほしい、ずっと幸せに生きていけるように」とミカサや仲間達を思います。 スポンサーリンク 世界連合艦隊 一方、地鳴らしをする巨人を止める為に大型の戦艦を並べるのは世界連合艦隊。 「この地球上に存在し得る最も巨大な大砲のほぼすべてが、今ここに集結した。 人類の叡智のすべてが同じ目標に狙いを定めている。 この奇跡を叶えた艦隊が阻止できないなら、これを止める手段はもう人類に存在し得ない」 諫山創「進撃の巨人」130話より引用 「この地鳴らしを」の言葉、そしてそれが合図になり世界連合艦隊は一斉に砲撃しました。 海を泳ぐ巨人に何発もの砲弾を浴びせますが一向に効いた気配すらありません。 無残にも立ち上がった巨人に踏み潰され破壊される艦隊。 そして、遂に大陸の港に巨人が到着したのです。 スポンサーリンク 『進撃の巨人』ネタバレ130-131話のまとめ 南の都市オハティに向かおうとする反イェーガー派にそれを阻止しようとするフロック率いるイェーガー派は猛攻撃を加えます。 それに対抗し港で戦うアニとライナー。 更にファルコも巨人化し総力戦に。 初めての巨人化で暴走するファルコでしたがマガトにより抑えられました。 ですがファルコの頑張りによりアズマビドや反イェーガー派は船に乗り込む事に成功しますが、1人残ると言うマガト。 そしてアニを教え子にもつキース・シャーディスと共に反イェーガー派を追う可能性のある巡洋艦に火をつけ自爆。 そして、船に乗る事に成功したミカサやアニ達にハンジから衝撃の事実を突きつけられました。 諫山創「進撃の巨人」130話より引用 生まれ故郷レベリオが救えなかった事、それを聞いたアニは絶望します。 降りると言うアニにハンジは説得しました。 そのアニは最初の疑問に戻るけどあんたはエレンを殺せるの、私がエレンを殺すのを黙って見てられると言い、「もう戦いたくない、あんたと殺し合いたくない、あんた達ともエレンとも」と本音を漏らします。 そして、地鳴らしをはじめたエレンの真実の思いが分かりました。 世界を駆逐すると言うエレン、必死に止めるヒストリア。 それでもエレンの決意は変わりません。 諫山創「進撃の巨人」130話より引用 エレンはミカサ達、仲間を思い浮かべ「オレが死んだ後もずっとあいつらの人生は続く、続いてほしい、ずっと幸せに生きていけるように」と真実を明かしました。 一方、大陸の港で来たる巨人に備え世界連合艦隊が待ち受けます。 「この地球上に存在し得る最も巨大な大砲のほぼすべてが、今ここに集結した。 人類の叡智のすべてが同じ目標に狙いを定めている。 この奇跡を叶えた艦隊が阻止できないなら、これを止める手段はもう人類に存在し得ない」と言う世界連合艦隊でしたが泳ぐ巨人を止める事が出来ずその上で立ち上がった巨人に為すすべなく破壊されました。 そして、大陸の港に姿を現し港で待ち構えていた兵士が撃つ大砲も効きません。 どうする事も出来ず逃げる兵士が見たのは一際大きな、進撃の巨人。 諫山創「進撃の巨人」130話より引用 駆逐してやる、この世から一匹残らずと巨人が大陸に上陸します。 仲間を思う事だったエレンの地鳴らし。 また大陸が破壊されようとしています。 アニやライナーの故郷レベリオはもう間に合わないのか、アニの折れた心は戻るのかと気になる事だらけです。 更に世界連合艦隊をも蹴散らした巨人そしてエレンは説得できるのか。 次話が今から待ち遠しいく楽しみですね。

次の

Anime Movies

進撃の巨人 130話 ネタバレ

アニはレベリオがこれからどうなるかについて話していたみたいですが、レベリオはもう救えそうにないことを伝えられます。 絶望的な面持ちです。 ライナーはガビとピークの方を振り返りますが、二人とも疲れ切ったような顔をしています。 もちろん故郷レベリオが助からないことを聞いています。 アニは父親を救えないことを察すると、 これ以上戦う理由はないと言い出します。 アニ: 「私は降りる」 しかしハンジは言います。 今地鳴らしが止まったとしてもレベリオもマーレも壊滅状態は避けられない、しかしマガトは命を懸けてエレンを止めようとした。 マーレやレベリオのためではなく、人の命を救うために戦った、と。 そのマガトの犠牲に意味を与えるのは生者であるハンジやアニである、と。 ここでアニが言います。 アニ: 「だとしたら最初の疑問に戻るけど…あんたにエレンを殺せるの?」 ミカサに尋ねています。 ミカサたちともエレンとももう戦いたくはないと言うアニ。 ここでハンジたちが乗っている船が映ります。 船と同じ方向に飛んでいる一匹の白い鳥。 どこからが始まりだろう あそこか? いや… どこでもいい 船内の会話が描かれていましたが急に変わります。 エレン?の心の中へ、、、 エレンがヒストリアの手にキスをしたあの時、、、エレンが何かを見ます。 時は遡り、鉄道開通式の夜。 イェレナがエレンのもとに行き会話をしたときの様子が。 イェレナ: 「エレン…世界とエルディア双方を救う術は『安楽死計画』」 「これを完遂する他にありません」 エレンとイェレナが話している後ろでフロックが話を盗み聞きしています。 イェレナとの会話が終わるとエレンはフロックに伝えました。 エレン: 「オレはジークの計画に従う…」「フリをする」「お前もそうしろ」 「…従うフリをして 何をするんだ?」とエレンに問うフロック。 ここでさらに場面は変わりエレンとヒストリアとの会話が挟まります。 憲兵団がヒストリアにジークを食わせようとしていることを伝えるエレン。 それに対しヒストリアは、パラディ島が助かる方法があれば自分は従うと言います。 ヒストリア: 「他に方法は無かった……」 「でも…あの時エレンが私を庇ってくれて…みんなが動いてくれたから…」「私はそれで十分だよ」 しかし、ヒストリアはいいかもしれないが、自分にとってはよくないとエレンは言います。 ヒストリアとの会話 ヒストリア: 「そんなの間違ってる!!」 「島の外の人すべてが敵じゃないのに…!!」 ヒストリアは反対しますが、エレンは 「憎しみの歴史を文明ごと この世から葬り去る」ためにやるのだと言います。 エレンを止めなければ今後胸を張って生きることができなくなる、とヒストリア。 しかしエレンは 始祖の力で記憶を消すことができる、と言います。 自責の念に堪えられないのなら、その記憶ごと消すということ。 ここで、エレンがレベリオの病院にいた際にジークと話した場面が挟まります。 ジーク: 「頭痛?」 「アッカーマン一族に特有の疾患があるなんて…巨人学会やクサヴァーさんからも聞いたことないな」 ただし、生存本能を刺激されたアッカーマンは力に目覚めることがあると言います。 ジーク: 「宿主?を守る習性?…そんなもの無いと思うぞ?」 エレンに好意を抱くアッカーマンの女の子は、アッカーマンが理由ではなく、ただエレンのことが好きなだけなのでは、とジークは言います。 「お前はどう応える?」と言うジークに 寿命は長くても4年しかないんだ、と答えるエレン。 自分が死んだ後も他の皆の人生は続く、続いてほしい、とエレン。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 「世界連合艦隊」 「この地球上に存在しうる最も巨大な大砲のほぼすべてが…今ここに集結した」 海上に並ぶ大量の艦隊。 向こう側に見えるのは、蒸気。 男が手を振り下げると、一斉に艦砲射撃が始まりました。 海中には黒い巨大な影が。 超大型巨人たちは海中を進んでいるようです。 軍艦の攻撃は巨人たちにはほとんど効いていない模様。 逃げ出す兵士たち。 一人が上空を指さしています。 ヒストリアはエレンを止めなければ今後胸を張って生きることはできなくなる、と言いますが、エレンは記憶を操作するから大丈夫だと言いました。 たしかに 記憶を消してしまえば何もなかったことになるのでエレンが言ってることは正しいですが、読者はモヤモヤしますね(苦笑)。。。 そしてヒストリアは自ら妊娠を提案し、結果107話で見たように妊娠することになります。 幸せに生きてほしい.

次の