アズノール 軟膏 市販 薬。 アズノール軟膏は市販されてる?幅広い効能を大特集!

アズノール軟膏と同じような市販薬はあるのか

アズノール 軟膏 市販 薬

アズノール軟膏(一般名:アズレン)は、1958年から発売されている皮膚潰瘍治療薬です。 安全性に非常に優れる外用剤で皮膚への刺激も少ないため、主に軽症の皮膚疾患を中心に広く処方されています。 眼以外の身体のどこにでも塗る事ができますし、肌が敏感な赤ちゃんにも安心して用いる事が出来ます。 幅広く使われているお薬ですので、 「薬局やドラッグストアで同じようなものを購入できないのか」 「市販薬に同じようなものはないのか」 と患者さんから相談される事もあります。 ではアズノール、あるいはアズノールと似た成分を持つ外用剤は市販薬として購入できるのでしょうか。 ここではアズノールは市販薬として売っているのかをお答えしたいと思います。 1.アズノールの市販薬はあるのか アズノールは市販薬として販売されているのでしょうか。 結論から言ってしまうと、アズノール軟膏と同じものは市販されておらず、薬局やドラッグストアで購入する事は出来ません。 そのため、もしアズノール軟膏が必要な場合は、病院を受診して診察医に「この患者さんの治療にはアズノール塗布が必要である」と判断してもらわないと入手する事は出来ません。 アズノールは「アズレン」という植物由来の成分から作られています。 より具体的に言うと、カミツレ(カモミール)というヨーロッパ原産のキク科の植物に含まれるアズレンをもとに作られた「グアイアズレン(ジメチルイソプロピルアズレン)」が原料となっています。 この「グアイアズレン」が配合されている市販の軟膏・クリームはあります。 しかし含有されているグアイアズレンの濃度もはっきり分からず、またその他の成分も多く配合されているため、アズノールと同じ効果が得られるかというと疑問が残ります。 例えば市販のクリームでアズレン(グアイアズレン)を含んでいるものは次のようなものがあります。 グアイアズレンを含んではいますがその濃度は不明で、またその他の成分も多く含んでいますので、アズノール軟膏と同じ効果を期待するのは難しいかもしれません。 このように、アズノール軟膏と全く同じ成分からなる外用市販薬はないのが現状です。 しかし一方でアズノールと同じ成分を含む、• うがい液• 口内軟膏• 坐薬 は市販薬がありますので、このような用途でアズノールを用いたいのであればこれは市販のものを買う事が出来ます。 アズノール(アズレン)には、• 抗炎症作用(炎症を抑える作用)• 創傷保護作用(傷を保護する作用)• 抗アレルギー作用(アレルギーを抑える作用) といった作用があります。 そのため、皮膚の潰瘍を治療するという用途以外にも、うがい液や口内軟膏として用いて口腔内の炎症を抑えたり、胃薬として用いて胃炎を抑えたりする作用も期待できるのです。 例えば、一例として次のような市販薬があります。 2.アズノール軟膏と似た作用を持つ市販薬はないの? ではアズノールと全く同じではなくても、アズノールに比較的近い作用を持つ外用剤は市販されていないのでしょうか。 アズノールは主に、• 抗炎症作用(炎症を抑える作用)• 創傷保護作用(傷を保護する作用)• 抗アレルギー作用(アレルギーを抑える作用) といった作用を持ちます。 そして臨床でアズノール軟膏が処方されるのは、特に1番目の炎症を抑える作用を期待したものになります。 更に2番目の創傷保護作用は、基剤がワセリンなど保湿力の高いものであればある程度補えます。 アズノールは安全性の高さも利点ですので、以上から考えると「安全性が高く、穏やかに炎症を抑えてくれる市販の外用剤」という視点でアズノール軟膏と似たようなものはないのか考えてみましょう。 実は、同じくキク科の植物であるキンセンカ(カレンドラ)にも、抗炎症作用がある事が知られています。 カミツレもキンセンカも、昔から民間療法として火傷や擦り傷といった皮膚トラブルの治療に使われていたそうです。 カミツレとキンセンカに含まれる抗炎症作用を持つ成分は、全く同じ作用機序で効くわけではありませんが、• 植物由来の成分であり安全性が高い• 穏やかな抗炎症作用を持つ という点では共通しています。 カミツレとキンセンカを含む市販の外用剤として、例えばこのようなものもあります。 アロベビークリームは保湿作用に優れる成分を多く含んでおり、バリアのように覆って皮膚を守る事で皮膚状態を整えます。 また配合されている「セイヨウニワトコ」のエキスは、穏やかながら炎症を抑える作用も多少有しているため、穏やかな抗炎症作用を持ち、保湿作用に優れ、かつ安全性が高い、という点ではアズノールとある程度共通しているでしょう。 3.皮膚トラブルは医師に相談しましょう 残念ながらアズノール軟膏と全く同じ主成分からなる市販薬はありません。 似たようなものとして前項でいくつか紹介しましたが、これらもアズノールと全く同じようなはたらきをするわけではありません。 全く同じような効き方ではない以上、そのクリームが本当に自分の皮膚状態にあっているのかは分かりませんし、更にアズノールと比べてかなり高価です。 一方で保険診療で処方してもらうアズノールは、専門家である皮膚科医が皮膚状態を見て処方するわけですから、高い精度で皮膚状態に適したものと言えますし、1本(20g)で50円程度ととても安価です。 実際はその1~3割負担ですので、1本5~15円程度で処方してもらう事が出来ます。 こう考えると診察料などを含めても、受診した方が金銭的にも優れている事が分かります。 市販薬ではなく処方薬のため、欲しいと言えば処方してもらえるものではなく、医師が治療に必要と判断しなければ処方してもらえませんが、本当にアズノールが必要な状態なのであれば、病院を受診して医師に処方してもらった方が安価ですし、何よりも正しい診断に基づいた正しい治療を行えます。 お忙しい方は、なかなか受診する時間が取れない事もあり、つい「市販薬で何とかならないかな」と考えてしまうと思います。 しかし皮膚のトラブルで悩んでいるのであれば自分の不正確な診断で市販薬を塗るのではなく、出来るだけ時間を作って皮膚科を受診するようにしましょう。 カテゴリー• 247•

次の

アズノール軟膏と同じ市販薬はないの?

アズノール 軟膏 市販 薬

精製ラノリン、lanolin 羊毛から得た脂肪様物質を精製したもので、淡黄色の軟膏様の物質である。 主成分は、コレステロール、イソコレステロール、高級脂肪酸、高級アルコールおよびそのエステルで、抱水性に優れ、自重の2倍量の水と混和することができる。 また、皮膚粘着性が良く、軟膏剤の医薬品添加物として用いられている。 油性基剤に水溶性薬物を配合するとき、薬物水溶液をラノリンに吸収させ、それを油性基剤に混ぜたり、また、分泌液の吸収効果を期待して、分泌液の多い患部に適用されることもある。 精製ラノリンは軟膏の基材です。 配合量を見れば分かりますが、300g中に有効成分のジメチルイソプロピルアズレンはたったの0. 1gです。 ほとんどは白色ワセリンです。 代替え品と言えば、白色ワセリンでいいのでは(この部分は筆者の偏見です。 )と思います。 アズノール軟膏の効果を教えてください。 湿疹など軽度の皮膚トラブルに効果があります。 アズノール軟膏はニキビに効果はありますか アズノール軟膏は消炎作用があり、皮膚を保護する働きがあります。 ニキビに対してはニキビ菌(アクネ菌)に対しての殺菌作用はありません。 皮脂の過剰分泌を防ぐ効果はありません。 毛穴の汚れを取る効果もありません。 あまり効果は無いと思います。 アズノール軟膏azとは何ですか 残念ながら何か分かりません。 アズレノール軟膏azとは何ですか 期間限定の医薬品で現在は発売されていないようです。 アズノール軟膏は陰部や唇などのデリケートな部分に使用できますか アズノール軟膏は顔や唇、陰部、肛門などのデリケートな部分にも使用できます。 アズノール軟膏は痔の治療に使えますか 痔の原因に直接作用はしませんが、肛門周辺の皮膚炎の予防のために使われることがあります。 アズノール軟膏は唇荒れに使用できますか アズノール軟膏は唇荒れに使用できます。 アズノール軟膏を塗って唇荒れが治らない場合は別の原因があるかもしれません。 お医者様に相談した方がいいかと思います。 アズノール軟膏は唇のヘルペスに使用できますか アズノール軟膏は皮膚を保護するという意味で唇のヘルペスに使用できますが、 ヘルペスウイルスに対して効果はありません。 病院で治療するか、市販の抗ウイルス軟膏を使用した方がいいと思います。 アズノールうがい液は市販されていますか アズノールうがい液は市販されていませんが、同じ有効成分アズレンスルホン酸ナトリウム水和物を含んだ浅田飴アズレンうがい薬が市販されています。 近所の薬局、薬店やドラッグストアで購入できるます。 万が一無い場合は楽天など通販サイトから購入することができます。 ロコイド軟膏とアズノール軟膏を混ぜたものは市販されていますか 市販されていません。 アズノール軟膏は楽天やAmazon(アマゾン)などのネットの通販サイトで購入することはできますか? アズノール軟膏は比較的安心な塗り薬ですが、医療用医薬品のため、Amazon(アマゾン)や楽天では購入することはできません アズノール軟膏はオオサカ堂などの個人輸入代行サイトから購入することはできますか オオサカ堂の検索窓にアズノール軟膏やアズノール軟膏と入れても何もできていませんし、 アズノール軟膏の有効成分のアズレンといれると、スキンケアセットや目薬はできていますが、軟膏の医薬品は取り扱ってないようです。 今のところ、アズノール軟膏を取り扱っている個人輸入代行サイトはファミリーファーマシーグローバルや空詩堂だけのようです。 アズノール軟膏の添付文書は アズノール軟膏の添付文書はこちらで見ることができます。 アズノール軟膏の効果効能は添付文書には次のように書かれています。

次の

アズノールうがい液の市販薬3選!使い方やイソジンとの違いも解説

アズノール 軟膏 市販 薬

ドラッグストアで働いていた頃から薬剤師さんのおすすめで使っていました。 店舗での評判がよくってスタッフ一同で共有して使っていた商品です。 通常のハンドクリームよりも落ちにくいので効き目が長持ちするのが特徴で仕事中にハンドクリームの塗り直しがあまり出来ないような人に特にお薦めです。 コンセプトは透明手袋で外敵からバリアーです。 使い方は、お仕事前にハンドクリームのように乾いた手全体に刷り込むだけです。 水やお湯に溶けずらく仕事中にヌルヌルしません。 無色無臭なので塗った手で食品を扱っても大丈夫。 効果は4~5時間つづくので、休憩時間のタイミングで塗り直せば効き目は持続します。 昔働いていたドラッグストアはダンボール扱う仕事が多くって、ダンボールは触ったところから水分と油分を吸収して指がガサガサになるのですが、こちらを使い始めてからそれが全然なくなりました。 見えないベールで守ってくれます。 ワセリンよりも硬めのテクスチャーなのであまり伸びないのですが硬いぶんべたつかず少量を手にすり込むことで違和感なく馴染んで水をはじいてくれます。 ワセリンよりも効き目が持続するので、普段はワセリンという人は一度こちらをためしてみて欲しい。 以前はドラッグストアで購入できたけどこないだいったら売ってなかった。 あんまり人気無いのかな? モイスポリアは仕事前のバリアーオススメです。 バリアをはる目的でつかうので潤す効果はちょっと弱めなので入浴後や就寝前はしっとりタイプのハンドクリームを使うといいです。 ちなみに、プロペト(白色ワセリン)よりは安価です。 一日に何回も手を洗う方、洗車、清掃作業、洗い場仕事、倉庫出品作業、お湯をよく使う方、洗剤をよく使う方、油仕事をする方、紙・ダンボール・布などを扱う方、手足の荒れる方 これ塗ったあと 食品を扱うこともできるので、水仕事の多い調理場担当スタッフとか、あと花屋さんにも好評です。 手荒れ予防にはこれが一番のオススメ商品です。 ただ、あくまでも予防なのでなってしまってからの商品も紹介したいとおもう。 あかぎれや切り傷になってしまった時の市販薬 症状がひどい時には抗生剤入りのステロイド軟膏を使用することがあるけど、私の一番のオススメはぬり薬ではなく絆創膏です。 ただ、普通の絆創膏ではないですよ。 ちょっとお高い絆創膏のキズパワーパッドをオススメします。 キズパワーパッドは患部によって様々な形状のものが販売されているけど、指につかうのであれば、指用かもしくは水仕事用がお薦めです。 水仕事用 とにかく貼り心地が素晴らしいです。 伸縮性に優れており指用のものを購入すれば指巻用と指関節用が入っていて、貼っても剥がれてしまう関節部分にもピタッとフィットして動かしても水の侵入を防ぎます。 そして、貼っておけば、傷が早く治るだけでなく、つらい痛みからも開放されます。 湿潤タイプの絆創膏を使うときには患部に傷薬やハンドクリームはつけない方がいいです。 水で洗って清潔にした患部に直接貼るのが効果的です。 上記で紹介したモイスポリアも傷になっているところには使わないで、あかぎれてしまったときは先に絆創膏を貼ってそれ以外のところにモイスポリアを使用するという使い方をオススメしたい。 またキズ口から出ている体液をパッドが吸収保持して白くふくらみます。 それがクッションとなりキズ口を保護し、適度に潤いを保つことによってモイストヒーリングが効果的に行われる最適な環境を作ります。 白くなって化膿してるのでは?と心配になるけど、これがはやく治すための環境なのでそのまま様子を見ましょう。 抗生剤入りのステロイド軟膏 予防も大事だけど一度ひどくなってしまったらしっかり効き目のあるもので治療が大切。 炎症を抑えるだけではなくステロイドには痒みを抑える効果もあります。 皮膚炎・かぶれの悪化の原因は「 かゆくてかいてしまうこと」です。 かゆみが酷いと悪くなってる症状を更にかきこわしてしまうという悪い循環に入ってしまう。 湿疹やかぶれは痒くてかいているうちはいつまでたっても治りません。 だから、症状が辛いようなときには一度効き目のいい薬で悪循環を断ち切る必要があります。 手は比較的角質が厚いので強めのランクのステロイドを使用します。 市販薬で強めのステロイド軟膏といえばフルコートfかベトネベートASだと思います。 どちらの商品も抗生物質が混ざっているので使いやすい商品だと思います。 原因不明のかぶれは市販薬ではなく皮膚科を受診下さい。 原因がはっきしりたかぶれとは「 ドライスキンによるかぶれ、しもやけ、洗剤かぶれ、虫さされん」この当たりですね。 手荒れには使えるけど、あかぎれやかき壊しがひどく傷になっている部分には使用できません。 だからあかぎれにはさっきのモイスヒーリング絆創膏のキズパワーパッドをオススメします。 傷になっているような部分にステロイドを使用すると逆に症状を悪化させてしまう恐れがあります。 お医者さんはそれでも必要であればステロイドを処方しますが、それは専門家だからできることで素人がむやみに手をだすことではありません。 キズになっているのであれば受診した方がいい。 手湿疹でわたしが処方されたことのある薬たち 比較的強めのステロイドの薬がよく使われています。 もちろんずっと使ったりハンドクリームみたいに予防で使ったりしませんよ。 よくなったら中止です。 デルモベート軟膏 こちらはステロイド強さ5分類で最強ランクに位置づけられている薬剤です。 ひどい人なんかにはこちらが使用されます。 こちらと同ランクと言われているのがフラジール軟膏とダイアコート軟膏ですが、うちの地域ではフラジール軟膏やダイアコート軟膏はほとんどみかけません。 デルモベート軟膏がほとんどですね。 さらに手荒れにはサトウザルベ軟膏重ね塗りって言う指示もでたりデルモベート軟膏とサトウザルベ軟膏混合なんてのもあります。 デルモベート軟膏だけでなく、炎症を抑えるプロトピック軟膏を混合してくれています。 プロトピック軟膏は免疫抑制薬でステロイドと同じように強い炎症を抑おさえる効果があります。 ただ、角質が厚い部分には吸収性が悪いのであまり使用されません。 手指にプロトピック軟膏使うのかと衝撃を受けましたが、割りといい感じで酷い時によく効いてくれました。 他にもアンテベート軟膏やフルメタ軟膏やリンデロンVG軟膏なんてのをよく出してくれます。 強さとしては デルモベート軟膏> フルメタ軟膏> アンテベート軟膏> マイザー軟膏> リンデロンVG軟膏と教えられてます。 市販薬の手湿疹へのステロイドといえばPVA プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル がよく使用されています。 これはリドメックス軟膏と同じ成分でアンテベート軟膏やフルメタ軟膏と比較すると弱めのランクのステロイドですね。 それを補うために市販薬ではジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン薬)、リドカイン(局所麻酔薬)、アラントイン 組織修復薬 なんてのが配合されています。 でも、結局はステロイドの成分が主で他はおまけみたいなものです。 だって、皮膚科にいってもジフェンヒドラミンやリドカインなんて出してもらったことないですからね。 多くの場合で保湿剤とステロイドのみです。 やっぱりかぶれの治療の中心はステロイドです。 PVAよりはフルコートfやベトネベートASの方が強めです。 ちなみに、ベトネベートに使用されているステロイドはリンデロンVG軟膏に使用されているものと同じものが同じ濃度で配合されています。 スポンサーリンク ドレニゾンテープ・エクラープラスターはステロイドの貼付剤 貼り薬もなかなかいいですよ。 ドレニゾンテープやエクラープラスターは薄いフィルムタイプの貼付剤でステロイドが炎症を沈めてくれるとともに患部を保護・密封して外部からの刺激からも守ってくれる。 ハサミで切って患部にちょうどいいサイズに切り取ります。 シールみたいになっているのでペタンと貼るだけです。 軟膏やクリームだとすぐにとれてしまい何度も塗り直さないといけないような場合には、このフィルム材なんかがいい。 貼っとけばずっと効果が持続する。 ただ、作業するとけっこう簡単に剥がれてしまうので仕事内容によってはぬり薬の方がいい場合もある。 ドレニゾンテープと同じ市販薬があれば、どれだけあかぎれ患者が助かるのかと思うけど、残念ながらないんですよね。 コロスキンやサカムケアや液体バンソウ膏で患部を保護 ハケ付きで患部に液体を塗ると液体が固まって患部を保護してくれます。 患部を薄い被膜で守ることでバイキンの侵入を防いだり、水に濡れてもしみにくくなります。 また透明で目立ちにくく、液体を塗るので関節部分であっても患部に密着して塗布できる。 速く治るかどうかは別として私は結構気に入ってます。 絆創膏みたいに作業の邪魔にならないし、見た目も絆創膏みたいに怪我した手で商品扱ってますけど何か?みたいな感じにならなくてすむ。 これはべたつかないでしっとりした感じになる。 ユベラ軟膏はビタミンEやビタミンAがはいってるからしもやけによく使用される。 あんまりニオイもないのがいい。 ザーネ軟膏は価格が安いのがいいです。 ハンドクリームとしてたっぷり使える。 軟膏とクリームの中間の性質で他のものよりもさっぱりとした使い心地。 けっこうニオイが気になる。 手あれがひどくてガサガサしてしまっているときはサリチル酸ワセリンなんか混ぜるとわりとしっとりする。 アズノール軟膏まぜるとぬり薬は青くなるけど、塗布するときは薄く伸ばして塗布するのでその青さは気にならない。 服についてもこの青色は水溶性だからとれるらしい。 ヒルドイドソフト軟膏とプロペトが混ざってるのがよくくるけどヒルドイドソフト軟膏の中に白色ワセリンつかわれてるからわざわざ混ぜなくてもとおもう。 個人的にはプロペト混ぜるよりもプラスチベース混ぜてくれたほうが伸びが良くなって使い心地はプラスチベースの方がすき。 ヒルドイドソフト軟膏はハンドクリームにオススメだけど、ヒルドイドクリームになるとあんまりおすすめできない。 というのも臭いんです。 ガソリンみたいな臭がする。 ピンクのチューブがヒルドイドソフト軟膏で、赤のチューブはヒルドイドクリームね。 カチカチになってしまっている手荒れにはサリチル酸が混ざったものが来ます。 角質を柔らかくする効果は尿素よりも優れているとおもいます、最初はザラザラするけどしばらくするとしっとりしてきて意外と好きです。 ヘパリン類似物質の市販薬はいろいろでているけど、私のオススメはこちらです。 薬局知識を1日5分でアップデート! 薬局で働いているかぎり毎日の勉強はかかせません! 医療制度はどんどん変り、新しい医薬品はどんどん増えていきます。 でも、まとまった勉強時間ってなかなか確保できないから知識のアップデートって大変ですよね。 忙しい店舗で働いると帰りが遅いから勉強なんてできないですよね。。 なんで勉強しないといけないのか? それは、 次回の調剤報酬改定が間違いなく業界のターニングポイントなるからです。 医療保険も、介護保険も、すでに財源はパンク寸前で、このままでは破綻してしまうのはあきらかです。 制度を維持していくために、限られた財源をどう使っていくか過激な議論がとびかっています。 これから薬局業界で生きていくならしっかり情報収集して、今やるべきことを見極めていく必要があります。 たとえば、いま注目されているのは「 リフィル処方箋」です。 このリフィルを実行するための要件を「かかりつけ薬剤師」にしたいという話がでているのはご存知でしょうか? つまり、いま薬局がやっておくべきことは「かかりつけ」を増やしてフォローしていくことです。 要件に加えられてから焦っても遅いんです。 常に最新情報を収集して先を見越した対策が必要なんです。 そこで効率よく情報を収集する手段が必要なんです。 もし効率よく薬局情報を収集したいなら「 」を利用するのが1番。 「 」では薬局に関連するニュースをまとめて配信してくれています。 たとえば「新薬情報」「業界の動向」「行政のニュース」「医療従事者がおこした凶悪事件」など。 通勤時間に1日5分スマホをチェックするだけでも業界の動向がみえてくる。 利用するには登録が必要ですが、登録と利用は 無料で 1分もあればできます。

次の