ビーム エイト スタークル ゾル。 ビームエイトスタークルゾル

殺虫殺菌剤ビームエイトスタークルゾル

ビーム エイト スタークル ゾル

ビームエイトスタークルゾル 殺虫殺菌剤 ジノテフラン・トリシクラゾール水和剤 ビームエイトスタークルゾル 成分: ジノテフラン …………………… トリシクラゾール ………………… 10. なお、希釈する場合は、所定量の水に加えてから十分攪拌する。 2 微量散布装置以外の散布器具は使用しない。 3 散布中、薬液の漏れのないように機体の散布配管とその他散布装置の十分な点検をおこなう。 4 養蜂が行われている地区では都道府県の畜産部局と連絡し、ミツバチの危害防止に努める。 また、周辺の桑葉にはかからないようにする。 1 ミツバチの巣箱及びその周辺に飛散するおそれがある場合には使用しない。 2 養蜂が行われている地区では周辺への飛散に注意する等、ミツバチの危害防止に努める。 1 空容器は圃場などに放置せず、3回以上水洗いし洗浄廃液は適切に処理する。 2 散布装置は十分洗浄し、薬液タンクの洗浄廃液は安全な場所に処理する。 8 収穫7日前まで 3回以内 ジノテフランを含む 農薬の総使用回数 トリシクラゾールを含む 農薬の総使用回数 4回以内 (育苗箱への処理及び 側条施用は合計1回以内、 本田での散布、空中散布、 無人ヘリ散布は合計3回以内) 4回以内 育苗箱への処理は1回以内、 本田では3回以内 【取扱メーカー】.

次の

ビームエイトゾル

ビーム エイト スタークル ゾル

使用上の注意• 使用量に合わせ薬液を調製し、使い切ってください。 本剤は長時間貯蔵しておくと分離するので、使用の際はビンをよく振って均一な状態にもどしてから所定量を取出してください。 なお、希釈する場合は、所定量の水に加えてから十分撹拌してください。 本剤を空中散布及び無人ヘリコプターによる散布に使用する場合は次の注意を守ってください。 散布は散布機種の散布基準に従って実施してください。 微量散布及び少量散布の場合は、微量散布装置以外の散布器具は使用しないでください。 無人ヘリコプターによる散布にあたっては散布機種に適合した散布装置を使用してください。 散布中、薬液が漏れないように機体の散布用配管その他散布装置の十分な点検を行ってください。 希釈倍数250倍で散布する場合は、少量散布に適合した散布装置を使用してください。 散布薬液の飛散によって動植物、特に野菜類の幼苗、なし(二十世紀、幸水、新水等)等の農作物の危被害や自動車の塗装等に被害を与えるおそれがあるなど、各分野に影響があるので、散布区域内の諸物件に十分留意してください。 水源池、飲料用水等に本剤が飛散流入しないように十分注意してください。 作業終了後は次の項目を守ってください。 使用後の空の容器は放置せず安全な場所に廃棄してください。 機体散布装置は十分洗浄し薬液タンクの洗剤廃液は安全な場所に処理してください。

次の

殺虫殺菌剤ビームエイトスタークルゾル

ビーム エイト スタークル ゾル

北転純有機 ホクトぼかし 化成肥料 10aあたり2袋使用しています。 秋の稲の収穫後に散布して、田んぼは秋起こししています。 殺虫剤 プリンス粒剤 殺虫在 キラップフロアブル 殺虫・殺菌剤 カスラブスタークルフロアブル 籾播きの時に、播種機で苗箱に同時施用します。 5月中旬の田植えから7月中旬まで、長く効いていて他の農薬は使用しません。 イネミズゾウムシ ヒメトビウンカ ドロオイムシ に効果があります 稲の穂が出て、籾の中に実が入る頃に、使用します。 アカヒゲホソミドリミクラガメの殺虫に効果があります。 稲の穂が出始めた頃に使用します。 いもち病と言う病気とアカヒゲホソミドリミクラガメの殺虫に効果があります。 下の表は、農薬の使用成分の一覧表になります。 防除内容 JA東神楽一般栽培 田中農園 農薬名 成分数 農薬名 成分数 3月 種子消毒 モミガード C・DF 2 温湯処理により 使用せず 0 4月 苗立枯病 タチガレエース 液剤 2 タチガレエース 液剤 2 4月 殺虫剤 不要 0 プリンス粒剤 1 5月中 殺虫剤 アドマイヤー顆粒水和剤 1 不要 0 5月上 除草剤田植前 ユニハーブフロアブル 2 使用せず 0 5月下 除草剤田植後 スマートフロア ブル 3 スマートフロア ブル 3 7月中 いもち病の予防と殺虫 ビーエムエイト トレボン 2 使用せず 0 7月下 いもち病の予防と殺虫 ビーエムエイト スタークルゾル 2 ビーエムエイト スタークルゾル 2 8月上 殺虫剤 キラップフロアブル 1 キラップフロアブル 1 農薬成分の合計 15 農薬成分の合計 9.

次の