三 峯 神社 バス ツアー。 御朱印でめぐる夏の秩父の寺社。三峯神社散策バスツアーなど

日帰りバスツアーで

三 峯 神社 バス ツアー

深緑の中に佇む色鮮やかな門をもつ本殿や、日本武尊が宝登山に登るときみそぎをしたといわれる池など、見どころ沢山です。 秩父神社の神様はとても優しいと評判で、 パワースポットとして有名です。 左甚五郎作の彫刻を持ち、それぞれに見どころがある四柱をもつ本殿や、ちょっと変わったおみくじ(水占みくじと繭みくじ)など、楽しめること間違いなし。 業績が低迷していた大手電子部品メーカーの社長や、スポーツ選手などが参拝しいい結果を得たことを、テレビなど各種メディアで紹介したことから、参拝客が絶えない人気の神社。 御神木が入っていて、勇気・元気・やる気が出るという「氣守」も非常に人気。 水が美味い秩父地方ならではの名品で、秩父蕎麦を食べるためだけに県外から観光客が訪れるほど! 本ツアーではバスで楽々神社を巡るだけでなく、ご昼食に秩父蕎麦をご用意。 ご朱印についてはお客様自身で当日ご購入いただきますようお願い致します。 当日これらのものを携えてお越しいただいた場合、ご参加をお断りする場合がございます。 0歳~2歳のお子様は、座席・食事なしで無料でご参加いただけます。 (但し、大人1名につき1名まで)0歳~2歳のお子様をお連れの際は、必ず事前にご連絡をお願いいたします。 予めご了承ください。 茨城:つくば• 茨城:ひたち・大洗• 茨城:水戸• 山梨:河口湖• 山梨:甲府・石和• 静岡:伊豆• 静岡:土肥• 群馬:富岡• 群馬:伊香保• 京都:洛中• 京都:洛南• 沖縄:南部• 沖縄:北部• 青森市• 長野:中野• 北海道:札幌• 山梨:北杜• 静岡:掛川• 石川:小松• 大分:別府• 大分:由布院• 佐賀:嬉野• 長崎:雲仙• 鹿児島:霧島• 鹿児島:桜島• 鹿児島:指宿• 熊本:阿蘇• 長野:諏訪• 茨城:鹿島• 茨城:佐原• 長野:武石• 佐賀:佐賀• 鹿児島:南薩• 鹿児島:鹿児島• 鹿児島:日置• 北海道:小樽• 福井:福井• 大分:佐伯• 大分:豊後• 鹿児島:中薩摩• 鹿児島:南薩摩• 大分:津九見• 大分:杵築• 茨城:潮来• 長野:長野• 静岡:河津• 群馬:みなかみ• 静岡:御殿場• 群馬:草津• 熱海・湯河原• 館林・前橋• 愛知:名古屋市内• 大阪:大阪• 奈良:奈良• 奈良:大和郡山• 滋賀:滋賀• 京都:洛北• 京都:洛西• 京都:宇治• 京都:伏見• 兵庫:神戸市内• 兵庫:淡路島• 兵庫:兵庫• 宮城:仙台• 長野:北部• 福岡:北九州• 和歌山• 三重・南紀• 岐阜:岐阜• 兵庫:姫路• 青森:十和田・奥入瀬• 沖縄:中部• 岡山:岡山• 新潟:十日市• 福島:福島• 茨城:茨城• 福岡:秋月• 山口:萩市• 茨城:土浦• 京都:嵐山• 長崎:佐世保• 長崎:長崎市• 福岡:久留米• 佐賀県:北部• 宮崎:高千穂• 三重県 近畿 この条件で検索.

次の

秩父鉄道、「専用バスで行く三峯神社散策ツアー」7月平日に

三 峯 神社 バス ツアー

三峯神社のお話 三峯神社は今から千九百年ほど昔、日本武尊(やまとたけるのみこと)がわが国の平和をお祈りし国産みの神様をおまつりしたのが始まりです。 尊を導いた山犬(オオカミ がお使いの神です。 三峯の名は神社の東方にそびえる雲取山(くもとりさん)、白岩山(しらいわさん)、妙法ヶ岳(みょうほうがたけ)の三つの峯が美しく連なることから呼ばれます。 天平時代に国々に疫病(えきびょう)が流行し聖武天皇(しょうむてんのう)は当社にも祈願され、「大明神」号を賜(たまわ)ったと伝えます。 平安時代には修験道(しゅげんどう)の開祖焔の役小角(えんのおづね)が修行し、山伏の修験道場となりました。 鎌倉時代の武将畠山重忠(はたけやましげただ)は当社を篤(あつ)く崇敬(すうけい)し、社前の大杉は重忠が奉納したものです。 山深い三峯山は時に盛衰(せいすい)がありましたが、戦国時代には行者道満(どうまん)が社頭(しゃとう)の復興に尽くしました。 江戸時代には山主日光法印が各地に三峯信仰 災難除)を広め社殿の造営を行い現在の基をきづきました。 神様と仏様をおまつりしていた三峯山は、明治の神仏判然令(しんぶつはんぜんれい)により神様だけをまつる神社となりました。 秩父宮記念三峰山博物館では三峯山の歴史や文化を知ることが出来ます。 白い氣守り 三峯神社は、奥秩父に鎮座し、境内は古木に囲まれ、霊気・神気に満ち溢れています。 今日では『気』を授かりに来山される参拝者も少なくありません。 この『気』を多くの皆様にお分けするべく、神木を納めたお守りを頒布致しておりましたが、この度特別に『白』い『氣守』を奉製致しました。 古くから『白』は太陽の光の色と言われ、神聖な色・純潔の色とされ「穢れ(けがれ)」を忌む祭儀に用いる装束にも使われております。 また、『白』は再生を意味する色でもあり、新しいスタートの色でもあります。 月初めの朔日(ついたち)にのみ、お祓い・祈念の上頒布致します『白』い『氣守』を身につけ、三峯山の霊気・神気により活力ある日々をお送りください。

次の

三峯神社

三 峯 神社 バス ツアー

霧に包まれ、神秘的な三峯神社境内 この天空のパワースポットは、アクセスするだけでも大変な場所にありますが、その神秘的な雰囲気を一度は味わっていただきたいと思います。 この記事では、アクセス方法やご利益、お守り、日帰り温泉「三峯神の湯」、そして雲海ツアーなども紹介します。 【目次】• 三峯神社へのアクセス方法 三峯神社へは、車なら関越自動車道の花園インターから「皆野寄居バイパス」経由でおよそ1時間半。 電車とバスの場合は、池袋から西武線の特急に乗り「西武秩父」駅まで約1時間20分。 終点の「西武秩父」駅か、秩父鉄道の「三峰口」駅で三峯神社行きのバスに乗り換えます。 バスは本数が少ないので注意が必要です。 ちなみに、西武線の特急は2019年3月から、大きな客席窓などが特徴の新型特急「ラビュー」が運転開始され、話題になっていますね。 とくに、「火事と喧嘩は江戸の華」と言われた江戸では、火事のときに三峯山の護符が貼られていた家は燃えなかったという話が広まったことなどから、ますます信仰されるようになったのだそうです。 霧に包まれた神秘的な境内 参道を奥に進むにつれ、だんだんと霧がかかってきました。 標高を考えれば、"霧"というよりも"雲"の中にいるというのが正しいのかもしれませんが、三峯神社境内は年間を通じて、霧に包まれることが多いそうです。 この白い霧こそが山の霊気であり、日本武尊をこの場所に導いた白いオオカミ 御眷属様 、そのものなのでしょう。 三峯神社のお守り『氣守』にデザインされたオオカミ 『氣守』は、三峯山の霊気が染みこんだご神木の御守りです。 巾着袋の表には「氣」の文字、裏には、オオカミの絵が描かれています。 普段は、赤・青・緑・ピンクの4色の『氣守』が頒布されていますが、月に1度、朔日(ついたち)のみ、桐の箱に入れられた特別な『白』い『氣守』が頒布され、大変な人気になっています。 2019年5月に神社に確認したところ、頒布再開の目途は立っていないとのことでした。 この『白』い『氣守』について、神主さんにお話をうかがってみました。 このことから、朔日に頒布しています。 また、日本武尊をこの場所に導いたのが白いオオカミだったという伝説があります。 普通の氣守の袋には白いオオカミの絵柄をデザインしていますが、白い氣守は色自体が白いオオカミを表しているので、デザインを変えています」.

次の