青木 まゆこ 声優。 青山穣

スタッフ/【青木麻由子】

青木 まゆこ 声優

FF10でのの声優兼モーションアクター。 FF8では あととも 、FF9ではのモーションアクターを務めており、 歴代ヒロインに携わり続けてきた人。 ではタークスの、KHシリーズではの声を演じる。 DDFFでユウナを担当。 これ以降、名前がひらがなの「 青木まゆこ」に変わっている。 では候補生の一人で鞭を扱う役を担当。 ワールドオブファイナルファンタジーでもユウナ役を演じている。 声優業にシフトしたとは異なり、FF関連以外で声優の仕事はほとんどしていない。 堅実に女優業を歩み続けていたが、2006年暮れから活動を休止しており、事務所の公式サイトから名前が削除されている。 …ということで、DDFFまでは引退したという噂になっており、DFF続編が出るにしてもユウナの参戦は絶望的、参戦するにしてもヴァンのように代役と思われていた DFFではオリジナル声優を使っていたため代役はありえないともされていた。 そもそもDFFに参戦できなかった理由の一つに、彼女の引退説があったほどである。 そして休業中はその理由に関してさまざまな憶測が流れた。 現在でも某巨大掲示板や動画サイトでは 当時の休業の理由にその憶測をあげる人がいるが完全なデマである。 2011年にDDFFのユウナ役で声優業へ復帰して話題となったが、 2012年現在、スクエニ作品以外で声優としての活動は見受けられない。 下記の理由などから、恐らくこれからもスクエニ関係での活動のみになるであろう。 FF10-2では、ハイペロ族も演じてみたかったらしい。 2011年5月21日に開催されたDDFFバトルトーナメント+に特別ゲストとして登場。 決勝戦直前に紹介され決勝進出者の2名にメッセージを送り、試合開始を宣言した。 「あお」なので、スタッフの名前掲載順では堂々のトップである。 氏(FF13・役)の登場によりトップではなくなった。 零式のセブン役は、少なくともPVを聞く限りこの人と思わない。 びっくりするぐらい違う。 もし零式でもキャラソンが出るなら、セブンとしての青木さんの歌声を聴きたいなあ。 名前が出ていなかったら分からない人も多かったと思われる。 ユウナとの演じ分けが凄かった。 個人的にを連想させた低音ボイス。 かっこよかった。 むしろセブンの見た目も相まって、しばらく坂本さんが演じてるものと思っていた……• 零式のワールドプレビューでキャラクターと声優の紹介という見開きで顔写真なしでの紹介となっていた。 紹介される声優さんはみんな顔出しだったのに何ゆえに?• 最近の声優はアイドル的になり顔出し多いが、昔は顔出さない方が多かった。 声で売ってるためか顔出しタブーな声優さんは今でも割といる。 自分自身が顔出しで目立ちすぎると、演じたキャラクターのイメージを損ねてしまう恐れがあるから。 ・・・というのもよく顔出しタブーの理由になったりするな。 ちなみにいたスト30th公式サイトのキャスト紹介でも顔写真が掲載されていなかった。 でも女優だったわけだから、今さら顔出しを問題視することはないかと。 現在は事務所に所属しているかも不明。 DDFFアルティマニアのボイスアクター紹介欄にも所属事務所が書かれていなかった(フリーとも表記していなかった)ので、現在のスクエニ作品への参加は個人的契約の元に行っている可能性がある。 となると立場的には一般の方と変わりないと思われるので、顔出しは出来ないと思うんだなぁ。 引退されたかと思われたが、FF零式にての復活となんかヴァンの声優変更とは別の意味でいろいろあったのかなあ。 いまだに活動や事務所についての真相も分かっていないし語られていない。 久々のユウナ役を承諾した真意も分からない。 まあご本人にとって思い入れがあったんだろうが。 DFFAC3周年記念イベントでは「天の声」で生出演した。 大した事ではないかもしれないが、ちょっと感慨深い。 その他、FF関連以外の出演作や詳細についてはこちらを参照。

次の

【FF10ユウナ役】青木まゆこの手紙内容全文書き起こし|全ファイナルファンタジー大投票

青木 まゆこ 声優

人物 [編集 ] 趣味は小物集め。 香港映画が好きで広東語を勉強しており、梁 朝偉(トニー・レオン)が大好き。 好きな食べ物と飲み物は、、魚、コーヒー、桃。 以前はに所属しており、1997年に連続テレビ小説『』のかよ役で女優デビューした。 『』の役のを務め、同作関連本の写真では、ユウナと同じネックレスをつけている姿がよく掲載されていた。 2006年暮れから活動を休止し、2011年3月3日発売の『』でユウナ役としての出演が決まり、「青木まゆこ」名義 で5年ぶりにユウナ役として声優を務める。 出演 [編集 ] 太字はメインキャラクター。 テレビドラマ [編集 ]• (1997年、) - かよ 役• 「父と娘の真実」(2002年12月3日、日本テレビ系)• (2003年、フジテレビ系)• (朝日放送系)• 7(2003年4月19日)• 9(2005年9月17日)• 10(2006年8月19日)• (2004年、TBS系)• (2004年、TBS系) - 梶川由香里 役• 日曜劇場 (2005年、TBS系) - 広田恵子 役• 真相(2005年5月2日) - 社員 役• 月曜ミステリー劇場 音(2005年5月30日) - 看護師 役• 5(2005年、TBS系) - 星直美 役• 特選サスペンス (2005年10月18日、日本テレビ系) - 上村志穂 役• 土曜ワイド劇場 2(2005年12月10日、テレビ朝日系)• 日曜劇場 (2006年、TBS系) - 桂木コンツェルン受付嬢 役 映画 [編集 ]• (2001年8月4日) - スタンド・イン、その他の人々• (2001年12月8日) - 出版社社員 役 テレビアニメ [編集 ] 2002年• Sign for Evolution( 山王依子) OVA [編集 ] 2002年• INTERNATIONAL 付属DVD-VIDEO『』( ) 2005年• (タークス) ゲーム [編集 ] 2001年• ( ユウナ) 2002年• (セルフィ) 2003年• ( ユウナ) 2004年• 2005年• (セルフィ、ユウナ) 2011年• ( ユウナ )• (セブン ) 2016年• (ユウナ ) 2017年• (ユウナ 、セルフィ、セブン)• ( ユウナ ) 吹き替え [編集 ] 洋画 [編集 ]• ( カリー・バーナビー) アニメ [編集 ]• (ダルシー・ザ・ドラゴン) モーションアクター [編集 ]• (1999年2月11日、) - リノア、 イデア、三つ編みの図書委員 役• (2000年7月7日、PS) - ガーネット 役• ファイナルファンタジーX(2001年7月19日、PS2) - ユウナ 役• ファイナルファンタジーX INTERNATIONAL 付属DVD-VIDEO『永遠のナギ節』(2002年1月31日) - ユウナ 役• ファイナルファンタジーX-2(2003年3月13日、PS2) - ユウナ 役• (2005年9月14日) CD [編集 ]• ファイナルファンタジーX オリジナルサウンドトラック(20. 「思い出してください」)• FINAL FANTASY X VOCAL COLLECTION• ) DVD [編集 ]• ファミ通WaveDVD 2003. 7月号 『FFX-2』クイズ「真のリーダーは誰だ!」前編• ファミ通WaveDVD 2003. 8月号 『FFX-2』クイズ「真のリーダーは誰だ!」後編• ファミ通WaveDVD 2004. 3月号 『FFX-2クイズ ユ・リ・パ ラストバトル』「真のヒロインは誰だ!? 」(第1回)• ファミ通WaveDVD 2004. 4月号 『FFX-2クイズ ユ・リ・パ ラストバトル』「真のヒロインは誰だ!? 」(第2回)• ファミ通WaveDVD 2004. 5月号 『FFX-2クイズ ユ・リ・パ ラストバトル』「真のヒロインは誰だ!? 」(第3回)• ファミ通WaveDVD 2004. 6月号 『FFX-2クイズ ユ・リ・パ ラストバトル』「真のヒロインは誰だ!? 」(オフショット集)• ファミ通WaveDVD 2005. 3月号 「豊口の間」ゲスト出演 CM [編集 ]• FINAL FANTASY X INTERNATIONAL - ユウナ 役• 出光カードまいどプラス〜余計なカード編〜 - 店員 役 出典 [編集 ]• FINAL FANTASY PORTAL SITE. スクウェア・エニックス 2012年9月5日. 2012年10月27日閲覧。 ファミ通. com. 2011年5月22日閲覧。 ファミ通. com. 2011年7月16日閲覧。 ワールド オブ ファイナルファンタジー. 2015年12月28日閲覧。 2016年12月31日閲覧。 ファミ通. com. 2017年2月22日閲覧。 この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 この項目は、(を含む)に関連した 書きかけの項目です。

次の

【FF10ユウナ役】青木まゆこの手紙内容全文書き起こし|全ファイナルファンタジー大投票

青木 まゆこ 声優

全シリーズ 作品57、キャラクター約3300、ボス&召喚獣4400、音楽2900曲の中から視聴者のみなさんにお気に入りを選んでいただくという大企画! 投票はインターネット上で受け付けられ、46万8654もの票が集まりました! その中で、作品部門1位、キャラクター部門2位に選ばれた、 ファイナルファンタジーXのユーナ役の声優・青木まゆこさんからの手紙で、スタジオ中全員が感動の涙のシーンで締めくくられました。 視聴者の方々も一緒に涙したであろう、青木まゆこさんの手紙の内容をご紹介したいと思います! ユウナ役・青木まゆこからの感動の手紙の全文内容 FF10でユウナを演じた、青木まゆこさんの手紙を読むティーダ役の森田さん — 三杉淳 kai19cannon 本番組の最後に、ユウナ役の声優・青木まゆこさんからの手紙をティーダ役の声優・森田成一 もりたまさかず さんが読む上げるシーンがありました。 青木まゆこさんは、既に声優を引退しているからなのか、スタジオに直接にはならなかったのですが、 もう読み上げる前から、番組に出演していた西川貴教さんも思わず涙。 「フライングで涙していてごめんなさい」って涙ぐんでいましたが、このとき視聴者のみんなも同じくフライングしていたと思います。。。 ユウナが2位にランクインしたと伺い思わず驚きの声を上げてしまいました。 「FFX」はシリーズ初、キャラクターのボイスが採用された作品でしたので、プレイヤーのみなさまの印象に残るゲームであったかと思うのですが、 ユウナに関しては、どちらかと言えば控えめなキャラクターでしたので、この結果は本当に想像もしていませんでした。 2001年の発売から18年の過ぎた今もこうして選んでいただけるということは本当に光栄ですし、同時に「FFX」という世界の強さを改めて実感しております。 ユウナは私が初めてキャラクターボイスの仕事をした役で忘れがたい存在です。 ユウナの第一印象は「まじめで 芯が強く 優しい 完璧なヒロイン」 どうしたら近づけるのかをいつも考えていました。 けれども物語が進むにつれ、本当は不器用で必死なユウナの姿が見え、一層ユウナへの思いが強くなりました。 今でも、なにかの折に「FFX」の世界に触れるとすぐにユウナの感情が戻ってくるような感覚があり、私のどこかにずっといるんだなあと思うのです。 実は、私はキャラクターボイスとモーションキャプチャアクターの両方でユウナ役として参加していました。 そのため、収録は長丁場でしたが、どの現場も「楽しかった」という印象が残っています。 普通はあまりないのだと思いますが、モーションキャプチャの現場にボイスの役者さんが来てくれたり、みんなで公園でお弁当を食べたり。 ゲームの世界と重ねて、勝手に「旅の仲間」だと思っていました。 みんなで一緒につくっていく感じがとにかくうれしかったのです。 これはもう、本当にご一緒したスタッフとキャストのみなさまに感謝しかありません。 最後に森田さん。 あのとき、主人公とヒロインを演じる私たちふたりが一番経験の少ない役者でしたね。 ユウナを演じることのうれしさと同じくらい不安もありました。 でも森田さんはいつも全力で、大変なことも楽しんで収録に臨まれていたように見えました。 そんな森田さんについていくことで私もがんばれたと思います。 作品の中でも、そして収録現場でも、間違いなく森田さんが主人公でした。 恥ずかしいのですが、あえて言わせていただきますね。 「ありがとう」 青木まゆこ こちら、大分前のものになりますが、青木まゆこさんのユウナへの想いが伝わってくる動画になります。

次の