中居 正広 キンキ キッズ。 「まさか光一くんが」! 生放送で中居正広に絡みに行ったKinKi Kidsにファン歓喜|ジャニーズ研究会

演劇大賞の堂本光一「中居正広の退所」語る│熱血スナイパー神津エンタメ漫遊記

中居 正広 キンキ キッズ

故・森光子さん(享年92)が『放浪記』で打ち立てた金字塔だ。 今、その記録を塗り替えようとしているのが、KinKi Kidsの堂本光一(41才)である。 2月3日、光一が主演・演出を務めるミュージカル『Endless SHOCK 20th Anniversary』(以下、SHOCK)のゲネプロが公開された。 今回は第1回から20周年という記念すべきものである。 それと同時に、昨年7月にジャニー喜多川氏(享年87)が亡くなってから、初めての帝国劇場での公演だ。 ミュージカルの聖地として帝国劇場に強い思い入れを持っていたジャニー氏。 その愛弟子である光一にとってもより一層気合いが入る公演となるだろう。 2017年6月、剛が突発性難聴を発症し、距離が生まれたとファンの間でいわれ続けてきた。 昨年秋には解散説が流れた。 「昨年10月、ファン向けの会報誌に、剛さんの赤裸々な言葉が載りました。

次の

「まさか光一くんが」! 生放送で中居正広に絡みに行ったKinKi Kidsにファン歓喜|ジャニーズ研究会

中居 正広 キンキ キッズ

ゲネプロを終えて帰宅する光一• 故・さん(享年92)が『放浪記』で打ち立てた金字塔だ。 今、その記録を塗り替えようとしているのが、の(41才)である。 2月3日、光一が主演・演出を務めるミュージカル『Endless SHOCK 20th Anniversary』(以下、SHOCK)のゲネプロが公開された。 今回は第1回から20周年という記念すべきものである。 それと同時に、昨年7月に氏(享年87)が亡くなってから、初めての帝国劇場での公演だ。 ミュージカルの聖地として帝国劇場に強い思い入れを持っていたジャニー氏。 その愛弟子である光一にとってもより一層気合いが入る公演となるだろう。 2017年6月、剛が突発性難聴を発症し、距離が生まれたとファンの間でいわれ続けてきた。 昨年秋には解散説が流れた。 「昨年10月、ファン向けの会報誌に、剛さんの赤裸々な言葉が載りました。 《お休みをいただいていた期間は、剛くんの快復の経過をみるための時間であると同時に、二人がお互いに歩み寄るための時間でもあったような気がします》 剛の病気を機に2人の関係に変化が訪れていた。 しかし、それはマイナスなものではなかった。 キンキは昨年末、恒例だった年末年始のドームコンサートを2年ぶりに開催。 解散説が出る中、ファンが見たのは、全く違う光景だった。 「後輩のために剛さんが書き下ろした曲『You... 』をキンキバージョンで披露したんです。 それはジャニーさんへの思いを込めた曲なんですが、描いたのはジャニーさんが荼毘に付された時に感じた光一さんとの友情なんです。 今まで、そのようなことはなかったので驚きました」(前出・芸能関係者) 主演舞台の20周年を迎える光一に、「プロフェッショナル」や「孤高の人」という印象を持つ人は少なくない。 「同学年の長瀬智也さん(41才)が親友として有名ですが、そんな彼にも、信頼を置く先輩がいるんです」(前出・芸能関係者) それは中居正広(47才)だ。 まだ中居さんが『うたばん』(TBS系)のレギュラーを持っていた時の話です。 中居さんは収録前に光一さんを見かけると声をかけ、立ち話をよくしていましたね。 中居さんは、常に光一さんのことを気にかけています。 そんな中居さんに、光一さんは尊敬の念を抱いています」(テレビ局関係者) 今でも、密に連絡を取り合う仲だという。 「今回も20周年公演を前に中居さんから光一さんに連絡があったそうです。 また、ジャニーさんが亡くなって、一から作るSHOCKの演出家として、どう振る舞っていけばいいかということも相談したと聞きました。 キンキの苦難を乗り越えられたのも中居さんのおかげかもしれません。 森光子さん(享年92)の『放浪記』に次ぐ、記録である。 その偉業の裏では、多くの仲間が支えていた。

次の

中居正広がKinKi Kidsを兄弟と勘違い? 発言の裏に隠された真意とは

中居 正広 キンキ キッズ

所属タレント75人が参加し、彼らが歌うチャリティーソング『smile』をMr. Childrenの桜井和寿が手がける事を、プロデューサーの滝沢秀明副社長が発表したのだ。 「意外な組み合わせですが、タッキーも長らく音楽番組に出演していた身。 ミスチルと共演することもあったでしょうから、何かしらのつながりがあったのかもしれませんね。 実は嵐の櫻井翔やV6岡田准一、KinKi Kids堂本剛らを始め、ジャニーズにはミスチルファンが多い。 ジャニーズvsミスチルの試合が 一方で、老舗レコード会社幹部は「もっとフランクな関係かもしれませんよ」と、ジャニーズとミスチルの意外な交流を明かす。 「もう20年以上の話になりますが、実はジャニーズさんとミスチルは草野球で交流があったんですよ。 当時は元SMAPの中居正広さんがエースで、V6の坂本昌之さんや井ノ原快彦さん、キンキの堂本光一さんらが主力で、それこそタッキーも所属していたと思います。 一方のミスチルは、ベースのナカケー(中川敬輔)を中心に野球好きが多く、当時はギターの田原健一が作ったチームでドラムの鈴木英哉と、関係者やスタッフを交えてプレーしていました。 今でこそサッカーのイメージが強い桜井ですが、野球も好きで主に外野を守っていたと記憶しています」.

次の