生々 流転。 生々流転――鬼滅の刃第205話「幾星霜を煌めく命」感想

「生々流転」とは?意味や使い方を「諸行無常」との違いを含めてご紹介

生々 流転

12 生々流転 Metempsychosis 1923(大正12)年 絹本墨画、画巻 55. 目に映るのはこうした変転きわまりない水の様相である。 しかし、それはかたちを借りて現れた、生々流転の相にすぎず、味到すべきは、大観55歳にして達観された、相をこえた想、つまり、その一語にすべてがつくされるような「生々流転」の真理でなくてはならない。 全巻に展開する流転の相、すなわち、かたちによって成り立つ実在は、その奥にあるべきかたちなき本質の仮象にすぎないとみられるからである。 露、滴、渓流といったそれぞれの仮象の奥に、すべてを通じて動いてやまぬかたちなき水の真相に想い到る時、そこに水と一如とならんとする大観の精神そのものを発見する。 展開する風景は、融通無礙、水の随処から、動いてやまぬ精神によって眺められている感がある。 実在の仮象界をこえた空の世界に存する識心が、「生々流転」の真理をきわめつつ自然界の流転相をたのしむ、禅定の深妙なる境地を、水里画と絵巻物の原理にのっとって表現しようとしたと見るべきだろう。 大観はそれまでにも、1910年の〈楚水の巻〉以来いくつかの水墨画巻を描いている。 それらはいずれも実景に取材したものであったが、その過程で水墨表現の本質と絵巻物形式の原理を会得した画家は、逆にその伝枕的な方式の究理的実現へと駆られて、実在の奥をきわめた自由な精神に映る流転の相をテーマとして着想したのではなかっただろうか。 作品所在地の地図.

次の

生々流転

生々 流転

「生々世世」 しょうじょう-せぜ :いつまでも。 永遠に。 仏教の言葉で、生と死を繰り返して数多くの世を経験するという意味。 「生死流転」 しょうじ-るてん :生まれては死に、死んでは生まれを何度も繰り返すこと。 仏教に言葉で、悟りを得る事ができない人は、六道 前述 という世界を巡り続けるという意味。 「念念生滅」 ねんねん-しょうめつ :この世の全てのものは時間の経過とともに、生まれては消え、常に変化し続けているということ。 「念念」は一瞬一瞬ということ。 「生滅」は生まれ変わることと死ぬこと。 仏教の言葉。 「万物流転」 ばんぶつ-るてん :この世に存在する全てのものは、変化し続けるということ。 「万物」はこの世に存在する全てのものや現象。 「流転」は常に変化し続けること。 「流転輪廻」 るてん-りんね :生と死を何度も繰り返しながら、世界を迷い歩くこと。 「流転」と「輪廻」はどちらも生と死を繰り返し続けること。 「流転輪回」とも書く。

次の

生々流転――鬼滅の刃第205話「幾星霜を煌めく命」感想

生々 流転

生々流転 しょうじょうるてん : 全てのものが常に生じ、常に変化すること。 「生々流転」の意味を詳しく 「生々流転」は「生々」と「流転」の二つの熟語から成り立っています。 どちらも仏教の慣用句から生まれた熟語です。 「生々」は「生まれては死に、死んではまた生まれることを永遠に繰り返すこと」という意味です。 一方で、「流転」は「物事が止まることなく、移り変わっていくこと」を表します。 仏教用語で「流転」は、「六道 りくどう の世界の間に迷いながら、生まれ変わり死に変わりすること」という意味でも用いられます。 「六道」とは、「人間は生死を繰り返して、6つの苦しみを次々とめぐるという考え」です。 その6つとは、下記のようなものです。 All things are in flux. 全てのものが、絶え間ない変化のなかにある• All things are constantly changing. まとめ 以上、この記事では「生々流転」について解説しました。 読み方 生々流転 しょうじょうるてん 意味 全てのものが常に生じ、常に変化すること。 類義語 有為転変 英語訳 All things are in flux. 全てのものが、絶え間ない変化のなかにある 、All things are constantly changing. 全てのものは、止まることなく変わり続ける 「生々流転」は一見難しそうに聞こえますが、意味は、漢字からも連想できるようなシンプルなものです。 この機会に、しっかり覚えて活用できるといいですね。

次の