目薬 おすすめ 2019。 疲れ目・眼精疲労におすすめの目薬ランキング10選

おすすめな目薬ならコレ!目のトラブルを予防するおすすめ目薬TOP15!

目薬 おすすめ 2019

ドライアイとはどんな疾患なのか そもそも「涙」は悲しさを表現するためだけに存在しているのではありません。 涙があることで目の表面を洗い流し異物や細菌から目を守る働き、そして栄養を与えるなどの非常に大切な役割を担っています。 そしてドライアイと言う疾患は以下の様に定義されています。 様々な要因により涙液層の安定化が低下する疾患であり、目不快感や視機能異常を生じ目表面の障害を伴うことがある 一言で言えば 「涙の量が適当でないと目自体にも悪影響がでるよ」と言うことです。 ただ単純に目が乾いておしまいと言うわけでは済まない場合もあるんですね。 そしてドライアイの原因は涙が出ないだけではなく大きく3つに分類されます。 ・涙自体が減っている ・涙を留める事ができない ・涙の蒸発が多い この3つに分類されます。 そして肝心の薬ですが、市販薬ではもっぱら一番上の「涙自体が減っている」状況にアプローチすることでドライアイの症状を軽くすることを目的としています。 では具体的にドライアイにおすすめの目薬を紹介していきます。 ドライアイに効く市販の目薬の選び方 人工涙液+防腐剤フリーを選ぶ 〇人工涙液ソフトサンティア 〇ロートソフトワン ドライアイの市販薬は多く発売されていますが、最初に試すべき目薬は人工涙液かつ「塩化ベンザルコニウム」と言う防腐剤が配合されていない目薬を選ぶ必要があります。 そしてこれらを満たす市販の目薬は 人工涙液ソフトサンティアと ロートソフトワンになります。 どうして人工涙液で防腐剤が入っていない目薬がいいのかと言いますと、人工涙液はその名の通り人の涙を模して造った目薬であり減っている涙の補充の役割を示します。 また塩化ベンザルコニウムと言う防腐剤が入っていると目を傷つけてしまう可能性がありドライアイを悪化させてしまう可能性もあるんです。 ですから人工涙液+防腐剤フリーの目薬は必須条件になってきます。 ソフトサンティアとロートソフトワンの違い ではそんなソフトサンティアとロートソフトワンはどちらを選ぶべきか?と言う疑問ですが、 正直どちらを選んでも構いません。 ロートソフトワンの方が若干見た目がスタイリッシュですが特に気にしない場合は値段が安い方を選びましょう。 ソフトサンティアとロートソフトワンは共に同じ成分である塩化カリウムと塩化ナトリウムを配合し、添加物もホウ酸とPH調節剤となっているため違いはありません。 そして共に4本入りとなっており1本の使用期間の目安が7~10日となっています。 つまり1箱で1か月分は持つ計算になります。 値段もAmazonで1000円以内で買えますので決して高すぎる訳でもありません。 コンタクトレンズの上から使えるドライアイ用の目薬 市販の目薬の中の多くはコンタクトレンズを装着しながら目薬をさす事ができません。 その理由は大半の目薬に防腐剤が含まれているためです。 特に塩化ベンザルコニウムの防腐剤は多くの目薬に配合されているためコンタクトレンズを付けたままの使用は不可となります。 ただ上でも紹介した通り ソフトサンティアとロートソフトワンは防腐剤フリーなのでコンタクトレンズを付けたまま目薬をさす事ができます。 つまりソフトサンティアとロートソフトワンはコンタクトレンズを付けたドライアイにも使えるおすすめの目薬となるんです。 高いドライアイの目薬は最初に使うべきではない ソフトサンティアやロートソフトワンは1カ月分で600円程度で購入可能になりますが、世の中には1本1000円以上するドライアイに効く目薬が発売されています。 ではその様なドライアイに効く値段の少し高めの目薬はどうなのかと言えば、人工涙液とはかけ離れた成分で構成されている目薬が多く、それらがドライアイに効く科学的根拠に乏しいものばかりになります。 ただし中には人工涙液に1~2種類の成分をプラスしてドライアイ治療薬として発売されている目薬もあります。 例えば値段の高いドライアイ市販薬の代表例である Vロートドライアイプレミアムなどの目薬がまさにそれで、人工涙液+ポビドンと言う形の目薬となっています。 実際にポビドンが配合されると効果の程はどうなのか?と言う点ですがある論文がありますので紹介します。 しかし実際は配合されているポビドンの量が不明であり、涙液代替物もソフトサンティア等と同じ人工涙液ではなく、またこの実験に要した8週間と言う期間の目薬の値段も考えたら 一番最初に使用する目薬としてはおすすめしません。 (Vロートドライアイプレミアムは1本1000円以上します) まずは人工涙液ソフトサンティアやロートソフトワンでまずは試しましょう。 市販のドライアイの目薬が効かない時の対策 生活環境を整える ドライアイになりにくい環境を整えるのも重要です。 たとえばエアコンや扇風機が直接当たらないように気を付けたり、加湿器で保湿を保ったり、コンタクトレンズではなくメガネにしたりするなどの環境を整えてみましょう。 最近では卓上加湿器もおしゃれで加湿効果も高く、おまけに値段が安いものがたくさん発売されていますので、PCでの仕事が多くドライアイになりがちな人はぜひ探してみましょう。 ドライアイの目薬と言えばジクアス点眼液やムコスタ点眼液を病院で処方してもらった事がある人もいるかと思いますが、残念ながら市販薬としては発売されていません。 ですから以前ジクアスなどを使用してドライアイに効果を実感できた場合には市販の人工涙液がダメだと思ったら優先的に病院を受診しましょう。 魚を意識して食べる ドライアイにはDHAやEPAによって改善が見られる場合があります。 実際にサプリメントを利用してEPA・DHAを摂取した場合、自覚症状を含めたドライアイに関するあらゆる試験で改善傾向にある報告がされているんですね。 ただこれと同じ効果をサプリメントで得ようとする場合、DHA500㎎は多くのサプリメントでも満たしている量になりますが、EPAに関しては1000㎎を超える量が必要になってきます。 しかし市販のサプリメントはたいてい100~200㎎となっておりかなり少量になってしまいます。 またDHAとEPAをドライアイとして使用する事は医療用でも保険適用外となり、使用される事が認められていないため、医療用としてドライアイにDHAやEPAが処方されることはありません。 ですから市販薬でドライアイの改善を試みる場合にも絶対にサプリメントを買わなきゃと思うのではなく、気持ち優先的にDHAやEPAが多く含まれている魚(アジやイワシやサンマなど)を食べる事を意識してみてはいかがでしょうか。

次の

紫外線(UVケア)のおすすめ目薬ベスト5

目薬 おすすめ 2019

防腐剤は細菌の繁殖を防いでくれますが、実は角膜が傷つく原因となることがあります。 とくに、ドライアイの方やコンタクトレンズ着用時は、防腐剤が配合された目薬は避けたほうが無難。 ドライアイの場合、涙の量が少ないと防腐剤が目の表面に長くとどまりやすくなり、細菌だけでなく角膜の細胞を刺激して傷つけてしまう可能性があります。 また、防腐剤がコンタクト表面に付着すると、コンタクトの寿命を縮めたり、角膜を傷つける原因にも。 防腐剤入りの目薬を使う場合はコンタクトをはずして点眼しなければなりません。 しかし、防腐剤不使用の目薬は開封してしまうと細菌が繁殖しやすくなるため、長く使うには不向き。 短期間で使い切れる、小分けタイプのものがおすすめです。 代謝を促進する成分と角膜を潤す成分が、基準内最大濃度*で配合された目薬です。 年齢により低下しやすい代謝機能を活性化し、涙液成分を補給してくれます。 また、かゆみ抑制成分も配合されているので、気になる方は是非チェックしてみてください。 ハッカ油・ユーカリ油などの効果で、 スッキリしながらも潤いのあるさし心地です。 *一般用眼科用薬製造承認基準の最大濃度配合 有効成分 パンテノール・タウリン・ コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・ビタミンB6・ ネオスチグミンメチル硫酸塩・グリチルリチン酸二カリウム・クロルフェニラミンマレイン酸塩 使用可能コンタクト ハード 血管収縮剤 無 防腐剤 ベンザルコニウム塩化物・ホウ酸 年齢のせいで目が疲れやすい、夕方になると目がかすむなど、 中高年の方の目の悩みに着目して作られた目薬です。 目の不快な症状を和らげる6種類の有効成分が、基準内最大濃度配合*されています。 目の栄養を補うタウリン、目の調整神経に作用するネオスチグミンメチル硫酸塩などが主な成分。 また、天然型ビタミンEが血行を促進し、ビタミンB6が新陳代謝を促進します。 マイルドな優しいさし心地です。 *一般用眼科用薬製造承認基準の最大濃度配合 有効成分 タウリン・ネオスチグミンメチル硫酸塩・天然型ビタミンE ・ビタミンB6・L-アスパラギン酸カリウム・クロルフェニラミンマレイン酸塩 使用可能コンタクト ハード 血管収縮剤 無 防腐剤 ホウ酸・クロロブタノール・ベンザルコニウム塩化物 目の表面を保護し、涙の分泌量の減少を補う目薬です。 涙成分の分泌を促進するビタミンAや、目を潤すコンドロイチン硫酸エステルナトリウムが、最大濃度配合*されています。 また、 年齢による目の機能低下などが原因の眼疲労や、目やにの多いときなどの目のかすみに効果を発揮します。 *一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度配合 有効成分 ビタミンA・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・天然型ビタミンE・タウリン・Lーアスパラギン酸カリウム・ネオスチグミンメチル硫酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩・イプシロン-アミノカプロン酸・ 使用可能コンタクト ハード 血管収縮剤 塩酸テトラヒドロゾリン 防腐剤 ベンザルコニウム塩化物液・ホウ酸 スマイルシリーズの一般用目薬の中で、ビタミンAを最大量配合*した目薬。 それも、ライオン独自の製法により吸着性を上げたビタミンAで、 目の表面の涙をとどめて角膜を修復します。 また、代謝促進やピント調節・角膜保護などに有効な成分も配合。 かゆみや炎症鎮静作用もあります。 疲労が蓄積した目の回復をサポートする目薬です。 *一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大量配合 有効成分 ビタミンA・天然型ビタミンE・ビタミンB6・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・タウリン・L-アスパラギン酸カリウム・ネオスチグミンメチル硫酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩・イプシロン-アミノカプロン酸 使用可能コンタクト ハード 血管収縮剤 塩酸テトラヒドロゾリン 防腐剤 ホウ酸 眼が疲れた時に起こる視覚機能の低下に着目し、視覚機能再活性化処方を採用した目薬です。 ビタミンAを配合して、涙成分の分泌を促進し涙を安定化しました。 また、 基準内最大量配合*されたネオスチグミンメチル硫酸塩が、遠近調節機能を改善します。 さらに、瞳細胞を元気にする4種の代謝促進成分を配合。 年齢などによる眼の疲労や、目やにの多い時のかすみに効果を発揮します。 *一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度配合 有効成分 ビタミンA・ネオスチグミンメチル硫酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩 ・ビタミンB6・天然型ビタミンE・L-アスパラギン酸カリウム・タウリン・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 使用可能コンタクト ハード 血管収縮剤 塩酸テトラヒドロゾリン 防腐剤 ホウ酸 目を酷使する環境の中では、ピント調節機能が低下して目が疲れやすくなります。 そんな 現代社会における目の疲れに着目して作られた目薬です。 目の疲れを改善するビタミンB12と ピント調節機能を改善する ネオスチグミンメチル硫酸塩をはじめ、4つの成分を基準内最大濃度配合*。 トータルで12種類の有効成分をバランスよく配合しました。 毛様体筋に働きかけて目の組織代謝を活発にすることで、 ピント調節機能を高めるとともに目の乾燥も改善します。 仕事でコンピューター画面を見続けている人は、うまく使うと良いでしょう。 * 一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度配合 有効成分 ビタミンB12・ネオスチグミンメチル硫酸塩・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・ビタミンB6・パンテノール・Lーアスパラギン酸カリウム・タウリン・クロルフェニラミンマレイン酸塩・イプシロン-アミノカプロン酸・グリチルリチン酸二カリウム・硫酸亜鉛水和物 使用可能コンタクト ハード 血管収縮剤 塩酸テトラヒドロゾリン 防腐剤 クロロブタノール・ベンザルコニウム塩化物・ホウ酸 12の有効成分を配合した目薬です。 現代人の疲れ目に焦点をあて、その原因にさまざまな方向からアプローチします。 ピント調節機能に働きかける成分を基準内最大配合*。 また、涙を保持するコンドロイチン硫酸エステルナトリウムと、抗炎症効果機能を持つ3つの成分も配合しました。 ピント調節機能を改善する成分と、かゆみを抑制する成分も入っています。 疲れが蓄積している目を リフレッシュするのにうれしい、さわやかなさし心地です。 *一般用眼科用薬製造販売承認基準の最大濃度配合 有効成分 ネオスチグミンメチル硫酸塩・アラントイン・グリチルリチン酸ニカリウム・硫酸亜鉛水和物・クロルフェニラミンマレイン酸塩・ビタミンB6・パンテノール・天然型ビタミンE・L-アスパラギン酸カリウム・タウリン・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 使用可能コンタクト ハード 血管収縮剤 塩酸テトラヒドロゾリン 防腐剤 ホウ酸・クロロブタノール、ベンザルコニウム塩化物 年齢や目の酷使などによる、疲れ目・目のかすみに効果的な成分が、10種類配合された目薬です。 ビタミンA・E・B6のトリプルビタミンが、年齢とともに不足しがちな涙を安定化し、代謝を促進します。 瞳のピント調節機能を高める ネオスチグミンメチル硫酸塩は、毛様体筋に作用して疲れ目の症状を改善します。 また、 3種類のアミノ酸が疲れた瞳に働きかけ、炎症を鎮静。 目のかゆみを抑える成分も入っています。 年齢による目の疲れやかすみなどのトラブルを、総合的にサポートする 目薬です。 有効成分 ビタミンA・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・ビタミンE・ビタミンB6・タウリン・L-アスパラギン酸カリウム・ネオスチグミンメチル硫酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩・イプシロン-アミノカプロン酸 使用可能コンタクト ハード 血管収縮剤 塩酸テトラヒドロゾリン 防腐剤 ホウ酸 ライオン 商品名 スマイル40プレミアム(医薬品) Vロートプレミアム(医薬品) サンテメディカル12(医薬品) Vロート アクティブプレミアム スマイル40 プレミアムDX(医薬品) サンテメディカルアクティブ (医薬品) ロート ゴールド40(医薬品) サンテボーティエ(医薬品) ロートVアクティブ(医薬品) スマイル40EX ゴールド マイルド 特徴 年齢によるつらい眼疲労に有効な目薬 12有効成分を配合。 疲れ目のさまざまな原因にアプローチ 目を酷使している人に向けた目薬 疲れ目の視覚機能を再活性化 吸着性ビタミンAで、涙をとどめて角膜を修復 目に潤いを与え、眼精疲労を和らげる 中高年の目の悩みに合わせて作られた目薬 輝く瞳をサポート!代謝を促し疲れを癒す 代謝促進成分を豊富に配合 眼精疲労に効果的な成分を配合 最安値 有効成分 ビタミンA・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・ビタミンE・ビタミンB6・タウリン・L-アスパラギン酸カリウム・ネオスチグミンメチル硫酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩・イプシロン-アミノカプロン酸 ネオスチグミンメチル硫酸塩・アラントイン・グリチルリチン酸ニカリウム・硫酸亜鉛水和物・クロルフェニラミンマレイン酸塩・ビタミンB6・パンテノール・天然型ビタミンE・L-アスパラギン酸カリウム・タウリン・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム ビタミンB12・ネオスチグミンメチル硫酸塩・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・ビタミンB6・パンテノール・Lーアスパラギン酸カリウム・タウリン・クロルフェニラミンマレイン酸塩・イプシロン-アミノカプロン酸・グリチルリチン酸二カリウム・硫酸亜鉛水和物 ビタミンA・ネオスチグミンメチル硫酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩 ・ビタミンB6・天然型ビタミンE・L-アスパラギン酸カリウム・タウリン・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム ビタミンA・天然型ビタミンE・ビタミンB6・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・タウリン・L-アスパラギン酸カリウム・ネオスチグミンメチル硫酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩・イプシロン-アミノカプロン酸 ビタミンA・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・天然型ビタミンE・タウリン・Lーアスパラギン酸カリウム・ネオスチグミンメチル硫酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩・イプシロン-アミノカプロン酸・ タウリン・ネオスチグミンメチル硫酸塩・天然型ビタミンE ・ビタミンB6・L-アスパラギン酸カリウム・クロルフェニラミンマレイン酸塩 タウリン・ビタミンB12・コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・クロルフェニラミンマレイン酸塩 パンテノール・タウリン・ コンドロイチン硫酸エステルナトリウム・ビタミンB6・ ネオスチグミンメチル硫酸塩・グリチルリチン酸二カリウム・クロルフェニラミンマレイン酸塩 ビタミンA・ビタミンE・ビタミンB6・タウリン・L-アスパラギン酸カリウム・ネオスチグミンメチル硫酸塩・クロルフェニラミンマレイン酸塩 使用可能コンタクト ハード ハード ハード ハード ハード ハード ハード ハード ハード ハード 血管収縮剤 塩酸テトラヒドロゾリン 塩酸テトラヒドロゾリン 塩酸テトラヒドロゾリン 塩酸テトラヒドロゾリン 塩酸テトラヒドロゾリン 塩酸テトラヒドロゾリン 無 塩酸テトラヒドロゾリン 無 塩酸テトラヒドロゾリン 防腐剤 ホウ酸 ホウ酸・クロロブタノール、ベンザルコニウム塩化物 クロロブタノール・ベンザルコニウム塩化物・ホウ酸 ホウ酸 ホウ酸 ベンザルコニウム塩化物液・ホウ酸 ホウ酸・クロロブタノール・ベンザルコニウム塩化物 ベンザルコニウム塩化物 ベンザルコニウム塩化物・ホウ酸 ホウ酸 商品リンク•

次の

ドライアイに効く市販の目薬の選び方|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

目薬 おすすめ 2019

近頃はスマートフォンやパソコンが主流となっているため、昔に比べて電子機器の画面を見る時間が多くなりました。 これによって目の疲れを感じている人は非常に多いものです。 目が乾きやすくなったり、充血や痒みを伴う場合もありますが、市販で販売されている目薬も多種多様なので自分で目のケアができるようになっていますね。 有名な目薬メーカーとしては「Vロートプレミアム」や「サンテ抗菌目薬(Santen)」が知られています。 しかし、実際に薬局へ行くとわかると思いますが、種類がたくさんありすぎてどれが良いのかわかりずらいのも事実です。 目薬は医薬品分類なので、間違ったものを使ってしまうと他のトラブルを引き起こしてしまう可能性もあって注意が必要です。 そこで、この記事では自分に合った目薬の選び方を紹介していきます。 人気のあるおすすめ目薬もピックアップしているので、上手に選んで健康な瞳を維持していきましょう! たくさんある目薬の主な種類は5つ! ドラッグストアなどで並んでいる大量の目薬ですが、大きく分けると主な種類は5つとなります。 これらの種類の中から自分の目の症状に合ったものを選んで使うのが効果的なので、まずはこの5つの種類から解説していきます。 とは言っても、おそらく誰もが耳にしたことがある種類だと思いますから、そんなに難しいものではありません。 目薬の種類を知っておくだけでも、目に何らかの症状が現れた時にすぐに対処ができるので安心ですね。 いざドッグストアで大量の目薬を目の前にしても、スムーズに目的のものにたどり着くことができるでしょう。 一般点眼薬 一般点眼薬というのは特定の目の症状に特化したものではなく、 効果範囲が幅広い目薬を言います。 市販薬の中でも最も一般的な目薬だと言えるでしょう。 具体的には充血、目の疲れ、かすみ目、眼病予防、目やにの改善などに有効な成分が配合されているので、普段の目のケアとして使用されているのがこのタイプです。 また最近では、パソコンやスマホの操作によって疲れてしまった目に効果的な目薬も販売されています。 このように、誰でも使用ができる一般点眼薬なので、気軽に購入して目のケアをすることができます。 こんな症状には一般点眼薬!• 目のかゆみ• 目のかすみ• 疲れ目• 目やになど 2. 抗菌性のある点眼薬 文字通り、 抗菌成分が配合されている目薬になります。 主な効能としては結膜炎(はやり目)やものもらい、目のかゆみ、まぶた周辺の炎症などの改善があって、細菌感染による症状に効果的です。 配合されている抗菌薬によって細菌の繁殖を阻止する働きがあることから、目の手術前後にも使用されたりするんですよ。 ただし、ごく稀にですが副作用を起こす場合もあって、抗菌目薬を使ったことによって充血や刺激感、異物感などの症状が現れることがあります。 こんな症状には抗菌性点眼薬!• 麦粒腫(ものもらい)• 眼瞼炎• 細菌性の結膜炎(はやり目)• 角膜潰瘍・角膜炎• 涙のう炎など… 3. アレルギー用の点眼薬 抗アレルギー作用のある目薬で、アレルギー症状を引き起こすとされるヒスタミンを抑えてくれる働きがあります。 ですので、花粉症やアレルギー性の結膜炎などで使用され、アレルギー症状による目のかゆみや充血、涙目、目やになどを改善することができるんですね。 市販されているほとんどのこうアレルギー性目薬は即効性があって、個人差はありますが使用後30分程度でアレルギー症状が引いてくるそう。 ただし、ステロイド薬が含まれる目薬の場合は、長期間の仕様によりさまざまな副作用が起こる可能性があるので注意が必要です。 こんな症状には抗アレルギー性点眼薬!• 花粉症による目の症状• アレルギー性結膜炎による目の症状など 4. 人口涙液 涙と聞くと泣いた時やあくびをした時にしか出てこないように思われがちですが、私たちの目は普段から薄い涙の膜のようなもので覆われていて、瞬きをするたびに膜が貼り直されるようになっているんです。 これによって目を保護しているんですね。 また、涙の膜には目に入ったものを洗い流したり、ものをハッキリ綺麗に見せるという役割もあるので、目にとっては必要不可欠なものなのです。 人工涙液成分はそんな 人の涙に近い成分で作られた目薬で、目の乾きを防いだり、ドライアイによる目のかすみや不快感を改善することができます。 こんな症状には人工涙液点眼薬!• 乾き目• ドライアイによる目の疲れ、目のかすみ• ハードコンタクトレンズ装着による不快感• 乾性角結膜炎• 涙液減少症など 5. 洗眼薬 こちらは目薬というより 目を洗浄するための薬液です。 目を薬液に浸した状態で瞬きをすることで、目の中に入り込んでいた汚れやゴミを洗い流すことができます。 常に目を清潔な状態に保つことができるので、眼病予防や角膜保護にも効果的だとされています。 ただし、この洗眼液のほとんどには血管収縮剤や防腐剤が含まれているので、頻繁に使用したり長期間使い続けることによって目のトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。 洗浄するというだけあり必要な油分や涙液も一緒に流れてしまい、ドライアイや角膜を傷つけてしまったりする場合があるので気をつけましょう。 こんな症状には洗眼薬!• 目の洗浄• 花粉症による目のかゆみ• コンタクトレンズを外した後の洗浄• 眼病予防• 角膜保護など 放っておけば治るの?目の症状が引き起こすさまざまなトラブル 何らかの目の症状が起こった時でも、きちんと見えて強い痛みや腫れなのど症状がなければ「しばらく放っておけば治るだろう…」と思ってしまいますよね。 目の症状というのはあまり重要視されていないのが現状なんです。 放置されがちな目の症状としては疲れ目、乾き目、充血などが考えられます。 確かに放っておけば治る症状もありますが、放っておくことによって症状が悪化したり、目以外の部分に影響が出てくる可能性が大なのです。 ですので、何かしらの目の異変を感じたら放っておかずにきちんとケアをしてあげるのがベスト。 そのまま放置したらどうなってしまうのかという危険性を知ると、もうちょっと目をいたわってあげようという気になるかもしれませんね。 視力が低下する 何らかの目の症状が起こると、人は頻繁に目を触るようになりますよね。 目が疲れれば目を押さえるという動作をしますし、かゆみや痛み、違和感を感じた時も目を触るようになります。 これによって角膜を傷つけてしまう可能性がグンと高くなり、今までハッキ見えていたものが見ずらくなるという現象が起こります。 そう、視力の低下です!また、角膜の上皮が剥がれることによって細菌による感染症を起こしやすくもなりますので、眼病が発症する可能性も高くなるんですね。 そんな目に起こるさまざまな症状の 根本的な原因というのは「目の疲れ」だと言われています。 特にパソコンやスマートフォンを長時間使う人は目を酷使していることとなり、目が疲れることで酸素や栄養が不足して充血を起こします。 また、目が疲れると涙が蒸発しやすい状態となるので目の乾きを招くことに繋がるんですね。 これによって結果視力が低下してしまうのです。 肉体的な影響 一見、目とは何の関係もなさそうに思いますが、眼精疲労の放置によって肩こりや頭痛、吐き気、食欲不振といった症状が起こる場合もあります。 人間には平衡覚(平衡感覚、平行知覚)というものがあって、基本的には耳の中にある三半規管という部分が常に安定をさせています。 しかし、その安定のサポートとして視覚も重要になるため、眼精疲労によって視力が安定しないと 平衡覚の不具合が起こるのです。 これによって船酔いや車酔いのような感覚に陥り、めまいや吐き気、食欲不振を引き起こすこととなるのです。 また、視力が安定しないことによって首や背中の筋肉に力が入ってしまい血行不良が起こります。 これが肩こりや頭痛の引き金になってくるんですね。 精神的な影響 眼精疲労が悪化し慢性化すると、これと一緒に肉体的な不調も改善されることなく24時間付きまとうようになります。 こうなると常に不快感を感じて生活をしなければならないですよね。 ですので、今までポジティブな考え方ができていたものが憂鬱に感じられ、酷い場合だと外出もできないほどになってしまう人もいます。 また、イライラや不安感、けん怠感、自律神経失調症、不眠といった症状を引き起こして抑うつになってしまうのです。 心と体は繋がっているもので、心が病んでいると体も病気になるもの。 そして眼精疲労についてはマサ引く逆のパターンで、 体が健康でなくなることによって心も病んでしまうという負のスパイラルに陥るわけです。 自分にあった目薬はどれ?目薬を購入する際の選び方 体や心にまで影響してくる目の症状ですので、何かしらの違和感を感じた場合はすぐにケアをしてあげることが大切になってきますね。 市販で販売されている目薬を上手に使うことで普段から目の健康を維持することができますし、細菌による感染症などを予防することもできます。 しかし、何度も言うように目薬には本当にたくさんの種類があって、充血ひとつを取ったとしても何種類もの目薬が販売されている状態です。 そこで、そんな中でも自分に合った目薬をチョイスできるように、目薬を購入する際のポイントを紹介します。 ここでは3つのポイントを紹介していますが、これを押さえておくだけでもだいぶ良い目薬が選びやすくなると思いますので、ぜひ覚えておくようにしてくださいね。 コンタクトレンズを使う人はコンタクト専用目薬を選ぶ 視力の悪い人は眼鏡やコンタクトレンズを使用しますが、コンタクトレンズは直接目の中に入れて使用するものなので、裸眼の人に比べて目が乾きやすいという特徴があります。 また、コンタクトレンズによって目に負担がかかっている状態なので、防腐剤が含まれた目薬などでは余計に目に負担をかけてしまうことになるんですね。 しかし、市販で販売されている目薬にもはコンタクト用というものがあって、 一般的なものよりも目を潤す効果が大きく、目に極力負担がかからないように作られています。 ですので、コンタクトレンズを使用している人はコンタクトに特化した目薬を使用するようにするのがおすすめです。 また、コンタクトレンズをすることによって目が乾きやすくなるため、ブドウ糖やヒアルロン酸ナトリウムを配合したものを選ぶようにすると、潤いを維持することができますよ。 症状に合った目薬を選ぶ 症状に合った目薬を選ぶというのは大前提なのですが、意外と「目薬はどれも同じだから」という考えの人も多く、1つの目薬を使いまわしている人も多いのです。 しかし、眼精疲労に対して抗アレルギー性点眼薬を使用しても疲労回復効果に乏しいですし、ものもらいなのに一般点眼薬を使用しても一向に回復はしないでしょう。 また、目薬にも使用期限が設けられているため、何年も前に購入した目薬を使うのも逆にトラブルを起こす原因となります。 効率よく、目の健康を維持していくためには、 その都度しっかりと症状に合った目薬を使用するのが効果的なんですね。 薬剤師が常駐しているドラッグストアなどであれば、どの目薬を選んで良いかわからなかった時でも、相談をして的確な目薬を購入することができますよ! 防腐剤フリーの目薬を選ぶ 目薬には使い切りタイプのものと、繰り返し使用できるタイプのものがあります。 どちらも開封してしまえば手やまつ毛、外気に触れることで最近がボトルの中に入り込むようになるので、有効成分が汚染されないようにするための成分が含まれています。 しかし、使い切りタイプと繰り返しタイプとではその成分自体が違っていて、繰り返しタイプに使用されている成分の方が目への負担が大きいとされているんです。 防腐剤による角膜や結膜への炎症、アレルギー作用なども報告されているため、できるだけ「防腐剤フリー」と呼ばれる使い切りタイプの目薬を選んだ方が安心だと言えるでしょう。 また、防腐剤フリーの目薬ではボトルにマイクロフィルターや逆流防止弁が採用されているものが多く、より清潔な状態で品質を維持できるようになっています。 ですので、最近では使い切りタイプでなくても防腐剤フリーと呼ばれている製品もあります。 主に使用されている汚染防止成分 繰り返し使用できる目薬(防腐剤あり) 塩化ベンザルコニウム、ソルビン酸カリウム、パラベンなど 1回使い切りの目薬(防腐剤フリー) トロメタモール、ホウ砂、pH調節剤、エデト酸ナトリウムなど よく売れているおすすめ市販目薬TOP15を紹介! では、一般ん的に市販されている目薬の中でよく売れている、おすすめのマグすりを15種類紹介していきたいと思います。 一般点眼薬や抗菌作用のあるものなど、全部含めてのランキング形式にしてみましたが、5種類の目薬それぞれがランクインしているので全ての人が参考にできる内容となっています。 また、人によって好き嫌いがある清涼感も項目で見やすくしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 そして、本当に目薬の種類は数が多いのでここで紹介しきれないものの方が圧倒的に多いです。 ここで気になる目薬が見つけられなかった人は、この機会にドラッグストアなどに足を運んでみると自分に合ったものが見つかるかもしれませんね。 【PR】世界がクリアに変わる!目の悩みには「めなり」がいい 目が乾く、視界がぼやける、奥の方が重いなど、イライラする目の悩み、どうしようも出来ないと諦めていませんか? 調べてみると40代から60代の方のおよそ95%の方が何らかの目の悩みを抱え大きなストレスを感じているようですが、実はそのストレス、「めなり」なら取り除くことができるんです。 「めなり」はそんなアントシアニンの含有量が多いブルーベリーの中でも、含有率が6倍、吸収率が203%、持続力が2. 5倍と、従来にはない特別なビルベリーエキスを配合。 「たった数日飲んだだけで世界がクリアに変わった」なんていう嬉しい声も聞こえてきているのです。 その他にも、ルテイン・ゼアキサンチンやアスタキサンチン、ビタミン群やミネラルなど目に良い成分をたっぷりと配合。 しかも、そんな高品質なサプリを1日約30円程度からお試しすることが出来るので、これはもう試してみるしかないですよね。 モニターコースなら継続条件も無く、いつでも休止・解約できるから安心。 毎日感じていたストレスから解放されて、超クリアな毎日を感じてみて下さい! No. コンタクト特有の不快感や目の乾きを人工涙液によって緩和してくれます。 また、涙液と一緒にタウリンが配合されているので、目の血行を良くして疲労感の緩和にも効果的。 ハードンタクトでもソフトコンタクトレンズでもコンタクトレンズをつけたまま点眼ができるので、コンタクト利用者の中で人気がある商品なんです。 強めの清涼感となっていて、目薬をさすだけで目全体に爽快感が広がります。 アレルギーの原因物質を制御するクロモグリク酸ナトリウム、かゆみを鎮めるクロルフェニラミンマレイン酸塩、炎症を鎮めるプラノプロフェン、さらに角膜保護成分であるコンドロイチン硫酸エステルナトリウムを配合しています。 アナタは正しく使えてる?正しい目薬の使い方 自分の目の症状にあった目薬が見つかったところで、今度は使い方を見直していきましょう。 目薬は直接目の中に入れるものなので、とにかく衛生的に使用することが重要です。 細菌が入り込んでいる目薬を使用してしまっては、目の中に直接細菌を流し込んでいるのも同然ですよね!目薬を使ってもなかなか症状が改善されない、あるいは悪化してしまったという人は、もしかすると目薬の使い方や保管方法に問題があるのかもしれません。 ですので、この機会に正しい目薬の使い方も確認しておきましょう。 正しい目薬のさし方• できるだけ目薬の容器に細菌が付着しないように、まずは石鹸で手をよく洗う• 目薬のキャップを清潔な場所に置き、下まぶたを軽く引いて目薬を確実に入れる• できるだけ薬剤が目から流れでないように、しばらく目を閉じる(もしくは目頭を押さえる)• 目の周りに溢れた薬剤は清潔なティッシュやガーゼで拭き取る• 2種類以上の目薬をさす場合には、5分程度間隔を開けてさすようにする 目薬のボトル先端をまつ毛やまぶたに接触させてしまうと、目に繁殖していた細菌がボトルの中に入り込んでしまったり、ゴミや目やにが逆流してしまう可能性があるので、 直接触れないように気をつけましょう。 また、目薬をさした後に目をパチパチさせる人もいますが、まぶたを動かすことによってせっかくさした薬剤が涙と一緒に流れ出てしまいます。 ですので、まぶたはできるだけ動かさないようにして、しっかりと薬剤を目の中に浸透させるようにしましょう。 正しい目薬の保管方法 目薬の防腐効果を少しでも高めようと、目薬を冷蔵庫で保管している人も多いですね。 基本的に市販されている目薬は、 直射日光が当たらない涼しい場所で保管するようにします。 その際はもちろん密栓をすること!冷蔵庫での保管も問題はありませんが、冷やしすぎて凍ってしまわないように気をつけましょう。 また、使い切りタイプの目薬を1回では使い切れずに保管して使用している人もいますがこれは危険です。 使い切りタイプの目薬は1度使ったら捨てるように作られているため、ボトルを開栓したら密栓がでずボトルの中に細菌が入り込む可能性が非常に高いです。 また、ほとんどが防腐剤フリーとなっているので品質的にも問題が出てきます。 ですので、 使い切りタイプの目薬はもったいなくても毎回捨てるようにしましょう。 瞳に休息を!上手な目の休め方 パソコンやスマートフォンの復旧によって、世の中は疲れ目の人たちで溢れかえっています!肉体的にも精神的にも影響を及ぼす疲れ目には、何と言っても目の休息が必要不可欠となるんです。 目薬だけでは悪化を防ぐだけで、酷使し続けている目を改善させるのが難しいと言えるでしょう。 ですので、目薬でケアをしながら目を上手に休まると疲れ目の回復力が違ってきますよ。 普段自分で行なっている休息方法があるという人も多いと思いますが、ここでは一般的に有効とされている目の筋肉を使った休息方法を紹介したいと思います。 非常に簡単な方法で時間もかからないので、仕事の合間やちょっと目の疲れを感じた時にやってみてくださいね。 まばたき 人は何かに集中したり夢中になっている時ほど瞬きが減るものです。 一生懸命目何かを見ようとすることで目の筋肉に力が入った状態となり、余計に疲れやすくなるんですね。 ですので、意識的にまばたきをすることによって外眼筋が動き、血行促進して疲れを改善させることができます。 また、まばたきをすると一瞬目が閉じられるので、明暗調節を行う虹彩筋や網膜、遠近調節をする毛様体筋も休められることとなるので、瞬きではなく30秒ほど目を閉じるようにするだけでもだいぶ疲れが緩和されるそう。 休息前よりも目が見やすくなるので、休息後の効率アップにも繋がります。 目をじんわり温める 目の疲れというのは言わば目の筋肉のコリ。 そこで、目のコリをほぐすために目の周りを全体的に温めるという方法があります。 ホットタオルやカイロなどを目の上に置いて、じんわりゆっくりと目を温めるようにすると、血行が促進されてコリもほぐれていきます。 最近ではホットパックやホットアイマスクなどといった目を温めるアイテムも販売されているので、これらのアイテムをうまく取り入れるのも良いでしょう。 遠くを見るようにする パソコンやスマートフォンの画面を操作している間の目というのは、至近距離のものを一生懸命見ようとしている状態です。 この時間が長ければ長いほど目の筋肉も緊張してこわばっている状態が続いているということになります。 そこでちょっとでも遠くの景色を見るようにすると、毛様体筋の緊張がほぐれて目が楽に感じられるのです。 また、画面型放たれる強い光から解放されることによって緊張していた虹彩筋も同時にほぐすことができますよ。 輝く瞳で仕事もプライベートも謳歌しよう! 私たちは寝ている時以外常に何かを見ていることになりますよね。 目も体と同じで、疲れている状態が続くと抵抗力が弱まりウィルス感染をしやすくもなります。 何かと酷使されやすい目なので、普段から何らかのケアをしてあげるべきでしょう。 今回紹介したオススメの目薬を上手に使うことでもだいぶ目が楽になりますから、なんだか最近目の調子が思わしくないという人は早めにケアをはじめるようにしてくださいね。 ただ、市販の目薬を使っても症状が一向に良くならなかったり、逆に悪化しそうな場合は、早めに眼科へ行て医師の診察を受けるようにしましょう。 加齢による加齢黄斑変性や白内障といった目の病気の疑いも出てきますし、視界がぼやける老眼や緑内障といった症状は自己判断も難しくなります。 視力障害によるストレスは思った以上に大きなものなので、普段から目をいたわりストレスのない生活を送っていきましょう!.

次の