エニタイムフィットネス ロッカー。 エニタイムフィットネスの評判口コミ【会員の感想!】料金・退会は

エニタイムフィットネスの口コミ・評判を調べました

エニタイムフィットネス ロッカー

人気急上昇中のジム「 エニタイムフィットネス anytime fitness 」。 「家の近くに新しくできた」などの理由から、入会を考えている人も多いのではないだろうか? しかし、ジムに入会する際に気になることといえば、 設備が充実しているかどうかである。 具体的には、 「 シャワーはどれくらいあるか」 「シャワーは 男女別?」 「 ロッカーはある?料金は?」 「 Wi-Fiはある?」 「 タンニングマシンは?」 「 他はどんな設備がある?」 などの疑問が思い浮かぶ。 「いざ入会してみると思っていたのと違った!」なんて事態は避けたいところだ。 そこでこの記事では エニタイムフィットネスの設備面(マシン以外)について、私が通っている店舗を例に解説する。 また、実際に1年以上通って感じた設備の 不満点も合わせて紹介する。 シャワー• ロッカー(無料・有料)• 駐車場・駐輪場• 更衣室• 防犯カメラ• 無料Wi-Fi• 無料ウォーターサーバー• タンニングマシン 24時間・どの店舗も使い放題のエニタイムフィットネスだが、マシン以外については上記の設備がある。 これだけの設備が整っていて、マシンも新しく、料金が10,000円以下なのだから人気も出るはずである。 タンニングマシンなんかは、置いてあるジムさえかなりめずらしいだろう。 この設備1つ1つについて、詳しく解説する。 店舗によって違う 最初に知っておかなければいけないのが、シャワーの数やウォーターサーバーの有無など 一部の設備は「店舗によって違う」ということだ。 日本だけでもエニタイムフィットネスは400以上あるが、各店舗によって異なる。 なので参考程度ではあるが、 私が通っている店舗を例にして設備を紹介する。 ある程度は共通する部分もあるため、設備の雰囲気だけでもつかんで頂けるとありがたい。 そして、自分が行きたい店舗のより詳しい情報を知りたい場合は、かInstagram・twitter・facebookで各店舗のページを見るのが確実だ。 さすがにシャワーの台数までは書いてないが、各設備の有無やマシンのメーカーなんかは詳しく書いている。 もしくは、すでに入会している知り合いがいれば聞くのもいいだろう。 エニタイムフィットネスのシャワー まずは、気になるエニタイムフィットネスのシャワー設備から解説する。 お風呂やプールはない エニタイムフィットネスには、シャワールームがあるだけでお風呂やプールはない。 そういったジム形態ではないのだろう。 お風呂やプールが目的なら、違うジムに通うことをおすすめする。 1つだけ共用のシャワールームはあるが、それ以外はきちんと 男性・女性で分かれている。 もちろん、トイレとシャワールームを含むスペース自体もわかれている。 中央の洗面所を境に右側が男性、左側が女性といった感じだ。 女性にとっては安心な点である。 脱衣所の鏡も横長で大きい。 トレーニング前後の身体をチェックしたり、写メを撮るにはもってこいだ。 エニタイムフィットネスのロッカー 次に気になるのが、ロッカーである。 「無料か有料か?」「有料なら料金はいくらか?」「ロッカーの広さは?」などは知っておきたいところだろう。 無料で使える エニタイムフィットネスでは、基本的には簡易な無料のロッカーを使うことになる。 ロッカーといえるほどのものではなく、扉がない棚だ。 防犯カメラがあるのである程度盗難の抑止力はあるが、財布など貴重品はできれば車においておくか、小さいバッグに入れてトレーニングギアと一緒に持ち運ぶのが確実だろう。 また、お金を払えば 有料(月契約)の鍵付きのロッカーがある店舗もある。 「サプリメントやシューズをどうしても持ち運ぶのが面倒」という人は、契約してもいいかもしれない。 有料ロッカー代は、私が通う店舗では月1,080円だ。 土足はNG どこのジムもそうだが、当然エニタイムフィットネスも土足はNGである。 入口に靴用のロッカーがあるので、そこで履き替えよう。 セキュリティは? 続いて、女性の危険や盗難などのセキュリティ面に関してである。 防犯カメラあり まず、朝10時~夕方19時頃にかけてはスタッフがいるので、安全面は高いといえる。 それ以外の時間帯、夜~早朝にかけては 防犯カメラが店内に数台あることで、ある程度の抑止力はあるだろう。 盗難には警戒しよう ただ、実際にバッグやトレーニングギアを盗難にあったという話もある。 監視カメラがあるのでエニタイムフィットネスも協力はしてくれるだろうが、盗まれた物の保証はしてくれない。 やはり、 貴重品は小さいバッグに入れて持ち歩くのが確実だろう。 特に人が少ない深夜などの時間帯は、狙われやすいので注意が必要だ。 また女性の安全面に関しては、やはり人がある程度いる時間帯に行くのがベターである。 完全無人のタイミングというのはめったにないが、深夜なんかはできれば避けた方がいいだろう。 その他気になる設備を紹介 その他エニタイムフィットネス内の気になる設備を解説する。 無料Wi-Fiあり エニタイムフィットネスでは、 無料wi-fiがほとんどの店舗で導入されている。 接続方法は簡単だ。 safariからYahooを開く• Eメールアドレス・生年月日などを登録• 再登録の必要はない。 速度は店舗や時間によるが、私が実際に測定してみたところ、人が少ない時間帯は約20Mbpsとなかなかの速度であった。 YouTubeを見ながらランニングなんてのもありだろう。 ただ混んでいる時間帯は遅いかもしれないので、今後測定してみたい。 無料ウォーターサーバー 何気に嬉しいのが、 無料で使えるウォーターサーバーである。 全てではないが、設置店舗もそれなりにある。 これがよく冷えているので非常においしいのだ。 トレーニング中のドリンクはもちろん、トレーニング後のプロテインもただの水道水に溶かすより、何倍も美味しく感じるだろう。 タンニングマシン 店舗によっては、なんと エニタイム内にタンニングマシンがあるのだ。 女性の方は使われる人は少ないかもしれないが、男性の需要は多いのではないだろうか。 残念ながら私の店舗ではないので、導入されることを祈るばかりである。 タンニングとは、日焼けマシンのことである。 1回20分程度が一般的だが、初めての人は慣れさせるために10分程度で十分だ。 更衣室 更衣室に関しては、男女共用の個室が3室ある。 試着室ほどの広さで、鏡はついている。 駐車場・駐輪場 駐車場に関してはかなり立地に左右されるので、実際に見に行くか、やSNSで確認するのが確実だろう。 エニタイムフィットネスの設備に関する評判・口コミ エニタイム は基本的にどこでも設備が綺麗で種類が豊富です、あとジョイフィットに比べると比較的にロッカールームやシャワー室が広い所が多いなと感じました! 店舗によってはインボディとかも置いてるところあるので自分がどれくらい成長したとか知ることもできます! — Eito Hirayama m8superman1 ジョイフィットとエニタイムどちらも入会した感想はこんな感じですかね。 マッチョ率高い。 人も多い。 設備は店舗によって当たり外れが大きい。 中にはシャワーだけ浴びにいくという強者もいるようだ。 逆に悪い口コミとしては、無料のロッカーが鍵なしである点が気になる人が多いようである。 実際に使って感じた設備の不満点 最後に、実際に私が1年以上エニタイムフィットネスに通って感じた設備の不満点をあげる。 シャワールームの数が少ない• 駐車場が少ない• シャンプーがない店舗もある• Wi-Fiのセキュリティが弱い シャワールームの数が少ない エニタイムフィットネスは、「シャワールームの数が少ない」というのはよく聞く話だ。 私が通う店舗だと男女それぞれで2室ずつしかない。 夜11時を超えると満室で使えないことは少ないが、混んでいる時間帯だと空いていることの方がめずらしい。 シャワールームは最低5室程度はほしいところである。 駐車場が少ない それなりに駐車スペースがある田舎の店舗でも、 時間帯によっては車がいっぱいで止めれないことがよくある。 その場合は空くまで待たなければいけない。 敷地面積の都合上こればっかりはどうにもならないだろうが、もう少し多ければありがたい。 更衣室はシャワーと違って待っていればすぐ空くが、3室というのはやや少なすぎる気がする。 しかも男女共用なので、女性の方は特に別の方がいいだろう。 シャンプーがない 備え付けの シャンプーやコンディショナーがない店舗もある。 もちろんそれらがないジムは多いが、私のようにシャンプーにこだわりがない人はあると助かるだろう。 ただ最近では導入店舗もどんどん増えているようである。 店舗によってはすでにシャンプやコンディショナー・ボディーソープが設置されているので、気になる方は電話などで確認してみるといいだろう。 パスワードを入力する必要がないのだ。 どういうデメリットがあるかというと、それなりの知識を持った人間であれば通信の内容を盗み見することができる可能性があるのだ。 わざわざそんな人間がエニタイムフィットネスにくる可能性があるかどうかは置いといて、Wi-Fiを使ってクレジットカードなどの個人情報を入力するサイトを見るのは、気持ちが悪いので避けた方がいいだろう。 エニタイムフィットネスの設備はかなり充実している 以上が、エニタイムフィットネスのシャワーやロッカー、Wi-Fiなどの設備についてである。 やはり全店舗比較的新しいだけあって、 エニタイムフィットネスの設備は他のジムに比べるとかなり充実しているといえるだろう。 また、女性の方にもある程度配慮はされていると言える。 しかも、エニタイムフィットネスは結構な頻度で新しい設備の導入が行われている。 今はお目当の設備がないという方も、SNS等で最新情報を要チェックだ。 繰り返しになるが、紹介したのはあくまでも私が通っている店舗の例である。 詳しく知りたい人は、等で調べるか、見学するのが確実だ。

次の

エニタイムフィットネス渋谷初台店に行った感想を語る

エニタイムフィットネス ロッカー

特徴 エニタイムフィットネスはもともとアメリカで誕生したフィットネスクラブ。 アスリートやボディビルダーではなく、 一般人に必要なフィットネスクラブの在り方を提唱したことが評価され、僅か10年で店舗数が2,000を超えるという人気ぶりを発揮。 現在では 世界中に4,500店舗以上を構える世界規模で成長を続けているジムです。 好きな時に通える24時間365日営業! 働き方の多様化が進む現代では、ジムが営業時間が短くて通えないという人もいます。 そんな人達にとって 年中無休24時間営業のスポーツジムの存在は非常にありがたいですよね。 特にフィットネスクラブの 退会理由で多いのは「忙しくて通えない」「時間が合わない」ですが、 エニタイムフィットネスなら自分が行きたいと思った時に行けるので通えなくなる心配はありません。 料金 料金は店舗ごとにことなり、立地によっては割高になる店舗もありますが かなり良心的な価格設定。 安い店舗であれば6,500円前後、高い店舗で9,500円前後となっています。 24時間いつでも通い放題でこの価格設定はかなり安いと言っていいです。 その分スタッフが不在になる時間もあり不便な面もありますが、最新マシンをラインナップした ジムスペースは非常に充実しています。 月間で最も利用した店舗の料金が適用されます どの店舗でも利用可能なエニタイムフィットネスですが、月間で 最も多く通った店舗所属しているとみなされます。 なので元々は月額6,500円のA店に入会しけれど、月額8,000円のB店にたくさん通った場合、料金はB店の8,000円が適用されます。 料金を安くする割引方法 24時間営業のマシン特化ジム・エニタイムフィットネスに安く入会するための割引方法をまとめました。 31日以降に通いたい店舗に通う エニタイムフィットネスには入会してから31日以降は別店舗も利用できるようになります。 なので、 デフォルトの月会費が安い&キャンペーンで初期費用が大幅に割引される店舗に入会して、後から本当に通いたい店舗に移籍する、というやり方が使えるんです。 エニタイムフィットネスに安く入会する手順は• 初期費用が安い店舗を探す• 30日間はそのまま放置する(利用してもOK)• 31日以降に本当に通いたい店舗に行く ちなみに別店舗に通うからと言って特別にすることはありません。 自動的に月間で最も多く通った店舗所属しているとみなされます。

次の

エニタイムフィットネスの評判と料金の解説。24時間営業のマシン特化ジムでいつでも運動できる

エニタイムフィットネス ロッカー

「トレーニングしたい!」と思ったら夜中でも元旦でも問題なく筋トレ出来ます。 一般的なジムだと元旦とかお盆などは閉める所があるのでその点はかなり便利。 (ただスタッフが勤務する時間は店舗によってことなるので、事務手続きなどの際はホームページなどでチェックしておくのが吉) またシャワーなどのトレーニング以外の設備も自由に使えるので、汗を流してスッキリして帰宅することも出来ます。 マシンとフリーウエイトの両方を完備 これはジム初心者の方には少しイメージしづらい内容かと感じます。 というのも一般的なスポーツジムはランニングマシンばかり並んでいて、筋トレいわゆるウエイトトレーニングをする設備があまり整ってなかったりします汗っ。 これに対してエニタイムフィットネスでは筋トレマシンがメインにおいてあるのでより体づくりに効果的なトレーニングをすることができます。 また店舗によってマシンなどの設備は異なるので、色々なエニタイムフィットネスに行ってみると常に新しいトレーニングが可能に。 筋トレ初心者で仮にフリーウエイト(バーベルやダンベル)の使い方がわからなくても、 ひとまずマシントレーニングならイスの高さを合わせる程度で動きの練習を進めていけますし、基礎的な筋力をつけていくことも出来ます! 低価格 スポーツジムやその他のジムでは基本的にだいたい1ヶ月8000円~10000円という設定が多い。 ですがエニタイムフィットネスでは約7800円となっています。 なかでも僕自身が最も良いなと感じる点はやはり「24時間営業と全店舗利用」 仕事の都合や急な予定ができてもジムはいつでも開いてるので「ジムに行けない」なんて心配をしなくていいので。 時間ができてジムに行こうと思っても一般的なジムなら「休館日やった」なんてことは意外とあるものです。 「せっかく行こ思たのに~」となることも少なくありません。 なのでジムに行こうと思った時に「絶対に」開いてるというのは思ってるよりも便利ですよ。 エニタイムフィットネスのデメリットに関しては実際の口コミをもとにみていきます。 店舗も綺麗に保たれているし、雰囲気も良かったのですが…… 二人組でトレーニングする人が現れて最悪です。 (恐らく多店舗でお客ともめたのか、スタッフともめたのか) (器具の長時間使用・大声を出しながらトレーニング・器具のところでの雑談など) 私も含めて周りの方も時間をずらすなど対応しているのですが。 恐らく他の方がスタッフに苦情を言って、器具の使用は20分までと張り紙が出たのですが、当人同士はお構いなし。 エニタイムの規約でパーソナルトレーニングもしくはパーソナルトレーニングにとられるような行為は禁止だと記載があるのですが、もう3年近くアルバイトさんは放置してます。 それ相応の社員の方に来て頂いて、確認して頂きたいのですが。 周りの会員の方々が大変迷惑を被っています。 もう我慢の限界です。 エニタイムの会社の方針はマナーの悪い人間は放置ですか?従業員は清掃で上がって来ても見て見ぬ振りだし。 注意も出来ないのか? 二人組は相変わらず専用ジムと勘違いしてるし、長時間使ってハーハーうるさいオジさんはいるし…。 私が経営者だったら、即刻強制退会させますけどね。 間違いなく会社に損失を与えていると思うのですが。 わざわざ規約を貼るんだったら、周知徹底させないと。 他の方がマナーの良い方ばかりなので、凄く残念でなりません。 こういったエニタイムフィットネスの良くない評判には以下の事が共通しています。 具体的にはマシンに座ってずっとスマホをいじってるパターン。 他にはパワーラック(スクワットなどをする器具)をずっと使い続ける人もいます。 (30分とかはさすがに長いかと汗っ。 ) このパワーラックという器具は大きいので店舗にそこまで数がなくみんなが使いたいと思うものでもあったり。 この場合の解決策としては「一緒に使ってもいいですか?と聞く」ことですかね。 僕自身も雰囲気を見てイケそうだったら言う時ありますよ笑。 だって別に交代で使えばなんも問題もないですからね。 恐れず声かけてみましょ。 (たまにめちゃ嫌そうな人もいるので雰囲気を悟るのが大事です笑) 僕も聞かれればもちろんオッケーしますよ! 会員のマナーの悪さ これは別にエニタイムフィットネスに限った事ではなくその人の問題でもあるとは思うのですが。 まあこれを注意しないスタッフの対応の話にもつながってきますね。 この場合の解決策としてはこれまた声をかけてみるのもアリなんですが、そういう人は逆ギレとかしてくるかもなので声をかけるにしても注意がいりますね汗っ。 でもこういった時に違う店舗にすぐに行ける点を有効に使うのもアリ。 他の近くの店舗に行けば快適にトレーニング出来る環境が待ってるかもしれませんし。 スタッフの対応レベルの低さ これに関しては2つあります。 1つ目は上に書いたように会員のマナーに対して注意しないなど。 2つ目はスタッフはあくまでジムの業務をすることがメインなので詳しいトレーニング方法などに関しては知らないことがあります。 この場合の解決策としては「あくまでジムは筋トレする場所」と割り切って、他のことは気にしない。 全店舗がマナーやスタッフの態度が良くないわけではないので違う店舗に行くのもありですね。 トレーニング方法に関してはスタッフが良く分かってないこともあるので、地道に自身で調べて実践していく方が効果的な場合もあります。 では次にエニタイムフィットネスの入会や退会の具体的な流れを解説。 エニタイムフィットネスの入会から退会まで これを覚えておけば初めてのジムでももう安心!(一部店舗によって異なることがあります) たったこれだけです! また事前に入会する店舗のネット予約をしておくとキャンペーンで会費やその他の手数料が無料になることがあるのでそこだけはチェックしておきましょう! 手続きの時にセキュリティキーというエニタイムフィットネスを利用する時に絶対に必要なカギを渡されるので、 次回からジムを使う時はそのカギを扉の横のインターホンにかざしたらカギが開くようになります。 こうしてジムライフをスタートさせましょう! エニタイムフィットネスの退会について 入会したもののやはり続かないで退会することもあるかと思います。 退会の手続きは会費を払っている店舗でしかできません。 (店舗の移動については後ほど) 退会する時にすることは一つだけで「退会したいんですけど」と一言スタッフに言うとサインを求められるのでそれを書くだけでもう手続きは完了します。 またセキュリティキーは自身で捨てるなどの処理をする形になります。 僕も再入会したパターン笑。 再入会に関しては上記の入会の手続きと基本的には同じになります。 ただ一つだけ覚えておいた方が良いのは、 上記のようにエニタイムフィットネスの入会はキャンペーンで会費がお得になるのですが、その時にセキュリティキーの発行も無料になる場合がほとんど。 ですが再入会の人はこのキャンペーンが使えないのです汗っ。 (月会費の割引などのキャンペーンは利用できます。 ) なのでセキュリティキー発行の5000円ほどは無料になりません。 入会と再入会の違いはこれだけになります。 再入会される方は今回は続けていけるように頑張っていきましょう! 最後にエニタイムフィットネスの移籍ルールをチェック! エニタイムフィットネスの移籍ルール ここまでの内容でもうエニタイムフィットネスを利用するには問題ないです! でも1つだけ気をつけておいた方がいいことがありそれは「エニタイムフィットネスの移籍ルール」について。 公式ではこう決められています。 他店を利用されるにあたり、所属クラブより他の特定のクラブを主に利用していると所定の基準に基づき判断された場合は、文書での通知をもって所属店舗が自動的に変更になります。 移籍の際には、移籍後の所属クラブにおいて定められた会費等をお支払いいただきます。 なお、海外店舗からの自動移籍及び海外店舗への自動移籍は発生いたしません。 海外から、または海外へ長期滞在される方は所属店舗へご相談ください。 anytimefitness. なので仮に入会した店舗の会費が7800円で、よく行く他の店舗が8000円だった場合は移籍した月から会費が8000円になるといったようなことです。 もちろん逆に会費が安くなる場合もあります。 で具体的にどういった場合に移籍と判断されるかについて。 (店舗によって若干の違いがあります。 言い換えるとどの店舗に行こうがジムに行った回数の半分を超える回数を利用した店舗の会員になるという事です! 例えば60日の間に15回ジムに行ったとします。 7回が入会した店舗、8回がその他の店舗だった場合は その他の店舗の会員に移籍ということになります。 ただこれは少しややこしくてその8回のうち3回がB、5回がCという店舗の利用だった場合、 半分より多く利用している店舗は7回の入会した店舗ということになるので移籍にはなりません。

次の