加古川市 例規。 兵庫県の市町村章一覧

条例と規則・自治体Web例規集へのリンク集

加古川市 例規

市部 [ ] 市 市章 由来 制定日 備考 神戸の旧かな遣いである「カウベ」のカの字を図案化したもの 作成前のに公募で募集したが、適当な作品がなかったので採用されなかった 「姫」を図案化したもの 市旗は別デザインである 工都の「工」と尼崎の「ア」「マ」を図案化したもので丸印を付けたもの 2代目の市章である 「明」を図案化したもの 明石町制時のに制定し、市制施行後に継承される 「ヤ」を三つで組み合わせで「西」を囲んで表している 西宮町制時のに制定され、市制施行後に継承される 別デザインである市旗のデザインで代用されることもある の紋章を表している 洲本町制時のに制定され、市制施行後に継承される 色は水色が指定されている 山・海・四・円平・旭を表したもの 精道村章として制定されたものを継承している の合印紋章を表している 市旗は別デザインである 2代目の市章である 「ア」の字を相対的に組み合わせたもの 市旗は別デザインである 「と」の字を基にしたもの 2代目の市章である 色は水色が指定されている 「川」を中心に配置したもの 「赤」を角型に図案化したもの 「シ」を二つ使って図案化したもの に制定し 、に再制定制定されている市章を使用 「タカラ」を象ったもの 「木」または「キ」を三つ組み合わせて図案化したもの 市旗は別デザインである にの職員が章として制定され、市制施行後に継承される 「高」を円形に簡略化したもの 「川西」を図案化したもの 「小」を図案化し、「の」で囲ったもの 「サ」を図案化したもの 三田町章として制定され、市制施行後に継承される 「力」を二つ組み合わせて円形に図案化したもの 笹の葉を二枚合わせ、「S」を表している 色は緑色が指定されている 2019年5月1日の市名改称でも市章は引き継がれている 養父市のイニシャルの「Y」、三角形は氷ノ山を表している 色は青色・白色・緑色が指定されている 「丹」を力強く図案化したもの 色は緑色が指定されている 「A」と輪を表したもの 色は青色・緑色が指定されている 「ア」を基に、山とを基にしている 色は赤色・橙色・緑色が指定されている 「A」をの形に意匠化したもの 色は青色が指定されている 「宍」を図案化したもの 色は橙色・緑色が指定されている 「T」を図案化したもの 色は赤色・青色・緑色が指定されている 「K」を、・・の3町の合併を配して図案化したもの 町村部 [ ] 郡 町村 町村章 由来 制定日 備考 「イナ川」を図案化したもの 「多」を基にし、図案化したもの 色は緑色・黄緑色・赤色が指定されている 「い」を・で表わし、また中央部を「の」を意味し、図案化したもの 「ハリマ」を図案化し、下側の空洞は港を意味したもの 「市」はを表し、「川」は丸く大和を象徴し、図案化したもの 二つの「ク」を合わせて図案化したもの 「カ」を基にして、図案化したもの 色は青色と緑色が指定されている 二つの「太」を図案化し、の「和」の精神を象徴しているもの 「上」2つの組み合わせ に公表されたものを同年に制定される 「さ」を図案化したもの 2代目の町章である 「カ」を曲げ、「ミ」を三本の線にして図案化したもの 色は薄い青色・青色・緑色が指定されている 「し」を図案化しと山とを意匠化したもの 廃止された市町村章 [ ] 20世紀 [ ] 市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考 を表している 武庫郡 御影町 「御影」を図案化したもの 初代の町章である 尼崎市 「工」・「アマ」を図案化したもの デザインが変更された 初代の市章である 武庫郡 「大庄」を図案化したもの 伊丹市 の紋章を表している 、町村制施行前の伊丹町章として制定され、 町村制施行、市制施行後に継承された 初代の市章である 「しカ」を図案化したもの 飾磨町章として制定され、市制施行後に継承された 「網干」を図案化したもの 武庫郡 御影の松を表したもの 2代目の町章である 「五百」を図案化したもの 不明 不明 1950年 武庫郡 「本山」を図案化したもの 不明 1950年 「本庄」を図案化したもの 不明 「八多」・「八多邑」を図案化したもの に決定したものを同年に制定された 二つの「シ」を交差し、「ニシ」を表章させたもの 「イ」を九つ合わせているのを表したもの 初代の町章である 加古郡 「高」を表したもの 不明 不明 不明 不明 「上久下」を図案化したもの 1955年 現在はの校章に使用されている 資料が現存しない 不明 不明 資料が現存しない 資料が現存しない 「タ」を図案化しなど吉祥とされた生物の出現を意味するを図案化したもの 多紀村章として制定され、町制施行後に継承された 「シロ」を円形(和)にし、それを翼の形に図案化したもの 城東村章(制定日不明 )として制定され、町制施行後に継承された 外円は「和」を表し、「し」を組み合わせて図案化したもの 前後 以前には制定されていた 多紀郡 「ささやま」を図案化し、「ささ山」で形どっている 旧・篠山町制時に制定され、新町制施行後に継承された 「丹」を図案化したもの 全体を「西」で表し、三つの輪を象徴してるもの に再制定される 「今田」を図案化し、中央の三角形はを表したもの (月日は不明) 色は「今田」の部分は金色・三角形の部分は緑色が指定されている 今田村章として制定され、町制施行後に継承された 21世紀 [ ] 市郡 町村 市町村章 由来 制定日 廃止日 備考 「やぶ」を図案化したもの 「八」・「カ()」を円形にして図案化したもの 「大」を図案化したもの 「せ」を極めて近代的感覚で図案化したもの 「かい」を図案化したもの 2004年 「ヒ上」を纏めたもの 「か」を基にし、円形と翼側に纏めたもの 「山南」を図案化したもの 「市」を図案化したもの 「ア」を表しているもの 「三」と大同団結(輪)を表したもの 「西」を図案化したもの 三つの波を表している 「み」を図案化したもの 緑村章として制定され、町制施行後に継承された 「W」を図案化したもの 2005年 中央の三角形は「山」を表し、左半分は「と」・右半分は「う」を図案化したもの 「ア」を意匠化したもの 「生」を図案化したもの 「ツナ」を図案化したもの 「ア」を組み合わせて図案化し、に臨む海辺の町を表したもの 「北」・「H」がそれぞれ通じたもの の鳥居を図案化したもの 色は青色が指定されている 「ヒ」を図案化したもの 「山」を丸く表したもの 「一宮」を図案化したもの 「波賀」を図案化したもの 千種の「千」を表わし、下部の円形と、上部の翼を象徴したもの 豊岡市 「T」と主の紋章を組み合わせて図案化したもの に豊岡町章として制定され、市制施行後に初代の市章として継承された 「キ」を図案化したもの 2代目の町章である 過去に「鷹野」と呼ばれたことから「T」を鷹の形にして「鷹ノ」と図案化したもの 「ひ」を図案化したもの 「い」を図案化したもの 「た」を図案化したもの 城崎郡 「カ」を図案化したもの 「ムラ」を組み合わせて図案化したもの 「み」を躍動的に図案化したもの 「ハマ」を意匠化したもの 2005年 オンの「オ」の字を中央に表し、「ン」で表すように図案化したもの 「クロ」を組み合わせて図案化したもの に決定した 以前は「立野」と呼ばれていたことから「立」をとり、主の紋章である輪違いを組み合わせ、図案化したもの に章として制定され、市制施行後に継承された 「イボ川」を組み合わせて図案化したもの 「ツ」を図案化したものを、三つ組み合わせせて「ミツ」を現しているもの 制定前から使用されている 「シン宮」を図案化したもの 佐用町 「さ」を図案化したもの に公表され、本年に制定された 初代の町章である (著作権存続) 「こ」を円形に図案化し、中央の空白は「月」を表したもの (著作権存続) 「な」を図案化したもの を図案化したもの 新制三日月町制時に継承された 「よ」を図案化したもの 2005年 色は緑色が指定されている 「カ」を変形したもの 2005年 円の中に「中」を図案化したもの 「八」は・を表し、翼を大きく開いているのを象徴したもの 「神」を「カ」を改め、それを円く表したもの 2005年 「大」を図案化したもの 津名郡 「五」を図案化し、全体的に丸みを持ったもの の紋章である三蓋菱を組み替え、合わせて「Y」を図案化したもの 2006年 「タ」を図案化し、変形したもの 「と」を図案化し、円形は平和とを表したもの 「ユメ」を円形に図案化したもの 2006年 「I」で表し、魚が波を蹴って天に向かう姿を表したもの 宍粟郡 全体は「安」を図案化し、「女」の周りに三つの「ト」を表したもの 神崎郡 「こう」を組み合わせて図案化したもの に条例化される 参考文献 [ ] 書籍 [ ]• 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、、2007年1月10日、初版第1刷。 近藤春夫『都市の紋章 : 一名・自治体の徽章』行水社、1915年。 中川幸也『シリーズ人間とシンボル第2号「都市の旗と紋章」』中川ケミカル、1987年10月11日。 丹羽基二『日本の市章 (西日本)』保育社、1984年5月5日。 望月政治『都章道章府章県章市章のすべて』日本出版貿易株式会社、1973年7月7日。 NHK情報ネットワーク『NHKふるさとデータブック6 [近畿]』日本放送協会、1992年5月1日。 国際図書『事典 シンボルと公式制度』国民文化協会、1968年。 自治体冊子 [ ] 神戸市・阪神地区関連 [ ]• 八多村『八多村史誌』八多村誌編纂委員会、2008年10月1日。 玉木敬太郎『御影町誌』御影町役場、1936年。 魚崎町『魚崎町誌』神戸市役所、1957年。 住吉村『住吉村誌』住吉村役場、1946年。 本山村『本山村誌』神戸市役所、1953年。 武庫郡教育界『武庫郡誌』武庫郡役所、1921年。 大庄村教育調査会『大庄村誌』兵庫県武庫郡大庄村教育調査会、1942年6月。 播磨地区関連 [ ]• 飾磨市『飾磨市誌』飾磨市役所、1920年10月18日。 加古川市『加古川市誌 第1巻』加古川市役所、1953年6月15日。 高砂市『高砂町史誌』高砂市役所、1980年4月1日。 第一法規出版株式会社『夢前町例規集』夢前町役場総務課、1968年1月1日。 第一法規出版株式会社『御津町例規集』御津町役場総務課、1991年4月1日。 第一法規出版株式会社『香寺町例規集』香寺町役場総務課、1972年6月5日。 志方町『志方町勢要覧 1966』志方町役場総務課、1966年10月1日。 ぎょうせい『神崎町例規集』神崎町役場総務課、2003年6月20日。 第一法規出版株式会社『大河内町例規集』大河内町役場総務課、1970年3月25日。 東京法令出版株式会社『家島町例規集』家島町役場総務課、1965年6月30日。 ぎょうせい『東条町例規集』東条町役場総務課、2005年9月1日。 第一法規出版株式会社『滝野町例規集』滝野町役場総務課、2002年8月10日。 『「広報みき」縮刷版(1)』三木市総務課、1975年4月20日、初版第1刷。 北条町役場『北条町勢要覧 1936』兵庫県加西郡北条町、1936年8月。 西脇町役場『北条町勢要覧 1938』兵庫県多可郡西脇町、1938年7月20日。 丹波地区関連 [ ]• 篠山市『篠山市例規集』兵庫県篠山市。 篠山町『』兵庫県多紀郡篠山町、1936年。 ぎょうせい『篠山町例規集』兵庫県多紀郡篠山町、1936年。 多紀町役場総務課『多紀町勢要覧』兵庫県多紀郡多紀町、1972年。 城東町役場総務課『城東町勢要覧』兵庫県多紀郡城東町、1965年12月。 西紀町『ニシキの姿』兵庫県多紀郡西紀町、1964年10月。 丹南町『丹南町史 下巻』兵庫県多紀郡丹南町編纂委員会、1994年。 市島町『市島町誌』市島町誌編纂委員会、1977年5月1日。 柏原町『柏原 のびゆくまち - 30年の歩み』柏原町誌編纂委員会、1985年10月10日。 今田町『今田町史』今田町誌編纂委員会、1955年11月30日。 青垣町『青垣町閉町記念誌 50年の歩み p9』青垣町役場総務課、2004年10月20日。 上久下部落総代会『上久下村誌』兵庫県氷上郡上久下村誌編集委員会、1974年11月。 但馬地区関連 [ ]• 第一法規出版株式会社『関宮町例規集』関宮町役場総務課、1971年4月30日。 ぎょうせい『大屋町例規集』大屋町役場総務課、2003年12月28日。 帝国地方行政学会『養父町例規集』養父町役場総務課、1973年5月30日。 東京法令出版株式会社『城崎町例規集』城崎町役場総務課、1986年2月1日。 八鹿町文化協会『八鹿町文化協会設立十周年記念誌 やをかの里』近本貞夫、1981年3月22日。 第一法規出版株式会社『香美町例規集』香美町役場総務課、2008年11月10日。 淡路地区関連 [ ]• 津名町役場 町長公室 広報係『明日への潮流 津名町50周年記念誌』兵庫県津名郡津名町、2005年3月。 三原町『三原町勢要覧 1991』三原町誌編纂委員会、1991年。 第一法規出版株式会社『一宮町例規集(津名郡)』一宮町役場総務課、1972年2月10日。 第一法規出版株式会社『緑町例規集』緑町役場総務課、1960年8月25日。 第一法規出版株式会社『津名町例規集』津名町役場総務課、1976年10月25日。 第一法規出版株式会社『北淡町例規集』北淡町役場総務課、1959年11月10日。 江井町役場広報課『江井町勢要覧 1954』兵庫県津名郡江井町、1954年11月20日。 郡家町役場『郡家町勢要覧 解町記念誌』兵庫県津名郡郡家町、1955年3月。 脚注 [ ] []• 2006年5月18日. 2011年12月30日閲覧。 事典 シンボルと公式制度 p214• 2011年12月30日閲覧。 2011年12月30日閲覧。 姫路市例規集. 2012年5月17日閲覧。 2011年12月30日閲覧。 2012年5月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年12月30日閲覧。 都市の紋章:一名・自治体の徽章 p14• NHKふるさとデータブック p345• 2008年12月4日. 2011年12月30日閲覧。 西宮市例規集. 2012年5月17日閲覧。 都市の紋章:一名・自治体の徽章 p15• 西宮市例規集. 2012年5月17日閲覧。 2006年2月11日. 2011年12月30日閲覧。 洲本市・五色町合併協議会. 2 2005年2月5日. 2011年12月30日閲覧。 都市の紋章:一名・自治体の徽章 p16• NHKふるさとデータブック p51• 2011年11月15日. 2011年12月30日閲覧。 2011年12月31日閲覧。 伊丹市例規集. 2012年12月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年5月17日閲覧。 伊丹市例規集. 2012年12月19日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年5月17日閲覧。 2012年5月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2011年12月31日閲覧。 2011年12月31日閲覧。 豊岡市 2005年7月10日. 2011年12月31日閲覧。 2010年4月23日. 2011年12月31日閲覧。 2011年12月31日閲覧。 2011年12月31日閲覧。 NHKふるさとデータブック p371• 2011年12月31日閲覧。 1954年4月10日. 2011年12月31日閲覧。 2011年12月31日閲覧。 1954年7月1日. 2011年12月31日閲覧。 p321• NHKふるさとデータブック p375• 都章道章府章県章市章のすべて p425• 2011年4月5日. 2011年12月31日閲覧。 1962年4月10日. 2011年12月31日閲覧。 2005年11月1日. 2011年12月31日閲覧。 1956年4月1日. 2011年12月31日閲覧。 2011年5月13日. 2011年12月31日閲覧。 2011年8月26日. 2011年12月31日閲覧。 1964年7月2日. 2011年12月31日閲覧。 2011年12月31日閲覧。 福崎町 1957年7月10日. 2011年12月31日閲覧。 2008年3月25日. 2011年12月31日閲覧。 2005年11月7日. 2011年12月31日閲覧。 2011年12月31日閲覧。 2010年3月31日. 2011年12月31日閲覧。 2006年3月31日. 2011年12月31日閲覧。 2011年12月31日閲覧。 2010年3月4日. 2011年12月31日閲覧。 新温泉町 2005年10月1日. 2011年12月31日閲覧。 の呼び出しエラー:引数 title は必須です。 の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 の呼び出しエラー:引数 title は必須です。 の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。 都市の紋章:一名・自治体の徽章 p21• 住吉村誌• 加古川市誌 第1巻• 本山村誌• 武庫郡誌• 姫路市役所• 城東町勢要覧• 志方町役場• NHKふるさとデータブック p500• 篠山町例規集• ニシキの姿• 今田町史 p3• 養父町例規集• 大屋町例規集• 関宮町例規集• NHKふるさとデータブック p488• 市島町誌• 青垣町閉町記念誌 50年の歩み p9• NHKふるさとデータブック p527• NHKふるさとデータブック p524• NHKふるさとデータブック p522• 緑町例規集• NHKふるさとデータブック p484• NHKふるさとデータブック p486• NHKふるさとデータブック p480• NHKふるさとデータブック p509• 津名町例規集• 2004年12月7日時点のよりアーカイブ。 2013年9月25日閲覧。 NHKふるさとデータブック p512• 北淡町例規集• 一宮町例規集• 2005年3月14日時点のよりアーカイブ。 2013年9月25日閲覧。 都市の紋章:一名・自治体の徽章 p22• NHKふるさとデータブック p404• 都章道章府章県章市章のすべて p421• NHKふるさとデータブック p436• NHKふるさとデータブック p392• NHKふるさとデータブック p413• 神崎町例規集 p31• NHKふるさとデータブック p419• 大河内町例規集• NHKふるさとデータブック p395• 滝野町例規集• NHKふるさとデータブック p397• 東条町例規集• 夢前町例規集• 家島町例規集•

次の

兵庫県法規集(兵庫県)

加古川市 例規

加古川市の北側の街並み。 (農地との間に集落が広がる。 ) 兵庫県のの東側に位置し、東播磨の中核をなす。 毎年11月には市内を練り歩き、散歩することの楽しさの発見や人的交流・健康促進を意図した企画「」が開催される(最大40kmの道程を踏破するために全国から多数の参加者が訪れる)。 加古川市の名物は「」と「鹿児のもち」。 公共交通機関としてはの()と、そしてのが通る。 市街地は加古川町一帯(JR加古川駅周辺)・平岡町一帯(JR東加古川駅周辺)・別府町一帯(山陽別府駅周辺)に発展し、人口も3町中心とする南部に集中。 マンションが林立し、重化学工業地帯や大型量販店の激戦区となっている南部と、農村風景が残るのどかな雰囲気の北部とで全く違う景観があり二面性のある。 臨海部の金沢町は全域がのの敷地のため、人口0人の町になっている。 またの東部に位置し市域は全体的に平坦である。 隣接する・・とは旧加古郡・内の市町としてつながりが深く、一体の都市圏を構成している。 また、交通の便が良さから・のとして発展する。 姫路市までは電車で約10分、神戸市()までは電車で約30分、までは電車で約50分(加古川駅から新快速使用・日中時間帯基準)の距離である。 (なお、神戸市への通勤率は12. 加古川市中心部周辺の空中写真。 河口東岸一帯に中心市街地が広がる。 画像最下部の埋立地に広がる巨大な施設群はである。 1985年撮影の30枚を合成作成。 を基に作成。 兵庫県の南部に位置しており、市内をが貫流している。 山: (頂上は高砂市との市境になっている。 河川:・別府川・法華山谷川• 湖沼:平荘湖• ダム:権現ダム 人口 [ ] 1950年の第7回国勢調査では97,515人であった。 その後は・のとして発展してきた。 までは電車で約50分(加古川駅から新快速使用・日中時間帯基準)の距離にある。 人口は右肩上がりに増え、1955年の国勢調査では100,414人と10万人超えた。 さらに志方町編入前の第12回国勢調査では183,280人であった。 志方町編入後の最初の1980年の第13回国勢調査では212,333人であり、1995年の第16回国勢調査では260,507人と26万人を超えた。 その後は緩やかに伸び、2005年の第18回国勢調査では267,100人であったが、2006年の住民基本台帳によると267,089人になっており、市制施行以来の初の減少を迎えた。 2010年10月1日の第19回国勢調査では初の減少となる266,889人を記録したものの、その後も微増を続けている。 地区名 調査名 人口 第18回国勢調査 17,891 36,766 27,871 58,243 西神吉 9,048 東神吉 14,672 6,044 51,109 17,694 金沢 0 12,262 八幡 4,856 上荘 5,546 平荘 5,098 面積 [ ] 138. 51 地区名 面積 7. 48 km 2 野口 7. 96 km 2 尾上 6. 33 km 2 10. 97 km 2 4. 69 km 2 6. 52 km 2 1. 67 km 2 平岡 8. 66 km 2 別府 3. 29 km 2 金沢 5. 65 km 2 39. 36 km 2 八幡 9. 28 km 2 11. 13 km 2 15. 52 km 2 面積の変遷 [ ]• - 計測方法が変更になり、面積が0. 55 km 2増え、138. 46 km 2になる。 - 志方町の面積補正によって、面積が0. 04 km 2増え、138. 50 km 2になる。 10月1日 - 志方町の面積補正によって、面積が0. 01 km 2減り、138. 49 km 2になる。 - 埋め立てによって、面積が0. 02 km 2増え、138. 51 km 2になる。 10月1日 - 面積修正により、面積は138. 83 km、南北の長さは17. 85kmである。 東端:東経134度56分19秒・北緯34度46分35秒(八幡町野村)• 西端:東経134度45分57秒・北緯34度49分19秒(志方町原)• 南端:東経134度49分45秒・北緯34度42分11秒(金沢町)• 北端:東経134度49分01秒・北緯34度51分50秒(志方町畑) 隣接している自治体 [ ]• 気候 [ ] 気候は温暖でありである。 市内では比較的雨が少なく、基本的には晴天が多い。 冬にはが降ることがあるがすることは稀。 また、積雪も一冬に1-2回程度で、寒波の影響でまで下がる日もあるが、夏はやになる日もある。 気象注意報・警報の際には「兵庫県南部」・「兵庫県南東部」・「播磨南東部」・「加古川市」に含まれる。 地震観測は市役所(気象庁設置・地点名は加古川市加古川町)と志方(・加古川市志方町)で行われている。 は設置されていない。 歴史 [ ] 加古川市制前 [ ]• 古代は一地方の領地であったと思われ、今も市内の各所に・等の歴史遺物が残る。 初頭 (・人塚古墳・尼塚古墳など)が、築造される。 - により刀田山四天王寺聖霊院()が創建されて、門前町ができる。 - 鶴林寺の七堂伽藍が、整う。 - の勅願所としてが、創建される。 - 糟屋有数がを築城する。 - が加古川城を攻め(「」)の基地にする。 - が加古川城城主になる。 - 糟屋武則がで西軍に味方した為に取り潰されて、加古川城も廃城となる。 - 加古川宿が置かれて、のとして発展する。 - が操業を開始する。 - が操業を開始する。 - が竣工される。 加古川市制後 [ ]• - 旧の町村が合併により施行して、加古川市が発足する。 - 現在の市章を制定する。 - 市民憲章・市歌を制定する。 - 人口が10万人を突破する。 - 臨海部の埋め立てが開始される。 - が操業を開始する。 1970年 - 市旗を制定する。 - 人口増加率が高くなり全国一の人口増加率を記録する。 - 加古川市民会館がオープンする。 1973年 - と姉妹都市を提携する。 - 人口が、20万人を突破する。 - 加古川総合文化センターが開館する。 - と姉妹都市を提携する。 - 第4回が開催される。 - 加古川海洋文化センターが開館する。 - 加古川店がオープンする。 - 特例市に移行する。 - 市立総合体育館がオープンする。 - 第19回全国川サミットが開催される。 行政区域の変遷 [ ]• (昭和25年) - ・・・・が合併して発足。 (昭和26年) - 加古郡を編入。 (昭和30年) - 加古郡・・を編入。 (昭和31年) - 印南郡・およびの一部(平津・船頭)を編入。 (昭和54年) - 印南郡を編入。 上記経緯からわかる通り、米田町のうち船頭・平津地区は加古川市に、それ以外の地域は高砂市に属する。 実質上は一つの町である「米田町」の中に高砂市の区域と加古川市の区域が存在するために、郵便物の住所表記などで外部の人間は混乱しやすく注意が必要である。 行政 [ ] 歴代市長 [ ] 代 氏名 就任年月日 退任年月日 1-2 浅見久夫 1950年7月23日 1958年7月22日 3-6 稲岡貞男 1958年7月23日 1974年7月22日 7-9 中田敬次 1974年7月23日 1986年5月5日 10-13 木下正一 1986年6月2日 2002年6月20日 14-16 2002年7月1日 2014年6月30日 17-18 2014年7月9日 現職 防災 [ ] 自主防災組織• 市旗・市章 [ ]• 1950年9月18日に「川」を基本にした市章を制定し、1970年5月17日に紋章が紫色で背景色が青い波をイメージした市旗を制定した。 加古川市章 2014年11月以降には加古川市役所職員による不祥事が相次いで発覚し、市長が謝罪した。 立法 [ ] 市議会 [ ]• 定数:31名• 任期:平成30年 2018年 7月25日から2022年7月24日• 議長:原田 幸廣(創政会)• 逮捕を受け、渡辺市議は辞職となった。 (加古川市選挙区) [ ]• 定数:4名• 任期:2019年(令和元年)6月11日〜2023年(令和4年)6月10日 氏名 会派名 当選回数 迎山志保 ひょうご県民連合 3 岸本かずなお ・県民会議 4 松本裕一 1 掘井健智 2 衆議院 [ ]• 任期 : 2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考 (加古川市、、) 9 選挙区 経済 [ ] 産業 [ ] 神戸製鋼所加古川製鉄所 ・・・・など 靴下の生産量は日本一を誇る。 臨海部には銑鋼量国内上位のと技術開発センターがあり、内陸部には加古川を挟んで東西に、ウールメーカーの(ニッケ)工場が1899年からやウール製品を製造している。 その他にはの産地でもある。 また、多くの有名牛肉のもととなる仔牛の育成をしている。 商業 [ ] 商業施設 [ ]• 加古川店• 加古川店• 加古川店• 工業 [ ] 本社・本店を置く主な企業 [ ]• (東証1部) - 電子部品および電子機器の製造販売• - 「コスモウォーター」ブランドによる飲料水(主にナチュラルミネラルウォーター)の製造ならびにその宅配事業を営む。 (東証1部) - 肥料・化学品を製造するメーカー• 白光機器 - ・用デジタル荷重計・スピード警報装置・アナログ式荷重計・の製造や販売• - 材料・建築工事資材の製造及び販売• - 高性能及び各種断熱材の研究開発および加工販売• - 産業機械・省力化機械・製鉄機械・食品機械、電子部品製造機械の設計・製作・据付施工• - 製鉄関連及び産業機械の製缶機械加工• - 1985年、焼鳥居酒屋「トリドール三番館」を市内ので創業し、2000年には加古川市役所前に1号店をオープン。 その後に本社を移転し、2019年9月にはへ移転した。 八角 - ・など店を含め33店舗を展開する。 - 流通業。 主に東播地区・姫路市内に店舗を展開する。 - 建設業• - 建設業• ネクスト・ワン - 建設業• - 建設業。 神鋼総合サービス - 建設業。 - 建設業。 三建 - 建設業。 - パン・菓子・米飯等の製造・販売、直営ベーカリーの運営など。 コンドームサシ - センサーライト・用品等の製造・販売。 過去に本社・本店があった企業等 [ ]• フレッシュ石守 - に神野町石守において、食品スーパーとして開業。 現在はとして隣接するに本社を移し、業務スーパーなどを手掛ける。 モンブラン・KOBE - に市内において創業し、最盛期には県内に数十店舗を構えた店。 にに本社を移した後、2018年に申請。 金融 [ ] : が加古川市内に本店を置く。 姉妹都市・提携都市 [ ] 海外 [ ]• 市()- 姉妹都市提携• 市()- 、 市と姉妹都市提携。 2010年11月1日にワイタケレ市がオークランド市と合併したことに伴い、加古川市とワイタケレ市の姉妹都市提携は、加古川市とオークランド市の姉妹都市提携に引き継がれた。 教育 [ ] 大学 [ ]• 高等学校 [ ]• 中学校 [ ]• 小学校 [ ]• 加古川市立平岡東小学校 養護学校 [ ]• 幼稚園 [ ]• 加古川市立西神吉幼稚園• 加古川市立加古川幼稚園• 加古川市立鳩里幼稚園• 加古川市立氷丘幼稚園• 加古川市立野口幼稚園• 加古川市立平岡幼稚園• 加古川市立尾上幼稚園• 加古川市立別府町幼稚園• 加古川市立東神吉幼稚園• 加古川市立川西幼稚園• 加古川市立平岡南幼稚園• 加古川市立浜の宮幼稚園• 加古川市立平岡東幼稚園• 加古川市立野口北幼稚園• 加古川市立氷丘南幼稚園• 加古川市立平岡北幼稚園• 加古川市立野口南幼稚園• 加古川市立しかた幼稚園• 加古川市立両荘幼稚園• 加古川市立やまて幼稚園 かつての管轄 [ ]• (組合を解消する2008年まで 加古川市・高砂市組合立宝殿中学校。 所在地は米田町。 ) 交通 [ ] 鉄道路線 [ ] 加古川市と明石市の境目付近を通る国道2号 平岡町土山で撮影 市内の道路では・・・・はすべての道路が舗装されている。 アジアハイウェイ [ ]• セクション14( - )• 高速自動車道路 [ ]• :加古川市・小野市・加西市の境界付近に設けられたパーキングエリア。 権現湖バスストップ併設。 に接続。 : 市内の北端を通過するために、加古川市街からは遠く、加西市・高砂市へのアクセスに適している。 に接続。 自動車専用道路(国道バイパス) [ ]• 一般国道 [ ]• () 地域高規格道路 [ ]• (部分開通) 主要地方道 [ ] 8路線ある。 一般県道 [ ] 27路線ある。 のの表示は「姫路」ナンバーである。 近接するやは「神戸」ナンバーである。 地域 [ ] 町名・大字名 [ ] 神野地区 [ ] 神野地区の街並み 神野町西条で撮影 旧の区域であり、 から大字名の前に神野町と付けた。 郵便番号 大字名 675-0001 西条山手 675-0002 山手 675-0003 神野町神野 675-0004 神野町福留 675-0005 神野町石守 675-0006 神野町日岡苑 675-0007 神野町西之山 675-0008 新神野 675-0009 神野町西条 野口地区 [ ] 旧の区域であり、 から大字名の前に野口町と付けた。 郵便番号 大字名 675-0010 野口町坂元北 675-0011 野口町北野 675-0012 野口町野口 675-0013 野口町二屋 675-0014 野口町古大内 675-0015 野口町坂井 675-0016 野口町長砂 675-0017 野口町良野 675-0018 野口町坂元 675-0019 野口町水足 尾上地区 [ ] 加古川地区の街並み 加古川町寺家町で撮影 旧の区域であり、 から大字名の前に加古川町と付けた。 市内の中心部であり、・市役所がある。 郵便番号 大字名 675-0031 加古川町 675-0032 加古川町備後 675-0033 加古川町南備後 675-0034 加古川町稲屋 675-0035 加古川町友沢 675-0036 加古川町西河原 675-0037 加古川町本町 675-0038 加古川町木村 675-0039 加古川町粟津 675-0061 加古川町大野 675-0062 加古川町美乃利 675-0063 加古川町平野 675-0064 加古川町溝之口 675-0065 加古川町篠原町 675-0066 加古川町寺家町 675-0067 加古川町河原 675-0068 加古川町中津 西神吉地区 [ ] 旧の区域である。 郵便番号 大字名 675-0041 675-0042 西神吉町西村 675-0043 西神吉町中西 675-0044 西神吉町大国 675-0045 675-0046 西神吉町辻 675-0047 西神吉町鼎 東神吉地区 [ ] 旧の区域である。 郵便番号 大字名 675-0051 東神吉町升田 675-0052 東神吉町出河原 675-0055 東神吉町西井ノ口 675-0056 東神吉町砂部 675-0057 東神吉町神吉 675-0058 東神吉町天下原 米田地区 [ ] 旧の区域であり、に大部分が高砂市に、残りの一部が加古川市に編入された。 郵便番号 大字名 675-0053 米田町船頭 675-0054 米田町平津 平岡地区 [ ] 旧の区域であり、 から大字名の前に平岡町と付けた。 つつじ野、一色西、一色東などは平成以降に新設。 郵便番号 大字名 675-0101 平岡町新在家 675-0102 平岡町西谷 675-0103 平岡町高畑 675-0104 平岡町土山 675-0105 平岡町つつじ野 675-0111 平岡町二俣 675-0112 平岡町山之上 675-0113 平岡町中野 675-0114 平岡町八反田 675-0115 平岡町一色 675-0116 平岡町一色東 675-0117 平岡町一色西 別府地区 [ ] 旧の区域であり、 から大字名の前に別府町と付けた。 郵便番号 大字名 675-0121 別府町新野辺北町 675-0122 別府町別府 675-0123 別府町朝日町 675-0124 別府町緑町 675-0125 別府町西脇 675-0126 別府町本町 675-0127 別府町石町 675-0128 別府町中島町 675-0131 別府町新野辺 675-0132 別府町宮田町 675-0133 別府町西町 675-0134 別府町元町 675-0135 別府町東町 675-0136 別府町港町 金沢地区 [ ] 志方地区の街並み 志方町大宗で撮影 旧の区域である。 郵便番号 大字名 675-0301 志方町大澤 675-0302 志方町野尻 675-0303 志方町細工所 675-0304 志方町高畑 675-0305 志方町大宗 675-0306 志方町東中 675-0311 志方町岡 675-0312 志方町広尾 675-0313 675-0314 志方町上冨木 675-0321 志方町志方町 675-0331 志方町西牧 675-0332 志方町横大路 675-0333 志方町西山 675-0334 志方町成井 675-0335 志方町原 675-0336 志方町山中 675-0341 志方町畑 675-0342 志方町雑郷 675-0343 志方町行常 675-0344 志方町東飯坂 675-0345 志方町西飯坂 675-0346 志方町西中 675-0347 志方町永室 八幡地区 [ ] 平荘地区の街並み 平荘町山角で撮影 旧の区域である。 郵便番号 大字名 675-1221 平荘町山角 675-1222 平荘町神木 675-1223 平荘町新中山 675-1224 平荘町上原 675-1225 平荘町中山 675-1226 平荘町磐 675-1231 平荘町養老 675-1232 平荘町里 675-1233 平荘町池尻 675-1234 平荘町西山 675-1235 平荘町小畑 675-1236 平荘町一本松 町名・大字の変遷 [ ] 以下の町村がの造成などで分割されている。 1968年3月20日 - 新神野が新設される。 1970年3月25日 - 金沢町が新設される。 1972年7月18日 - 上荘町都台が新設される。 1973年3月28日 - 別府町新野辺北町・別府町朝日町・別府町宮田町・別府町中島町・別府町石町・別府町緑町・別府町本町・別府町東町・別府町元町・別府町西町・別府町港町・別府町西脇が新設される。 1973年7月17日 - 平荘町新中山が新設される。 1973年11月9日 - 神野町日岡苑が新設される。 1974年11月1日 - 新神野・西条山手が新設される。 1976年7月14日 - 尾上町旭が新設される。 1983年11月21日 - 山手が新設される。 1985年11月16日 - 平岡町一色西が新設される。 1995年11月18日 - 平岡町一色東が新設される。 2001年10月20日 - 尾上町養田が新設される。 2004年10月20日 - 平岡町つつじ野が新設される。 2005年10月26日 - 神野町石守・神野町福留が新設される。 2010年11月6日 - 野口町坂元北が新設される。 国の機関 [ ]• 裁判所• 法務省• 加古川地域事務所 警察・消防 [ ]• その他の公共施設 [ ] 多木浜洋館 名所・旧跡 [ ]• - 第27番、第7番など• - 第29番• 称名寺(跡)• - 第8番• 法性山(跡)• 日光山 - 第2番• 跡観音寺• 志方八幡神社• 平荘湖• 平荘湖古墳群 (5世紀後半から7世紀築造の古墳が100基以上)• (北山公園)• (国の史跡)• (国の史跡)• 尼塚古墳 (国の史跡)• 人塚古墳 (国の史跡)• 西条八幡神社• 愛宕神社• 稲根神社(二塚古墳)• をはじめとする古墳群• (宗佐の厄神さん)• みとろ苑 - みとろ苑庭園が登録記念物• 旧陣屋跡(じゅとく堂)(市 文化財) 観光スポット [ ] みとろ荘• 祭事・催事 [ ]• (八幡神社)の鬼追い式• 加古川マラソン その他 [ ]• 加古川市をホームタウンに活動しているサッカークラブ• 人物 [ ] 出身有名人 [ ] 歴史上の人物 [ ]• -(の・主、の一人)• -(の人物、第12代の・の母)• (蘆屋道満とも)-(の、のライバル)• -(の人物、の正室)• - (からの僧、の腹心、) 政治・行政・実業など [ ]• -(、、駐大使、アジア経済開発研修所長などを歴任)• -(、などを歴任)• -(政治家、、元記者・)• -()• -(、を創設)• -(官僚、3代目長官などを歴任、の祖父)• -(弁護士・政治家、衆議院議員などを歴任、平岡定太郎の兄)• -(職人、で競技用シューズを製作)• -(、第78代を歴任) 教育・研究者・作家など [ ]• -(江戸時代中期の)• -(・作家、元記者)• -(、「」などを発見)• 橘弦一郎 -(作家)• 野村真紀 -(元助教授)• -(、・)• -()• -(・・())• ほうらいたけし -(作家)• -(評論家)• みなみ佐智 -()• 和田信二 -(神戸大学名誉教授「物理学」)• -()• (山中圭一とも)-(作家・脚本家) 芸能 [ ]• -()• -(・タレント・)• ()-(、)• -(シンガーソングライター)• -(女優)• (小林寛子とも)-()• -()• -()• -(歌手)• -(キャスター、記者• -(タレント)• -(歌手)• - 解説員、読売テレビ報道部• - NHKアナウンサー• -()• 多田佳世子 -(ソプラノ歌手、夫はの副指揮者を務めるダンテ・マッツォーラ)• - (元女優)• -(タレント、元・)• 二代目 -(・名人)• -(お笑いタレント)• -(ファッションモデル()・プロデューサー)• -(アナウンサー、元)• -(アナウンサー、元)• -(女優)• -(タレント、元)• -(モデル・俳優)• -()• -(ミュージシャン・)• - ミュージシャン 日本のバンド Fear,and loathing in LasVegas スポーツ選手など [ ]• -(大相撲力士・13代)• -(大相撲力士・10代)• -(大相撲力士)• -(大相撲力士)• -(大相撲、)• -()• -(将棋棋士、「加古川市民栄誉賞」を受賞 )• -(将棋棋士)• -()• -(元プロ野球選手)• -(元プロ野球選手)• -(プロ野球選手)• -(、元プロ野球選手)• - (プロ野球選手)• -(プロ野球選手)• -(プロサッカー選手)• -(選手)• -(・選手)• -(陸上競技・マラソン選手)• -(プロボクサー)• -(元プロボクサー、元WBC世界スーパーバンタム級王者) ゆかりの人物 [ ]• 若翔洋俊一(大相撲関脇、格闘家、タレント)現在加古川在住。 - 出生時のは(現在の加古川市志方町)。 () - 会社員時代にに勤務。 (の人物)• - 母方の祖父母が加古川市在住。 - 高校時代に市内へ通学。 (元) - 現在加古川市在住。 北原真紀 - 現在加古川市在住。 (ロックボーカリスト、元) - 実家が加古川市別府町にある。 - 高校時代に市内へ通学、現在加古川市在住。 - 野球選手• (将棋棋士) - 結婚後、加古川市へ転入。 「」受賞。 (将棋棋士) - 加古川市在住。 (元陸上選手) - 加古川町在住。 参考文献 [ ]• 『「」04年8月12・19日号』 、38頁。 『「」05年3月号』 新潮社。 産経WEST. 2014年7月9日. 神戸新聞NEXT. 2014年11月7日. 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、、2007年1月10日、初版第1刷。 『兵庫県の難読地名がわかる本』神戸新聞総合出版センター・編、のじぎく文庫、2006年12月28日、第一冊発行。 脚注 [ ] []• 加古川市. 2016年8月21日閲覧。 加古川市. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市. 2011年9月4日時点のよりアーカイブ。 2016年8月21日閲覧。 国土交通省 近畿地方整備局 姫路河川国道事務所. 2013年1月30日時点のよりアーカイブ。 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 神戸新聞. 2014年11月26日. 2011年11月18日. 2014年3月12日閲覧。 神戸新聞 2018年10月23日. 2018年10月25日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 - 日本将棋連盟(2009年5月22日付、同月27日閲覧)• 神戸新聞 2009年5月13日. 2014年8月15日時点のよりアーカイブ。 2016年8月21日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 加古川市に関連する および があります。 ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 に関連する地理データ -.

次の

兵庫県法規集(兵庫県)

加古川市 例規

加古川市の北側の街並み。 (農地との間に集落が広がる。 ) 兵庫県のの東側に位置し、東播磨の中核をなす。 毎年11月には市内を練り歩き、散歩することの楽しさの発見や人的交流・健康促進を意図した企画「」が開催される(最大40kmの道程を踏破するために全国から多数の参加者が訪れる)。 加古川市の名物は「」と「鹿児のもち」。 公共交通機関としてはの()と、そしてのが通る。 市街地は加古川町一帯(JR加古川駅周辺)・平岡町一帯(JR東加古川駅周辺)・別府町一帯(山陽別府駅周辺)に発展し、人口も3町中心とする南部に集中。 マンションが林立し、重化学工業地帯や大型量販店の激戦区となっている南部と、農村風景が残るのどかな雰囲気の北部とで全く違う景観があり二面性のある。 臨海部の金沢町は全域がのの敷地のため、人口0人の町になっている。 またの東部に位置し市域は全体的に平坦である。 隣接する・・とは旧加古郡・内の市町としてつながりが深く、一体の都市圏を構成している。 また、交通の便が良さから・のとして発展する。 姫路市までは電車で約10分、神戸市()までは電車で約30分、までは電車で約50分(加古川駅から新快速使用・日中時間帯基準)の距離である。 (なお、神戸市への通勤率は12. 加古川市中心部周辺の空中写真。 河口東岸一帯に中心市街地が広がる。 画像最下部の埋立地に広がる巨大な施設群はである。 1985年撮影の30枚を合成作成。 を基に作成。 兵庫県の南部に位置しており、市内をが貫流している。 山: (頂上は高砂市との市境になっている。 河川:・別府川・法華山谷川• 湖沼:平荘湖• ダム:権現ダム 人口 [ ] 1950年の第7回国勢調査では97,515人であった。 その後は・のとして発展してきた。 までは電車で約50分(加古川駅から新快速使用・日中時間帯基準)の距離にある。 人口は右肩上がりに増え、1955年の国勢調査では100,414人と10万人超えた。 さらに志方町編入前の第12回国勢調査では183,280人であった。 志方町編入後の最初の1980年の第13回国勢調査では212,333人であり、1995年の第16回国勢調査では260,507人と26万人を超えた。 その後は緩やかに伸び、2005年の第18回国勢調査では267,100人であったが、2006年の住民基本台帳によると267,089人になっており、市制施行以来の初の減少を迎えた。 2010年10月1日の第19回国勢調査では初の減少となる266,889人を記録したものの、その後も微増を続けている。 地区名 調査名 人口 第18回国勢調査 17,891 36,766 27,871 58,243 西神吉 9,048 東神吉 14,672 6,044 51,109 17,694 金沢 0 12,262 八幡 4,856 上荘 5,546 平荘 5,098 面積 [ ] 138. 51 地区名 面積 7. 48 km 2 野口 7. 96 km 2 尾上 6. 33 km 2 10. 97 km 2 4. 69 km 2 6. 52 km 2 1. 67 km 2 平岡 8. 66 km 2 別府 3. 29 km 2 金沢 5. 65 km 2 39. 36 km 2 八幡 9. 28 km 2 11. 13 km 2 15. 52 km 2 面積の変遷 [ ]• - 計測方法が変更になり、面積が0. 55 km 2増え、138. 46 km 2になる。 - 志方町の面積補正によって、面積が0. 04 km 2増え、138. 50 km 2になる。 10月1日 - 志方町の面積補正によって、面積が0. 01 km 2減り、138. 49 km 2になる。 - 埋め立てによって、面積が0. 02 km 2増え、138. 51 km 2になる。 10月1日 - 面積修正により、面積は138. 83 km、南北の長さは17. 85kmである。 東端:東経134度56分19秒・北緯34度46分35秒(八幡町野村)• 西端:東経134度45分57秒・北緯34度49分19秒(志方町原)• 南端:東経134度49分45秒・北緯34度42分11秒(金沢町)• 北端:東経134度49分01秒・北緯34度51分50秒(志方町畑) 隣接している自治体 [ ]• 気候 [ ] 気候は温暖でありである。 市内では比較的雨が少なく、基本的には晴天が多い。 冬にはが降ることがあるがすることは稀。 また、積雪も一冬に1-2回程度で、寒波の影響でまで下がる日もあるが、夏はやになる日もある。 気象注意報・警報の際には「兵庫県南部」・「兵庫県南東部」・「播磨南東部」・「加古川市」に含まれる。 地震観測は市役所(気象庁設置・地点名は加古川市加古川町)と志方(・加古川市志方町)で行われている。 は設置されていない。 歴史 [ ] 加古川市制前 [ ]• 古代は一地方の領地であったと思われ、今も市内の各所に・等の歴史遺物が残る。 初頭 (・人塚古墳・尼塚古墳など)が、築造される。 - により刀田山四天王寺聖霊院()が創建されて、門前町ができる。 - 鶴林寺の七堂伽藍が、整う。 - の勅願所としてが、創建される。 - 糟屋有数がを築城する。 - が加古川城を攻め(「」)の基地にする。 - が加古川城城主になる。 - 糟屋武則がで西軍に味方した為に取り潰されて、加古川城も廃城となる。 - 加古川宿が置かれて、のとして発展する。 - が操業を開始する。 - が操業を開始する。 - が竣工される。 加古川市制後 [ ]• - 旧の町村が合併により施行して、加古川市が発足する。 - 現在の市章を制定する。 - 市民憲章・市歌を制定する。 - 人口が10万人を突破する。 - 臨海部の埋め立てが開始される。 - が操業を開始する。 1970年 - 市旗を制定する。 - 人口増加率が高くなり全国一の人口増加率を記録する。 - 加古川市民会館がオープンする。 1973年 - と姉妹都市を提携する。 - 人口が、20万人を突破する。 - 加古川総合文化センターが開館する。 - と姉妹都市を提携する。 - 第4回が開催される。 - 加古川海洋文化センターが開館する。 - 加古川店がオープンする。 - 特例市に移行する。 - 市立総合体育館がオープンする。 - 第19回全国川サミットが開催される。 行政区域の変遷 [ ]• (昭和25年) - ・・・・が合併して発足。 (昭和26年) - 加古郡を編入。 (昭和30年) - 加古郡・・を編入。 (昭和31年) - 印南郡・およびの一部(平津・船頭)を編入。 (昭和54年) - 印南郡を編入。 上記経緯からわかる通り、米田町のうち船頭・平津地区は加古川市に、それ以外の地域は高砂市に属する。 実質上は一つの町である「米田町」の中に高砂市の区域と加古川市の区域が存在するために、郵便物の住所表記などで外部の人間は混乱しやすく注意が必要である。 行政 [ ] 歴代市長 [ ] 代 氏名 就任年月日 退任年月日 1-2 浅見久夫 1950年7月23日 1958年7月22日 3-6 稲岡貞男 1958年7月23日 1974年7月22日 7-9 中田敬次 1974年7月23日 1986年5月5日 10-13 木下正一 1986年6月2日 2002年6月20日 14-16 2002年7月1日 2014年6月30日 17-18 2014年7月9日 現職 防災 [ ] 自主防災組織• 市旗・市章 [ ]• 1950年9月18日に「川」を基本にした市章を制定し、1970年5月17日に紋章が紫色で背景色が青い波をイメージした市旗を制定した。 加古川市章 2014年11月以降には加古川市役所職員による不祥事が相次いで発覚し、市長が謝罪した。 立法 [ ] 市議会 [ ]• 定数:31名• 任期:平成30年 2018年 7月25日から2022年7月24日• 議長:原田 幸廣(創政会)• 逮捕を受け、渡辺市議は辞職となった。 (加古川市選挙区) [ ]• 定数:4名• 任期:2019年(令和元年)6月11日〜2023年(令和4年)6月10日 氏名 会派名 当選回数 迎山志保 ひょうご県民連合 3 岸本かずなお ・県民会議 4 松本裕一 1 掘井健智 2 衆議院 [ ]• 任期 : 2017年(平成29年)10月22日 - 2021年(令和3年)10月21日(「」参照) 選挙区 議員名 党派名 当選回数 備考 (加古川市、、) 9 選挙区 経済 [ ] 産業 [ ] 神戸製鋼所加古川製鉄所 ・・・・など 靴下の生産量は日本一を誇る。 臨海部には銑鋼量国内上位のと技術開発センターがあり、内陸部には加古川を挟んで東西に、ウールメーカーの(ニッケ)工場が1899年からやウール製品を製造している。 その他にはの産地でもある。 また、多くの有名牛肉のもととなる仔牛の育成をしている。 商業 [ ] 商業施設 [ ]• 加古川店• 加古川店• 加古川店• 工業 [ ] 本社・本店を置く主な企業 [ ]• (東証1部) - 電子部品および電子機器の製造販売• - 「コスモウォーター」ブランドによる飲料水(主にナチュラルミネラルウォーター)の製造ならびにその宅配事業を営む。 (東証1部) - 肥料・化学品を製造するメーカー• 白光機器 - ・用デジタル荷重計・スピード警報装置・アナログ式荷重計・の製造や販売• - 材料・建築工事資材の製造及び販売• - 高性能及び各種断熱材の研究開発および加工販売• - 産業機械・省力化機械・製鉄機械・食品機械、電子部品製造機械の設計・製作・据付施工• - 製鉄関連及び産業機械の製缶機械加工• - 1985年、焼鳥居酒屋「トリドール三番館」を市内ので創業し、2000年には加古川市役所前に1号店をオープン。 その後に本社を移転し、2019年9月にはへ移転した。 八角 - ・など店を含め33店舗を展開する。 - 流通業。 主に東播地区・姫路市内に店舗を展開する。 - 建設業• - 建設業• ネクスト・ワン - 建設業• - 建設業。 神鋼総合サービス - 建設業。 - 建設業。 三建 - 建設業。 - パン・菓子・米飯等の製造・販売、直営ベーカリーの運営など。 コンドームサシ - センサーライト・用品等の製造・販売。 過去に本社・本店があった企業等 [ ]• フレッシュ石守 - に神野町石守において、食品スーパーとして開業。 現在はとして隣接するに本社を移し、業務スーパーなどを手掛ける。 モンブラン・KOBE - に市内において創業し、最盛期には県内に数十店舗を構えた店。 にに本社を移した後、2018年に申請。 金融 [ ] : が加古川市内に本店を置く。 姉妹都市・提携都市 [ ] 海外 [ ]• 市()- 姉妹都市提携• 市()- 、 市と姉妹都市提携。 2010年11月1日にワイタケレ市がオークランド市と合併したことに伴い、加古川市とワイタケレ市の姉妹都市提携は、加古川市とオークランド市の姉妹都市提携に引き継がれた。 教育 [ ] 大学 [ ]• 高等学校 [ ]• 中学校 [ ]• 小学校 [ ]• 加古川市立平岡東小学校 養護学校 [ ]• 幼稚園 [ ]• 加古川市立西神吉幼稚園• 加古川市立加古川幼稚園• 加古川市立鳩里幼稚園• 加古川市立氷丘幼稚園• 加古川市立野口幼稚園• 加古川市立平岡幼稚園• 加古川市立尾上幼稚園• 加古川市立別府町幼稚園• 加古川市立東神吉幼稚園• 加古川市立川西幼稚園• 加古川市立平岡南幼稚園• 加古川市立浜の宮幼稚園• 加古川市立平岡東幼稚園• 加古川市立野口北幼稚園• 加古川市立氷丘南幼稚園• 加古川市立平岡北幼稚園• 加古川市立野口南幼稚園• 加古川市立しかた幼稚園• 加古川市立両荘幼稚園• 加古川市立やまて幼稚園 かつての管轄 [ ]• (組合を解消する2008年まで 加古川市・高砂市組合立宝殿中学校。 所在地は米田町。 ) 交通 [ ] 鉄道路線 [ ] 加古川市と明石市の境目付近を通る国道2号 平岡町土山で撮影 市内の道路では・・・・はすべての道路が舗装されている。 アジアハイウェイ [ ]• セクション14( - )• 高速自動車道路 [ ]• :加古川市・小野市・加西市の境界付近に設けられたパーキングエリア。 権現湖バスストップ併設。 に接続。 : 市内の北端を通過するために、加古川市街からは遠く、加西市・高砂市へのアクセスに適している。 に接続。 自動車専用道路(国道バイパス) [ ]• 一般国道 [ ]• () 地域高規格道路 [ ]• (部分開通) 主要地方道 [ ] 8路線ある。 一般県道 [ ] 27路線ある。 のの表示は「姫路」ナンバーである。 近接するやは「神戸」ナンバーである。 地域 [ ] 町名・大字名 [ ] 神野地区 [ ] 神野地区の街並み 神野町西条で撮影 旧の区域であり、 から大字名の前に神野町と付けた。 郵便番号 大字名 675-0001 西条山手 675-0002 山手 675-0003 神野町神野 675-0004 神野町福留 675-0005 神野町石守 675-0006 神野町日岡苑 675-0007 神野町西之山 675-0008 新神野 675-0009 神野町西条 野口地区 [ ] 旧の区域であり、 から大字名の前に野口町と付けた。 郵便番号 大字名 675-0010 野口町坂元北 675-0011 野口町北野 675-0012 野口町野口 675-0013 野口町二屋 675-0014 野口町古大内 675-0015 野口町坂井 675-0016 野口町長砂 675-0017 野口町良野 675-0018 野口町坂元 675-0019 野口町水足 尾上地区 [ ] 加古川地区の街並み 加古川町寺家町で撮影 旧の区域であり、 から大字名の前に加古川町と付けた。 市内の中心部であり、・市役所がある。 郵便番号 大字名 675-0031 加古川町 675-0032 加古川町備後 675-0033 加古川町南備後 675-0034 加古川町稲屋 675-0035 加古川町友沢 675-0036 加古川町西河原 675-0037 加古川町本町 675-0038 加古川町木村 675-0039 加古川町粟津 675-0061 加古川町大野 675-0062 加古川町美乃利 675-0063 加古川町平野 675-0064 加古川町溝之口 675-0065 加古川町篠原町 675-0066 加古川町寺家町 675-0067 加古川町河原 675-0068 加古川町中津 西神吉地区 [ ] 旧の区域である。 郵便番号 大字名 675-0041 675-0042 西神吉町西村 675-0043 西神吉町中西 675-0044 西神吉町大国 675-0045 675-0046 西神吉町辻 675-0047 西神吉町鼎 東神吉地区 [ ] 旧の区域である。 郵便番号 大字名 675-0051 東神吉町升田 675-0052 東神吉町出河原 675-0055 東神吉町西井ノ口 675-0056 東神吉町砂部 675-0057 東神吉町神吉 675-0058 東神吉町天下原 米田地区 [ ] 旧の区域であり、に大部分が高砂市に、残りの一部が加古川市に編入された。 郵便番号 大字名 675-0053 米田町船頭 675-0054 米田町平津 平岡地区 [ ] 旧の区域であり、 から大字名の前に平岡町と付けた。 つつじ野、一色西、一色東などは平成以降に新設。 郵便番号 大字名 675-0101 平岡町新在家 675-0102 平岡町西谷 675-0103 平岡町高畑 675-0104 平岡町土山 675-0105 平岡町つつじ野 675-0111 平岡町二俣 675-0112 平岡町山之上 675-0113 平岡町中野 675-0114 平岡町八反田 675-0115 平岡町一色 675-0116 平岡町一色東 675-0117 平岡町一色西 別府地区 [ ] 旧の区域であり、 から大字名の前に別府町と付けた。 郵便番号 大字名 675-0121 別府町新野辺北町 675-0122 別府町別府 675-0123 別府町朝日町 675-0124 別府町緑町 675-0125 別府町西脇 675-0126 別府町本町 675-0127 別府町石町 675-0128 別府町中島町 675-0131 別府町新野辺 675-0132 別府町宮田町 675-0133 別府町西町 675-0134 別府町元町 675-0135 別府町東町 675-0136 別府町港町 金沢地区 [ ] 志方地区の街並み 志方町大宗で撮影 旧の区域である。 郵便番号 大字名 675-0301 志方町大澤 675-0302 志方町野尻 675-0303 志方町細工所 675-0304 志方町高畑 675-0305 志方町大宗 675-0306 志方町東中 675-0311 志方町岡 675-0312 志方町広尾 675-0313 675-0314 志方町上冨木 675-0321 志方町志方町 675-0331 志方町西牧 675-0332 志方町横大路 675-0333 志方町西山 675-0334 志方町成井 675-0335 志方町原 675-0336 志方町山中 675-0341 志方町畑 675-0342 志方町雑郷 675-0343 志方町行常 675-0344 志方町東飯坂 675-0345 志方町西飯坂 675-0346 志方町西中 675-0347 志方町永室 八幡地区 [ ] 平荘地区の街並み 平荘町山角で撮影 旧の区域である。 郵便番号 大字名 675-1221 平荘町山角 675-1222 平荘町神木 675-1223 平荘町新中山 675-1224 平荘町上原 675-1225 平荘町中山 675-1226 平荘町磐 675-1231 平荘町養老 675-1232 平荘町里 675-1233 平荘町池尻 675-1234 平荘町西山 675-1235 平荘町小畑 675-1236 平荘町一本松 町名・大字の変遷 [ ] 以下の町村がの造成などで分割されている。 1968年3月20日 - 新神野が新設される。 1970年3月25日 - 金沢町が新設される。 1972年7月18日 - 上荘町都台が新設される。 1973年3月28日 - 別府町新野辺北町・別府町朝日町・別府町宮田町・別府町中島町・別府町石町・別府町緑町・別府町本町・別府町東町・別府町元町・別府町西町・別府町港町・別府町西脇が新設される。 1973年7月17日 - 平荘町新中山が新設される。 1973年11月9日 - 神野町日岡苑が新設される。 1974年11月1日 - 新神野・西条山手が新設される。 1976年7月14日 - 尾上町旭が新設される。 1983年11月21日 - 山手が新設される。 1985年11月16日 - 平岡町一色西が新設される。 1995年11月18日 - 平岡町一色東が新設される。 2001年10月20日 - 尾上町養田が新設される。 2004年10月20日 - 平岡町つつじ野が新設される。 2005年10月26日 - 神野町石守・神野町福留が新設される。 2010年11月6日 - 野口町坂元北が新設される。 国の機関 [ ]• 裁判所• 法務省• 加古川地域事務所 警察・消防 [ ]• その他の公共施設 [ ] 多木浜洋館 名所・旧跡 [ ]• - 第27番、第7番など• - 第29番• 称名寺(跡)• - 第8番• 法性山(跡)• 日光山 - 第2番• 跡観音寺• 志方八幡神社• 平荘湖• 平荘湖古墳群 (5世紀後半から7世紀築造の古墳が100基以上)• (北山公園)• (国の史跡)• (国の史跡)• 尼塚古墳 (国の史跡)• 人塚古墳 (国の史跡)• 西条八幡神社• 愛宕神社• 稲根神社(二塚古墳)• をはじめとする古墳群• (宗佐の厄神さん)• みとろ苑 - みとろ苑庭園が登録記念物• 旧陣屋跡(じゅとく堂)(市 文化財) 観光スポット [ ] みとろ荘• 祭事・催事 [ ]• (八幡神社)の鬼追い式• 加古川マラソン その他 [ ]• 加古川市をホームタウンに活動しているサッカークラブ• 人物 [ ] 出身有名人 [ ] 歴史上の人物 [ ]• -(の・主、の一人)• -(の人物、第12代の・の母)• (蘆屋道満とも)-(の、のライバル)• -(の人物、の正室)• - (からの僧、の腹心、) 政治・行政・実業など [ ]• -(、、駐大使、アジア経済開発研修所長などを歴任)• -(、などを歴任)• -(政治家、、元記者・)• -()• -(、を創設)• -(官僚、3代目長官などを歴任、の祖父)• -(弁護士・政治家、衆議院議員などを歴任、平岡定太郎の兄)• -(職人、で競技用シューズを製作)• -(、第78代を歴任) 教育・研究者・作家など [ ]• -(江戸時代中期の)• -(・作家、元記者)• -(、「」などを発見)• 橘弦一郎 -(作家)• 野村真紀 -(元助教授)• -(、・)• -()• -(・・())• ほうらいたけし -(作家)• -(評論家)• みなみ佐智 -()• 和田信二 -(神戸大学名誉教授「物理学」)• -()• (山中圭一とも)-(作家・脚本家) 芸能 [ ]• -()• -(・タレント・)• ()-(、)• -(シンガーソングライター)• -(女優)• (小林寛子とも)-()• -()• -()• -(歌手)• -(キャスター、記者• -(タレント)• -(歌手)• - 解説員、読売テレビ報道部• - NHKアナウンサー• -()• 多田佳世子 -(ソプラノ歌手、夫はの副指揮者を務めるダンテ・マッツォーラ)• - (元女優)• -(タレント、元・)• 二代目 -(・名人)• -(お笑いタレント)• -(ファッションモデル()・プロデューサー)• -(アナウンサー、元)• -(アナウンサー、元)• -(女優)• -(タレント、元)• -(モデル・俳優)• -()• -(ミュージシャン・)• - ミュージシャン 日本のバンド Fear,and loathing in LasVegas スポーツ選手など [ ]• -(大相撲力士・13代)• -(大相撲力士・10代)• -(大相撲力士)• -(大相撲力士)• -(大相撲、)• -()• -(将棋棋士、「加古川市民栄誉賞」を受賞 )• -(将棋棋士)• -()• -(元プロ野球選手)• -(元プロ野球選手)• -(プロ野球選手)• -(、元プロ野球選手)• - (プロ野球選手)• -(プロ野球選手)• -(プロサッカー選手)• -(選手)• -(・選手)• -(陸上競技・マラソン選手)• -(プロボクサー)• -(元プロボクサー、元WBC世界スーパーバンタム級王者) ゆかりの人物 [ ]• 若翔洋俊一(大相撲関脇、格闘家、タレント)現在加古川在住。 - 出生時のは(現在の加古川市志方町)。 () - 会社員時代にに勤務。 (の人物)• - 母方の祖父母が加古川市在住。 - 高校時代に市内へ通学。 (元) - 現在加古川市在住。 北原真紀 - 現在加古川市在住。 (ロックボーカリスト、元) - 実家が加古川市別府町にある。 - 高校時代に市内へ通学、現在加古川市在住。 - 野球選手• (将棋棋士) - 結婚後、加古川市へ転入。 「」受賞。 (将棋棋士) - 加古川市在住。 (元陸上選手) - 加古川町在住。 参考文献 [ ]• 『「」04年8月12・19日号』 、38頁。 『「」05年3月号』 新潮社。 産経WEST. 2014年7月9日. 神戸新聞NEXT. 2014年11月7日. 『図典 日本の市町村章』小学館辞典編集部、、2007年1月10日、初版第1刷。 『兵庫県の難読地名がわかる本』神戸新聞総合出版センター・編、のじぎく文庫、2006年12月28日、第一冊発行。 脚注 [ ] []• 加古川市. 2016年8月21日閲覧。 加古川市. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市. 2011年9月4日時点のよりアーカイブ。 2016年8月21日閲覧。 国土交通省 近畿地方整備局 姫路河川国道事務所. 2013年1月30日時点のよりアーカイブ。 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 神戸新聞. 2014年11月26日. 2011年11月18日. 2014年3月12日閲覧。 神戸新聞 2018年10月23日. 2018年10月25日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 加古川市例規集. 2016年8月21日閲覧。 - 日本将棋連盟(2009年5月22日付、同月27日閲覧)• 神戸新聞 2009年5月13日. 2014年8月15日時点のよりアーカイブ。 2016年8月21日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 加古川市に関連する および があります。 ウィキトラベルには、に関する旅行ガイドがあります。 に関連する地理データ -.

次の