コンソメスープ レシピ。 大根のスープレシピ22選!中華・コンソメなど味付けごとに紹介

本格的なコンソメスープを作る方法~コンソメの作り方(澄まし方)~

コンソメスープ レシピ

大根10cm• 玉ねぎ1個• セロリ1本• キャベツ3枚• えのき1袋• にんにく みじん切り 1片• オリーブオイル大さじ1• A・ホールトマト1缶• A・水800ml• A・コンソメ 固形 1個• A・ローリエ1枚• A・鷹の爪お好みで• B・塩小さじ2弱• B・コショウ適量• B・砂糖ひとつまみ~• B・黒コショウお好みで• 大根・玉ねぎ・ニンジン・セロリの茎・キャベツは、 1cmの角切りにします。 セロリの葉は 粗みじん切りに、えのきは 1cmの長さに切ります。 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて、香りが立ったら玉ねぎ・ニンジン・大根・セロリを入れて、塩を ひとつまみ入れます。 入れた具材が透き通るまで炒めていきます。 2にキャベツ・セロリの葉・えのきも加えてしんなりするまで炒めたら、Aを入れてスープを作り味を付けてから、 弱火で20分ほど煮ます。 スープにBを加えて味を調えたら器に盛り付けて完成です。 豚バラ薄切り肉150g• キャベツ2枚~3枚• ニラ半束~• ごぼう30cm• 大根3cm• ニンジン3cm• もやし1袋• えのき1袋• A・水1000ml• A・鶏ガラスープの素大さじ1. A・にんにく1片• A・しょうが1かけ• A・鷹の爪1本• A・酒大さじ1• B・白味噌大さじ4強• B・コチュジャン小さじ1• B・甜麺醤小さじ1• ごま油適量• ごま適量• 柚子コショウ適量• ごぼうは ささがきにして、酢 分量外 少々を入れた水にさらします。 ニラは 長さ5cmほどに切り、そのほかの材料も 食べやすい大きさに切っておきます。 にんにく・しょうがをすりおろして、鍋にAを全部入れて煮立てスープを作ります。 スープが煮立ったところで ニラ以外の1の材料を加えて煮ます。 材料に火が通ったら、Bをスープに溶き入れてからニラを入れてスープをひと煮立ちさせ、ごま油を回しかけます。 スープを器に盛り付け、ごまを振りかけたら完成です。 大根10cm• 豚挽き肉 合挽き可 150g~• 豆板醤小さじ1~• 水700ml• A・ウエイパー 中華スープの素でも可 大さじ1• A・味噌 甜麺醤 大さじ2• A・にんにく すりおろし 小さじ1• A・しょうが すりおろし 小さじ1• A・ピーナツバター 有糖 大さじ1~2• B・酢大さじ1• B・ごま油大さじ1• 大根は 2cm~3cm角に切ります。 鍋に挽き肉を入れて炒め、火が通ったら豆板醤と大根を入れてサッと炒めます。 1に水を入れて、 途中アクが出たらとりながら、大根に火が通るまで煮込みます。 2にAの調味料を入れてスープに味をつけたら、さらにスープにBと塩コショウを入れて味を調えます。 スープを器に盛りつけたら、お好みでごまやニラのみじん切りをかけて完成です。 豚バラ薄切り肉100g• オクラ2本• 鶏ガラスープ600ml• A・酒大さじ1• A・醤油大さじ2• A・粗挽きコショウ少々• 大根の皮を剥いて食べやすい大きさの 短冊切りにします。 オクラはヘタを取って 縦に半分に切り、豚バラスライスは 1cm幅に切っておきます。 冷たいままの鶏ガラスープに大根を入れて火をつけます。 鍋に火をつけたら、鶏ガラスープが まだ冷たいうちに豚バラ肉も入れてほぐしたら、ひと煮立ちさせます。 スープが煮立ってきたら火を 弱火にして、アクを取り除きます。 スープのアクを取り除いたら 10分ほど煮込みます。 時間が経ったらオクラを入れてサッと茹でます。 Aを入れて味を調えたら、スープを器に盛り付けて完成です。 大根3cm~4cm 250g• ちくわ3本• ごま油小さじ2• 水600ml• 鶏ガラスープの素大さじ1• 酒大さじ1• 醤油小さじ1• 塩ひとつまみ• しょうが すりおろし 小さじ1~• 塩コショウ適量• A・片栗粉大さじ1• A・水大さじ1• 小ネギ 小口切り 適量• ちくわを 縦と横それぞれ半分ずつに切って4等分にし、えのきは石突を取り除いてから 半分に切ります。 大根は 皮を剥いておきます。 鍋にごま油を熱して、焦がさないように気をつけながら、ちくわとえのきを軽く炒めます。 水を加えて沸騰したら、鶏ガラスープの素・酒・みりん・醤油・塩を加えてひと煮立ちさせてスープを作った後、一度火を止めます。 鍋に大根を 直接すりおろしながら入れ、しょうがも加えます。 再び火をつけたら、スープを 沸騰させすぎないようかき混ぜながら温めていきます。 塩コショウで味を調えて、Aを合わせて水溶き片栗粉を作ってスープにとろみを付けたら火を消して、スープを器に盛り付け小ネギを散らして完成です。 キャベツ グリーンキャベツ 半分• 大根適量• ニンジン適量• 水適量• 鶏ガラスープ 顆粒 小さじ2• コンソメ 顆粒 小さじ2• 塩コショウ少々• 大根は 爪楊枝で刺して落ちないくらいの硬さに茹でておきます。 キャベツは 縦に半分に割って 芯は残しておきます。 鍋に油 分量外 をひいてキャベツを焼きます。 キャベツに焼き色が付いたら、別の器に取っておきます。 鍋に油 分量外 をひきなおして大根を入れて、鍋を回しながらほんのり焼き色を付けます。 大根に焼き色が付いたらキャベツを入れて、 大根の頭が少し出るくらいの水を入れます。 水が沸いたら鶏ガラスープとコンソメ・塩コショウを入れます。 スープに味を付けたらキャベツ全体にかかるようにかけます。 ニンジンを入れたら 弱火にして、鍋に蓋をして 15分ほど煮込みます。 大根が好みの硬さになったら器に盛り付けて完成です。 牛細切れ肉200g• 長ネギ1本• にんにく1片• しょうが1かけ• 昆布10cm四方1枚• 水600ml• A・ごま油大さじ1• 鶏ガラスープの素 顆粒 小さじ1• 酒大さじ2• 黒コショウ適量• 水に昆布を入れておきます。 牛肉は食べやすい大きさに切って、Aを よく揉みこんだら 5分ほどおいて味を浸み込ませます。 大根は皮を剥いてから 5mmの厚さの半月切り またはいちょう切り にします。 ねぎは 斜め切りに、にんにくとしょうがは 薄切りにします。 鍋に牛肉・にんにく・しょうがを入れて火にかけて、肉の色が変わるまで炒めます。 大根を加えて透明感が出るまで炒めたら、1の昆布だし・鶏ガラスープの素・酒を加えます。 スープが沸騰したらアクを取って、 鍋に蓋をして中火で 15分ほど煮ます。 最後にスープにネギを加えてからひと煮立ちさせて、器に盛り付けたらコショウを振って完成です。 豚薄切り肉250g• 大根200g• 玉ねぎ中1個 200g• サラダ油大さじ1• 水800ml• 牛乳150ml• 豚肉・玉ねぎは 一口大に切ります。 大根・ニンジンは いちょう切りにします。 ほうれん草は茹でて水気を切り、 3cm~4cmの長さに切ります。 厚手の鍋にサラダ油をひいて熱したら、豚肉・玉ねぎ・大根・ニンジンを炒めます。 鍋に水を加え火をつけ、沸騰したらスープのアクを取って、材料が柔らかくなるまで 弱火~中火で約10分間煮込みます。 スープに牛乳を入れてさらに 約5分間煮込みます。 最後にほうれん草を加えてスープをひと煮立ちさせたら、スープを器に盛り付けて完成です。 豚バラ150g• 玉ねぎ1個• こんにゃく1袋• 出し汁700ml~800ml• 味噌大さじ3• 油適量• しょうが チューブ 1cm• ネギ適量• 煮込み用に出し汁を作っておきます。 大根・ニンジン・玉ねぎ・こんにゃく・ごぼうを、それぞれ 食べやすい大きさに切っておきます。 豚バラ肉は 一口サイズに切っておきます。 鍋に油をひいて熱し、豚バラ肉を入れて炒めます。 赤い部分がなくなってきたら こんにゃく以外の野菜を入れます。 玉ねぎがしんなりするまで炒めたら、こんにゃく・出し汁を入れます。 沸騰してきたらスープのアクを取り除き、しょうがを入れます。 15分間ほど煮込んだら 火を止めて、味噌を溶かします。 蓋をして 30分以上おいておき、味をしっかり浸み込ませます。 器に盛り付けたらネギを散らして完成です。 しじみ200g• 大根350g• 昆布出し400ml• 酒大さじ4• しょうが汁1かけ分• 醤油大さじ1• 青ネギ適量• しじみはこすり合わせてよく洗っておきます。 お湯500mlに水500mlを入れて作ったぬるま湯 分量外 に、ザルに入れたしじみを入れて 砂抜きします。 昆布出しは鍋に 水400mlを入れて、そこに 昆布を浸け込んでとっておきます。 2の鍋に1のしじみと、 5mm幅にいちょう切りにした大根を入れて、火にかけます。 アクが出てきたら取り除いて酒を入れます。 しじみの口が開いたら、しょうがの絞り汁・醤油・みりんを加えて、小口切りにしたネギを散らします。 塩で味を調え器に盛り付けたら完成です。 ニンジン1本 100g• 水4カップ• ほんだし小さじ山盛り1• 味噌大さじ2. ごま油大さじ1• 大根・ニンジンは 4cmの長さの短冊切りにします。 水菜も 4cmの長さに切ります。 豆腐は 粗くちぎり、 500Wの電子レンジで2分間加熱したら、ザルに上げて水気を切ります。 鍋にごま油を引いて熱したら、 中火で豆腐を入れて、油がまわるまで炒めます。 続けてニンジン・大根を順に加えてサッと炒めます。 2に水・ほんだしの 半分の量を加えて煮立て、 弱火で蓋をして 15分間煮ます。 水菜を加えて味噌を溶き入れたら、 残りのほんだしを加えて 沸騰直前で火を止め、器に盛り付けて完成です。

次の

旨味たっぷり!きのこスープのレシピ24選【和風/コンソメ/ポタージュ】

コンソメスープ レシピ

Contents• コンソメって何? コンソメとはフォンドヴォライユ()というソースなどに使う肉や骨と野菜の旨みを抽出した出汁を澄ましたスープです。 フォンドヴォライユは香味野菜とハーブ、鶏ガラを煮込んで栄養と旨みを引き出した西欧料理の出汁です。 香味野菜やひき肉や卵白を使ってフォンの不純物を取り除き、そのまま最低2時間以上煮るとコンソメになります。 コンソメは そのままコンソメスープとして、またはジュレとして使われることが多いです。 コンソメとブイヨンはスープの素としてよくスーパーで見かけますが、その2つにはしっかりとした違いがあります。 詳しくはをご参照ください。 下はフォンとコンソメを比較した写真になります。 右がフォン、左がフォンを澄ましたコンソメです。 日本でいう出汁に該当する フォンの方が薄い色で優しい味わいをしており、スープとして出すことのできる コンソメの方が濃い茶色で味もしっかりとついています。 本格的なコンソメの作り方・澄まし方(所要時間・費用) コンソメは時間と手間がかかりますが、市販のものが飲めなくなってしまうほどの味わいです。 ・卵白(2個分): 卵白がフォンに含まれる不純物を固めてくれます。 ・塩・胡椒(少々) ・氷(少々、なくても可): 不純物を固める力を強くします。 作り方 1 フォンが作ったばかりの状態でなければ、一度鍋で加熱します。 2 野菜をみじん切りにします。 なぜならみじん切りにすると、不純物をより吸収してくれるからです。 3 牛ひき肉、卵白、野菜をボウルに入れて混ぜます。 牛ひき肉と卵白を混ぜてから野菜と混ぜると混ぜやすいです。 4 氷を入れる場合は、3を混ぜ終わった後でボウルに入れます。 卵白が固まらないようにするためです。 5 卵白が固まらないように熱いフォンを少しずつボウルに入れながら混ぜます。 6 鍋に全て移し、たまにかき混ぜながら中火で沸騰させます。 沸騰したら、混ぜるのをやめます。 7 その後、沸騰しない程度(80~90度)で最低でも2時間煮ます。 3時間以上煮た方がしっかりした味になります。 塩を入れて味を整えます。 8 漉器にキッチンペーパーを敷き、コンソメを鍋から出して漉します。 コンソメのコツ 1 フォンと同様に火加減に尽きます。 温度はこまめにチェックしましょう。 フォンは多く作るように材料をそろえましょう。 3 レシピによって氷があったりなかったりします。 氷がある方がボウルで混ぜるときに卵白が固まりにくいので、ぜひ入れると良いです。 4 とにかく煮ることが大切です。 味がなかなか出てこないので、何時間もかけて煮込むと味わい深いコンソメが出来上がります。 手間ひまかけて作ったコンソメはそのままスープで頂きたいです。 むしろ脇役に使う気は起きません。 手間と素材が濃縮された味が癖になります。

次の

離乳食のコンソメはいつから?手作りコンソメ基本のレシピや使用量、大人用や市販のコンソメの選び方と使い方

コンソメスープ レシピ

Contents• コンソメって何? コンソメとはフォンドヴォライユ()というソースなどに使う肉や骨と野菜の旨みを抽出した出汁を澄ましたスープです。 フォンドヴォライユは香味野菜とハーブ、鶏ガラを煮込んで栄養と旨みを引き出した西欧料理の出汁です。 香味野菜やひき肉や卵白を使ってフォンの不純物を取り除き、そのまま最低2時間以上煮るとコンソメになります。 コンソメは そのままコンソメスープとして、またはジュレとして使われることが多いです。 コンソメとブイヨンはスープの素としてよくスーパーで見かけますが、その2つにはしっかりとした違いがあります。 詳しくはをご参照ください。 下はフォンとコンソメを比較した写真になります。 右がフォン、左がフォンを澄ましたコンソメです。 日本でいう出汁に該当する フォンの方が薄い色で優しい味わいをしており、スープとして出すことのできる コンソメの方が濃い茶色で味もしっかりとついています。 本格的なコンソメの作り方・澄まし方(所要時間・費用) コンソメは時間と手間がかかりますが、市販のものが飲めなくなってしまうほどの味わいです。 ・卵白(2個分): 卵白がフォンに含まれる不純物を固めてくれます。 ・塩・胡椒(少々) ・氷(少々、なくても可): 不純物を固める力を強くします。 作り方 1 フォンが作ったばかりの状態でなければ、一度鍋で加熱します。 2 野菜をみじん切りにします。 なぜならみじん切りにすると、不純物をより吸収してくれるからです。 3 牛ひき肉、卵白、野菜をボウルに入れて混ぜます。 牛ひき肉と卵白を混ぜてから野菜と混ぜると混ぜやすいです。 4 氷を入れる場合は、3を混ぜ終わった後でボウルに入れます。 卵白が固まらないようにするためです。 5 卵白が固まらないように熱いフォンを少しずつボウルに入れながら混ぜます。 6 鍋に全て移し、たまにかき混ぜながら中火で沸騰させます。 沸騰したら、混ぜるのをやめます。 7 その後、沸騰しない程度(80~90度)で最低でも2時間煮ます。 3時間以上煮た方がしっかりした味になります。 塩を入れて味を整えます。 8 漉器にキッチンペーパーを敷き、コンソメを鍋から出して漉します。 コンソメのコツ 1 フォンと同様に火加減に尽きます。 温度はこまめにチェックしましょう。 フォンは多く作るように材料をそろえましょう。 3 レシピによって氷があったりなかったりします。 氷がある方がボウルで混ぜるときに卵白が固まりにくいので、ぜひ入れると良いです。 4 とにかく煮ることが大切です。 味がなかなか出てこないので、何時間もかけて煮込むと味わい深いコンソメが出来上がります。 手間ひまかけて作ったコンソメはそのままスープで頂きたいです。 むしろ脇役に使う気は起きません。 手間と素材が濃縮された味が癖になります。

次の