保育士 転職先。 保育士転職サイトおすすめランキング10選|徹底比較【2020年】

保育士に人気の転職先・企業内保育所とは?企業内保育のメリット

保育士 転職先

保育士が転職を考えるとき、大きな選択となってくるのが「今後も保育士を続けるかどうか?」ですよね。 また別の保育園を探すか、まったく違う職業を検討するか?どちらを選ぶにしても、保育士資格はせっかく努力して取った国家資格です。 何らかの形で生かしたい!と考える方が多いのではないでしょうか。 そこで今回は、保育園に限らずに「保育士の資格を活かした転職先」について探っていきたいと思います。 別の職種を経験後、保育士に戻る人は57. 保育士から別職種への転職を経験したという人は、回答者の63. ですが、その中の半数以上(57. 保育士という仕事には、一度現場を離れても「また戻りたい!」と思わせる魅力があるようですね。 保育士の資格を活かした転職先 既存の保育園に転職する以外で、「保育士の資格を活かした」転職先は、どれぐらいあるのでしょうか。 こちらでは保育士の資格を活かせる職場を紹介していきます。 保育士の転職先(1)新設保育園 開園して1年経っていない、オープンしたばかりの保育園への転職は、保育士さんの間でも非常に人気です。 新設保育園で働くメリット 新設保育園の場合、保育園での行事をイチからすべて作り上げます。 既存の保育園が持つ昔からの慣例を気にしなくていいので、自由な発想でイベントを作り上げることができるでしょう。 もちろんその分作業量は多く、ハードな準備となるはずですが、やりきった後の達成感はひとしおです! また、職場の人間関係も全員がイチからのスタートなので、良好な人間関係を作り上げやすいと言えるでしょう。 それは保護者との関係性においても同様で、既に存在する保護者の特性・関係性をすべて把握するところからスタートする、という面倒はありません。 さらに嬉しい点は、なんといっても施設がピカピカで新しいというところですね。 古い備品など、不要なものがあまり無いので、整理整頓に悩まされることもありません。 ・新設保育園で働くデメリット 新設園のデメリットは、良くも悪くも「経験が少ない」ということです。 トラブルに対するマニュアルが整っていないことも多く、その都度大変な苦労をするかもしれません。 そんなときこそ、新設園の強みを生かし、チームワークで乗り切りたいですね。 ・新設保育園の求人 新設保育園の場合、新年度の4月からオープンするところがほとんどです。 逆算すると、前年の10月頃から徐々に求人が増えていきます。 人気の園はすぐに定員が埋まってしまいますので、こまめに情報をチェックしましょう。 保育士の転職先(2)ベビーシッター ベビーシッターのメリット 雇用形態はパート・アルバイトが中心ですが、正社員の募集もあります。 シッター専門の派遣会社に登録すれば、週1日からでも好きな時間にお仕事ができますよ。 プライベートを優先したい方、ダブルワークの方、保育士の仕事をしたいけどフルタイムは難しいという方に、近年とても人気があるようです。 ベビーシッターが預かる子どもは1人か、多くても兄弟姉妹を含めた2~3人です。 通常の園勤務のような膨大な雑務も無いので、ゆとりを持って子どもたちに接することができます。 時給は平均1000円~1500円。 会社によっては2000円前後の場合もあるので、働き方によって誰でも高収入が望めます。 ベビーシッターのデメリット 子どもの安全について一人で責任を負わなくてはならないので、仕事中は細心の注意を払う必要があります。 1対1だからと気を抜かず、プロ意識をしっかり持ちましょう。 ベビーシッターの求人 雇用形態はパートが主になります。 ベビーシッターになるのに特別な資格は要りませんが、子どもと密に接するお仕事なので、専門的な保育知識は必ず必要になるでしょう。 求人を探す際は、ベビーシッター専門の派遣会社に登録することをオススメします。 フリーランスで働くことも可能ですが、外からの目が届きにくい職種でもあるので、いざというとき誰かに相談できる環境を作っておきましょう。 保育士バンク!から生まれたシッターのマッチングサービス 保育士の専門転職サービス「保育士バンク!」から生まれた「KIDSNAシッター」は、保育士・幼稚園教諭の資格を持つ方のみが登録できる、プロフェッショナルなベビシッターサービスです。 充実したサポート体制で、あなたの希望に合わせた働き方を応援します! 保育士の転職先(3)パート・アルバイトなどの、時間外保育士 雇用形態をパートやアルバイトに切り替え、時間外保育士として早朝保育、延長保育をメインに働く方法です。 クラス担任などは持たず、あくまで正規保育士たちの補助的役割を担います。 メインのお仕事は園の内外の掃除や、食事やお昼寝の準備、片付け、洗濯、事務作業など。 時間外保育士のメリット 時間外保育士の雇用形態は基本的にパートとなりますが、時給は高めです。 都心では時給1200円前後など、高時給なところもあります。 フルタイムで働く正規雇用の保育士とは違い、短時間の勤務なので、家庭の事情などを優先できるのも魅力です。 時間外保育士の求人 求人については年度末の2月~3月がねらい目ではありますが、基本的に園の不足人員を補う役割なので、募集の時期は決まっていません。 保育士資格は不要ですが、やはり資格を持つ方の方が優遇されることが多いようです。 子育てでブランクがある方でも、その経験は充分強みになるので積極的にアピールしましょう。 保育士の転職先(4)事業所内保育所 事業所内保育所とは、企業の事業主が、主に従業員のために設置する保育施設のことです。 事業所の敷地内や近接地、もしくは従業員の通勤に便利な立地で建設されることが多いです。 事業所内保育所で働くメリット 事業所内保育士の給与は、運営する企業の規模によって大きく異なります。 雇用形態も正社員、契約社員から派遣社員、パート、アルバイトまでさまざまですが、企業によっては高い年収を得られることも! 給与形態や福利厚生がしっかりしていて、住宅手当や交通費全額支給など、待遇が向上している傾向にあります。 事業所内保育所の求人 一般的な保育施設に比べ、まだまだ数が少ないですが、2015年の政府の支援対策により、今後の施設増加、新規の人材募集が期待されています。 大手企業の事業所内保育所は、求人が出てもすぐに締め切られてしまうことが多いので、定期的に情報をチェックしてみてくださいね。 保育士の転職先(5)保育ママ 保育ママとは、仕事などで保育ができない保護者に代わって、主に自宅で3歳未満の子どもを預かる保育者あるいは保育施設のことを指します。 保育ママとして働くメリット 保育ママは、基本的に個人事業主という形で働くことになります。 収入は、預かる子どもの人数や自治体の補助金制度により、さまざまです。 内閣府の調査によれば、平均勤続年数10. 5年の「家庭的保育事業・保育者」の年収は約374. 9万円です。 また、少人数制度で目が届きやすいので、多くの子どもを見るのは大変という方には働きやすい環境でしょう。 集団保育ではないので、風邪や感染症といった心配も減ります。 cao. pdf 保育ママとして働くデメリット 自宅での仕事になるため、仕事と自分の時間の境が難しくなることや、責任の重さ、保育に関する十分な経験と知識が必要です。 事故例なども報告されており、命を預かることの責任は重大です。 保育ママの求人 保育ママになるためには地方公共団体からの認定を受ける必要があります。 認定の基準は各公共団体によって異なります。 各自治体によって条件は変わりますので、必ずお住まいの自治体に確認してください。 保育士の転職先(6)施設保育士 施設保育士とは、児童福祉施設のうち、保育所(児童福祉法第39条、以下同)以外の施設で働く保育士のことを指します。 今回は乳児院・児童養護施設・重症心身障がい児施設の3つを取りあげます。 乳児院・児童養護施設で働くということ 乳児院・児童養護施設は原則として、保護者の病気や死別、離婚などで子どもを育てることが難しくなった場合など、何らかの理由で保護者のもとで生活することができない子どもたちを育てる施設です。 乳児院には1歳未満~小学校入学前の子どもがおり、児童養護施設には1歳以上~20歳未満の子どもたちがいます。 保育士の業務は児童福祉法(第18条4)に「専門的知識及び技術を持って、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者」と定められています。 乳児院や児童養護施設は入所施設のため、昼夜を問わず子どもたちの生活を支える必要があります。 もちろん休憩はありますが、基本的には24時間体制で勤務に携わらなければなりません。 乳児院においては乳児の養育そのものが求められ、児童養護施設においては子どもたちの生活と自立の支援を行う役割も求められます。 重症心身障がい児施設で働くということ 重症心身障がい児施設にいる子どもは、重度の知的障がいと肢体不自由を併せ持っています。 障がい程度が重度であるため、精神面・行動面における発達遅滞が見受けられます。 自立が難しいため、日常生活全般に渡って介護を必要としています。 保育士は児童指導員とともに、子どもの日常生活全般を支えています。 この中で1番重要な仕事は、入所している児童に対する心のケアです。 長期入所する場合が多いため、情緒面や精神面、遅れをとっている知能や生活習慣の習得などへのケアが大切です。 この部分が保育士の重要な役割となっています。 こちらで勤務する場合は、保育に関する知識はもちろん、医療に対する知識など多岐に渡る勉強が必要になるでしょう。 保育士の転職先(7)その他 上記以外にも保育士の資格を活かして下記のような転職先が考えられます。 幼稚園教諭(保育業務全般):幼稚園教諭資格を持っていない場合は、資格取得のために準備や資金が必要となります。 学童保育(子どもの世話・多くの子どもを同時に見る・体力・ことばかけや傾聴の姿勢・歌や遊びの経験):対応する子どもたちの年齢が異なるので、接し方などを学ぶ必要があります。 特別支援学級の介助員(子どもたちのお世話・発達障がい等に関する知識・歌や遊びの経験):教員免許等が必要な場合もあります。 保育士としての経験は何よりの宝物! 保育士の資格を活かした転職先について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 転職は、とても勇気がいる行動です。 しかし、保育士として頑張った今までの経験は何よりの宝物!あなたの財産です。 これまで培った経験と、保育士という大切な資格を生かし、ぜひ自信を持って自分が望む場所へと旅立ってくださいね。

次の

保育士の保育園以外の転職先とは?

保育士 転職先

保育士資格を習得すれば、その後必ず保育園で働くことができる、というのは就職難のこの時代にはとても珍しいことです。 しかし、保育園であればどんな場所でもいい、と言う人はいませんよね。 できれば職場環境の優れた、 とても働きやすい職場に就職したいと誰でも思うものです。 そこで、 保育園の就職には一体何をポイントに選べばいいのか、今回はご紹介しましょう。 保育士の就職先を選ぶポイント! まず、大学や養成学校を卒業するまでに大体就職先が決まります。 それは、 求人が10月にはピークを迎えるからです。 大体、新卒の求人は10月で、内定が出ます。 それ以降の求人は、突然現場の保育士さんが退職して人数が足らないから急遽!というものですので、毎年あるとは限りません。 なので、良い環境の保育園をじっくりと選びたいのならこの求人が多い時期に選ぶというのが一番なんですね。 説明会を行っている保育園もあれば、 パンフレットを配布している保育園もあります。 説明会は次年度の就職希望者を対象としており、園長先生の話を聞いたり質問をすることができたりもします。 パンフレットは就職希望者を対象としたパンフレットを作っている保育園は「マレ」です。 どちらかと言うと、 入園希望者向けにパンフレットを作っているんですね。 しかしこのパンフレットの中にも重要な情報はたくさん入っていて、 園の方針や行事活動など、保育園の活動状況を知ることができます。 パンフレットがない、という場合は 保育園のホームページなどを見てみましょう。 ここにも、 「年間行事」や「園の方針」が書かれています。 どちらもない、という保育園では判断もできませんよね。 こういった保育園はもしかすると あまり活発に保育活動をしていないからかもしれませんね。 少し考えればおのずと選択肢から外れていきますよね。 どうしてもここに就職したい!と思うことでしょう。 しかし、 他の保育園との比較はしましたか? 外側から比べてみないと分からない欠点があるかもしれません。 できれば 規模なども同じぐらいの保育園のホームページを見比べてみたり、パンフレットや見学をさせてもらうことで、新たな気付きがありますよ。 比較検討した上で、やっぱりこの保育園だ!と思えたらあなたに一番合っている保育園なんです。 この期間も有効に活用してみましょう。 その活用方法が 実習です。 保育士として実際にその保育園で動いてみることで自分に本当に合っているかどうか?というのが分かります。 個人的な実習なので、学校などで行う実習とは同じことをさせてもらえるとは限りません。 そんな時は、 「ボランティア」として保育園に行かせてもらえるかどうか聞いてみましょう。 自宅から近い• 友人や知人の勧め• 給料が高い といったところです。 どの選び方も どんな保育施設か知らないまま就職先を選ぶことになりますので、良くありません。 他の保育施設に比べて自宅から近いというのは 通勤が楽です。 しかし 生活圏が保育園児と同じになりますので、少し覚悟が必要ですよ。 休みの日にお出かけしても、街でばったり・・・なんてことも頻繁に起こります。 また友人や知人が勧めたからという理由だけでは、 本当にあなたにあっている保育施設かどうかは分からないままです。 お給料が高いというのも、実は危険ワードで、 お給料が高い=それだけ他の保育園よりしんどいかもしれないと考えるようにしましょう。 保育士が就職先を決めるならコンサルタントにお任せ 自分が一体どんな保育士になりたいのか?と考えた事はありますか? そう考えた時に、 一番最初に出てきたものがあなたが一番譲れない条件です。 その条件に見合う保育園をあなたが探すというのは限界があると思いませんか? しかし、学校の先生は就職先にそこまでサポートしてはくれませんよね。 そこで、利用して欲しいのは 保育士専門の転職サイトです。 転職となっていますが、もちろん 新卒の就職もサポートしてくれます。 あわせて嬉しいのは、 保育園の内情を熟知したコンサルタントさんがあなたの就職の全てをサポートしてくれるのです。 是非、あなたにあった就職先を選ぶためにも素晴らしい選択肢を示してくれるコンサルトさんにお任せしてみるのはいかがでしょうか?.

次の

保育士に人気の転職先・企業内保育所とは?企業内保育のメリット

保育士 転職先

保育士の誰もが一度は「保育士の仕事を辞めたい」と悩むことがあるでしょう。 例外もありますが基本的に残業は多く給料はそこまで多くはないのが現状です。 それでも働かないと生きてはいけないため、仕事は続けるという保育士は多いです。 保育士の仕事を嫌々こなすくらいなら思い切って転職するのがベスト。 保育士の資格を活かせる場を選ぶか、他業種を選ぶかは自分次第です。 ですが保育士の他業種への転職動向として「保育士から他業種に勤め、最終的に保育士へ転職する」方がかなりたくさんいます。 この記事では保育士の転職先例をいくつか挙げ、それぞれのメリットとデメリットと保育士はなぜ保育士として最終的に転職先を決めるのかについてお話します。 給料が今より高くなる可能性がある• 休みも保育士より取りやすい職場は多い• 選ぶ業種でプライベートの時間も充実できる• 子どもを保育する上での事故やプレッシャーがない• 保護者の対応などストレスがかからない• 女社会ならではの人間関係に悩まないですむ 保育士の悩みはさまざまありますが、他業種は子どもや保護者との関わり合いがない職場が多くを占めているため 対人関係のストレスは軽減されると言えます。 職業によっては残業がさほど発生しないところもあるので、転職理由に残業も多くプライベートの時間が無いと悩んでいた保育士であれば他業種へ目を向けるのは良いことと言えます。 保育士が他業種へ転職するデメリット 反対に保育士から他業種へ転職するデメリットです。 保育士の資格を持っていてもまったく 保育士資格が活かせない職場もたくさんありますが、ありがちなデメリットを紹介します。 事務作業ができる• 笑顔を絶やさない接客ができる• 柔軟な考え方ができる• 我慢強く寛容な精神がある• 人前でも物おじしにくい どうでしょうか、保育士だからこそ持つことができるスキルです。 共通するのは、上記のスキルが揃っていれば どこでも人間関係に困ることがないということ、そして良好な人間関係を築けることは仕事を覚えていくうえでもかなり大事な要素になります。 このスキルと自分が得意とするスキルを見直すことで、保育士以外の職業で自分に向いているのはどのような業種なのか考えることもできます。 2.保育士転職先が事務職の場合 保育士の他業種への転職先で多い傾向のひとつに事務職があります。 女性でいう「憧れのOL」といった感じでしょうか。 事務職と言ってもいろいろな職種があるため、保育士におすすめできる事務職をいくつか挙げます。 基本座ったまま仕事ができる• 資格が必要なものでも自分のスキルアップになる• ある程度PCが使えれば未経験でも採用されやすい• ネイルなどおしゃれができる職場もある 保育士は子どもたちと外を走り回ったり食事のお世話をしたりあまりおしゃれはできないです。 事務の職場によってはカジュアルであれば洋服も自分の好きなものを着ることができたり、気分転換も兼ねて美容院に行ったりと 自分の身の回りに気を使うことができます。 充実したプライベートを確保しやすい事務職 自分の時間が作れることは毎日の生活が充実することに繋がりますし、保育士と違いPCスキルも向上していくため転職先の候補としても良いと言えます。 女性保育士に人気が高いのも納得できます。 保育士転職先が事務職のデメリット 保育士の就職率は他の業種の就職率と比べると比較的高いです。 そのため大抵の保育士は就職に困難を極めたり、就職できなかったという問題に陥る方は少ないのではないでしょうか。 保育士が事務職に転職をするということは、それなりのデメリットもあります。 会社によっては正社員になるまでに時間がかかる• 保育士ほどやりがいは感じられない可能性がある• 必要な資格がないと採用されない職場もある• 未経験者の場合は若い人の方が採用率が高い傾向 正社員として事務職へ転職したい場合、周りの応募者がPCスキルに特化していたりと 保育士は能力的に不利な状況になる場合もあります。 その場合、将来的に社員登用を行っている会社の事務に狙いをつけて地道に仕事をこなしていく必要があります。 受付けは採用条件が厳しい場合もある 事務職の中でも花形のようなイメージを受けやすい受付ですが、受付は会社の入り口であり顔になります。 丁寧な言葉遣いはもちろん容姿や笑顔、身だしなみなどの ある程度の規定をクリアしないと採用は難しいと言えます。 コミュニケーション能力が発揮できる• 人の気持ちを察する能力を活かせる• おしゃれができる職場が多い• 職場もなじみやすい場が多い 人の気持ちを汲むことは簡単なようで難しいです。 サービス業はお客様の真のニーズをいかに適切にくみ取れるかが大事な仕事になります。 保育士は人の心を察する能力に長けていますのでサービス業であればすぐに仕事も覚えることができると言えます。 保育士転職サイトの人材コーディネーターもなれる ここでいう人材コーディネーターというのは「保育士転職サイトの人材コーディネーター」のこと。 つまsり保育士転職サイトに登録した時に自分の担当についてくれるエージェントになることで、 保育士だからこその悩みを一緒に解決し支えていくことができます。 保育士転職先がサービス業のデメリット サービス業のデメリットは実は保育士の仕事にありがちなデメリットと似ているものがいくつかあります。 乳児院や助産施設• 児童養護施設• 母子生活支援施設• 児童厚生施設• 知的障害児施設• 知的障害児通園施設• 障害児入所施設• 児童自立支援施設• 児童家庭支援センター• 肢体不自由児施設• 盲ろうあ児施設 まだまだあげるとありますが、上記のそれぞれの施設で保育士として勤務します。 必要なのは保育士の資格、保育の専門知識・技術、施設ごとに決まっている仕事を保育士としてこなすことです。 保育施設のように子どもたちに関わる仕事なのです。 保育士として保育施設以外で働くメリット 保育施設以外に転職しても、職場には保育士として勤務します。 たくさんある保育士としての転職先に共通することは下のような内容になります。 異なる専門職スタッフが多く人間関係も良好な職場が多い• 保育士としての立場が評価されやすい• 残業がない職場が多い• 保育士ならではのやりがいが感じられる• 保育施設とは違う知識を得ることができる 実は保育士の仕事が大変でも、保育士としての仕事に戻ってくる理由に「他の仕事を経験して保育士の仕事の楽しさに気が付いた」という声をよく耳にします。 実際の現場の声でも、給料が低くても保育士だから味わえるやりがいを感じる時に保育士になって良かったと実感するという意見はたくさんあり、 保育士のやりがいを感じるかたは退職しにくい傾向にあるそうです。 保育士として保育施設以外で働くデメリット 反対に保育施設以外で保育士として勤務するデメリットは意外にもそんなに多くはなく、代表的なものでいえば2つだけだと言えます。 違う仕事を一から覚えるのが億劫だった• 他業種に勤めて保育士の仕事の楽しさを理解した• 子どもたちと触れ合える楽しさが他業種では味わえない• 保育士にしかわからないやりがいを再確認させられた なんだかんだでやっぱりみなさん身も心も保育士なのでしょう、「子どもがすきだから」その近くで一緒に成長を見ていきたい、という気持ちが根底にあるようです。 保育士の資格を取れるのは、保育士という仕事が天職だからこそでしょう。 普通に考えて、保育士になろうと思うのでさえ覚悟がいることです。 6.保育士が転職先を探す方法 最後になりますが、保育士が転職先を探すにはどうしたらいいか。 そのことについては 転職サイトを利用することです。 自分で気になる会社へ直接面接を希望するよりも、登録することで自分をサポートしてくれる担当者がついてくれる転職サイトを使えば自分の希望条件に近い職場をピックアップして紹介してもらえます。 保育士資格を活かした保育施設以外の求人が知りたい時 保育士として保育施設以外の求人を知りたいのであれば保育士転職サイトのとうろくがよろしいでしょう。 大手のマイナビ保育士• 担当者が全員女性の保育エイド• 非公開求人が多いスマイルサポート保育 などなど 保育士転職サイトごとに特化しているサービスや求人が違います。 大手の転職サイトへの登録の他にもいくつか登録することで、希望に近い求人に出会う確率が上がります。 他業種の求人が気になる場合 それぞれの 担当者へ他業種への転職も検討中と相談してみるのも良いでしょう。 保育士転職サイトの担当者は、さまざまな保育士をサポートしてきています。 保育士の悩みにも詳しいですし、対応策などの提案もしてくれます。 まとめ わたしもいくつかの業種を経験してきましたが、どこにでも仕事のストレスは必ずあります。 そして、自分が一番やりたい仕事がなんだかんだで一番やりがいを感じやすく我慢もできるのです。 保育士は誰もができる仕事ではなく、大人になるうえで大事な基礎に当たる時期を保育士が一緒になって手助けをし、子どもたちからもいろんなことを教えてもらえる素晴らしい仕事です。 別の職種にどうしても転職したいという気持ちが強く、業務に支障が発生するようであれば転職をしてみるのも大事なことです。 迷っているのであれば、保育士転職サイトの担当者に相談をしてみることが問題解決の第一歩になるかもしれません。

次の