新 生姜 生姜 違い。 新生姜の保存方法や選び方のコツ!新生姜の栄養と効能は何?

新生姜とは?生姜との違いは?旬の時期やおすすめの食べ方も紹介!

新 生姜 生姜 違い

『 生姜』と『 新生姜』。 同じ生姜なのに全く見た目が違う食べ物ですが、 いったいなにが違うのでしょうか? 私は生姜はよく使うんですが、 新生姜はあまり食べたことがありません…。 新生姜と生姜の違いとは?• 新生姜の美味しい食べ方とは?• 新生姜の保存の仕方とは? について詳しくお話しします。 生姜も新生姜も体にを温める 健康的な食材です。 美味しい食べ方と保存法を知っていれば、 冷房冷えする夏も寒い冬も 生姜パワーで乗り切れるハズです!• 新生姜と生姜の違いとは? 新生姜と生姜の違いはずばり!• 新しく育った部分の生姜か• 種生姜か• 収穫からどのくらいで出荷されるか の3点です。 それぞれの意味を確認しつつ、 詳しくみていきましょう。 新生姜の意味とは? まずは 新生姜です。 新生姜とは種として使った生姜の上の部分に 新しく育った部分のこと。 見た目通り、味もみずみずしく 普通の生姜と比べて辛味も穏やかです。 新生姜として販売されるものには2種類あり、• 秋の収穫後すぐに出荷されるもの• 夏に早めに収穫されるもの をまとめて 『新生姜』と呼びます。 どちらにしても、新生姜は 収穫後すぐに出荷されます。 〇材料 (2~3人分)• 新生姜 2~3本• 卵 2個• マヨネーズ 大さじ2• 塩胡椒 少々• パセリ お好みで適量 〇作り方• 生姜をよく洗い、 スプーンで皮をこすり落として みじん切りにする• 卵をゆでる• ボールに材料をすべていれ、 よく和えて完成 新生姜の保存の仕方とは? せっかくの新生姜、 上手に保存して長く楽しみたいですよね! おすすめの保存法を3つご紹介します。 これが一番長持ちします。 やり方は簡単で、• 新生姜をよく洗って水気を切り、 好きな大きさにカット(すりおろしてもOK)• 生姜を濡らしたキッチンペーパーで包み ラップをしておけば、 乾燥を防ぐことができます。 新生姜は冷蔵庫では長期保存できません。 できるだけ早く食べ切ってくださいね。 〇材料• 新生姜 300g• 酢(米酢)300g• 氷砂糖 100g• 蜂蜜 大さじ1• 塩 少々 〇作り方• 生姜をよく洗い、 スプーンで皮をこすり落として 好みの薄さに切る• 保存容器を熱湯消毒する• 保存容器に材料をすべて入れる• 冷凍保存• 甘酢漬けにして保存 をしましょう。

次の

生姜の種類とガリの違い 甘酢漬けの食べ過ぎはダメ?効果は?

新 生姜 生姜 違い

生姜と新生姜の栽培や収穫の違い 生姜と新生姜は、実は同じものなんです。 でも、見た目や食感などがずいぶん違いますよね。 実は、収穫や出荷などに違いがあるようです。 早速、生姜から見ていきましょう! 生姜 通常、生姜というと、茶色っぽい皮に覆われた生姜を思い浮かべますよね。 正式には「ヒネショウガ」と呼ばれます。 すりおろすとケバケバと繊維がありますよね。 ヒネショウガの栽培方法は、ジャガイモと似ています。 まず、「種生姜」と呼ばれるものを土に植えます。 すると、一か月くらいで葉が生えてきて、種生姜から、新しくコブのようなものがでてきます。 これがヒネショウガです。 生姜は、秋に収穫され、2~3カ月貯蔵してから出荷されます。 貯蔵している間に、生姜は茶色っぽくなり、繊維質も増え、あの独特なヒネショウガへと変化します。 新生姜 新生姜には、2種類あります。 種生姜から生えた小さなコブを収穫し、すぐに出荷したものです。 先端が薄紅色なのが特徴。 ヒネショウガを収穫後すぐに出荷したもので、薄紅色ではありません。 同じ点は、収穫後に 貯蔵せずに、すぐに出荷するします。 【生姜と新生姜】味の違い 生姜(ヒネショウガ)はツンとした辛味が特徴。 辛味が強いので、薬味としてちょこっとのせたり、炒め物や煮ものの風味付けに使います。 新生姜はヒネショウガに比べ、水分を多く含んでいるので、みずみずしくてシャキシャキとした歯ごたえが特徴。 爽やかな辛味が後を引きます。 【生姜と新生姜】保存方法 生姜も新生姜も、水分が付いているとそこから傷みやすいので、洗った後はしっかり水分をふきとりましょう。 15度となると、真夏以外の風通しの良い冷暗所くらいがちょうどよいかもしれません。 保存方法 水分が多いので上手に保存しないとカビが生えてしまいます。 長期保存には向いていません。 高い温度も低すぎる温度も苦手です。 洗った新生姜の水分を良く拭き取り、新聞紙包んでざるなどの通気性の良い入れ物に入れ、風通しの良い場所に保存します。 その際、ポリ袋の口はしっかりと閉めずに軽く閉じましょう。 しっかり閉じてしまうと、生姜が呼吸できず、水分がこもってカビやすくなります。 使うときは凍ったまま使いたい分だけ、すりおろして使います。 ・スライスやみじん切り、千切り お好みの形にカットし、ジップ付きの保存袋に平らに入れます。 使いうときは、凍ったまま使いたい分だけポキッと折って取りだして使います。 そのまま冷ややっこに乗せて、薬味にしたり、炒め物に使えます。 容器に入れて保存します。 煮ものや、紅茶やホットハチミツレモンなどのホットドリンクに使うとおいしいです。 新生姜は水分が多いというのがおいしい特徴なので、干すのは向いていません。 「漬ける」というひと手間かけることで、おいしくて保存期間も長いという一石二鳥の保存方法です。 甘酢漬けや醤油漬け、焼酎漬けなど、色々とあります。 包丁の背やスプーンなどを使うとやりやすいです。 殺菌と辛味抜きです。 アルコールが強いですが、火を通す料理に使えば、お子さんやアルコールが苦手な方でも食べられます。 ハタナカ!の疑問 バラエティ番組 『日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ! 優越館』でとりあげられる、下記の3つの項目について見てみましょう。 詳しくは、を読み返してくださいね。 生の生姜には、「ジンゲロール」という末端の血流を改善する働きがあります。 さらに、注目すべきは「ショウガオール」。 「ショウガオール」とは、生姜を加熱か乾燥させることで、ジンゲロールが変化してできる成分です この両方を摂取することで冷え性を改善させ、体を温めることができます。 冷蔵庫より、風通しの良い冷暗所がおススメです。 詳しくは、を読み返してくださいね。

次の

新生姜とウコンとみょうが!生姜との違いとは?

新 生姜 生姜 違い

新生姜と生姜は同じです。 皆さんは新生姜と根生姜が同じ生姜であることをご存知でしょうか? 通常根生姜は10月以降に収穫され、貯蔵庫に寝かされます。 冬を越していくと、収穫当時新生姜のように白かった色が 茶色く変色していきます。 そして、辛味も強くなるのです。 つまり、新生姜を保存して寝かせたものが根生姜です。 皆さんが春先に食べている生姜は、おそらくその数ヶ月前に収穫された生姜なのです。 余談ですが、GINGER FACTORYの生姜を「新鮮な生姜」と表現してくださる お客様がいらっしゃいますが 実際のところ「新鮮な生姜」と「新鮮ではない生姜」は存在せず、 保存状態が生姜の見た目の良し悪しが差を分けるのです。 また、生姜は一年保存することが可能ですので 11月に出荷される生姜は1年前の生姜の可能性もあります。 種生姜と根生姜も基本的に同じです。 3月〜6月にかけて販売される「種生姜」ですが、 こちらも基本的に通常食用にしている生姜と同じです。 前述にもある通り、新生姜を寝かせて越冬したものが 種生姜と食用の根生姜として販売されるのです。 GINGER FACTORYでは生姜と種生姜を区別してはいませんが 「種生姜」と表記をしないと消費者にとってはわかりにくいことから 「種生姜」の販売を行っております。 ですので、販売時期から外れて種生姜が欲しい時は 通常の生姜を植えるので問題ないんです。 ただ、生姜も時期やエリア、生姜のコンディションによって 芽が出にくいものもあるので種植えする場合はご注意ください。 スーパーなどで購入した生姜を種にする場合は 一度芽出しをしてから種植えすることをお勧め致します。 新生姜の旬はいつですか? これに関しては過去のブログにも書いているので、 そちらをご覧ください。 市場に出回る新生姜には基本的に「ハウス栽培」と「露地物」がありますので 本当の旬は9月〜10月なのかもしれません。 新生姜を植えても芽が出ますか? これも、新生姜の季節に多い質問ですが、 「新生姜を植えても芽は出ますか?」という疑問があります。 ちょっとやったことはありませんが、 新生姜から芽は出にくいと思います。 理由は2つ 1つ目は、新生姜から芽が出てきているものを見たことがないから 2つ目が、新生姜が出回る時期が種植えの時期と違うから です。 1つ目は表現が難しいのですが、過去の経験から なんとなく難しいのではないかと思います。 根生姜を放置していると芽が出てきているのを見ますが 放置された新生姜から芽が出てきているものを見たことがありません。 芽が出る前に腐ってしまうんだと思います。 2つ目は生姜の種植えが3月〜6月ですので、 収穫された新生姜(7月〜9月に収穫されたもの)を植えるのには 物理的に無理かがあるのかもしれません。 新生姜はいつまで販売していますか? 生姜の収穫は「10月末から霜が降りる時期まで」と言われていますので 新生姜は基本的には11月ごろまで畑にあるんです。 でも、スーパーなどでは秋口になると新生姜をみかけませんよね。 ここが、新生姜と根生姜を区別するとろのグレーゾーンなんです。 収穫した生姜を寝かせると根生姜になる と先ほどお書きしましたが、実は土の中でも生姜は徐々に色づき 辛味を帯びてきます。 消費者が新生姜に求めるイメージは 白くて瑞々しくて、適度な辛味のあるものなのですが 秋口の新生姜は若干色づき、若干辛味も帯びてくるので 消費者の求める新生姜と呼べるのかが難しくなり、 出荷されない事態が起こるのです。 まとめ 如何でしたでしょうか。 生姜は一年通して市場にあり、 夏は新生姜、春は種生姜という形で販売するので ちょっとわかりにくいですよね。 文章で説明するのにもかなり難しい部分があるので 今回の記事では理解できな部分もあるかと思いますが 過去にもたくさんの生姜に関しての説明を書いていますので 是非ご覧ください。 長文大変失礼いたしました。 より素敵な生姜ライフをお過ごし下さい。

次の