ちび まる子 ちゃん 家 系図。 クレヨンしんちゃんの登場人物一覧

ちびまる子ちゃんの登場人物

ちび まる子 ちゃん 家 系図

アニメや漫画に、実話や作者の実体験などを盛り込んでいくのは一般的な方法ですが、その「 実体験をアニメにする」というのをオーソドックスな形にした代表例とも言える「 ちびまる子ちゃん」。 ちびまる子ちゃんは、作者である さくらももこが小学校3年生の時に出身地である静岡県の清水市で起きた出来事をアニメ化したものです。 日曜日の夕方からスタートするちびまる子ちゃんを観ながら 夕飯を食べ、その週を締めくくるのは日本の習慣と言っても過言ではないでしょう。 スポンサーリンク 明るく元気でおっちょこちょいなちびまる子ちゃんは、私たちに元気や癒しを与えてくれます。 しかし、そんなイメージとは全く反対の一面を持っている、 暗くて黒い設定をみなさんにお伝えしたいと思います。 本当にあった話なのか、ただの噂なのか、それではスタートです。 実話だけど明かせない、本当の出来事 小学3年生から進まないちびまる子ちゃんですが、当然、実際はしっかり歳をとっていきます。 家族構成は、アニメや漫画にも登場している方々が実際にいるわけですが、現在はいったいどうなっているのか、それぞれ以下のようになっています。 まる子 当然ですが 漫画家です。 本名はさくらももこですが、ちびまる子ちゃんの名前の由来はちびな子供で ちび丸となり、女の子だから「 ちびまる子」となったようです。 まる子の姉(さきこ) いつもしっかりしていて、まる子を叱ったり面倒をみたり、二人目のお母さん的なポジションですが、成人後、 男に騙され多額の借金を背負い、それを返済するために夜の仕事を始めました。 そのせいで男性恐怖症となり、 家に引きこもり、母親と一緒にひっそりと暮らしているそうです。 お父さん(ヒロシ) 作中では仕事をしているそぶりを見せませんが、実際は 八百屋を経営していたようです。 しかし、多額の借金を作り、それを返さずに家を出て行ってしまいました。 借金の理由は ギャンブルや 女性関係と噂されているようですが、実際のところは不明のようですね。 お母さん(すみれ) お父さんがいなくなってしまい、そのせいで元気をなくしてしまい、今ではまる子の姉と 年金生活をしているそうです。 作中ではまる子に口うるさく説教をしていますが、時には優しい言葉でまる子を励まし、まる子だけではなく、さくら家の良き支えとなってくれていました。 そんなお母さんの姿ももう見られないのですね。 ここまででもかなりダークな話になってしまっています。 しかし、まだまだ 暗い話は続きます。 それでは続きです。 まだまだ続く暗い事実?! おじいちゃん(友蔵) 実際のまる子のおじいちゃんはすごく 意地悪で、まる子と 仲が悪かったそうです。 仲が悪すぎて、小学校6年生の時に亡くなったおじいちゃんのお葬式の時にお寿司をみて「 わーい、お寿司だ!」とお気楽な態度をとってしまったようです。 なので、アニメに登場する人が良すぎるおじいちゃんは「 まる子の理想像」として描かれているわけですね。 スポンサーリンク おばあちゃん(こたけ) いつものんびりしているおばあちゃんですが、まる子の父の失踪と借金に絶望して、居間で 自殺をしてしまったという話です。 生前はどんなに古い物でも「 もったいない」とか「 ダメなものでも薬になる」と言い、なんでも食べていたみたいです。 おじいちゃんとともに、さくら家を和ませてくれる役割をしてくれているだけに、非常に残念な話でした。 ゆみこちゃん 数年前くらいからちびまる子ちゃんを見だした方は、ゆみこちゃんの存在を知らない方も少なくないと思います。 連載当初、まる子とたまちゃん、ゆみこちゃんの 仲良し三組で行動していましたが、今ではまったく登場しなくなってしまいました。 その理由としては、ゆみこちゃんが 自殺をしてしまったからなのです。 親友を亡くしたまる子とたまちゃんですが、現在は元気にしているということが救いですね。 借金や死んでしまったという 衝撃的なフレーズがたくさん飛び交ってしまい、かなり ショッキングな話を書いてしまいましたが、やっぱり「ちびまる子ちゃん」は明るさ、楽しさ、感動を与えてくれるものです。 最後に感動の話で締めくくりましょう。 プレゼントは肩たたき券 いつも陰ながらまる子たちを見守ってくれている、 おばあちゃんの話です。 その回ではおばあちゃんが 誕生日を迎え、お祝いするのですが、定番というか鉄板というべきか、まる子はおばあちゃんの誕生日を忘れていました。 そして、まる子はおばあちゃんに 肩たたき券をプレゼントしようとします。 おばあちゃんの部屋に行くまる子は、 おばあちゃんの部屋で以前プレゼントした肩たたき券や、まる子たちがおばあちゃんに渡した 手紙などを発見するのです。 ここでまる子は目に 涙を浮かべます。 その日の夕方にまる子とお姉ちゃんが庭で遊んでいるのを見て、昔を思い出させてくれてありがとうというセリフを残します。 おばあちゃんを見ていた 父(ヒロシ)も感動し、目に涙を浮かべ、出かけに行って帰ってくるときに、おばあちゃんと父は夕日を背景に歩くシーンがあります。 このシーンでは普段 なまけているばかりの父と、 優しいおばあちゃんの 親子の絆を作品に映し出しているわけです。 悲しい現実もありましたが、こういったシーンを作者であるさくらももこが描いているということは、現実世界のさくらももこの二人への 感謝の気持ちが投影された結果だと言えるでしょう。 最近では、放映回数が多くなりすぎて、実話ではない話も出てきていますが、今後もさくら一家が与えてくれるものを 日曜日の夕方に吸収し、翌日から始まる新しい週を明るく過ごしましょう。 スポンサーリンク.

次の

ちびまる子ちゃん、家族のキャラクター(性格)と年齢一覧

ちび まる子 ちゃん 家 系図

『ちびまる子ちゃん』声優一覧!交代したキャラクターは? キャラクター 声優 さくら ももこ まる子 小学3年生(3年4組)の『ちびまる子』ちゃんの主人公。 なまけもので、へらず口を叩くが、情に厚く優しい女の子。 TARAKO 原作者の さくらももこ の肉声に近い声だったとして まる子役に抜擢。 聞けばすぐに分かる特徴的な声。 さくら ヒロシ お父さん まる子の40歳の父親。 いい加減で呑気な性格。 釣りと野球が好きで巨人ファン。 屋良有作 『ドクタースランプ』則巻千兵衛役、『聖闘士星矢』のアイオロスとトール、『報道特集』のナレーション、アーノルド・シュワルツェネッガーの吹き替えなど、多くのジャンルで活躍する声優の大御所。 さくら すみれ お母さん まる子の40歳の母。 まる子の言動に呆れたり、叱ったりするが、面倒見の良いしっかり者。 一龍斎貞友 『クレヨンしんちゃん』マサオくん、『忍たま乱太郎』福富しんべヱの声優で知られるほか、講談師としても活動している。 さくら さきこ お姉ちゃん しっかり者で、まる子と違ってクールな性格。 西城秀樹の大ファン。 水谷優子 担当1992-2016) ミニーマウスの声、『ブラックジャック』ピノコなどの声優として親しまれてきたが、2016年乳がんのため51歳の若さで亡くなる。 さくらさきこ役を水谷の後任として2016年6月の放送より担当。 さくら友蔵 おじいちゃん まる子を甘やかす能天気で優しい祖父。 いつでもまる子の味方をしてくれる。 富山敬 担当1992-1995 『タイガーマスク』伊達直人、『キャンディ・キャンディ』テリィ、『銀河鉄道999』大山トチローなど幅広い役をこなした声優。 1995年にすい臓がんのため亡くなる。 後任の青野とは生前から交流があった。 2012年に惜しまれつつ他界。 青年から老人役まで幅広い役をこなす。 さくら こたけ おばあちゃん 昔からの知恵をたくさん知っている まる子の祖母。 おっとりした性格だが、たまに鋭い指摘をすることがある。 佐々木優子 『ズートピア』ボニー・ポップス役を担当。 吹き替えでは、サンドラ・ブロック、ヘレン・ハントなど、色気のある大人の女性を演じることが多い声優。 穂波たまえ たまちゃん まる子の親友で、優しく真面目な性格。 いい加減なまる子を、たしなめることも多い。 渡辺菜生子 『ドラゴンボールZ』チチ、『モリゾーとキッコロ』キッコロの声優で知られる。 ふんわりとした優しい声に定評がある。 戸川先生 まる子の担任 眼鏡をかけた3年4組の担任の先生。 生徒にも丁寧に話し、実直な性格。 怒ることは、ほとんどない。 掛川裕彦 『ちびまる子ちゃん』では佐々木のじいさんの声も兼任。 深みがありハリのある声で、年配の男性を演じることが多い声優。 丸尾末男 まるおくん 眼鏡をかけた学級委員長。 飛田展男 『キャプテン翼』若島津健、『カミーユ』などを担当。 やや高めの品のある声質で若い男性を演じることが多い声優。 花輪和彦 はなわくん キザで優しいお金持ちのお坊ちゃま。 菊池正美 『デジモンアドベンチャー』城戸丈、『ドラゴンボール超』モナカなどを担当。 花輪くんの独特のセリフは、キザな演技をオーバーに演じていって辿り着いた。 みぎわ花子 みぎわさん 自意識過剰な女の子。 花輪くんが好きで、ヤキモチ焼き。 ならはしみき 『クレヨンしんちゃん』野原みさえ役、『太鼓の達人 シリーズ』和田どんでも知られる声優。 日本ナレーション演技研究所で講師も務めている。 爆笑問題の田中裕二は従弟。 浜崎憲孝 はまじ ユニークな顔をした、お調子ものの男の子。 アンパンマン 』ナンダ・ナンダー姫を担当。 初期のはまじは、やや可愛らしいキャラ声だった。 声優以外に音響監督しても活動している。 富田太郎 ブー太郎 ブタのような鼻をした男の子。 はまじ、関口と仲良し。 松井摩味 (担当1990-2019途中休業) 『忍たま乱太郎』黒木庄左ヱ門、『Dr. スランプ アラレちゃん 』木緑あかねの声優を担当。 野口笑子 のぐちさん おかっぱ頭のお笑い好きな女の子。 田野めぐみ 『イナズマイレブン』壁山塀吾郎、壁山塀吾郎で知られる声優。 永沢君 ながさわくん たまねぎ頭の男の子。 皮肉屋で友達の藤木くんにも厳しく意見することがある。 茶風林 『サザエさん』2代目・波平役、『名探偵コナン』目暮警部役の声優として知られる。 芸名の茶風林はチャップリンからきている。 関口しんじ まる子にいじわるをすることもあるが、根はやさしい坊主頭の男の子。 津久井教生 『スクライド』のクーガー役などを担当する声優。 ミュージシャンとしても活動し、Eテレ『ニャンちゅう』の中で使われる曲を多く手掛ける。 藤木茂 ふじきくん 唇が青く、ネガティブな男の子。 永沢くんと一応 仲良し。 中友子 『ときめきメモリアル』紐緒結奈、『ONE PIECE』ヒナ役などを担当する声優。 山根強 やまねくん 胃腸が弱く、大事なときにお腹がいたくなる。 城みちるの大ファン。 大野くん おおのくん 正義感が強く、さわやかでサッカーが得意。 クラスのリーダー的な存在の男の子。 アニメファンの間では、山口勝平と声が似ていると話題になったことがある。 山田笑太 明るい性格の、少しおバカな男子。 山本圭子 『サザエさん』2代目・花沢花子、『天才バカボン』バカボンが代表作の声優。 大石先生を兼任している。 ナレーション 登場人物の言動に、「天の声」で冷静な声でツッコミを入れる。 キートン山田 『宇宙戦艦ヤマト』加藤三郎、『ドラゴンクエスト』ヤナックなどを担当。 冷酷でニヒルな男性役を演じることが多い声優。 ナレーターとしても活躍している。 「後半へつづく」というセリフはキートン山田さんのアドリブから生まれた。

次の

ちびまる子ちゃん一家の年齢&プチ雑学まとめ

ちび まる子 ちゃん 家 系図

アニメや漫画に、実話や作者の実体験などを盛り込んでいくのは一般的な方法ですが、その「 実体験をアニメにする」というのをオーソドックスな形にした代表例とも言える「 ちびまる子ちゃん」。 ちびまる子ちゃんは、作者である さくらももこが小学校3年生の時に出身地である静岡県の清水市で起きた出来事をアニメ化したものです。 日曜日の夕方からスタートするちびまる子ちゃんを観ながら 夕飯を食べ、その週を締めくくるのは日本の習慣と言っても過言ではないでしょう。 スポンサーリンク 明るく元気でおっちょこちょいなちびまる子ちゃんは、私たちに元気や癒しを与えてくれます。 しかし、そんなイメージとは全く反対の一面を持っている、 暗くて黒い設定をみなさんにお伝えしたいと思います。 本当にあった話なのか、ただの噂なのか、それではスタートです。 実話だけど明かせない、本当の出来事 小学3年生から進まないちびまる子ちゃんですが、当然、実際はしっかり歳をとっていきます。 家族構成は、アニメや漫画にも登場している方々が実際にいるわけですが、現在はいったいどうなっているのか、それぞれ以下のようになっています。 まる子 当然ですが 漫画家です。 本名はさくらももこですが、ちびまる子ちゃんの名前の由来はちびな子供で ちび丸となり、女の子だから「 ちびまる子」となったようです。 まる子の姉(さきこ) いつもしっかりしていて、まる子を叱ったり面倒をみたり、二人目のお母さん的なポジションですが、成人後、 男に騙され多額の借金を背負い、それを返済するために夜の仕事を始めました。 そのせいで男性恐怖症となり、 家に引きこもり、母親と一緒にひっそりと暮らしているそうです。 お父さん(ヒロシ) 作中では仕事をしているそぶりを見せませんが、実際は 八百屋を経営していたようです。 しかし、多額の借金を作り、それを返さずに家を出て行ってしまいました。 借金の理由は ギャンブルや 女性関係と噂されているようですが、実際のところは不明のようですね。 お母さん(すみれ) お父さんがいなくなってしまい、そのせいで元気をなくしてしまい、今ではまる子の姉と 年金生活をしているそうです。 作中ではまる子に口うるさく説教をしていますが、時には優しい言葉でまる子を励まし、まる子だけではなく、さくら家の良き支えとなってくれていました。 そんなお母さんの姿ももう見られないのですね。 ここまででもかなりダークな話になってしまっています。 しかし、まだまだ 暗い話は続きます。 それでは続きです。 まだまだ続く暗い事実?! おじいちゃん(友蔵) 実際のまる子のおじいちゃんはすごく 意地悪で、まる子と 仲が悪かったそうです。 仲が悪すぎて、小学校6年生の時に亡くなったおじいちゃんのお葬式の時にお寿司をみて「 わーい、お寿司だ!」とお気楽な態度をとってしまったようです。 なので、アニメに登場する人が良すぎるおじいちゃんは「 まる子の理想像」として描かれているわけですね。 スポンサーリンク おばあちゃん(こたけ) いつものんびりしているおばあちゃんですが、まる子の父の失踪と借金に絶望して、居間で 自殺をしてしまったという話です。 生前はどんなに古い物でも「 もったいない」とか「 ダメなものでも薬になる」と言い、なんでも食べていたみたいです。 おじいちゃんとともに、さくら家を和ませてくれる役割をしてくれているだけに、非常に残念な話でした。 ゆみこちゃん 数年前くらいからちびまる子ちゃんを見だした方は、ゆみこちゃんの存在を知らない方も少なくないと思います。 連載当初、まる子とたまちゃん、ゆみこちゃんの 仲良し三組で行動していましたが、今ではまったく登場しなくなってしまいました。 その理由としては、ゆみこちゃんが 自殺をしてしまったからなのです。 親友を亡くしたまる子とたまちゃんですが、現在は元気にしているということが救いですね。 借金や死んでしまったという 衝撃的なフレーズがたくさん飛び交ってしまい、かなり ショッキングな話を書いてしまいましたが、やっぱり「ちびまる子ちゃん」は明るさ、楽しさ、感動を与えてくれるものです。 最後に感動の話で締めくくりましょう。 プレゼントは肩たたき券 いつも陰ながらまる子たちを見守ってくれている、 おばあちゃんの話です。 その回ではおばあちゃんが 誕生日を迎え、お祝いするのですが、定番というか鉄板というべきか、まる子はおばあちゃんの誕生日を忘れていました。 そして、まる子はおばあちゃんに 肩たたき券をプレゼントしようとします。 おばあちゃんの部屋に行くまる子は、 おばあちゃんの部屋で以前プレゼントした肩たたき券や、まる子たちがおばあちゃんに渡した 手紙などを発見するのです。 ここでまる子は目に 涙を浮かべます。 その日の夕方にまる子とお姉ちゃんが庭で遊んでいるのを見て、昔を思い出させてくれてありがとうというセリフを残します。 おばあちゃんを見ていた 父(ヒロシ)も感動し、目に涙を浮かべ、出かけに行って帰ってくるときに、おばあちゃんと父は夕日を背景に歩くシーンがあります。 このシーンでは普段 なまけているばかりの父と、 優しいおばあちゃんの 親子の絆を作品に映し出しているわけです。 悲しい現実もありましたが、こういったシーンを作者であるさくらももこが描いているということは、現実世界のさくらももこの二人への 感謝の気持ちが投影された結果だと言えるでしょう。 最近では、放映回数が多くなりすぎて、実話ではない話も出てきていますが、今後もさくら一家が与えてくれるものを 日曜日の夕方に吸収し、翌日から始まる新しい週を明るく過ごしましょう。 スポンサーリンク.

次の