住居確保給付金 課税対象。 【住居確保給付金】コロナで収入減…家賃の支給で住まいを守る「住居確保給付金」を解説!

新型コロナウイルスの影響で家賃が払えない!そんな時は住居確保給付金!

住居確保給付金 課税対象

生活困窮者自立支援法(平成25年法律第105号)第5条に基づき、離職、自営業の廃業、またはこれらと同等の状況に陥ったことにより、経済的に困窮し、住居を喪失した方又は住居を喪失するおそれのある方を対象に、家賃相当額(上限あり)を支給する制度です。 (注意事項) 令和2年4月20日改正:これまで支給対象者は、「離職又は廃業した日から2年を経過していない方」としていましたが、「離職又は廃業には至っていないが給与等が減少して生活に困窮されている方」も支給対象に含まれることとなりました。 令和2年4月30日改正:これまでの公共職業安定所求職申込み要件が不要となりました。 1相談・申請方法 ご相談・申請は、窓口で受け付けます。 (市役所第二庁舎1階福祉総務課) (注意事項)現在窓口が混み合っていますので、事前にお電話でご相談ください。 (電話046-225-2895) 2支給要件 「離職又は自営業を廃業した方」又は「休業等に伴う収入減少により、離職・廃業には至らないが、それと同等状況の方」で支給要件が異なります。 離職又は自営業を廃業した方 休業等に伴う収入減少により、離職・廃業には至らないが、それと同等の状況のかた 【要件1】 離職等により経済的に困窮し、住居を喪失した又は住居を喪失するおそれがある者。 【要件1】 やむを得ない休業等により、経済的に困窮し、住居を喪失した又は住居を喪失するおそれがある者。 【要件2】 申請日において、離職又は廃業の日から2年以内であること。 【要件2】 収入を得る機会が自身の責めに帰すべき理由や自身の都合によらない理由で減少したことにより、離職や廃業と同等の状態であること。 【要件3】 離職等の日において、申請者が世帯の主たる生計維持者であること。 【要件3】 申請日の属する月において、申請者が世帯の主たる生計維持者であること。 【要件4(共通)】次のすべてに該当すること。 申請日の属する月における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計額が「基準額((注意事項))に申請者の居住する賃貸住宅の家賃額を合算した額以下であること。 ((注意事項))基準額とは市町村民税均等割が非課税となる収入額の12分の1の額をいいます。 申請日における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の所有する金融資産の合計額が、基準額の6倍(ただし100万円が上限)以下であること。 国の雇用施策による職業訓練受講給付金又は地方自治体等が実施する離職者等に対する住居の確保を目的とした類似の給付等を、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者が受けていないこと。 申請者及び申請者と同一の世帯に属する者のいずれもが暴力団員ではないこと。 3支給額 月ごとの家賃(生活保護法に基づく住宅扶助の上限)を支給します。 ただし、世帯の収入合計額が基準を超える場合は、一部支給となります。 4支給期間 原則3ヵ月間 ただし、誠実かつ熱心に求職活動を行っている等、一定の要件を満たす場合には、申請により3か月間を限度に支給期間を2回まで延長することができます。 (最長9か月間) (公開日:令和2年4月30日) 関連ファイル• 関連ページ• [他のサイトへ移動します ].

次の

【住居確保給付金】コロナで収入減…家賃の支給で住まいを守る「住居確保給付金」を解説!

住居確保給付金 課税対象

目次(タップで移動)• 住居確保給付金について 住居確保給付金とは、 家賃の支払いが難しいとき、国や自治体が家賃相当額を直接大家や管理会社へ支払ってくれる制度です。 原則として3ヶ月、家賃給付を受けれ、 場合によっては延長手続きができ、最大で9ヶ月の家賃給付が受けられます。 また、このときの 返済義務はありません。 この制度は、平成27年から始まった「」による支援の1つで、離職、廃業、休業等による収入の減少により住居を失った方、または失うおそれの高い方に、一定期間、国や自治体が家賃相当額を支給し、 住まいと就労機会の確保に向けた支援を行うものです。 つまり、コロナのために設置された制度ではありません。 しかしコロナの影響で、収入が減り家賃支払いが厳しくなった世帯もために、 もとの給付要件よりもかなり緩和され、受けやすい制度となっています。 どのように緩和されたのかも含め、 住居確保給付金の対象者となる条件をみていきましょう。 住居確保給付金の申請対象となる金融資産額 住居確保給付金の申請条件として、同一世帯全員の金融資産額の上限額が決まっています。 ここでいう金融資産額は「預貯金」のことです。 銀行に預けているお金、たんす貯金額の総額を指します。 株式やFXなどの投資信託、保険などは対象外とされます。 また注意点として、借入れがある場合の相殺はしません。 つまり、消費者金融から借金があるからといって、貯蓄額から借金額が引かれてみられることはありません。 あくまでも 住居確保給付金の申請時点での「預貯金額」が審査対象です。 おれ悪いことなーんもしてへんのに、出勤日数も勤務時間も減って、給料も減ったお!ぷんぷんまるっ! と、いうことです。 サラリーマンとしてやアルバイトとして、雇われていることに変わりはないのですが、コロナなどの影響でのお店休業、勤務時間短縮により給与が著しく低下し、生活が困窮している場合をさします。 全く出勤してなかった、と極端なものだけを対象とするのではなく、 元々の就労状況なども考慮した上で、 ひとりひとりの状況に応じて「離職・廃業と同程度」かどうかが判断されます。 「休業等により収入が減少したため離職・廃業と同程度の状況にある」の例 (例1)フリーで活動しているスポーツジムインストラクターにおいて、契約しているスポーツジムが一部休業することとなり、週4~5日活動していたところ週2~3日程度以下となった。 (スポーツジムのシフト表等で確認) (例2)フリーで通訳をしている者において、参加予定であった海外からのゲストを招いた2週間のイベントが自粛のため中止となった。 (イベント中止のチラシ、通訳として参加予定だったことが分かるメールの写し等で確認) (例3)アルバイトを2つ掛け持ちしている者において、景気の悪化により1つの事業所が休業となり、シフトがなくなった。 (事業所が休業となったことが分かるHPの写し等で確認) (例4)旅館業を営んでいる者において、自粛のため宿泊客からキャンセルが相次いだ。 (予約キャンセルのメールの写しや電話予約の場合は予約時とキャンセル時の電話受付メモ等又は「申立書」で確認) 引用: 家賃は いくらまで 支払ってくれの? 住居確保給付金の給付額は、各自治体により異なります。 これは、地域によって家賃相場が異なるためです。 都会と地方を例に、比較してみましょう。 例 東京23区の支給上限額• 単身世帯 53,700円• 2人世帯 64,000円• 3人世帯 69,800円 例 鳥取県米子市の支給上限額• 単身世帯 34,000円• 2人世帯 41,000円• 3人世帯 44,000円 2万円弱~の差がありますね。 住居確保給付金は「持ち家」は対象外 住居確保給付金は賃貸物件に住んでいるかたに向けた制度です。 持ち家でローンか支払えないから、 住居確保給付金を利用する、ということはできません。 A.基本的に申請から約2週間で大家へ入金がされます。 書類に不備があったらその分遅れてしまいますので、しっかり事前準備してください。 参考 住居確保給付金の対象外だった、でも家賃支払いが苦しい時の対応策 お住い自治体の収入額条件や資産条件など、自分はあてはまらなかったというかたもおられるかもしれません。 「あてはまらなかった=家賃支払いに余力がある」とは、決して思いません。 元不動産会社勤務(ブラック社畜)として、いくつか家賃負担を軽減できる方法をご提案します。 大家に家賃猶予をお願いする ダイレクトでど直球なやり方ですが、効果はあります。 家賃猶予交渉のポイント• 「全額」を待ってもらうのではなく、「一部」は支払う• 「いつまで」待ってもらえば払えるようになるかを、自分から約束をする• 誓約書を交わす提案をする• 住宅確保給付金は対象外だったことを伝える• 回答は急かさない。 大家に考える猶予を与える やれることは行ったが叶わず、家賃の交渉をしていることをそれとなく話に出し、 必ず支払うという意思をみせてください。 一部払いは1万円でも大丈夫です。 これも支払う意思があることを相手にわかってもらうための方法です。 ぶっちゃけ家賃の滞納を許すのは、大家にとってはかなりリスキーで避けたいこと。 しかし時節柄、事情をくみ取ってもらえる可能性はあります。 それにはあなたの誠意が必要です。 また、大家もいきなり言われると驚きます。 その場で答えを求めると、躊躇されるので、いったん持ち帰ってもらいましょう。 「大家さんのご主人様(奥様)にもお伝えいただき、ご検討いただけませんでしょうか」 などと言います。 また大家へ直接お願いするのではなく、管理会社へ談判しても大丈夫です。 「このような事情であるので、大家さんにお願いしてもらえないでしょうか。 」 いずれも交渉をする際は、節度や礼儀も忘れず、お願いされてください。 敷金を家賃払いへまわしてもらう 入居時に支払った敷金。 これは一時的に大家に預けているだけで、退去する際に借主へ返ってくるお金です。 これを家賃にまわしてくれるように、お願いします。 敷金を家賃にまわしてもらうポイント• 家賃にまわした敷金は、生活が落ち着いたら改めて預ける意思を伝える• 住宅確保給付金は対象外だったことを伝える• 生活がキツイことを、理由もつけて説明する• 回答は急かさない。 大家に考える猶予を与える この敷金の方法はさきに交渉した家賃を待ってもらう交渉よりは、話が通りやすいです。 このときも、「敷金は自分のお金なんだから」と大柄にならず、誠意をもってお願いしましょう。 家賃をクレカ払いにする 大家に直接交渉に行くのに抵抗を感じるかたは、いま支払っている家賃をクレカ払いにしましょう。 そうすることで、 実質的な家賃支払いの引き延ばしになります。 お住いの物件がクレジットカード払いに対応していない場合は、クレカリ賃貸というサービスがあります。 クレカリ賃貸は、不動産物件への支払い立て替えサービスです。 クレカリ賃貸に自分のクレジットカードと家賃振込口座を登録すれば、期限までに支払額の振り込みがされます。 住居確保給付金の 申請方法 住居確保給付金へ申し込むには、各自治体の自立相談支援機関担当部署へ 必要書類を郵送します。 必要書類 1.申請書等( 各自治体HPから様式をダウンロードする)• 生活困窮者住居確保給付金支給申請書• 住居確保給付金申請時確認書• 入居住宅に関する状況通知書 など 2.添付資料 本人確認書類 運転免許証,健康保険証,住民票などの本人が確認できるもののいずれかの写し ・氏名及び現住所が記載されているもの。 世帯員(同居の世帯員がいる場合) 世帯員の運転免許証、健康保険証、住民票などの本人が確認できるもののいずれかの写し。 離職又は廃業した場合に提出が必要な書面 以下のうちいずれかの写し• 離職票• 雇用保険受給資格者• 退職所得の源泉徴収票• 廃業届 離職又は廃業に至っていないが、収入が減少し、こうした状況と同程度の状況にある場合に必要な書面 減収したことが確認できる書類の写し(以下は例です)• 雇用主からの休業を命じる文書、• アルバイト等のシフトが減少したことがわかる文書、• 請負契約等のアポイントがキャンセルになったことがわかる文書 など 同居の世帯員がいる場合 世帯員の運転免許証、健康保険証、住民票などの本人が確認できるもののいずれかの写し 収入資産の確認書類• 預貯金通帳の写し(世帯全員分) 必要なページは各自治体でご確認ください。 給与明細(世帯全員分)必要な月は各自治体でご確認ください。 自営業、個人事業主、フリーランスの方などは、事業収入及び経費の額が分かるもの 必要なページは各自治体でご確認ください。 雇用保険(失業手当等)児童手当、児童扶養手当、年金などを受給している場合は、受給額が確認できるものの写し 住居関係 賃貸借契約書の写し 写しが必要なページは各自治体でご確認ください。 (以下は例です)• 所在地、物件名、家賃、入居者一覧がわかるぺージ• 貸主、借主、管理会社、不動産媒介業者が記載されているページ 注意点 上記の必要書類は一例です。 詳しくは各自治体のHPをみるか、電話などで問い合わせください。 役所では、「生活福祉部」「生活・就労支援センター」「社会福祉協議会」などが窓口として相談を受けられるようです。 ここも各自治体で異なりますので、総合受付や案内所で「 住居確保給付金の相談をしたい」と聞いてみてください。 住居確保給付金の各都道府県HP 各都道府県の 住居確保給付金HPまとめましたので、こちら参考ください。 【北海道・東北】 / / / / / / 【関東】 / / / / / / 【甲信越】 / / 【中部】 / / / / / / 【近畿】 / / / / / 【中国】 / / / / 【四国】 / / / 【九州・沖縄】 / / / / / / / 住居確保給付金のまとめ• 貸付ではなく給付金なので、返済の必要はない• 原則3か月、最長9か月• 離職、失業、仕事が減った時、家賃の支払いが困難なときに申請できる• 貯金額の審査がある• 各自治体、世帯数によって受給できる上限が異なる• 新型コロナ感染症流行から、離職者以外も対象者に• 新型コロナ感染症流行から、ハローワークで求職活動が不要に 住居確保給付金に関する参考資料• さいごに わたしが不動産会社に勤務していたときに、家賃について相談を受け、この制度をご案内したことが数回あります。 頑張ってるのにどうにもならないとき、「助け」を求めることは大切な選択です。 相談は早いほうが、的確な支援を受けられ、生活を立て直す期間が短縮されます。 一度ちからを借りて、立て直して、また前に進みましょう。 ハッピーレントライフ.

次の

新型コロナウイルスの影響で家計が苦しい。知っておきたい「貸付」と「給付」の制度・サービス

住居確保給付金 課税対象

この制度を設けることで、就労していた方や就労の意思がある方への支援を行い、生活保護受給者となることを防ぐといった役割も期待されています。 「住居確保給付金」の給付を受けるための要件 新型コロナウイルス感染症の流行を機に、このような制度が創出されたものの、もちろん誰でも給付を受けられるわけではありません。 こちらでは、住居確保給付金の給付を受けるための要件を、「支給対象者」と「支給要件」に分けてご紹介します。 「住居確保給付金」の支給対象者 厚生労働省の定める住居確保給付金の支給対象者は、以下に当てはまる方です。 申請日において離職後2年以内、または給与等が減少し同程度の状況にある方• 離職等の前に世帯の生計を主として維持していたこと• 国の雇用施策による給付等を受けていないこと 制度の制定当初は、「離職者のみを対象」としており、「65歳未満」の年齢要件や、「ハローワークでの求職活動要件」などが設けられていました。 ただ、離職者のみを対象としている点は、新型コロナウイルス感染症など個人に責任がなく給与等が減少した方を救済できないことが懸念され、改正に至りました。 具体的には、会社の休業や子どもの休校によって仕事ができず、収入が減少した方などがあてはまります。 また、ハローワークでの求職要件は、密閉・密集・密接のいわゆる「三密」を避けることが推奨されているなかで、ハローワークへ人が集まる事態を招きかねないと、制定当初から懸念が示されていました。 そこで、2020年4月30日、ハロワークでの求職要件が撤廃され、給付対象が大きく拡充されました。 この改正により、ハロワークに出向くことなく給付を受けることができるようになっただけでなく、本来ハロワークに行くことのないフリーランスや自営業の方も給付対象となりました。 また、65歳未満という年齢制限も撤廃されました。 これは、高齢化社会が進む日本において、65歳を超えても働き続けている方は珍しくなく、そういった方も新型コロナウイルス感染症の影響を受けていることから改正の運びとなりました。 ただし、4月1日にこの要件が緩和され、申請月以降であっても収入額が上記金額を下回ることを証明できれば、給付対象となることとなりました。 制度制定後に休業等を決めた会社も少なくなかったための措置です。 最後に注意しておきたいのは、要件を満たしていても給付を受けられない可能性があるということです。 それが「国の雇用施策による給付等」を受けているケースです。 具体的には、ハローワークに通う方が受ける「職業訓練受講給付金」を指しており、この給付を受けている場合は住居確保給付金の対象とはなりません。 また、自治体ごとに実施している家賃の支援策制度を利用している方も同様です。 ちなみに、「給与等が減少し同程度の状況」については、家賃滞納等の事実がなくても制度の利用は可能です。 「住居確保給付金」の支給要件 次は、住居確保給付金の支給要件についてです。 一部すでに触れた部分もありますが、以下でご紹介します。 家賃額は、住宅扶助特別基準額が上限。 就職活動要件:ハローワークでの月2回以上の職業相談、自治体での月4回以上の面接支援等 基準額等細かい計算については、厚生労働省のHPなどと照らし合わせて、ご自身が給付対象者かどうか確認しましょう。 8万円、2人世帯:19. 4万円、3人世帯:24. 4万円、2人世帯:78万円、3人世帯:100万円 3つ目の就職活動要件については、4月1日以降緩和されています。 本来の要件としては、「ハローワークでの月2回以上の職業相談、自治体での月4回以上の面接支援等」が必要でした。 ただ、前述の通り「三密」などの事態を招きかねないため緩和となりました。 具体的には、各自治体が認めた場合は電話等での対応も可能となりました。 また、回数の減免なども自治体の判断で行えるように定められました。 支給額と支給期間 必要な支援を必要な方に行き渡らせるためには、支給額や支給期間に関する定めが必要不可欠です。 この点について、厚生労働省は以下の通り定めています。 支給額:賃貸住宅の家賃額(上限は住宅扶助特別基準額)• 支給期間:原則3か月(就職活動を誠実に行っている場合は3か月延長可能(最長9か月まで)) 支給は原則3か月間ですが、就職活動を誠実に行っていると判断された場合は、最長9か月まで延長できます。 また、支給方法は受給対象に支払われるのではなく、家賃の支払先つまり大家さんの口座に振り込まれることになります。 給付までの期間 こういった制度を設けるうえで重要となるのが、申請から給付までのスピード感です。 とくに、新型コロナウイルス感染症の影響よる経済への影響は深刻なものとなっており、来月の家賃が払えないという方も大勢いるためです。 住居確保給付金の給付は、以下のようなフローで行われます。 申請者から全国の生活困窮者自立相談支援機関への相談・申請• 当該生活困窮者自立相談支援機関から各自治体への申請書等の送付• 各自治体から生活困窮者自立相談支援機関への決定通知• 生活困窮者自立相談支援機関から申請者への決定通知• 各自治体から賃貸人への家賃の代理納付(支給) 厚生労働省は、上記1~5までにかかる期間を、「おおむね2週間程度」としています。 まとめ 住居確保給付金制度自体は、以前からあったものの、新型コロナウイルス感染症の流行を受けて知ったという方も多いでしょう。 実際、今回改正された部分も少なくありません。 要件が多少複雑な点や、支給までにある程度の時間がかかるといった点はあるものの、現在困っている方や今後が不安な方は一度相談してみるのがよいでしょう。 この記事が気に入ったらシェアしよう!•

次の