簡単 バニラ アイス の 作り方。 手作りアイスクリームの簡単レシピ/作り方:白ごはん.com

生クリーム不使用!バニラアイス 作り方・レシピ

簡単 バニラ アイス の 作り方

ミキサーがなくても、ジェラートは作れますよ。 手順3までは同様で、そのあとの凍らせる方法が異なります。 いくつか方法を紹介しますので、使いやすいものでチャレンジしてみてくださいね。 泡立て器orハンドミキサーorスプーンを使う。 ボウルといったある程度高さがある容器に冷凍します。 1~2時間ごとに取り出して、泡立て器やハンドミキサーでなめらかにして、また冷凍庫に戻す……を3回繰り返します。 こまめに様子をみながら冷凍してください。 フリーザーパックに入れて冷凍し、手でもみこむ。 フリーザーパックにできるだけ薄くなるように入れて、しっかりと空気を抜きます。 温度が下がりやすいように。 金属製のトレイの上に置いて冷凍します。 1~2時間ごとに取り出して、フリーザーパックごともみこみなめらかにして、また冷凍庫に戻す……を3回繰り返します。

次の

簡単!ふわふわ〜なバニラアイス レシピ・作り方 by ☆ゆぅ♪☆|楽天レシピ

簡単 バニラ アイス の 作り方

マンゴーのミックスジュースを氷と塩でシャーベットアイスに まずは、ジュース、氷、塩、氷を入れるボウル、熱伝導の良いカップ容器(アルミのプリン容器など)を用意してください。 今回ガイドは、市販のマンゴーミックスジュース(濃縮還元100%果汁)とプリンカップを使いました。 氷と氷を入れたボウルの上にジュースを入れた容器を浮かべてジュースの変化を観察してみましょう。 果汁が凍る温度よりも氷と塩の寒剤の温度のほうが低いので、氷に接しているプリンカップの側面から徐々にジュースが固まり始め、スプーンでかきまぜているうちに全体が凍ってシャーベット状になっていきます。 実験が終わったら、固まったジュースはそのままおやつにどうぞ。 缶を転がしてできるアイスクリームの作り方 次にアウトドアでも作れるアイスクリーム作りに挑戦してみましょう。 写真はガイドが小さな茶筒で作ったアイスクリーム。 生クリーム、牛乳、タマゴ、砂糖という一般的なレシピのバニラアイスです。 茶筒にアイス液を入れ、ラップやテープでしっかり止めます。 大きい缶の中に茶筒をセットし、氷と塩を交互にビッチリ詰めます。 エアー マット(いわゆるプチプチ)やタオルで缶をくるみます。 20分ほど缶を転がせばアイスクリームの完成です。 大きな缶が手に入らない場合には、ボウルのなかでソフトクリーム液やシャーベット液をかき混ぜる方法が紹介された 、、ポリ袋のなかでアイス液をかき混ぜる方法が紹介されたが参考になるでしょう。 自由研究のテーマにするときのポイント・まとめ例 塩と氷でアイスクリームを作る実験を自由研究としてまとめてみました。 写真やグラフを入れたりタイトルを装飾すると見栄えがよくなります ガイドが作成した自由研究の見本シートです。 塩を入れた氷と食材を使ったアイスクリーム・シャーベット作りを自由研究のテーマにする場合は、実験だけでなく、事前の予想や実験・観察後の反省点も入れましょう。 今回ガイドは見本シートを1枚にまとめましたが、実験の様子を詳しく紹介したり、塩の量を変えた氷をいくつか用意したり、ジュースと水の凍り方を比べたり、寒剤や凝固点降下についてまとめたりすれば、研究内容を膨らませることもできます。 いかがでしたか? 「砂糖と氷でも温度が下がるの?」「氷だけだと何度くらいなの?」 お子さんからこんな質問が飛び出したら、ぜひ一緒に調べ学習や自由研究につなげてみてくださいね。 【関連記事】•

次の

アイスクリームのレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

簡単 バニラ アイス の 作り方

自由研究で作りました。 要点とドライアイスにしない理由も書いてあり、とても良かったです。 ありがとうございました。 バニラエッセンスが無かったので臭み消しに、ラム酒を使いました。 4番の時にキャップ1杯入れてアルコールを飛ばしました。 氷が融解する時、融解熱が必要なので周囲から熱を奪い、温度が下がるからです。 温度は下がるのに氷は早く溶けるという不思議な現象です。 冬に道路が凍結したときに融雪剤をまくのはその原理です。 溶解熱 塩は普通に氷が溶ける時より、 多くの熱を周りから奪うという性質もあります。 塩が溶解する時、溶解熱が必要なので周囲から熱を奪い、温度が下がるからです。 この氷点が低下することを氷点降下といいます。 温度が下がってもなかなか凍らないので、反応が止まることがなく温度が下がるということです。 氷点降下を利用した融雪剤をまけば、凍る温度より気温の方が高いので、凍結しにくくなるというわけです。 どんな時に便利? 冷凍庫のないキャンプ場で作るのに便利。 スキー場では、雪を使ってアイスクリーム作りを楽しむ人も多いです。 科学の実験みたいなので、お子さんの夏休みの自由研究にもいいと思います。 親子で科学の学習を兼ねて、遊びながら作るのも楽しいですよ。 温度は下がっても、お父さんの株は上がります。 氷と塩の割合は? 氷と塩の割合は、3対1の重さで。 注意することは? かなり冷たいので、 凍傷にならないように、軍手をはめるなどしましょう。 ドライアイスはNG? 氷の代わりにドライアイスは使わないで下さい。 ドライアイスは、気化すると体積が何百倍にもなります。 密閉されたペットボトルが破裂して、大ケガを負う事故が多発しているそうです。 生クリームを入れないでも作れるの? シャーベットみたいですが、作ることができます。 シャリッとして昔懐かしい味がします。 アルミ缶がいい? アルミが熱伝導がいいので、茶筒やコーヒー缶を用意しましょう。 なければ少し転がす時間が長くなりますが、牛乳パックやペットボトルでもかまいません。 取り出しにくいので缶切りで開けたら? アルミ缶の底を缶切りで開けようとしたのですが、我が家の缶切りでは開きませんでした。 カッターで切ったら? カッターで缶の下の方を切ると、すぐに切れたのですが、アイスクリームに色がつきました。 カッターなのかアルミの印刷なのか分かりません。 取り除いて食べることもできるかもしれませんが、このレシピでは、取り出しにくいかもしれませんが、刃物を使わない方法にしました。 アイスクリーム液の量は? 空気をふくませる必要があるので、容器の半分位になるように入れます。 アレンジできる? お好みで抹茶やココア、チョコチップ、小豆粒あんなどを入れてみましょう。 ジュースなどを容器に入れると、シャーベットができます。 下の写真はチョコチップ入りアイスです。 もう少し多くの量を作りたい場合は? 茶筒やコーヒー缶なら、4人分くらいの量が作れます。 外側の容器には、ミルク缶や筒型のタッパーなどを使うと、氷がたっぷり入って冷却能力がアップします。

次の