ファマス。 ファマス フェリンF1【ハンドメイドカスタム】

マスファミ HP

ファマス

トランペットの異名をもつ、フランスを代表するアサルトライフル ファマス 5. 56-F1は、フランス軍制式採用アサルトライフルとして知られるファマスを、スタイルや機能性、そして実用性までリアルに再現したモデルです。 エアソフトガンの機関部・メカBOXを本物同様にストック内に配置し、バレルの長さ、そして重量バランスにもリアリティを追求。 セレクタースイッチやセフティレバーの操作、そしてブルパップタイプ特有のマガジンチェンジなど、ファマスらしい使用感をたっぷりと楽しむことができます。 《主な特徴》• 独特なスタイルを再現:独特なバレル形状や大きくえぐれてホールドしやすいハンドガード、オープンサイトを配したキャリングハンドルなど、ファマスのフォルムを忠実に再現。 スパイク付きバットプレートにはラバーコーティングを施し、発射時の安定感も抜群です。 本物を感じさせる実射性能:ブルパップタイプのフォルムに合わせ、専用のメカBOXをストック内にレイアウト。 本物と同じサイズの銃身長と連射速度を実現し、ファマスらしい実射性能が体感できます。 バイポッド標準装備:キャリングハンドル前方に金属製のバイポッドを設置。 剛性が高く、未使用時には本体側面に折りたたむことができます。 各種オープンサイトを装備:左右調整可能なフロントサイトと、上下に調整できるリアサイトをキャリングハンドルに搭載。 また、ギミックとして夜間用サイトとグレネードランチャーサイトも再現しています。 ホップ調整も簡単:マガジン上部のポートカバーは、利き腕にあわせて左右の付け替えが可能。 ポートカバーを取り外してダイヤルを回すだけで、ホップのかかり具合を調整することができます。 プレス仕上げのリアルなマガジン:装弾数60発、本物同様のスチールプレス製のアウターケースを採用したマガジンが付属します。 2〜0. 28g) 動力源 8. 56-F1 種類 アサルトライフル• 4Vニッケル水素バッテリー専用の充電器をご使用ください。 (別途、変換コネクターセットが必要です。 1979年にフランス軍が制式採用したFA-MAS(ファマス)は、機関部をグリップより後ろに配置したブルパップタイプのアサルトライフルです。 フレーム上部にアーチをえがく大きなキャリングハンドルをもち、そのユニークなルックスから「トランペット」とも呼ばれています。 多くのアサルトライフルはバレルをカットして小型化をはかりますが、ブルパップタイプのアサルトライフルはバレルごと機関部を後ろに引っ込ませているため、バレルの長さ(命中精度)に影響をあたえることなく小型化することができます。 また、射手に近い位置に重心があるため重量バランスに優れ、発射時のコントロールも容易です。 取り回しやすさを考慮した理想的な設計と言えるでしょう。 性能の高さのわりにコンパクトであつかいやすいファマスは、機動力を必要とするパラシュート部隊や特殊部隊への採用にはじまり、まもなくフランス軍の第一線で活動するほとんどの部隊に支給されました。 特に湾岸戦争で平和回復のために活躍し、ファマスはアサルトライフルとしての優秀さを実戦で証明したのです。

次の

サイバーガン製 FAMASハイサイ33カスタム!!

ファマス

3 デリンジャー トイガン ドットサイト トライデントマークIIPDW トラブル ドラマで使用された銃 ドラムマガジン ナイトウォーリア ナイトゲーム ナイトビジョン ナイフ ナイフアタック ニッカドバッテリー ニッケルフィニッシュ ニッケル水素バッテリー ネイビー・シールズ パーツ バイオハザード ハイキャパ5. 357マグナム 東京マルイ コルトパイソン. 357マグナム 6インチ 東京マルイ サムライ・エッジ 東京マルイ シグ ザウエル 東京マルイ ステアーAUG 東京マルイ ストライクウォーリア 東京マルイ スミス&ウェッソン 東京マルイ スミス&ウェッソン M19 東京マルイ スミス&ウェッソン M19 6インチ 東京マルイ スミス&ウェッソン M66 東京マルイ スミス&ウェッソン M66 6インチ 東京マルイ センチメーターマスター 東京マルイ ソーコム Mk23 東京マルイ タクティカルマスター 東京マルイ デザートイーグル 東京マルイ デザートイーグル. 50AE 東京マルイ デザートウォーリア4. 3 東京マルイ デトニクス. 45 コンバットマスター 東京マルイ ナイトウォーリア 東京マルイ ハイキャパ4. 3 タクティカルカスタム 東京マルイ ハイキャパ5. 1 東京マルイ ハイキャパ5. 1R 東京マルイ ハイキャパエクストリーム 東京マルイ ハイキャパカスタム 東京マルイ ファマス 5. 56-F1 東京マルイG3 東京マルイ製 東京マルイ製電動ガン 模型 機関銃 次世代電動ガン 歴史 殺傷能力 比較 海外製ガン 海外製電動ガン 海軍 零戦 消音 激戦 狙撃 狙撃兵 狙撃手 画像 百式機関短銃 種類 空母 突撃 第57回静岡ホビーショー 第58回全日本模型ホビーショー 精鋭部隊 素材 紫外線 紫電改 耐久性 自作 自作ガンラック 自衛隊 自衛隊お金 自衛隊ヘリコプター 自衛隊入隊 自衛隊戦車 自衛隊戦闘機 自衛隊給料 自衛隊航空機 航空機 航空自衛隊 芋虫スナイパーとは 被害 装備 装備品 装備銃 装甲戦力 補強 要人警護 諜報 諜報員 販売 軍事 軍用銃 農機具 迎撃戦闘機 迷彩 迷彩塗装 迷惑行為 違法改造 選び方 部隊 重機関銃 金属弾 金属感 銃 銃の種類 銃剣 陸上自衛隊 陸軍 一式戦闘機 陸軍中野学校 陸軍二式単座戦闘機鍾馗 零戦 雷電 電マグ 電動ガン 電動ガン カスタム 電動ガン 改造 電動ガンカスタム 電動ガン分解 電動コンパクトガン 電動ショットガン 電動ブローバック 電動マガジン 電動給弾式マガジン 電圧 電気系統 飛距離 高精度スナイパーモデル 目次• 電動ガンのカスタム その日、私は東京マルイ製電動ガンのをカスタムするべく、色々とあれこれしていた。 長く貸し出し用として保管していたファマスで、 15年ほど前の製品である。 しかし15年も経つと各部に劣化が見られるようになる。 例えばアルミ合金でできているアウターバレルなどは、白っぽい錆のようなものが浮き出てくる。 これはシリコンオイルのスプレーを吹きかけて磨いてやることで対応した。 この時の一番の課題は配線などの交換である。 配線やコネクターは露出している接点部分に薄い錆の膜のようなものができるのか、時間が経つと通電効率が大きく低下してくるのだ。 ファマスは本来は速い発射サイクルが特色の電動ガンである。 それが秒間14発くらいの発射速度に低下してしまっていた。 本来は秒間17発は出るはずだ。 それがここまで低下するということは、かなり調子が良くないということだ。 これを解決するために、私はコネクターと配線を全て交換することにした。 下記はバラで組むためのコネクター。 非常に便利だが、組付けるには電動ペンチが必要だ。 配線交換 メカボックスの内部を清掃して、配線交換に取り掛かった。 ファマスのは特殊で、メカボックス内部にモーターが内蔵されている。 他の機種では多くはモーターは外装式となっているが、ファマスの場合はこのあたりがちょっと特殊だ。 モーターには直接配線がハンダ付けされている。 これをハンダごてを使用して古い配線を取り除く。 そして新しい配線を同じようにハンダ付けするわけだ。 配線を新しくした関係でヒューズがついていなかったり、コネクターが無かったりしたので、コネクターはバラの状態で売っているものを買ってきて組んだ。 コネクターの交換は電工ペンチで行うと非常にやりやすい。 この時、ヒューズは暫定的に装備していない状態になっていた。 下記は私がカスタムに使用したイーグルフォース製の16ゲージコード。 16ゲージというのは太さの数字らしく、数字が大きいほど細いものになる。 テスト射撃と最初のアクシデント 交換が済んでから屋外に持ち出し、射撃を開始すると快調そのものであった。 発射速度は計測してみると秒間17発出ていて、本来の性能が取り戻された。 200発ほど射撃したときである。 突然が発生した。 バラララララララ・・・と続いていた銃声が、いきなり「ウイーン」というモーターが回転するだけの音になったのである。 「あれ?」と思った次の瞬間、銃口からBB弾がじゃらじゃらと大量に出てきた。 「しまった!ピストンクラッシュか!」 それほどヘビーな改造をしているわけではないが、一応内部チューンもしてある。 完全なノーマルではない以上はこうしたこともあるだろう。 しかし何よりも15年という長期間の使用のために、部品そのものが古くなっていて破損したのではないかと思われた。 私は持ち帰り、早速分解して調べた。 すると案の定、ピストンの最後部が欠けてしまっていた。 これではコッキングされないわけだ。 しかしギヤやタペットプレートは問題なく動く。 このためにピストンはコッキングされないものの、チャンバーへBB弾を送り込む動作は行われるので銃口からBB弾が じゃらじゃらと出てくるわけである。 幸い、ピストンは新品を持っていたので、それに交換することで対応できた。 第二のアクシデント 再び私は屋外に運んで射撃テストを行った。 調子は上々である。 しかし再び射撃が突然停止した。 今度はモーターもまるで動かない状態になっていた。 これはいったい???? もう一度持ち帰って分解してみると、なにか焦げたような臭いがした。 順番に調べていくと、明らかに漏電の症状がいくらか見られた。 コネクターのところで強く発熱が起こったようで、銃本体とをつなぐコネクターが熱で変形して分離できなくなっていた。 ペンチで強引に引き離すと、内部を覗いた。 コネクターの内部は恐ろしいことになっていた。 なんと端子が熱で変形して焼き切れていたのである。 それで通電しなくなって 銃が動かなくなったのだ。 しかしいったいどこで漏電したというのだ? 順番に調べていくことにした。 難航する特定作業 まずメカボックスを分解してモーターを取り出した。 モーターから出ている配線に直接バッテリーを接続して動作チェックをしたところ、特に問題はなく動いた。 ヒューズを無しにしていたので、そういった部分に深刻なダメージがあったかもしれないと思ったので一安心だ。 順番に調べていったが、特にこれと言って異常を発見できなかった。 それで、ひとまずもう一度組み上げた。 焼き切れたコネクターは新しいものに交換した。 しかしそれで試射しようとしたらコネクター 接続部がスパークして再び止まってしまった。 「これは一体どうしたことだ?」 点検してもわからなかっただけで、何かを見落としているはずだ。 ピストンクラッシュを起こす前までは無かったこと。 どこかに必ず原因があるはずなのだ。 下記は東京マルイ製の電動ガンであるファマス。 初代電動ガンとして有名だ。 電動ガンとしてはかなり価格が安いとも言えるが、十分使える性能を有している。 原因の特定 順番に調べていくと、最終的に怪しい箇所を発見した。 なんとメカボックスである。 メカボックスに内蔵されたモーター。 モーターに接続されている配線である。 モーターにハンダ付けされた配線の、ハンダの盛り上がった部分がメカボックスの外壁に接触して漏電していたのだ。 修理を行う それで私は配線を接続しているハンダの盛り上がったところをヤスリで削り落とした。 なんと+と-の線の接点両側が壁に接触してしまっていた。 ここは非常に狭い空間で、配線の接続位置と壁面まではとても近いのだ。 しかし結果的にはこうして漏電は解決して修理は完了した。 なんという苦戦であろう。 まさかそんなことがあるとは。 いや、油断したということもあるに違ないない。 そしてヒューズを再び取り付けたのは言うまでもない。 発火したりする前にそこで被害が止まってくれるだろうから。 終わりに ということで、このときはとても苦労しました。 どこかで漏電しているのはわかるものの、漏電している箇所がわからない。 接点がむき出しになっていて、他へ通電してしまう部分というのがなかなか見つからなくて。 こんなことがあったのもこの時だけだったので、前例もなくてわかりにくかったです。 たまたまこの時、過去には無い事情でこういった事故が起きてしまったのでしょうね。 しかしこの経験のおかげで、それ以降は同様のことは滅多に起こさなくなりました。 「どうすれば防げるのか」、また、「どうすれば直るのか」を経験したからでしょう。 経験値って大事だなぁ。 さてさて。 私はこれまでに長くエアガンを触っていますが、こういったマシントラブルはかなり多く経験しています。 今後、シリーズ化して電動ガンなどの アクシデントの記録も書いていこうかな。 ミリヲタYouTubeチャンネルを開設しました! こちらではミリタリーに関連する動画の企画・配信を行っていきます。 動画第1弾はミリメシの実食レビューです! — ミリヲタ Miliota1010 話題のサバゲー女子動画.

次の

ファマスのメリットとデメリット|サバゲー初心者向けの銃講座

ファマス

今回はファマスのシム調整についてです。 以前からセミ撃ちでトリガーロックが頻繁にかかると言う症状に悩まされていて、シム調整をしようと思っていたのですが、ファマスのver. 1メカボはモーターがメカボの中に入っていて、モーターを入れてからコードをハンダ付けされており、ハンダを取らないとモーターを外すことが出来ないのです。 さすがにハンダは取りたくない・・・ モーターを外せないためギアの空回しが出来ないので、ギアの抵抗を調べることが出来ません。 抵抗が調べられないと、適正枚数か分かりません。。 で、ネットを探してもファマスのシム調整について説明している人はいないし・・・ と言う事で今日は時間をかけてじっくり立ち向かいました。 メカボをじっくり見ていると攻略法を発見。 メカボにコードを固定しているプレートを外して モーター後ろの穴からコードごとモーターをメカボの外に出します。 (分かりにくいけどドライバーで指しているところ) そうすればモーターを出してメカボを締め付ける事が出来ます。 ギアの空回しもこれで出来そう。 入れるシムはこれ。 無駄に銅?だったり六角形だったりしますが、近くのホビーショップではこれしか売っていませんでした。 普通ので良かったんですが。 しかもどれが何ミリとか書いていない。 銅色が厚め、六角形が薄めのよう。 フィーリングで入れていきます。 あとはセオリーどおりに真ん中のセクターギアから調整していきます。 ラッチレバー(うち終わった時にピストンのテンションをリリースするやつ)はつけずに、セクターギアだけを入れてシムの枚数調整。 メカボを閉めて2本ネジでメカボを固定してから、本来ラッチレバーがあるところの穴から綿棒を突っ込んで、セクターギアが抵抗なく回って、かつカタカタしないようシムの枚数を探り出します。 セクターギアが決まったら次はスパーギアもつけます。 セクターとスパーの二つだけ入れます。 同様にラッチレバー穴から綿棒を使ってセクターギアを回して、抵抗なくカタカタしないシムの枚数を調整します。 最後にベベルギア調整です。 ベベルギアはラッチレバーのところから普通に手で回せます。 こちらもシムを入れて回りにくければシムを薄く、隙間が出れば厚く、何度もメカボを開けてチェックします。 写真のギアの上に置いているのが上側、下に置いているのが下側に入れた分です。 先程も書いた通り厚みは分かりません。 役に立たなくてすみません。 ベベルギアの下側も2枚ですが、一枚ギアに張り付いてどうしても外れなかったのでそのまま撮影しました。 最後にモーターを戻せば完了です。 ピストンをつけずにモーターとギアを回して慣らしをする方もいますね。 自分も少ししました。 すべて組み付けて使ってみると明らかにサイクルが早くなっていて笑いました。 セミ撃ちも極めて快調です。 トリガーロックは完全に治りました。 どうもシムが厚すぎたのか抵抗になっていた模様。 2時間かけた甲斐があった・・・ 最後に。 自分は初心者です。 記載の内容は正しくないかも知れません。 シム調整について調べていると「シム調整のゴールに正解はあるけど、やり方に正解はない」と書いてある人がいて、自分は悪戦苦闘してなんとか正解にたどりついたものの、他にもっと良い方法があるかもしれません。 丸二時間かかりましたし。。 ただファマスのシム調整について解説している人が全然いなかったので誰かの役に立てばと記しておきます。 sakurakaru.

次の