両片思い 特徴。 【厳選】両片思いのあるあるまとめ15選|特徴/両思い/片思い

「両片思い」ってどんな状態?特徴や両思いになって恋愛成就する方法とは

両片思い 特徴

両片思いの特徴【日常編】 では、日常生活での両片思いにはどのような 特徴があるのでしょう。 連絡の頻度が高い• 自然と明るく笑顔になる• 理由をつけて近くに行く• 相手の趣味に興味を持つ• 仕草や口癖が似てくる• 仲がいいのになんとなくぎこちない• 2人だけの話題がある• こっそり仲良くなる 続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。 初めは事務連絡からのスタートかもしれませんし、何かと理由をつけての連絡かもしれません。 しかし、だんだんとたわいもない話ばかりになっていき、気がつくと頻繁に連絡を取ることが当たり前になっています。 直接あうときは周りにも人がいますが、連絡となるとそこは二人の世界です。 そこで2人だけの関係性が出来上がっているようであれば、両片思いのケースも考えられます。 緊張で顔がこわばったり目を合わせられなかったり言葉に詰まったりすることもあります。 しかし、逆に非常に楽しそうになる、テンションが高くなる、明るくなるという場合もあり、お互いにこうした状態になるのであれば、両片思いと見てもいいでしょう。 単に仲がいいだけの場合とは違い、 少し高揚したような、浮ついた雰囲気が出るのも特徴的です。 複数人で遊んでいても、 何かと理由をつけて近くにいるのです。 そしてそのことについて、お互いにまんざらでもなく思っています。 気づいたら近距離にいるということを周りからいじられても、嫌な顔をすることはなく、少し照れる程度です。 そうした様子が見られるのであれば、両片思いと目されても不自然ではありません。 お互いにお互いの趣味に興味がなかったはずなのに、 いつの間にか教え合っている、詳しくなっているという場合は、両片思いです。 特にこれといった理由もなく、ただ相手が興味があるというから自分も興味を持ったという場合はなおさらです。 お互いにお互いを知る手段として、相手の趣味について詳しくなっている場合は、典型的な両片思いと言えます。 実はそれは、まだ付き合っていない両片思いの状態でも同じなのです。 お互いのことを普段からチラチラとよく見ていますし、意識しているので、気がつくと同じような仕草、口癖になっているのです。 どちらか片方だけに癖が移っているのであれば、それは単なる片思いと考えられます。 しかし、 お互いにお互いの癖が移っているのであれば、それは双方が意識し合っている証拠です。 つまり、両片思いの典型的な例ということができるのです。 両片思いと間違えやすいのは、単に非常に仲がいいだけというパターンです。 しかし、単に非常に仲がいいだけのパターンなら、もはやお互いに異性と思っていないことがほどんとです。 そのため、喧嘩でもしない限りぎこちなくなることはあまりありません。 喧嘩をしたわけでもないのになんとなくぎこちない、という場合は、両片思いと考えられます。 恋愛関係を深めていくにおいて、 2人だけの話題というのは重要なポイントです。 他の人とは違う関係性を築いているということなので、お互いに恋愛感情を持っていると考えることができます。 特徴的な両片思いと言えます。 大抵の人は、ごく親しい人にしか恋愛の話をしなかったり、もはや誰にも話さなかったりします。 好きな人に近づくのも同じです。 皆が知らないようなところで、 グッと距離を縮めることはよくあります。 もちろん、周りの人に力を借りて仲良くなる場合もありますが、少し仲良くなると、そこからは周りが気づかない間に仲良くなっている、つまりこっそり仲良くなっていることも多いのです。 こうした場合、両片思いと見ることができます。 両片思いの特徴【職場】 では、職場での両片思いにはどのような 特徴があるのでしょう。 やたら目があう• 相手の状況を知っている• 飲み会などで必ず話す• 落ち込んだ時に慰める• 同じチームなどになった時に理由をつけて連帯感を持つ• 2人で打ち上げをする• 距離感が近い• 相談が多い 続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。 仕事上での用事がない限り、自由に話しにいくことはできないからです。 しかし、いくら仕事中でも好きな人のことは気になるものです。 今日はどんな様子なのかな、仕事で困っていないかな、など、どうしても気になってしまいます。 その結果、相手のことを チラチラ見ることになります。 このとき、あまり目が合わない、一方的に見ているだけなら、単なる片思いでしょう。 しかし、同じように相手もこちらを気にしてチラチラ見ていて、よく目があうようであれば、それは両片思いの特徴の一つということができます。 目線は言葉や様子以上にお互いの気持ちを表していることがあります。 特に両片思いの場合、目線というのは非常に大きなポイントの一つなのです。 その結果、たとえ仕事で直接的に関わっていなくても、 なんとなく相手の状況を知っているという状態になります。 何も話していないはずなのに相手が自分の仕事の様子を知っているなら、それは両片思いの可能性が高いです。 普通にしていたら知らないようお互いの仕事ぶりを知っているというのは、明らかにお互いのことを意識しているからです。 最初にさりげなく近くの席を取ることもできるし、席替えの時に話したり、帰り際に話したりすることができます。 飲み会は、仕事の場で自由に話しかけることができる貴重な機会なのです。 ここを逃さず毎回必ず話をしているのであれば、それはて典型的な両片思いと見ることが可能です。 近くの席になれなくて話す機会がなくても、帰り際にわざわざ話しかけにくる、という場合には、特に可能性が高いです。 お疲れ様でも、最近どう?でも、 どんな短い言葉でも欠かさずかわそうとしてくれているのであれば、それは両片思いの特徴と認定できます。 好きな人を慰めることでアピールにもなるし、何よりも好きな人を自分が元気付けたいと思うからです。 仕事で落ち込んだ時に、どこからかその情報を聞きつけて慰めてくれる、慰めあっているという状態であれば、それは両片思いが持つ特徴です。 何も言っていないはずなのに、いつも元気付けてくれる、気にかけてくれるという場合には、両片思いの可能性があります。 気がついたら支え合う関係になっていた、頼れる存在になっていたという場合には、両片思いの可能性を考えることができます。 同じようにこちらも相手の様子を気にかけて元気付けてあげることで、より良い関係になることができます。 ここで有効なのが、チームや部署の中でも2人だけの 連帯感、仲間意識を持つということです。 若手同士頑張ろうとか、経験あるもの同士頑張ろうなど、何かと理由をつけて連帯感を持とうとしてくる場合は、両片思いと見てもいいでしょう。 実際に2人で打ち上げをしていて、打ち上げというのはただの 口実で、結局ただの飲み会になっている、デートのようになっているという場合には特に、両片思いと考えることができます。 仕事仲間の域を超えた仲であったり、やたらと話す頻度が高かったりして、距離感が近い場合は、両片思いかもしれません。 距離の近さから発覚する両片思いは本人同士よりも 周りの方が気がつきやすいです。 周りの印象を聞いて見るのもいいでしょう。 相談と言えば話しかけやすいですし、お互いの距離もグッと縮まるからです。 他の人には打ち明けないような仕事の悩みや弱音を打ち明けるような間柄であれば、両片思いの特徴と考えることもできます。 お互いに相談しあう仲なのであれば、一度その関係性が両片思いに当たるのか、改めて考えて見るといいでしょう。 両片思いを実らせる方法 では、両片思いを 実らせる方法をみていきましょう。 とにかく接点を持つ• タイミングよく接近する• 連帯感や特別感を演出する• 良き理解者になる• あえて王道のデートに誘う• 煮え切らないなら探りをいれる• 客観的な印象を聞く• 恋愛の話をがっつりしてみる• 圧力はかけない• ふわっとそばにいる• 一緒にいて楽しいことを伝える• 恥じらいながらボディタッチをする 続いて、両片思いを実らせる方法を、それぞれ詳しくみていきます。 方法1:とにかく接点を持つ どんなに両片思いであることが確実でも、 お互いに遠くから見つめあっているだけでは何も変わりません。 両片思いが確実でも、それに安心してずっと受け身で待っていると、急に現れた誰かにチャスを持っていかれるかもしれません。 とにかく接点を持つようにして、少しずつでも実際に仲良くなりましょう。 仲良くないがために実らない両片思いの場合は、とにかく動かなければ何も変わりません。 方法2:タイミングよく接近する 接近するにしても、 タイミングが大切です。 相手が非常に忙しい時に近づいていってもゆっくり距離を縮めることはできませんし、相手の都合を考えない人だなと思われて、せっかく両片思いだったのに嫌われてしまう可能性もあります。 両片思いだということで自信を持つのはいいですが、両片思いだから何をしても大丈夫と傲慢になることは危険です。 方法3:連帯感や特別感を演出する 手っ取り早く距離を縮め、お互いに特別な存在なのだと再認識するためには、連帯感や特別感を演出することが重要です。 複数人のグループの中でも2人だけの 共通点を見つけ、連帯感を持たせるのです。 そうする中で、相手も両片思いかもしれないと感じるようになり、相手から告白してくれる可能性も高くなります。 方法4:良き理解者になる 両片思いなのに実際に結ばれない理由として、好きだけど本当にこの人でいいのかという迷いがある、というパターンがあります。 その場合には、相手に 「この人でないとだめだ」と決心させることが重要です。 そのために大切なのが、良き理解者になるということです。 学生の頃は、ただ見た目がいいとか優しいとか気があうというだけで十分だったかもしれません。 しかし、大人の恋愛では、お互いに良き理解者であることが非常に大切になります。 どんなに優しくても、価値観が違って良き理解者になれなければ、レンアに踏み込むことはできないのです。 だからこそ、自分は良き理解者になれるのだということを示し、相手を安心させましょう。 方法5:あえて王道のデートに誘う 両片思いであることは確かだけど、仲良くなりすぎて今更恥ずかしい、おそらく両片思いだけど、相手がただの仲良い友達と思っている可能性も捨てきれなくて不安、という場合には、 あえて王道のデートに誘ってみましょう。 普通のデートだと、ただ遊んでいるだけになり、本当に両片思いだろうか?という不安は消えません。 あえて王道デートに誘うことによって、仲良くなりすぎて薄れていた恋愛の雰囲気が復活します。 また、仲が良すぎて普段は言い出しにくくても、王道デートなら雰囲気に乗って告白がしやすくなります。 方法6:煮え切らないなら探りをいれる 両片思いのはずなのに相手が煮え切らないという場合には、思い切って探りをいれるのも一つの手です。 最近いい人はいるのか、自分のことをどう思っているのかなど、さりげなく探りを入れつつ、 自分の気持ちも少し伝えてみてください。 両片思いのはずなのに煮え切らない大きな理由は、相手が両片思いだと確信できていないことにあります。 うまく探りを入れて、そこの不安を解消してあげましょう。 方法7:客観的な印象を聞く 両片思いであることが確かなら、相手から動きがあるのを待つばかりではなく、自分から動くのも大切です。 しかし、いざ実際に動くとなると、 急に不安になってくるものです。 そのような時には、周りから客観的な印象を聞きましょう。 そこで改めて両片思いであることを再認識すれば、自信を持って動くことができます。 両片思いを実らせるためには、自分か相手のどちらかが動くしかありません。 そして、確実に動かすことができるのは、相手ではなく自分自身です。 自分自身を動かすために何をすべきか考えることも大切です。 方法8:恋愛の話をがっつりしてみる 両片思いであろう相手に、ガッツリ恋愛の話をして見るものいい作戦です。 恋愛の話をしやすい雰囲気にして、 相手が告白しやすい雰囲気を作るのです。 その時、自分は相手のことが好きだということをそれとなく相手に伝えることが重要です。 今告白すれば絶対うまくいく、相手は自分の告白を待っている、と相手に認識させることがポイントです。 方法9:圧力はかけない 両片思いを実らせるための作戦は色々とありますが、実らせるためには 圧力はかけないということが非常に大切です。 どんなに両片思いでも、告白してくるようにそれとなく圧力をかけてしまうと、相手は腰が引けてしまいます。 強引だと思われたり、いざ付き合ってもこうして圧力をかけられてなんでも従わされそうだと思われてしまいます。 そうすると、せっかく両片思いだったのに、うまくいかなくなる可能性もあります。 両片思いを実らせるためには、圧力にならないよう気をつけながらアクションを取ることが大切です。 方法10:ふわっとそばにいる ふわっとそばにいるということも、両片思いを進展させるには有効な作戦です。 気がついたらいつもそばにいる、もはやそばにいることが当たり前という状態に自然に持ち込むことができれば、両片思いが進展する可能性は高いです。 いつも一緒にいる、これって付き合っているようなものではないか?と相手に思わせることができれば、 相手が動く可能性も高くなるのです。 方法11:一緒にいて楽しいことを伝える 一緒にいると楽しいということを伝えるのは、簡単ですが非常に効果があります。 一緒にいて楽しいということは、もっと一緒にいたい、一緒にいることが好きという意味に取れます。 このことを伝えることで、相手は両片思いに対する確信を強めます。 そうすると、 相手は告白しやすくなるのです。 方法12:恥じらいながらボディタッチをする 仲良くなりすぎて両片思いから両思いに持っていくのが難しい場合には、仲良くなりすぎた関係性の中に少しの恋愛要素を加えることが大切です。 その際に簡単にできるのが、恥じらいながらボディタッチするということです。 ここでお互いに少しドキッとすることができれば、今の マンネリ化した関係を進展させるスパイスになります。 両片思いは慎重かつ大胆に 両片思いの扱い方は、 簡単なようで難しいものです。 両片思いだということに安心して大胆になりすぎると、相手に嫌われてしまう可能性もあります。 しかし、本当に両片思いだろうか?と疑問を持つばかりで慎重になりすぎると、いつまでたっても進展がありません。 控えめに、しかし大胆にアクションを取っていくことが非常に大切なのです。 また、両片思いとわかっていても、いざアクションを起こすとなると急に自信がなくなるのは相手も同じことです。 自分自身から関係を進展させるか、そうでないなら相手に両片思いであることを確信させる動きを取り、相手に自信を持たせることが大切です。 両片思いの状況については、当人同士よりも周りの人の方が正確に把握していることも多くあります。 どうすればいいか迷った時には、周りの助言を聞くのも大切です。

次の

LINEにも特徴が!? 「両片思い」になる原因・あるあると両思いにする方法13選: 女性のための恋愛・結婚情報まとめブログ!

両片思い 特徴

両片思いが確信できれば自信が持てる 単なる片思いだと、気持ちに気付いてもらえない虚しさや、好きになってもらえない悲しさがありますが、両片思いを確信できると、相手も自分を好きであることが分かって、この恋に自信が持てるようになります。 確信するまでに時間がかかる 両片思いをしている当人たちは、お互いにあまり分かりやすいアプローチをかけることなく控え目な片思い状態が続くため、両思いであることを確信するまでに時間がかかることが多いです。 周囲のほうが先に気付いて、はたから見ていてもどかしいと感じることも多いです。 自分が片思いしているだけと思い込んでいるものの、お互いに相手のことを目で追っていたり意識していることが多く、雰囲気に出やすいです。 ただし、相手の好意をうっすら感じたとしても、それが本当に自分に対する好意なのか、勘違いかそうではないかまで確信する程ではないので、両片思いの状態は長引くことが多いです。 両片思いは、当人たちだけが気付いていなくて周囲にはバレバレであることがとても多いです。 雰囲気に出ていることもあり、両思いであることがバレバレなのに、お互いに片想いだと思い込んでいてもどかしい言動を繰り返すので、見ていてイライラすることもある程です。 片思いしている状態、つまり相手は自分のことを何とも思っていない状態であると思い込んでいるため、「あの人を好きなかな」「自分は嫌われているのではないか」などと相手の言動から勝手に判断して勘違いしてしまうことも多いです。 場合によっては、諦めるまでに至ることもあります。 偶然同じ環境になりやすいということもありますが、片思い相手に近付きたい、仲良くなりたいという考えから、職場の行事で同じチームになるように意図的に動くことが多いです。 グループでの活動で一緒に幹事をしたりすることもあります。 何かと共通点を作ったり、同じ役割になって一緒に行動する口実を作ろうとしまうす。 両片思いになりがちな人達は、お互いにシャイで恋愛に対して消極的であることが多いです。 どちらかが恋愛に積極的であれば告白して両思いになるものですが、双方が恋愛に奥手であるからこそなかなか進展しないので、両片思いというもどかしい状態になりやすいと言えます。 両片思いを確信するポイント よく目が合う 両片思いを確信するポイント1つ目は、よく目が合うことです。 よく目が合う場合は両片思いの可能性大です。 片思いしている時は相手のことを無意識でも目で追っていることが多いです。 それがお互いに目で追うわけですから、自然と目が合うことは増えます。 そのため行動を起こしたり、動くたびによく目が合う場合はお互いに気にしている証拠になります。 イベントでの行動 両片思いを確信するポイント2つ目は、イベントでの行動です。 例えば、バレンタインの時にグループの中でその人にだけ内緒であげたり、特別対応していたりすると、男性側も両片思いであることに気付きやすいです。 また「今日はバレンタインだから」などと、イベントを理由にして誘ったり連絡してくることも、両片思いを確認するきっかけになりやすいです。 連絡が途切れない 両片思いを確信するポイント3つ目は、連絡が途切れないことです。 特にLINEでの連絡が途切れない場合は、両片思いを確認しやすいと言えます。 LINEは気軽にメッセージを送ることができるツールなので、なんだかんだ毎日利用する人が多いでしょう。 相談や質問などであればやり取りが続くものですが、全く何とも思っていない人との特に深い意味のない日常的な会話が途切れないということはほとんどありません。 会えない時でもその人と会話していたい、繋がっていたいという気持ちの表れなのです。 自然と近くにいることが多い 両片思いを確信するポイント4つ目は、自然と近くにいることが多いことです。 飲み会の席が近いことが多かったり、グループで行動している時も近くにいたりと、気付いたら近くにいることが多いと両片思いである可能性が高いでしょう。 お互いに気になって意識して目で追ったり近くにいこうという意思が働いているため、自然と近くにいることが多くなるのです。 会話に困ることがない 両片思いを確信するポイント5つ目は、会話に困ることがないということです。 お互いに好きなので、話したいことや聞きたいことがたくさんあるのです。 お互いにシャイで奥手であることが多いので、ぺらぺらと話すようなことはないものの、控え目ながらも自然な会話が続きます。 会話に困らないというのは友情と似たような感覚かもしれないですが、友情と違うのは、ただとりとめのない会話もできるという意味ではなく、相手のことに興味があって相手のことを知りたい、相手と会話をしたいという自主的な気持ちが強く、さらにお互いがそう感じているため、会話に困らないのです。 両片思いから進展させるポイント 2人きりで会う機会を増やす 両片思いから進展させるポイント1つ目は、2人きりで会う機会を増やすことです。 職場やグループのつながりの場合、複数で会う機会が多いことでしょう。 しかし両片思いから進展させるには、2人きりで会う機会をできるだけ多く作ることが大事になります。 みんなでいるときと2人きりでいるときの雰囲気の違いを実感することで、よりお互いに意識し合うことでしょう。 また、2人きりで会うことでお互いを異性として意識しやすくなるという理由もあります。 たまにアプローチをかける 両片思いから進展させるポイント2つ目は、たまにアプローチをかけることです。 普段あまり好きアピールしない人も、両片思いだと感じたらたまに積極的にアプローチをかけてみましょう。 完全な片思いの状態でアプローチをかけることは恥ずかしさや拒否されたら怖いなと思ううものですが、両片思いの場合はむしろ少しくらいわかりやすいアプローチが、関係を進展させる鍵になります。 共通の趣味を持つ 両片思いから進展させるポイント3つ目は、共通の趣味を持つことです。 共通の趣味を持つことで、強制的に仲を深めるきっかけになります。 両片思いの場合、恥ずかしくて誘えないことで2人きりになれず進展しないということがあるので、共通の趣味を持ち、誘いやすい口実を作ってしまおうという作戦です。 共通の趣味をもつことで、会えない時の会話のネタにもなりますし、距離を縮めるいいきっかけになること間違いありません。 一緒にいて楽しい気持ちを表現する 両片思いから進展させるポイント4つ目は、一緒にいて楽しい気持ちを表現することです。 会っている時に楽しむことも大事ですが、「あなたといると楽しい」「一緒にいるといつも時間があっという間に過ぎちゃう」などと、一緒にして楽しい特別な相手であることを発言することが最も効果的です。 しっかり気持ちを伝えることで、男性も両片思いであることに確信を持てます。 たまに女性らしさを出す 両片思いから進展させるポイント5つ目は、たまに女性らしさを出すことです。 特に職場やグループ内で仲良くなっている場合、普段の姿と彼と2人きりでいる時の姿のギャップを上手に見せることが大事です。 居心地の良さも重要ですが、たまに女性らしさを出すことで、いい意味で緊張感が生まれ、男性側にもさらに意識してもらうきっかけになります。 たまにしか会わない場合も、会うたびに可愛くなったり綺麗になっているように女磨きを意識することで、女性らしさがアピールできます。 恋愛の話をする 両片思いから進展させるポイント6つ目は、恋愛の話をすることです。 両片思いの状態であえてお互いに恋愛の話をすることで、お互いの気持ちを確認できるので進展しやすくなります。 自分で恋人がほしいアピールして相手の男性が告白しやすくなるようにしたり、男性側が恋人がほしいなと言ってきたら、「私はどう?いい彼女になるよ」などと冗談ぽく且つ大胆にアプローチをかけることで進展しやすい雰囲気になります。 自分に自信を持つ 両片思いから進展させるポイント7つ目は、自分に自信を持つことです。 自分に自信がないと両片思いになっても、相手の気持ちが変わるのはないか、これ以上仲良くなって嫌われたらどうしようなどと不安になってしまいます。 両片思いの確信が悪いきっかけになってしまっては進展させることは難しいでしょう。 不安のあまりこの先の進展を自ら終わらせてしまうようなこともあります。 自分に自信を持っていれば両片思いを前向きに捉えることができ、自分からアプローチすることもできるので進展しやすくなります。 両片思い失敗に導くNGなこと 嫉妬させる言動を取る 両片思い失敗に導くNGなこと1つ目は、嫉妬させる言動を取ることです。 相手の嫉妬心を煽ろうとして、他の異性と仲良くしたり、会話の中で他の異性に好かれている、などの話をするのは、両片思い失敗に終わる可能性があるのでやめましょう。 嫉妬心が引き金となって告白されたり、進展することもありますが、嫉妬のさせ方やバランスが重要になります。 自ら嫉妬心を煽る言動をしてしまうと信用されなくなったり、「俺のことは好きじゃないのかな」などと逆効果になりやすいです。 周囲の友達にさりげなく「あの子モテるみたいだね」などと吹き込んでもらうなどして、自然な流れで少し嫉妬するレベルがいい刺激になることでしょう。 避ける 両片思い失敗に導くNGなこと2つ目は、避けることです。 両片思いの状態が恥ずかしいからと言って相手を避けることは、距離が空いてしまう可能性があるので気を付けましょう。 また、ツンデレ効果を狙って避ける人もいますが、それも相手からすると、振り回されて疲れてしまう可能性がありますし、信用を失うきっかけいになります。 告白を相手任せにする 両片思い失敗に導くNGなこと3つ目は、告白を相手任せにすることです。 恋愛に奥手な女性は、男性から告白してほしいと思っているかもしれませんが、両片思いになっている時点で、その男性は女性以上に恋愛に奥手である可能性が高いです。 そのため、告白を待つだけでは進展することなく終わってしまうこともあります。 せっかく両片思いになっていたのにどちらも告白できずにいて、相手の男性が他の女性から強いアプローチの末告白された場合、そちらの恋が実ってしまうなんてこともあり得ます。 奥手な男性には、女性側のアクションも大事であるということを意識しましょう。 両片思いに怖気づく 両片思い失敗に導くNGなこと4つ目は、両片思いに怖気づくことです。 片思いのときは自分が一方的に好きでいるだけなのである意味、気楽なところがあります。 しかし両片思いとなると、自分が好きな相手の好意が自分に向いているので、それがプレッシャーに感じることもあります。 自信のなさからくるものですが、両片思いに怖気づいてしまうと、相手の好意を素直に受け取れなくなったりするので、この先の進展は難しいでしょう。 相手の告白を待つだけではなく、自分からもアプローチするようにしたり一緒にいる機会を意識的に増やすことが大事です。 単なる片思いではなく両片思いなので、安心してアピールできますね。 少し大胆かなと思うくらいの方が進展しやすいです。

次の

LINEにも特徴が!? 「両片思い」になる原因・あるあると両思いにする方法13選: 女性のための恋愛・結婚情報まとめブログ!

両片思い 特徴

好きな人の気持ちは、恋をすれば誰だって気になるもの。 特に一つの恋愛が進んでくると、 片思いから両想いになったかを知りたい瞬間は、数多く訪れる。 「私のこと、好きになってくれたかな?」 「いやいや、やっぱり私のことは好きじゃないよね…」 グルグル頭の中を回っては自信を失うことも多いと思うけれど、進んだときほどタイミングが重要な恋愛では、 「両想いチェック」が現実的にすごく大事になる。 この記事では、 女性が「片思いから両想いになったか確認したいとき、男性の好きを見極める9つのチェックポイント」について解説する。 恋愛中の女子は参考にしてみよう。 今、好きな人と両想いなのかまだ片思いなのか、現在の恋愛の状況を正しく把握してほしい。 片思いから両想いになると、会ってる時間や連絡の取り方などで二人の関係が密接になっている 本気の恋愛は、女性同様、男性心理でも複雑な気持ちを持つ。 単純な行動は恋愛初期に多く、色々な出来事があって気持ちが煮詰まってきた恋愛後期ほど、「矛盾した行動」を取るものだ。 男性だって、好きバレして今の関係が壊れるのが怖いと思う機会がいっぱいある。 そういう男心の恋愛感情における複雑性を理解したところで、最初に紹介したい「片思いから両想いになったかをチェックするポイント」は、「二人の関係性が事実どうなっているか」という点。 なんだかんだありつつでも、一緒に居る時間は多いだろうか? 連絡を取り合う期間が長くなって、毎日連絡を取り合うような関係になっただろうか? 男女に友情が成立しないと考える人もいるくらい、世の中の男女の関係性は距離が縮むごとに恋愛感情との関連性も強くなっていく。 好きな人と「仲が良くなったな」と思うタイミングは意外に自覚がないから、 「そういえば、理由は色々だけど毎週食事に誘われるな」とか 「理由つけているけど、結局連絡したいだけ?」なんて思う時は片思いから両想いになった時だ。 片思い=二人で会えない、連絡も一方的• 両想い=二人で会える、連絡も双方向的で継続する 男性は好きじゃないなら、長期間LINEを続けないし、何度も会おうとしない 恋愛に自信がない人は「いやいや友達としてでしょ?」なんて思うものだけど、 何にも恋愛感情がない女性をそこまで気にしないのが男性である。 気がない男性は、一人の女性にアプローチとも取れる行動や態度を継続しない。 特にその期間が長くなった時は、相手男性の「好き」があなたに向いている可能性は高いと言える。 長期間LINEが続いている、何度も二人で会うのは、男性に恋愛感情があるから、あなたを思い出して「連絡したい」「会いたい」と思ってくれているからこそだ。 片思い=どうでもいい情報ほどすぐ忘れる• 両想い=些細なことでも覚えてくれてる 「なんで覚えてるの?!」って聞いてもごまかされるだけだけど、片思いが両想いになれば 阿吽の呼吸もだいぶ増えてくる。 それは単純に 過ごした時間の長さだけが影響しているのではなくて、好意や想いが為した業である場合も決して少なくない。 なぜ覚えてくれていることが増えると、片思いから両想いになったサインとなるのか 気にしている人のことは、多くの情報が頭の中で「復習」され、覚える。 「今日、こんなことを話したな」と思い出すのは、好きな人との会話だ。 好きな人があなたのことを考える時間が多くなるほど、あなたから得た情報を何度も彼は復習することになって、覚えたことを忘れない。 これが恋愛中の男性だ。 付き合う前ほど好きな人とたくさん話せた時は嬉しいし、家に帰ってからも思い出す。 片思いから両想いになった頃には本当に多くの「好きな人の情報」が男性の脳にストックされる。 女子:「この間の話なんだけどさ!」 男子:「ああ、あれね!前話したときは〇〇って言ってたよね、どうなったの?」 こんな会話ができるようになってくれば、片思いから両想いになっているのかもしれない。 男子:「え?何の話?それ、聞いたっけ?」 こんなリアクションをされる時はまだ片思いのままだ。 離れている時間にあなたのことを考えている時間はまだそれほどないのだろう。 好意がバレないように男性がごまかすこともあるのだけど、 好きな人の表情から「覚えてないのか、忘れたふりをするのか」という点を見抜くことができれば、片思いから両想いになったことに気づくことができるだろう。 両想いの状態なら「付き合ってるの?」と周りの友達から聞かれることが増える 誰かを好きになって恋愛している時は主観的に物事を見てしまうから、 自分では客観視ができない。 そうなると重要なのが「他人の目」だ。 もしあなたが好きな人と一緒に居る時に誰か友達も見ている状況になるのなら、片思いから両想いになったことに気付くのは友達の方が先かもしれない。 「〇〇(彼)と〇〇(あなた)って、付き合ってるの?」 あなたに取って他人は、見ているようで見ていない、見ていないようで見ているという微妙な距離感でせっする存在である。 そこに、 何も恋愛相談していない友達から「付き合っている?」って聞かれるのはハタから見て恋愛的にいい雰囲気だからだ。 片思い=周りから見ても友達同士にしか見えない• 両想い=周りから見ると付き合っているような恋愛の雰囲気を感じる 人によっては、 「何度も二人でいるところを見ているから」とか 「ちょっと冷やかしてみたくて」なんて理由でこんなことに触れてくる人もいるが、 付き合ってるか本気で質問してくるような機会が増えてきたときは既に両想いになっている時に多い。 自分では気づけない、あるいは信じることができない「両想いの雰囲気」を感じて、友達がツッコミを入れるときは、彼の好きな気持ちを疑ってみても良い。 複数人の友達から言われるくらいになると、後はきっかけ待ちかもしれない。 片思いか両想いか分からないなら、友達に聞いてみるのも良い方法になる 片思いから両想いになった時は、周りの友達が先に気づくパターンが意外と多いのだが、この記事で解説する「チェックポイント」で両想いの疑いが強まる場合は、 自分じゃわからない「片思いか両想いか」を友達に聞いてみる方法もアリだ。 その際は、なるべく恋愛経験の多い友達に探りを入れてみて、友達の「応援の気持ち」による社交辞令に注意しよう。 片思いしていると、どうしても期待と不安で好きな人の態度や行動を客観視できない部分があるので、「両想いの雰囲気が分からない」という女子ほど、友達に頼ってみるのも一考の価値アリだ。 片思いから両想いになると、複雑な恋愛感情を理由に「今日、どうしたの?」って思う態度や行動が増える 恋愛は、片思いから両想いに進めば進むほど、感情が複雑になる。 仲良くなったからこのまま友達でいいと思うことがあったと思えば、やっぱり彼氏としてちゃんと付き合いたいと思う機会があって、男性でも進むか留まるかに迷うのだ。 加えて、好きになった時というのは相手に言いたくても言えない気持ちを持つから、友達同士にはない緊張感も走ることがある。 何気ない一言を気にするのも、相手が好きな人だからだ。 「誘ってみようかな、でもやっぱり今日はやめた方がいいかな…」 友達だと思ってた頃はすぐにご飯に行こうと言えたけど、男性が女性を好きになるとそんな気軽な誘いさえ躊躇することが出てくる。 迷いが起きて、「え?何?」って聞きたくなるような雰囲気を感じるときは、彼に大事な気持ちがあるからかもしれない。 しかも、そういった気持ちの部分は浮き沈みがあるから、その日によって「今日、どうしたの?」と思うことが出てくるはずだ。 好きな人だからこそ「話したくないタイミング」が、あなたにもあるんじゃないだろうか?男性の「好き」にもそういった微妙な気持ちがある。 色々な話をする機会が増えることも大きな理由だが、 男性は自分のことを好きな人に話したい欲求が強いので、 シリアスな雰囲気で話す機会も増える。 ふざけ合うだけなら「女友達だと思われてる」可能性が高まるだろう。 そんなこともあって、あなたの恋愛が片思いから両想いになった時は、 秘密の共有はだいぶ進んでいる状態になる。 恋愛感情を持ち合う二人の関係が深まるとそれだけ信頼関係が強くなるので、二人だけの話題も増えていくはずだ。 「聞いてほしいと思っても話せないこと」が、好きな人だからこそ浮かぶ部分もあるのだが、適当な笑い話だけで盛り上がる関係は恋愛の雰囲気と少し遠い。 男性にはモテる男性像みたいのがそれぞれあって、その中でも「女性が望んでいること」は好きな人に対して強く意識し始める。 シャイな男性ならさり気なくなるかもしれないが、結果として「困っているといつも助けてくれる」というのは片思いから両想いになった時だ。 「口説く」なんてできない男性ほど「やさしさアピール」で好きな人を振り向かせたいと考えるため、助けようとするのは男性の好きサイン。 これを繰り返すうちに、 両想いの二人には信頼関係ができるのが特徴だ。 片思い=他の人と変わらない態度と行動を取る• 両想い=困っていたら助けてくれる、優しさアピールを頻繁にされる 片思いから両想いになったか確認したい女性は、このポイントを絶対にチェックしよう。 男性の好きを見極めたいなら、男性のアピールの仕方をチェックしよう 片思い中の男性からすると、好きな女性の役に立つなら迷惑になる可能性が低いと感じるため、「好きな人を助ける」「好きな人に優しくする」のは奥手な男子のアピール方法で最も一般的な方法になっている。 「あんまり話しかけてきたり連絡してきてくれたりはしないけど、なんだかんだ困ってると助けようとするんだよね」 こんなことを思うときは、ただ仲が良いだけが理由じゃない。 頻度や回数にも意識してみるといい。 積極的な男性よりも、 少し奥手な男性や恋愛経験が少ない男性の場合は、このチェックポイントに合格するのが両想いサインとなる。 男性の行動や態度で「自分のことを好きかどうか分からない」という女性は、下の記事を読んでおこう。 片思い=嫉妬されることはなく、あっけらかんと接する• 両想い=嫉妬を原因にした様々な態度や行動が確認できる 正し、付き合ってもない女性に嫉妬の気持ちをストレートに表現する男性はとても少ない。 そんな男性は地雷と言えば地雷だし、ここら辺は女性の察する力に依存する部分である。 上の記事では男性が嫉妬した時の態度をまとめているので、心当たりがあるなら読んでみよう。 「何で怒ったの?」って思う理由が「好きだから」かもしれない。 彼があなたを好きになったなら、自分の中で湧いてくる気持ちを完全にコントロールすることはできないから、何かしらのサインが出ているはずだ。 片思いから両想いになったか、積極的に確かめたい時は、嫉妬させることも検討してみよう この記事を読んでいる女子の中には「片思いから両想いになったか確かめたい」と積極的に思っている人もいると思う。 もしあなたがそうなら、好きな人に嫉妬させることも検討してみても良い。 男性の好きを煽る方法となるので、告白される可能性も上げることができる。 具体的な方法については、下の記事を参考にすれば良い。 ただし、前述している通り、嫉妬心を煽るのは好きな人に恋愛上のストレスを与えることになるので、あくまでも 「片思いから両想いになった可能性がある」という女子向けの方法だ。 片思いの後期に有効な恋愛テクニックなので、「嫉妬させて好きにさせる」とは思わない方が良い。 恋愛の奥手な男性で、煮え切らない男性などには有効だろう。 自然と近づく距離感は両想いサイン!会話が盛り上がる時は、お互いの距離感をチェックしよう 片思いから両想いに変わると、お互いの距離感は自然と近づく状態になっている。 特にチェックしてみてほしいポイントは、「会話が盛り上がる時」だ。 話に夢中になると人は距離感を失いやすいが、意外と本音が出ている部分である。 あまり好きじゃない人なら一定の距離を取るし、好きな人であれば無意識に距離をなくす。 片思い=一定の距離感があるか、他の女子と同じ距離感で接してくる• 両想い=ドキドキするような距離感で会話することが出てくる じゃれ合う、じゃれ合えるのは、片思いから両想いになったから いい雰囲気の男女はじゃれ合うようなことがよくあるけれど、これは「じゃれ合える距離感で話している」ことが条件になっていて、 体の距離感が心の距離感を表す瞬間がある。 あなたの場合はどうだろう? もし好きな人がじゃれてくるなら、彼は好きだから「もっと近づきたい」と思っているのだろう。 じゃれてる男女は両想いを疑うけど、それは「友達にはない距離感で接する」からだ。 あなたとだけじゃれ合うことが増えてきている時は、決して「友情」を理由にしてない。 ただし、このチェックポイントで難しいのは、モテる男子の場合で、たくさんの女子と距離感が近いタイプだ。 恋愛経験豊富な男性の場合は、真面目な話をしている時の距離感で両想いかチェックしよう ここのポイントは、時々「女友達として距離が縮んだんじゃないの?」と聞かれるが、もし 他の女子とも距離感が近い男性を好きになった場合は、はしゃぐ雰囲気よりもしっとりした雰囲気で会話する時の距離感をチェックしてみるといい。 ノリが良いタイプの男性は盛り上がってくると誰とでも近い距離で話す人がいるので、その場合は彼の真面目なテンションの時で判断する。 いずれにしても、片思いから両想いになったか判断するのに「距離感」はすごく重要なチェックポイントになっているので、 様々な雰囲気の会話時に意識してみると、心の距離感が見えてくるはずだ。 片思いから両想いになると「恋バナ」はサインになる!両片思いのチェックポイントは? 片思いの初期では気軽に恋バナを振られるのが脈なしサインになることもあるが、 仲良くなった後、片思いから両想いに変わる頃は「恋バナが出ない」のが脈なしサインになる。 まずは、 恋バナが出るか出ないかが恋愛対象に見られているかのチェックポイントだ。 恋バナが出ないのは女友達に見られてるサインで、変に恋愛の雰囲気を出したくないのが理由である。 では、 好きな男性と恋バナになった時、 両片思い(=お互いに片思い中)の可能性に対して深い見分け方をするためにはどうしたら良いかと言うと、恋バナをしている時の男性の雰囲気をチェックしてみることをおすすめする。 言いにくい雰囲気だったり、あなたから出る言葉に少し怖さを感じている雰囲気など、 恋愛感情が絡む恋バナはやっぱり複雑な心理が読み取れるのだ。 実際の恋愛では、好意を持っているからこそ持つ「期待感」だったり「恐怖心」を悟られないように恋愛トークをしていくのがいわゆる「探り」なのだが、 片思いから両想いになってきた段階では少し踏み込んでくる場合も多くなる。 「気になる人を聞かれたけど、聞きたいのか聞きたくないのかよく分からないような話しぶりだった」• 「この間、彼と恋バナになったんだけど、なんかいつもの雰囲気と違う感じで、時々無言になった」 こんな感じになるなら、両片思いの状態である可能性が高まる。 恋バナになった時、自分に興味を持たれてると思う態度であればあるほど、片思いから両想いになったサイン 両想いサインはいくつかあるけど、重要なのは「相手男性からあなたに向けられる興味」である。 女性一般の意見を聞くためだったり、女友達の一意見を聞くような感じなら脈なしだし、情報を得ようとしているような態度だったり、彼の方が両想いになれたか判断しようとしているような態度であれば脈ありとなる。 好きな人の気持ちを勘違いしたくないならチェックする視点は多い方がいいし、 好き避けのように、気持ちを隠すための行動や態度が存在することを認識しないといけない。 今回紹介した「片思いから両想いになったか確認するチェックポイント」は、全てに合致しないといけないわけじゃないし、あなたがどんな恋愛の進め方をしてきたかでも変わってくる。 もしあなたが今好きな人との関係を確かめたいなら、いい思い出も悪い思い出も、総合的に振り返るように頑張ってみよう。 付き合う前は「友達」になっていることが多いから、カップルのように甘い思い出ばかりじゃない。 好きだって気持ちがバレたら友情は否定されるから、気持ちがないフリもするのだ。 ただ、私の経験では、どちらかが好きな状態で男女の仲が深まっていく状況は、その期間が長くなった時ほど両想いに近づいている。 全く気持ちがバレずに関係が進む時というのは「相手が混乱しているから」起こる。 つまり、相手にも複雑な気持ちがあるからこそあなたの好意に確信が持てず、 どちらも相手の恋愛感情を 否定しながら、ただの 友達として付き合っているって状況になっている可能性が高いということ。 そろそろ告白してほしいと思うくらい両想いに自信が持てる時は、タイミングを逃さないように気を付けよう。 カップルさえ、すれ違いがちな「恋愛」におけるタイミングの問題は、決して軽視できない。 タイミングを逃せば、付き合える可能性があったのに壊れてしまうということが実際に多くある。 進むべきタイミングにもシビアになって、あなたの恋愛を片思いから両想いに近づけよう。 下の記事も参考にできると思うので、時間があれば読んでみてほしい。 まとめ:片思いから両想いになったか知りたいなら、片思い中の男性心理を理解しよう 今回は「片思いから両想いになったか知りたい」という女性に向けて、 男性の「好き」を見極める9つのチェックポイントを解説した。 最後は、 複数の視点で考えることと、タイミングの重要性にも触れているので、ぜひ参考にしてもらいたい。 片思いから両想いになったか知りたい女性は、ぜひ「片思い中の男性心理」を踏まえて、彼の気持ちを確かめてみてほしい。 ついつい主観的になってしまう自分の恋愛では、どれだけ考えても完全に相手の気持ちを知ることはできない。 正し、男性と女性で好きな人に取る態度が変わってきたりもするため、 こういった記事で男性の心理や恋愛に触れれば、実際に好きな人とのコミュニケーションで見えることも出てくるだろう。 付き合う前は「焦ること」が良くないのはとても有名な話だけど、 草食男子が増えた現在の恋愛では多くの人がタイミングを逃している状況がある。 しっかり接触の機会を作っていれば付き合うきっかけもできるし、相手の本心を知る機会も当然増える。 あなたには、ぜひ幸せになれる恋愛の仕方をしてほしい。 好きな人を落としたい女性は、下の記事も参考にしてみよう。 関連記事• こんにちは! 「恋愛のすべて」を運営しているBrightfutureと申します。 このブログは、「真剣に恋愛と向き合うすべての人を応援したい」という気持ちから立ち上げた総合恋愛ブログです。 あらゆる恋愛の悩みや疑問について私の経験と知識を基に解答を示しているので、恋愛のことで迷ったり悩んだりした時はぜひこのブログの記事を参考にしてみてください。 詳しくはこちらにまとめてあります。 恋愛相談のためにメールする時はなるべく詳しいプロフィールと現在の状況を書いてください。 お問合せ: brightfuture555.

次の