かぐや様ネタバレ 178。 「かぐや様は告らせたい:178話」最新話ネタバレと感想!修学旅行を終えて…

かぐや様は告らせたい 179話ネタバレ感想 石ミコVS石つば論争

かぐや様ネタバレ 178

かぐや様は告らせたい【第179話】のネタバレ 石上とつばめのデートの様子を聞いた白銀たち。 スカイツリーに登って靴を選び、飯を食ったと石上は頬を赤くして告白する。 次の約束も取り付けていると聞き、かぐやもつつましい顔で話を聞いていた。 しかし伊井野だけは、面白くなさそうに話を聞いているのだった。 大仏は石つば派 大仏が風紀委員室へと入ると、そこには四宮の姿があった。 鍵が開いていたから入ったと答えた四宮は、大仏にも勝手に人のテリトリーに入ってはいけないと指摘。 生徒会室は、生徒たちの逃げ場としての機能を持たせる為に鍵はかけない。 それは前生徒会長が定めたルールを白銀が引き継いでいるからだ。 が、だからと言ってセキュリティが無いわけではない。 四宮は、大仏に 石上の中等部時代の調査データを持ちだした理由を問い詰める。 大仏は少しの間をあけ、口を開いた。 自分は 石つば派であると。 これこそがカップル論争。 作品において、誰と誰が付き合うべきかという議題で繰り広げられる論争であり、どのカップリングを支持するかによって、各々の人間性や恋愛感が滲み出る議論。 大仏は、自分も女性から嫌われるタイプなので石上に共感できることが多いという。 彼女は悪意があって持ちだしたわけではないと言い、データはつばめに渡したと話した。 大仏は生徒会メンバーの仲良し感も好きで、もし生徒会メンバーの誰かがつばめに見せたら、多分ギスギスしてしまうと考えていた。 それが嫌なので、 嫌われ者の自分がやってしまったと打ち明ける。 かぐやは大仏に石上ぽさを感じた。 大仏はだから推せるといい、石上には自分の好きな人と結ばれてほしいと願うのだった。 カップル論争で揉める4人 一方伊井野は、中庭にあるベンチに腰掛け、深く落ち込んでいる様子。 それを見ていた藤原と小野寺は、彼女の気持ちを察して意気投合。 小野寺は伊井野を応援するといい、藤原は生徒会でお茶でもどうかと誘う。 生徒会へと向かうなか、2人はかぐやと大仏に鉢合わせしてしまうのだった。 そして時は進み、白銀が生徒会室へとやってきた頃。 部屋の空気はひどく険悪なムードにつつまれていた。 その理由はカップル論争。 かぐやは伊井野が石上に恋していることを疑うが、これに対し小野寺は反論。 ギプスが取れるのは1月中と聞いていたにも関わらず、2月に入り、修学旅行中も付けていたことから、 石上が甘やかしてくれるこの状況を意図的に延ばしたと推測する。 これにはかぐやも鋭い考察だと動揺するが、大仏にもカードはある。 つばめの陽キャ感は大友京子に似ており、似たような相手に二度も拒絶されるのはあんまりだと。 論争は白銀にも飛び火。 意見を求められるが、白銀は慌てて生徒会を後にした。 ちなみにマスメディア部のかれんは、石上と白銀がくっつくものだと予想していたのだった。

次の

最新ネタバレ『かぐや様は告らせたい』178

かぐや様ネタバレ 178

かぐや様は告らせたい18巻 かぐやと白銀が付き合い始めても相変わらず面白い 「かぐや様は告らせたい」 主人公とヒロインが結ばれてもまだまだ勢いが続いているというのも凄いですよね。 そしてその理由はやっぱり かぐやと白銀の周りにいる個性豊かなメンバーのおかげと言えるでしょう。 いわゆるハーレム系の作品ではありませんので、皆にそれぞれの恋模様やらなんやらが描かれているのが良いんですよね。 しかも 初期からちゃんと石上を「裏主人公」と設定してたんだから、こういう展開も想定内なのだという事が凄いと思ったり。 そしてこの 18巻での主役は間違いなく「早坂愛」でしょう。 この巻だけでは完結しませんが、物凄く気になる展開となっています。 そんな18巻の気になる所をまとめてみたいと思います!! 目次• かぐや様は告らせたい18巻ネタバレ感想 172話 かぐや様は信じたい かぐやは白銀と付き合っているのか? そんなバレたらマズイはずの問いかけをしてきたのは1年の小野寺麗。 伊井野や石上とは仲が良いキャラクター。 割と登場しているキャラでしたが、かぐやと絡むのはこれが初。 その割にはいきなりヘビーな展開になっていくものの、 結局はかぐやのポンコツっぷりとその狂気的な部分が見どころに。 前半真面目で後半畳み掛ける展開でしたが、地味にかぐやを成長させるという感じの良い話となってます。 173話 藤原千花は結びたい サクランボの茎を口の中で結べるとキスが上手い。 よく言われるそんな説を意識した一行が皆でサクランボの茎を結ぼうと頑張る話。 柏木さんがやたらと早かったり、実はかぐやがそれを上回るくらいに早かったりと、それぞれのイメージが反映されていた回でしたね。 まあオチは大体予想出来てましたが、 純真な白銀の顔には笑わせてもらいました。 いつも犬猿の仲の二人ですが、 この回ではかなり二人の距離が近づく展開に。 自然に伊井野を褒めた石上に対して、急に優しくなってしまう伊井野。 何気に 二人の相性が実はめちゃめちゃ良いんじゃないかと思わせる展開でグッと来ますね。 石上が伊井野の攻略法に気づいた訳ですが、藤原書記が台無しにした事もありますし、まだまだ この二人の関係がちゃんと進展するのは先になりそうですね。 175話 かぐや様は構われたい たまにやってくるかぐやと白銀のイチャイチャ回。 まあそれ以上に言う事もありませんが、強いて言えばかぐやと白銀の物事への取り組み方の違いが分かるという感じではありましたね。 前の話のおまけページで 白銀はマルチタスク派ではなくシングルタスク派だと描かれていましたし、それを早速描いていた感じとなりましたね。 まあ白銀が不器用なのはこれまでも散々見せつけられてきたので、そういう器用さがないのは分かってますけども。 176話 石上優は見せつけたい 石上がつばめ先輩に良い所を見せるために頑張る話。 かと思わせて、 実際には藤原書記による特訓回。 のように見せかけておいて実は・・・な回でした。 この辺りが18巻の表紙になる理由って感じですね。 そこで どんなデートをするのかという事をかぐやに相談するという回。 しかし実際にはメインとなったのは早坂。 自らの 理想の横浜デートのプランを披露するものの、それが妄想だった事でかぐやにマウントを取られる最近よくある悲しいパターンに。 「私の脳内シミュレーションでは完璧なんです」 この台詞が悲しく響いていますね・・・ とはいえ良い感じのギャグ回かと思わせておいて 最後にでっかい爆弾を残していく辺りが本作の油断ならない所だと思います。 そこを心配した白銀が、自分でどうにかしようと考える前半部分。 9巻でも語られた 石上の過去の件において、生徒会のメンバーがどういう考えをしていたのか? そういう部分も描かれていたりと結構重要な部分になっています。 しかし 後半は予想を裏切るギャグ展開になってたりと、相変わらず緩急自在ですね。 ラストはこの先の展開を少しだけ披露していたりするので楽しみです。 次章が179話から始まる 「修学旅行」編、そしておそらく「修学旅行」編と平行して描かれるであろう「終わる秘密」編。 「修学旅行」編は2年生がメインとなり、「終わる秘密」編は1年&3年がメインとなるようです。 179話 早坂愛のモーニングルーティン 割と最近はかぐやにネタにされてばかりの早坂。 そんな 彼女の起きてから眠るまでの過酷すぎる1日がしっかりと描かれる真面目な回。 かぐやにとっていちばん大事な存在でありながらも、非常に複雑な立場でもある早坂。 彼女にとってかぐやとはどういう存在なのかという部分が割とヘビーに描かれています。 この回から「修学旅行」編に入っていく訳で、 主役となるのが早坂とかぐやだという事が分かりますね。 個人的には本作で一番早坂に幸せになって欲しいですわ・・。 180話 白銀御行は廻りたい 京都への修学旅行が始まり、かぐやは早坂と、そして白銀は久々登場の脇役男子二人と共に過ごす事に。 しかしかぐやと一緒に京都の色んな所を見て回りたいと考えていた白銀に対し、 早坂の問題でかぐやはいっぱいいっぱい。 ちょっとしたすれ違いのようにもなっていましたが、次回への準備回みたいな感じでもありましたね。 早坂とかぐやの問題がどういう解決をしていくのかに期待が高まります。 181話 白銀御行は独占したい まさかの女湯を覗く回・・・ではなく、 女子の濡れた髪を見たいという男子の悲しい欲望が詰まっている回。 何気に濡れ髪への白銀のこだわりが強いのが面白い所だったり。 サブタイトルは「独占したい」という事でしたが、本題は全然そんな感じでもなかったりします。 むしろ本当はかぐやが早坂を独占したいという気持ちが隠されているのかも。 ラストに新たな展開が怒涛のように押し寄せてきて次巻への期待を高めてくれます。 ってか18巻も続いているのに、 白銀って未だにノーマル状態の早坂とは会話した事さえなかったのね・・・。 悪役顔の三男がどういう役割を果たしてくるのか気になります。 かぐや様は告らせたい18巻ネタバレ感想まとめ という事で相変わらずギャグとシリアスの配分が絶妙な本作。 がっつり笑わせてくれたかと思いきや、それぞれのキャラクターの内面をいきなり放り込んできたりするのでマジで油断出来ません。 色々と先々への伏線が張られてますが、それらがどういう感じで回収されるのか注目です。 とりあえず早坂を笑顔にしてあげて欲しいですわ(笑) 今回はここまで 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の

[B!] かぐや様は告らせたい【178話】最新話ネタバレ感想|伊井野ミコは聞き出せない

かぐや様ネタバレ 178

かぐや様は告らせたい【第179話】のネタバレ 石上とつばめのデートの様子を聞いた白銀たち。 スカイツリーに登って靴を選び、飯を食ったと石上は頬を赤くして告白する。 次の約束も取り付けていると聞き、かぐやもつつましい顔で話を聞いていた。 しかし伊井野だけは、面白くなさそうに話を聞いているのだった。 大仏は石つば派 大仏が風紀委員室へと入ると、そこには四宮の姿があった。 鍵が開いていたから入ったと答えた四宮は、大仏にも勝手に人のテリトリーに入ってはいけないと指摘。 生徒会室は、生徒たちの逃げ場としての機能を持たせる為に鍵はかけない。 それは前生徒会長が定めたルールを白銀が引き継いでいるからだ。 が、だからと言ってセキュリティが無いわけではない。 四宮は、大仏に 石上の中等部時代の調査データを持ちだした理由を問い詰める。 大仏は少しの間をあけ、口を開いた。 自分は 石つば派であると。 これこそがカップル論争。 作品において、誰と誰が付き合うべきかという議題で繰り広げられる論争であり、どのカップリングを支持するかによって、各々の人間性や恋愛感が滲み出る議論。 大仏は、自分も女性から嫌われるタイプなので石上に共感できることが多いという。 彼女は悪意があって持ちだしたわけではないと言い、データはつばめに渡したと話した。 大仏は生徒会メンバーの仲良し感も好きで、もし生徒会メンバーの誰かがつばめに見せたら、多分ギスギスしてしまうと考えていた。 それが嫌なので、 嫌われ者の自分がやってしまったと打ち明ける。 かぐやは大仏に石上ぽさを感じた。 大仏はだから推せるといい、石上には自分の好きな人と結ばれてほしいと願うのだった。 カップル論争で揉める4人 一方伊井野は、中庭にあるベンチに腰掛け、深く落ち込んでいる様子。 それを見ていた藤原と小野寺は、彼女の気持ちを察して意気投合。 小野寺は伊井野を応援するといい、藤原は生徒会でお茶でもどうかと誘う。 生徒会へと向かうなか、2人はかぐやと大仏に鉢合わせしてしまうのだった。 そして時は進み、白銀が生徒会室へとやってきた頃。 部屋の空気はひどく険悪なムードにつつまれていた。 その理由はカップル論争。 かぐやは伊井野が石上に恋していることを疑うが、これに対し小野寺は反論。 ギプスが取れるのは1月中と聞いていたにも関わらず、2月に入り、修学旅行中も付けていたことから、 石上が甘やかしてくれるこの状況を意図的に延ばしたと推測する。 これにはかぐやも鋭い考察だと動揺するが、大仏にもカードはある。 つばめの陽キャ感は大友京子に似ており、似たような相手に二度も拒絶されるのはあんまりだと。 論争は白銀にも飛び火。 意見を求められるが、白銀は慌てて生徒会を後にした。 ちなみにマスメディア部のかれんは、石上と白銀がくっつくものだと予想していたのだった。

次の