りょう 香 シリアス。 漫画『シティーハンター』冴羽りょう6の事実!名言や過去、愛車…かっこいい

シリアスな笑い

りょう 香 シリアス

平成22年10月、当法人の前身に当たる任意団体NPOりょう香の設立を経て、 平成27年11月、障害があっても、地域の中で当たり前に生きていけるシステム ・コミュティを構築していくことを目的に、NPO法人りょう香を設立しました。 設立の具体的な趣旨を設立趣意書より、ここに記させていただきます。 <設立趣旨書より> 障害者総合支援法が制定され、障がい者が安心して生活していける環境が整っ てきました。 しかし、障害とひとくくりにしても、一人一人の持つ障害はそれぞれ違います。 私たちの活動の柱は、一人一人のその人らしさを大切にした個別化の重視です。 そのためには、支援する側に、一定の知識と技術と、人権という普遍的な価値観 が必要であるという理念の基に活動します。 「声なき声の代弁者となりなさい。 」 「社会福祉を実践する人には、冷たい頭と熱い心の両方が必要です。 しかし、ど ちらか一つ選ぶならば熱い心を選びなさい。 」 生涯、社会福祉の第一線で活躍された方の言葉です。 この言葉を踏まえ、障害のある人の半歩前を歩きながら、声なき声に耳を傾け、 共に悩み、喜び、時に迷いながらも、道行を共にしていくという姿勢を持ち続けま す。 小さい時から成人後も、地域の中で当たり前に生活していけるよう支援してい くことを目指します。 かつてイギリスの社会福祉理論家のティトマスが「同じ福祉と言っても、それは どう使われるか。 それによって人権を保障することになるのか、人を選別すること になるのか、ふたつの方向に分かれる」と述べています。 今後、日本の福祉の展開の中で、私たちの活動が前者の実践を、小さくても確実 に継続し続けるために、NPO法人としてりょう香を設立することとしました。 知的障害のある小学校 高学年・中高生を対象とし、江戸川のウオーキング、プール、ダンス、ジャンベ等、 楽しみながら身体を動かすプログラムを提供し、難しい思春期を乗り越えていく手助 けができればと考えている。 また、非言語的コニュ二ケーションを大切にしており、 声なき声を聞くことができるよう、代弁、筆談等、心のケアに力を入れている。 生活介護かめかめは、働く生活介護を目指して平成30年4月に開所。 いずれ親元を 離れてグループホーム等で生活する前に、自分でできることを一つ一つ増やしていけ るよう自立を支援していく。 主なプログラムは農業、清掃、カイロ作り、石鹸作りで、全工程が目に見え、自分 が行っていることの意味がわかる作業である。 一人一人が責任と喜びをもって主体的 に作業できる日が来ることを願 っている。 当法人の基本理念の中に、介護をどうとらえるかという視点がある。 人権として捉 えながら、生活者として介護される側もする側も、共同作業を行うものという認識が 不可欠である。 呻きを持った人の個別性に足をつけた実践理論でなくては意味がない ので、狭い専門性や流動していく社会現象を無視した専門性ではなく、最も熟達した 認識を踏まえた専門的な援助を提供していくこと。 たった一人の人、個を重視する。 その人の生活の中から生活問題をトータルに考え、 問題を明らかにして解決を図っていく。 問題解決のために如何に努力するか。 方法論 を知識として学ぶのではなく、体験を通じて認識しながら創造的に展開できるための 学習を続けていく、つまり方法論を使いながらも、実践者としての自らの工夫が肝心 となる。 生活はただ流れていくのではなく、主体形成を媒介に人との関係をどうつなげてい くか。 自立と共生の関係を明らかにしていく。 自分を含めて、人間に対する偏見をどう克服するか。 いったい何が自分たちに必要なのかを考え、本当に大事に思っているものを主体的 に作り上げたプログラムで学んでゆく、そのような在り方を目指しています。 【当法人設立の原点となる理念】 法人理事長、金城の修士論文のテーマは「日本におけるノーマライゼーションの具 現化~地域福祉研究会ゆきわりそうの実践から~」(1993年)である。 日本女子大学 で一番ケ瀬康子先生の元で学び、立ち上げたばかりのゆきわりそうに就職し、働きな がら大学院で学んだ。 そして、当時修士論文の問題提起として以下のことを提示した。 「ノーマライゼーションを日本の社会福祉が提唱しているが、日本の地域社会にある異 質なものを排除する傾向が、競争原理の働く教育制度、資本の独占による大量生産、大 量消費生活の中で、ますますはっきりしてきた。 ノーマライゼーションとは、障害があ ってもなくても、人間として地域の中で、共に暮らしていく社会がノーマルな社会とい うのに、日本の現状はアブノーマルな社会なのである。 このような社会にあって、ノー マライゼーションを具体的に実現していく条件とは何か?。 一つは充実した社会保障制 度の確立であり、二つ目はコミュニティの形成であろう。 生活問題に対して、仲間とと もに主体的に関わりながら、自分たちの生活を守るために、政策をも変えていく運動を 展開していくことである。 ・・・今の社会に疑問を持つ人は、必ずたくさんいるはずで ある。 そういう人々がグループになり、発想を変えて、要求に基づいた活動をしたとき に、何かが生まれてくるであろう。 それが地域を変えていく力となると私は信ずる。 」 25年を経た現在も、この考えに変わりはない。 多くの実践を経ながら、平成28年5月 に放課後等デイサービスランを立ち上げた。 団体の目的 (定款に記載された目的) 【当法人の定款に記載された目的】 この法人は、障害のある人たちが地域の中で、その人らしく当たり前に生きていく力 を信頼関係を築きながら、一緒に育んでいく為に、障害者福祉サービスによる事業を 行い、障害のある人一人の生活の質の向上に寄与することを目的とする。 この法人は、その目的を達成するために、次にあげる種類の特定非営利活動を行う。 (1)保健、医療又は福祉の増進を図る活動 (2)人権の擁護又は平和の推進を図る活動 (3)子どもの健全育成を図る活動 (4)職業能力の開発又は雇用機会の拡充を支援する活動 この法人は、その目的を達成するため、特定非営利活動に係る次の事業を行う。 (1)児童福祉法に基づく障害児通所支援事業 (2)児童福祉法に基づく障害児相談支援事業 (3)障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく障害 福祉サービス事 業、一般相談支援事業、特定相談支援事業 (4)障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律に基づく地域 活動支援事業 (5)障害児者、及び高齢者が主体的に好きな活動を行うことを支援する事業 (6)農業 (7)上記農業に関する事業 農産物製造加工、貯蔵、運搬、販売、農業生産資材の製造、農作業の受託 (8)環境保全事業 (9)その他、この法人の目的を達成するために必要な事業 団体の活動・業務 (事業活動の概要) 1.放課後等デイサービスラン ・対象:知的障害・発達障害のある小学生(高学年)・中学生・高校生 ・定員:10名 ・サービス提供時間:学校終了時から18時まで。 (平日) 土曜日、夏休み等長期休暇期間中は10時から16時まで。 江戸川ウオーキング・公園・おもちゃ図書館 サンタ訪問・ 室内遊び 火:月に一度、電車に乗る。 江戸川ウオーキング・公園・畑の作業・室内遊び等 水:月に二度、ジャンベとダンス。 江戸川ウオーキング・おもちゃ 図書館サンタ訪問・室内遊び等 木:江戸川ウオーキング、ランニング・公園・室内遊び等 金:ダンスクラブ 土:プール・釣り堀・江戸川ウオーキング・外出プログラム・室内遊び等 【利用者に現れた成果の一例】 強度行動障害の難しいケースに、積極的に関わり成果を上げている。 開所当時、自宅の窓ガラスを割ったり、週に1度は大暴れして、他の放課後等 デイサービスを20件以上断られたケースに取り組んだ結果、4か月後にはその お子さんの大きな問題行動がなくなり、言葉が出るようになり、母に背を向け て寝ていたが、しっかりと甘えることができるようになった。 そしてデイサー ビスの利用が月23日から17日に減った。 自宅で母が看ることができるように なったからである。 2.生活介護事業所 かめかめ ・対象:知的障害者・身体障害者・精神障害者 ・定員:20名 ・サービス提供時間:9:30-16:00、延長18時まで ・送迎あり ・現在在籍6名。 知的障害5名。 精神障害1名。 うち車いす利用者2名。 ・作業は、農業、清掃、カイロ作り、石鹸作り、おもちゃ図書館サンタでの販売 補助とし、その中で本人の適性に合ったできる作業を通して、特質を伸ばせる ような支援をしている。 土を耕し、種を播くところから、草むしり、水まき、収穫、販売まで、 自分の作業が目に見えるため、やりがいのある仕事となる。 そして、草むしり、 苗づくり、虫取り、水まき、収穫、袋詰め、販売等、一人ひとりに合った仕事 ができる。 ・清掃:清掃作業は、工賃に直結する。 また日常生活を送るうえで、掃除ができ ることは大切なスキルである。 自分の身の回りのことができ、掃除がで きると、将来グループホーム等での生活に役に立つ。 ・カイロ作り:沖縄県のアドベンチストメディカルセンター(病院)のホスピス 病棟で、使われている米ぬかカイロ。 原材料は、米ぬか・お米・ 塩で、ホスピスの患者さんが気持ち良く使っている。 (カイロ作りについて) 法人理事長の金城が、沖縄のホスピスでボランティアをしていた時に、ボラ ンティアの人たちが患者さんのために作っていた。 それを市川に戻って、友 達に差し上げたところ、好評で、売って欲しいと頼まれることが多くなり、 作っているうちに、この単純だが、工程の多い作業は障害者の仕事として向 いていると判断。 いつか事業所を立ち上げて、そこでの作業としようと思い、 それから7年間コツコツと毎冬作り続けて、今では年間300個以上売り上げる ようになった。 そして、今年からかめかめの作業となった。 今年度の売り上げ 目標は450個としている。 ・石鹸作り:品質の良い石鹸作り。 これも肢体不自由の人に向いている作業である。 現在、初めての製品作りに試行錯誤中。 秋には売り出し、クリスマス には100個売ることを目標としている。 ・延長支援:かめかめの開所時間は9:30-16:00までだが、18時まで延長支援をし ている。 仕事をしている母親たちに喜ばれている。 現在特に力を入れていること 1.放課後等デイサービスランの施策 (1)将来の就労を意識したプログラムの実施 軽度知的障害のある中学生を対象に、月に1回、外出プログラムを提供して いる。 参加する中学生が自ら、自分の行きたい場所を決め、利用する交通手段 やそこで何をするかを計画し、実行している。 このメンバーは、高校を卒業した後、おそらく一般就労となる。 満員電車に乗って、長時間、真面目に一生懸命働くタイプなので、お金の使い方 を覚えることが、仕事の意欲に繋がると信じてのプログラムである。 頑張ったお 給料で、好きなものが買えることが働く意味になれば、長く働き続けることがで きるだろう。 中学生たちにも、その親御様にも好評である。 (2)楽しく運動するプログラムの実施 プールは土曜日、及び夏休み等の長期休暇中に欠かせないプログラム。 楽しく 体を動かし、どの子どもたちも満足している。 (3)外出機会を増やすことにより、社会性を定着させるためのプログラムの実施 室内での活動よりも外出することで、社会性を身につける機会を増やしている。 強度行動障害のある子どもも、電車に乗り他の人が静かに座っているのを見て 「他の人がしないことはしない。 」という教育が、はじめて身につく。 図書館やボ ーリング場で大声を出さないことも同じ。 騒いだ時は、必ず「周りの人を見てご らん。 どうしている?声を出してる?走ってる?」等、声をかけると、大抵静かに なる。 このようにして、社会性を身に着けていく。 一人一人、何度も失敗しながら、段 階を踏みながらである。 (4)子どもたちの自主性の形成に資するプログラムの実施 主体性の形成を促すため、プログラムに子どもたちを合わせるのではなく、子ど もたちに合ったプログラムを、臨機応変に創っている。 金曜日はダンスが好きな人 が多いが、畑が好きな人は畑に行く等。 (5)外部講師と触れ合うプログラムの実施 ジャンベ、ダンス、スラッグライン等、外部講師による専門的なレッスンが、子 供たちの心身の健康と社会性の定着を増進すると考え、プログラムに取り入れてい る。 (6)子どもたちの心のケアを重視する対応 心のケアに取り組んでいるので、言葉のない人や、本音を伝えられない人たちの 気持ちを、身体の硬直等をみながら、適切な言葉かけと体のやり取りから探ってい き、隠された心を緩やかにほぐすことによって、生きづらさを少しでも解消できる よう努めている。 2.生活介護事業所かめかめの施策 かめかめは、アットホームな雰囲気を大事にし、小集団の良さ、顔色を見ただけで その日の体調がわかる関係性を大切にしている。 社会の一員として生活していく力を 身につけられよう支援していく。 3.実践的な職員研修の実施 職員研修にも力を入れ、特に1年を通して10日間の研修がある「心のケア、施設職 員研修」に積極的に参加している。 職員の障害理解が格段に深まり、利用者へのサー ビス向上に繋がっている。 今後の活動の方向性・ビジョン 【今後の事業展開ー高次脳機能障害者への支援事業開始等に向けて】 金城はこれまでの勤務経験の中で、6名の高次脳機能障害の方と、責任をもって対応 してきた。 ケアマネの時に、在宅一人暮らしになってしまった56歳と60歳の男性。 前者はホー ムヘルパー以外、どのサービスにもつなげられずに、自宅で転倒し、入院、転院を繰り 返す中、お亡くなりになった。 後者は、脳挫傷で退院してから、1時間半歩いて、入院していた病院へ行き、看護師 さんに求婚して断られ、タクシーで戻り、、、 他にもいろいろな在宅生活の困難を整理していく中、成年後見を立てたところ、保証 人である実の兄が2000万円以上の預金を自分の通帳に移していたことが、たった1枚の 銀行からのハガキで運よく判明するトラブルがあったり。 就労移行支援施設長の時は、20代、40代、50代の男性。 プログラムを工夫しな がらも、次の行先がなかなか見つからなかった。 また、最初に金城が勤務したゆきわりそうの、精神障害者の作業所にいた方(アルコ ール依存 症と脳梗塞による右麻痺)と12年ぶりに再会して、その方に週1回20分、 文字盤と絵カードでマッチングを行っていったところ、継続は力なり。 半年後に3文字 の文字盤が打てるようになった。 これらの経験から、高次脳機能障害者の施設が無くて苦労してきたことと、人間の脳 は鍛えると必ず回復することを実感し、平成29年7月に、今年度の社会福祉施設整備 国庫補助申請を行った。 残念ながら、千葉県から国に提出した書類は採択されなかったが、今年度、再度、高 次脳機能障害者と重症心身障害者の生活介護施設の国庫補助申請をする予定である。 その際、合わせて重症心身障害児の放課後等デイサービスリラも申請予定である。 さらに、平成30年10月に相談支援事業所を開設予定である(常勤1名、兼務1名).

次の

冴羽獠

りょう 香 シリアス

こんにちは、めぐるです。 シティーハンターアニメ何観ようかな~と迷ってるあなたへ、 熱を持っておすすめしたい!アニメエピソードの、 見所と感想を紹介しています。 原作ありエピソードもアニメ視点でご紹介しています。 軽くネタバレしていますので、 まっさらな気持ちでアニメを観たい人は、 あらすじだけにとどめてくださいね。 「史上最強の敵!! 【どんなエピソード?】史上最強の敵に挑むリョウ 犯罪組織・ロードスマフィアの麻薬取引が絡む仮面パーティーに、 冴子と麗華の依頼で乗り込むリョウと香。 しかし、マフィアの殺し屋に冴子と麗華、香が捕らえられてしまう。 リョウも窮地の中、間一髪海坊主に救われるが、 香がそのまま連れ去られてしまう。 サボウ 弟 、デナイ 妹 、ゲルマ 兄 日本進出を果たすには、 リョウと海坊主の存在が邪魔になるため、 海坊主を罠にはめ襲撃。 そして、香を人質にとりリョウを誘い出す。 香を人質に取られ、いつない本気モードのリョウ。 シリーズ最終話にしてようやく、リョウと香が、 パートナー以上の関係に進みそうな一歩を見せてくれるエピソード。 なんだけど!その前に!! 何と言っても海ちゃん。 彼の強靭な肉体の頑丈さに圧倒され、 その不死身さ加減を思い知るのです 笑 敵の罠にはまり、とあるビルで襲撃を受けた海ちゃん。 終いには大爆発で海ちゃんがいた部屋は、 跡形もなく崩れ落ちるほどの激しい襲撃。 そして、 崩れ落ちた大きなガレキの下から、 ムックリと起き上がる海ちゃん。 そのあとなんか驚異の回復力でリョウの窮地を救ったり、 終盤は船上までリョウの加勢にきたりと、 医者もビックリな超短時間で完全復活を遂げた海ちゃん。 海ちゃんの強さや男気といった魅力満載でもあるのです。 とはいえ、もちろんリョウと香がメインだけど 笑 超本気モードのリョウの戦い 今日のオレは、少々気が立っているんでな、 急所をはずすなんて芸当、出来ないぜ。 残念ながら、貴様たちはたった1つミスを犯した・・・ それは、このオレを本気にさせてしまったということだ。 このリョウの言葉に、何言ってやがる的な感じで、 ガハハと大笑いするロードスマフィアのサボウ。 一方、別の意味でフフフとほくそ笑む、 脳がメルメンモードのめぐる 笑 でも、ここはいたってシリアスな場面。 そこから一気にスピード感ある銃撃戦開始。 そして三兄妹弟との最終決戦へとつながる。 サボウ戦は容赦なしのリョウ。 ピンチの切り抜け方が水も滴るいい男。 デナイ戦。 やっぱり女性相手なのか、 本気の攻撃はしないリョウ。 しかしつり輪の選手になれそうだったリョウ。 ゲルマ戦は正統派の一騎打ち。 ゲルマの銃を抜くスピードがリョウよりも上!? でも、その上をいくリョウの神業。 あんなふうに弾を打ち込めるなんて、 リョウの動体視力ってどうなってるんだろう。 サブオ以外の二人は、CHと戦えてよかったよ、フフ。 みたいな感じで満足そうに死んでいってしまう。 ただ、3兄弟を倒しても、 大ボスが仕掛けた爆弾がもうすぐ爆発してしまう船。 厚いガラス越しにいるリョウと香。 リョウは香にエレベーターを使って逃げろという。 原作の海原編のような感じ 一方リョウ側には脱出する出入り口がない。 絶体絶命。 リョウをおいて逃げようとしない香にリョウが放つセリフ。 こんな状況でもちょっと本音を隠しつつ、 亡き槇村との約束を口にするリョウ。 ちょっと死に際のセリフみたいなんだけど・・・ 槇村とリョウに守られてる香。 それを告げられたら、どんなに後ろ髪を引かれる思いでも、 香は自分が助からないわけにはいかない、と感じ取ったのかな。 香が逃げるのを見届けて、 リョウは安堵と同時に最期を覚悟するけど・・・ 終わりに・・・ 通常はちんまりした敵が多いなか 笑 最終回らしく敵も手強くアクションもダイナミック。 だからこそのリョウの神業連発。 加えて、リョウと香のお互いの思いやり 愛情と言いたい が、 全体を通してもりもりに盛り込まれてるので、 とても満足なエピソードです。 リョウがまた違った意味で、 本気モードになるエピソードはこちらも。 いつもは隠してしまうリョウの本心がちらりとのぞけます! 「狙われた香!! 愛の言葉はさようなら 前後編 」<CH2 第3・4話> 「香チャン狙撃さる!? 」<原作 第117~121話>.

次の

シティーハンター冴羽獠、そして愛銃 Colt Python 357

りょう 香 シリアス

まだ30代で脂の乗ったイケメン、鍛え抜いた体つき、確かな実力、決め台詞をキザに感じさせないスタイリッシュさ……モテる要素だらけの彼。 しかし、そんな彼には圧倒的に残念が一面がありました。 それは、 底なしの性欲!これが、そのかっこいい部分をすべて台無しにしています。 美女と見ればところ構わず発情することから、付けられたあだ名は 「新宿の種馬」「新宿の一発狼」。 さらに、いい女を見つければ、すぐに発動する もっこり。 臨戦態勢が抜群なのです。 しかし、そんな二枚目半にもなり切れないところも、彼のよさといえるでしょう。 そんな彼ですが、いざ依頼が来れば、頼れる凄腕の顔を見せてくれます。 愛用の357マグナム弾のコルト・パイソンを武器に、どんな困難な依頼であってもクールにこなすのです。 だから、美女に弱いのはご愛敬。 彼はその名声にも関わらず、生い立ちは謎に包まれています。 物語が進んで徐々に明らかになっていきますが……。 声優は神谷明。 本作のパラレルワールドを描いた『エンジェル・ハート』の実写版では、俳優の上川隆也が演じました。 出会い頭に、元気なご挨拶! やぁ、みんなぁ! 今日も元気にひもパンしてるかな!? (『シティーハンター』15巻より引用) ダンサー・次原舞子は、自身が誰かに狙われていると感じて、彼にボディガードを依頼しました。 ガード中も彼女はダンスのオーディションやリハーサルをこなしていくのですが、偶然にもダンサー全員のレオタードの下が、紐パンであることを知った獠。 それ以来、決まった時刻に会場に出没しては上記のような挨拶をするのでした。 レオタードなんて、もろに体のラインが出る服、彼のテンションが上がらないわけありません。 まぁ、そこでニヤニヤする彼は、見ようによってはただの変質者ですが……。 ここからもまだまだ、エロかっこいい名言たちをご紹介していきます! 彼といえば、やっぱり もっこり!ファンの方にはわざわざ説明する必要もありませんが、ここはあえて詳しく説明しましょう。 これは、男性機能が生理現象によって隆起した状態。 有り体にいって、 勃起というやつです。 少年誌であるジャンプで連載するに当たって、ともすれば生々しくなる性的表現をギャグに昇華した、ある種の発明なのです。 ですので、決して汚らわしいものではありません!はい! では実際に、彼が作中で「もっこり」した回数は何回だったのでしょうか? 有名な『巨人の星』の厳格な父・星一徹は原作では1度もちゃぶ台返しをしていませんし、『北斗の拳』のケンシロウも「お前はもう死んでいる」とはほとんど言っていません。 このように世間のイメージと実情が乖離している例は多々あります。 獠も本当のところは「もっこり」していなかったのではないか。 そんな疑念が湧いてきました。 実際に数えてみた人がいます。 それによると……なんと原作では 125回「もっこり」があったそう。 なんとイメージ通り、というか、それを遥かに越す勢いの数字です!これには、驚きを隠しきれません。 獠=「もっこり」のイメージは正しかったのです。 いかがでしたか?『シティーハンター』冴羽獠の魅力を、もっこり、いや失礼、たっぷりお伝え出来たでしょうか。 興味の湧いた方は、ぜひ一読してみてください。 スマホアプリからは、無料で読めますよ!.

次の