簿記2級。 簿記2級の合格に必要な勉強時間(学習時間)はどのくらい?

簿記2級から簿記論に挑戦は無理?

簿記2級

スポンサーリンク 日商簿記2級テキストの選び方 テキストは中古本でもいい? メルカリやオークションでは中古本が安く出品されています。 テキストを購入する際、 中古本でも大丈夫か気になりますよね? 日商簿記2級は 2019年6月から出題範囲の改定が行われています。 中古本の場合は、 必ず改定後のテキストを選ぶようにしましょう。 中古本でも対応は可能ですが、個人的には 最新テキストを購入することを強くオススメします! 最近、出題範囲が変更になったことで 中古本では出題傾向なども把握しにくいところがあります。 ですから、できれば 最新テキストを使いベストの状態で一発合格を狙った方がいいというのが私の考えです。 テキストは質と量! 簿記2級では、新しく 工業簿記も加わり広範囲の学習が必要となってきます。 実務経験がない方は、初出の用語に苦戦する方もいるかもしれません。 適切な質と量のテキストを選ぶことで、独学で合格するための最短ルートとなります。 テキストを選ぶ時には、学習用にテキストと練習用に問題集と複数冊活用していくことがベストです。 どちらも合格が必須条件になりますので、試験範囲は網羅しないといけません。 商業簿記の学習が進まなくなったら、工業簿記に切り替えて気分転換をするくらいの気持ちで取り組むことが大切です。

次の

独学で知識ゼロから2ヶ月で簿記2級試験に合格した私の勉強法

簿記2級

時間がかかる• 質問ができない まずはデメリットから。 独学での勉強は 時間がかかります。 専門学校や通信講座ではいかに 学習時間を短縮して合格に到達するかという目線でスケジュールが組まれているので、 独学での勉強はどうしても効率性が下がります。 また、 誰にも質問ができないというのもかなり大きなデメリット。 理解しながら進んでいるつもりでも、自分の理解が本当に正しいの か誰にも確認できません。 もしかしたら別のパターンで出題されたら 解答できなくなる覚え方をしてしまっているかも。 簿記2級は3級と違って複雑で難しい論点も多いので、 プロにすぐに相談できる環境が整っていないのは大きいです(周りの知人質問できる環境ならOK)。 独学で簿記2級を勉強する3つのメリット• 費用が 安い• 学習場所を 選ばない• 自分のペースで進められる 独学のメリットなんといっても 費用が安いこと。 参考書代+受験料(4,720円)だけで済むので、 1万円以下で抑えることも可能。 簿記2級を独学で学習できるサイトを使って勉強すれば受験料だけでの合格も可能です(おすすめはしません)。 独学の場合には学習場所を選ばす、自分のペースで勉強ができるというのもメリットです。 専門学校だと学校に通学するか、 Webスクールであってもインターネット環境が整っている場所で勉強しなければいけません。 しかし独学であれば参考書さえあれば自宅・カフェ・図書館・電車などなど、 どこでも学習場所にすることができます。 簿記2級のおすすめ参考書(テキスト) 簿記2級の参考書はという資格の学校が出している 3冊のどれかを選べばOK。 TACは公認会計士・税理士・簿記といった 会計系の資格に強く、 TACが出している簿記2級の参考書はどれも非常に人気があります。 おすすめの参考書(テキスト)は以下の3冊です。 費用が高い• 専門学校に 通学しなければいけない• 自分のペースで勉強ができない なんといっても専門学校の通学は 費用が高いです。 このあとにおすすめの専門学校を紹介しますが、 やはり独学と比べるとどうしても費用はかかります。 住んでいる場所によっては近くに専門学校がなかったり、 仕事や家の事情でそもそも通学ができないという人もいるでしょう。 また、自分が授業に出席しないとどんどん授業は先に進んでしまうため、 専門学校の学習カリキュラムに合わせて授業を受けなければいけません(もちろんDVDでの補講などありますが、それだと通学の意味がない)。 専門学校への通学で簿記2級を勉強する5つのメリット• 効率的な学習カリキュラムで勉強ができる• 専門学校の先生に すぐ質問できる• 授業に出て強制的に勉強するから 続きやすい• モチベーション維持がしやすい• 受験仲間や友達ができる 専門学校へ通学する最大のメリットは、 専門学校側が用意してくれる効率的な学習プログラムに沿って勉強ができる点。 分からないところがあればすぐに先生に質問することができ、 しっかりと理解しながら簿記2級の学習を進めることができます。 また、「専門学校への通学」というアクションを自分に強いることで、 強制的に勉強する習慣を自分自身につけることができます。 専門学校にいけば簿記2級という同じ資格を目指す受験仲間と出会うこともでき、 それがまたモチベーション維持の要因になります。 簿記2級のおすすめ専門学校(通学) 簿記2級の専門学校は以下の基準で選びましょう。 効率的な学習カリキュラムで勉強ができる• 専門学校の先生に 質問できる• 自分のペースで勉強が進められる• 専門学校への通学よりは 費用が安い• ネット環境があれば どこでも授業が受けられる Webの専門学校は独学や専門学校への通学の 良いとこどりです。 専門学校側が用意してくれる効率的な学習プログラムに沿って勉強ができ、 分からないところがあれば先生に質問することができるので、 しっかりと理解しながら簿記2級の学習を進めることができます。 また独学のように 自分のペースで勉強を進めることも可能。 ネット環境さえととのっていれば、自宅やカフェでぱ PCやスマホで受講することも可能。 簿記2級のおすすめWebの専門学校 簿記2級のWeb専門学校も、通学の専門学校と同じく以下の基準で選びましょう。 (65,300円)• (75,000円)• (59,400円)• (31,050円) どの学校も実績がしっかりとあり、公認会計士講座・税理士講座をもっています。 そしてこの中で 絶対的におすすめなのがクレアール。 クレアールは他の専門学校と違い、 通信(Web)講座のみの専門学校。 他の3校は 通学者に向けた授業を録画してDVDやWeb配信しているだけなんですが、 クレアールは 完全にWebに特化した授業をしています。 しかも 費用も一番安い。 Web授業ならクレアール一択です。 私は全部の学校の授業を受けたことがありますが、• 通学者向けの授業• Webで受けている人向けの授業 というのは、やはりちょっと違うんですよね。 講義サンプルDVDもついてくるので、まずは資料請求をしてみましょう。 授業をうけるの面倒! という方には向いていますね。 でも正直、筆者からすると値段の割には 独学感が強いです…。 ユーキャンと上で紹介したクレアールだと、 ユーキャンの方が高いです(ユーキャンは4万円くらいするのに、クレアールは3万円くらい)。 だったら授業が見れる クレアールの方が断然お得かなと。 簿記2級のおすすめ通信講座はユーキャン 簿記2級で授業なしの通信講座をしているところは、実はユーキャンくらいしかありません。 確かに費用は高めですが、• 専門学校の効率的なカリキュラムを受けたい• でも授業受けるのは面倒だからテキストで十分 といった人には通信講座(ユーキャン)はピッタリです。 まずは資料請求をしてみましょう。

次の

【日商簿記2級】受験記 合格する勉強方法

簿記2級

簿記2級に必要な勉強時間(学習時間)を教えて!? 簿記2級の勉強時間は? 簿記3級保持者が、2級に合格するまでに必要な勉強時間は、 独学なら4~6カ月(250~350時間)、 通学・通信講座なら2~4カ月(150~250時間)といわれています。 ですが、勉強時間には個人差があり、「使用する教材」や「勉強の質」によって大きく変わってきます。 前述の勉強時間は一つの目安として捉え、できるだけ余裕のある学習計画を立てるようにしましょう。 簿記3級+2級の勉強時間は? 簿記初心者が、簿記2級に合格するまでに必要な勉強時間は、 独学なら6~8カ月(350~500時間)、 通学・通信講座なら3~6カ月(250~350時間)といわれています。 学習の流れとして、まず簿記3級で基礎を固めたあと、2級の学習を行うスタイルです。 勉強時間は、3級で1~2カ月(100~120時間)、2級で2~4カ月(150~250時間)が目安となります。 簿記1級の勉強時間は? 簿記1級の勉強時間は 2級レベルの知識がある人で500時間~700時間といわれています。 これまでの試験科目は、3級が商業簿記、2級が商業簿記・工業簿記でしたが、1級は商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算の4教科です。 圧倒的なボリュームとなるため、1年ほどかけてコツコツと知識を深めていく方法が最適です。 簿記2級、独学に必要な勉強時間は? 簿記未経験者の場合 簿記初心者が独学で2級に合格するには、前述したように 6~8カ月(350~500時間)かかります。 独学では「教材(テキスト・問題集)の選び方」や「勉強の進め方」の良し悪しによって、勉強時間が左右されるため、事前にしっかりと情報を集め、正しい勉強法で進めることがポイントです。 また、独学では疑問点に直面した場合、自分で調べ解決しなければなりません。 もし周囲に簿記経験者がいればアドバイスをいただくことも可能ですが、それが難しい場合は、説明が丁寧な教材や用語集を取りそろえ、学習がスムーズに進められる体制を整えておきましょう。 簿記3級保持者の場合 簿記3級保持者が、2級に独学で合格するまでに必要な勉強時間はおおよそ 4~6カ月(250~350時間)です。 すでに簿記の基礎知識はあるため、を参考に、自分に合った学習ペースで進めていけば、無理なく合格が狙えるでしょう。 ですが、簿記2級では新たに工場で使われる簿記「工業簿記」が試験範囲に加わります。 工業簿記は、体系的に理解をしていくことが大切なので、初心者がつまずきやすい論点をしっかりとカバーしているテキストを選ぶようにしましょう。 簿記2級の独学は教材(テキスト・問題集)選びがポイント 簿記2級の独学では教材(テキスト・問題集)選びが、合否を分ける大きなポイントとなります。 でも詳しく書いていますが、自分に合ったテキストを選ぶときポイントは、以下の5点です。 自分のレベルに合っていて、読みやすくわかりやすい• 頻出ポイントに絞った、なるべく薄いもの• 難しい用語にフリガナがふってあり、解説がついている• イラストや表でわかりやすく説明している• カラーで見やすい そして問題集を選ぶときのポイントは以下の3点です。 平成28年6月以降の過去問をなるべく多く収録している• 解説が丁寧なもの• 試験によく出る問題に印がついている このとき、気をつける点は「合うテキスト・合わないテキストは人によって異なる」ということです。 インターネットの口コミ情報だけで決めるのではなく、実際に大型書店へ足を運び、自身で教材を見比べてから購入するようにしましょう。 簿記2級の勉強時間、社会人は「数分単位のスキマ時間」がポイント! 毎日、仕事や家事で忙しい社会人が、簿記2級合格を目指す場合は、勉強時間の確保がとても大切です。 1日2時間、机に向かって勉強をすることは難しいので、通勤時間・お昼休み・休憩時間・待ち時間などのスキマ時間を学習にあてるようにしましょう。 人の脳は、数分単位の学習を繰り返すことで、短期集中の神経回路が鍛えられ 「すぐに集中できる脳」へと変化していきます。 電車の移動時間や、病院の待ち時間、仕事や打ち合わせの合間など、ちょっとした空き時間は、1日に何度も訪れます。 スキマ時間を上手に使って、勉強時間を稼いでいきましょう。 簿記2級、勉強時間とスケジュールの深い関係 簿記2級に合格するためには、ただがむしゃらに勉強をするのではなく、しっかりとしたスケジュールの作成が必要です。 実際にどのようなスケジュールを立てるかは、「1日に確保できる勉強時間」「勉強量」「試験日までの日数」「勉強法(独学・通学・通信講座)」によって変わってきます。 簿記の知識は「〇時間やれば身につく」というものではありません。 大事なのは「勉強量」。 つまり「どのくらい進み、理解したか」です。 学習スケジュールを作成する際は、「今日はテキストを30ページ読む」といったようにまずは勉強量を決め、次に「だいたい〇時間かかるだろう」と勉強時間を考えるようにしましょう。 社会人にとって、簿記2級は「試験1週間前」が大事! 「日商簿記試験まであと1週間」を控え、忙しい社会人にとってこの直前期の「過ごし方」はとても重要になります。 試験1週間前に行うことは、以下の5つです。 過去問演習を中心に行う。 実際に時間を計り、試験の時間配分をしっかりと身につけておきましょう。 新しい教材に手を出さない。 新しいテキストに手を出すと、これまでにインプットした知識が混乱してしまう可能性があります。 使い慣れたテキスト・問題集で総仕上げをしましょう。 難しい問題に手を出さない。 睡眠をしっかりとって体調を整える。 仕事量を調整し、体調を崩さないよう気をつけましょう。 特に睡眠は大切です。 交通手段・所要時間・持ち物を確認する。 余裕をもって早めに確認をしておきましょう。 まとめ 今回は「日商簿記2級」の試験勉強を始める前に、知っておきたい勉強時間(学習時間)についてご紹介しました。 忙しい社会人が、効率的に学習を進めるコツは、しっかりとした勉強スケジュールをつくり、 頻出問題にポイントを絞った密度の濃い学習と、 スキマ時間を上手に使うことです。 無駄を省いた勉強法で、最短&一発合格を目指しましょう!•

次の