黒 魔女 さん の ペンション 経営。 (5ページ目)【バレーボール】“新東洋の魔女”前田悦智子さん 34歳差婚支えた母の言葉|日刊ゲンダイDIGITAL

黒魔女さんのペンション経営

黒 魔女 さん の ペンション 経営

一章完結。 二章開始。 (二章完結次第、飛ばしすぎたプロローグを見直し、追加投稿する予定です!) 世界では絶滅したとされる魔女の末裔ルナンは、転生者である。 だが、双子の妹の力が強力であるため半端者として生きてきた。 そんな彼女は前世にペンシ ョン経営をしていた記憶があり、また開業しようと密かに企んでいた。 成人の日、ルナンを召使いのように扱う妹は魔女の生き残りとして王都へ招かれた。 それをきっかけに村を飛び出したルナンは、使い魔の師匠(黒猫)と共に新天地で、魔女であることを隠しながらも念願のペンションを開業する。 今はシュデッタ王国トヴァイアス伯爵領のバリザードって町にきてる。 ここにはある有名な店があってな…… それは宿つきレストランで料理はべらぼうに美味いんだが、有名なのは店の人間のほう。 かわいいウェイトレスにセクハ ラすればウェイトレスがタコ殴り、部屋で騒げばホテルマンがタコ殴り、酔っ払って喧嘩すれば用心棒がタコ殴り……もちろん、客を、だぜ? やたらめったら充実してるスイーツを物珍しさに注文したくせに残そうもんなら、悪魔の副店長がすっ飛んできてこっちは血祭りだ。 だけど一番恐ろしいのは、そいつらを束ねる店長とおれは見たね。 なんたってかつては裏社会の勢力蔓延る無法の町だったのを、たった四人の手勢を率いてあっという間に制圧しちまった悪魔たちの首魁だからな。 やつらは某国の精鋭騎士団だったとか、某亡国王家の生き残りとその家臣だとか、はたまた別大陸からやってきた未知の種族が人の皮をかぶって世界征服の拠点にしてるんだとか、色んな噂がある。 だけど、当たり前のマナーを守って普通に暮らす分にはまったくの無害だぜ? だからおれは今日もここで酒を飲み、異国料理に舌鼓を打ち、珍しいスイーツを一口残さず平らげてこういうんだ。 「婚約なんてイヤよ! そうするくらいなら家出するわ!」 その一言をきっかけに、領主の父親の元から飛び出したシェリー=アトワイト。 彼女は家出をした先で、旅館の若旦那であるロロと出会う。 父親が一方的に押し付けてきた婚約を破棄するために、ロロ と先に婚約したと嘘をつく。 このままでは父親を納得させられず家に連れ戻されてしまうシェリーは、父親がやってくる半年後までにその旅館を立派な温泉宿として復興させることを目指す。 果たしてシェリーは寂れた旅館を栄えさせ、婚約を破棄することができるのか。 はたまた父親を認めさせられず、実家に連れ戻されてしまうのか。 片田舎の温泉旅館で巻き起こる、がけっぷち少女の温泉経営譚!! 片田舎でしがない旅館を経営していた両親が経営難で廃業に追い込まれた。 観光地もない。 名産品もない。 あるとすれば温泉だけ。 そんなあまり価値のなさそうな旅館を、何故か政府が買い取って、主人公の両親を雇って再経営を計ることに。 何が起こった のかと思いきや、その旅館の裏山にはなんと異世界に繋がる門ができていたのだった。 政府に秘匿され、異世界人との交流地として再出発することになったこの旅館。 家督を継ぐ人間がいなくなり、出奔して冒険者をしていたところを、無理やり領主に据え置かれたフリードは苦悩していた。 なぜなら金がないからである。 領地は山と川しかないド田舎なのに、親の散財で借金だけは死ぬほどある。 「自分は食わなくてもいいから、 ともかく使用人と領民は食えるようにしなければ」と、思った矢先に魔物の大量発生。 さらには領内にダンジョンの出現ときた。 いやいや、無理無理! 金もないのに大量の冒険者を雇うとか、宿も冒険者ギルドも商人すらこないド田舎でダンジョンの管理とか! ともかく金だ! 少しでも金を貯めて街道を整備して、商人を来るようにして、冒険者ギルドを作らなきゃ領地が破綻する! なに、領民希望の亜人? オッケーオッケー! なに、邪教認定されている教団が教会を作りたい? その代わり治癒術を使った治療をしてくれるんならドント来い! この物語は人柄と腕はいいけれど、金と星回りに恵まれないフリードが、冒険者仲間の人脈や日々の努力で領地を発展させ、ゆくゆくは建国する話です(予定)。 六人姉妹の長女で有名大学の教育学部を卒業して教師をしていたら、 両親は、「おまえが片付かないと妹も片付かないから……」と言われて、見合いをさせられて 「僕は実業家です」という中年のハゲおやじ、やたら羽振りがいい。 両親にも高価な贈り物攻 め。 やたら羽振りの良い話ばかりして、両親が、「この男に決めなさい!!」の神押しされて ……とうとう、優柔不断な状況で、押し切られて、結婚を承知してしまいました。 「結婚したら、きみも事業を手伝って欲しい」と言われて、すっかり持ち上げられて、その気になって 「私も頑張るわー!」とか、中年ハゲの夫に、張り切って返事しました…… そして結婚してみたら そしたら……夫のやってる事業というのは……娼婦宿だったのです。 それから20年。 離婚もせず、夫の事業を……娼婦宿を手伝い、すっかり娼婦宿の女将になってしまったけど、 夫がいきなり心臓麻痺で死んでしまいました。 子供はできなかった。 それで、その娼婦宿を、直ぐ、すっかり売り払い、そこそこのお金を手に入れたので、 教師の経歴を生かして、寄宿制の中高一貫校を始ることに決めました。 子供もいないので、旧姓に返り……前の名前では 「娼婦宿の女将」として遊び人の男性には結構有名になっていたので ……学園の経営者=教育者になるには、少し、イメージが良くありませんから。 で、いま私の名前は、イライザ・ミンチン・ロッテンマイヤーです。 ファンタジー世界の王都の郊外で、寄宿制の中高一貫校の学校を初めて開校します。 43歳のイライザ、わたしに、どんな新しい人生が開けるのか? 「生徒募集で、学校は何にしよう? どういう学校にしょうか?」と近くに住む妹に相談しました。 「共学校? 女子校? 男子校?」と妹が聞きますが、まだ決めてません。 取り敢えず、由緒ある貴族の古い大きな洋館を買い取りました。 その建物で運営することにします。

次の

転生者は魔女である 小説家になろう 作者検索

黒 魔女 さん の ペンション 経営

「ペンションビセザキ」のオーナー熊本保美さん、通称「くまさん」のパフォーマンスに乗せられ、楽しい会食を楽しんでいます。 【花粉症のない沖縄では、くしゃみ、痒み、目の涙などの症状は出ません。 お天気と体調が良ければ、初夏の野外活動に一足飛びです その9】 ペンション備瀬崎 夕食 夕方になり、雨は少し止んでいます。 夕食の時間には、ちょっと早いのです が、ロビーで少しビールを飲み始めました。 そうすると、「お寿司の部屋にどうぞ」と案内され、少し早い時間ですが、夕食用のお部屋へ移動しました。 アスパラガスの茎 細切りにした けん 最初に大根のけんが出るのですが、これはなんと、アスパラガスの茎を細切りにして、けんが作られています。 このけんが、素晴らしく美味しいのです。 甘みがあり、歯ごたえがあり、大根しか知らなかったけんには、意外なことに、アスパラの茎とは、予想外でした。 ペンション備瀬崎 食材は近くの海から お料理は、まず先付けが出ます。 オーナーの熊本保美さん、通称「くまさん」が、近くの海に潜って獲ってきた食材が、基本です。 ペンション備瀬崎 食材は 東京の築地から さらに、那覇まで、食材を買い付けに行きます。 東京の築地から、飛行機に乗り、着いたばかりの食材を仕入れに行っています。 お刺身は、まず石垣鯛(ガラサミバイ)と蛸の刺身です。 蛸は、「シガイ」とも言います。 タイラガキの貝柱は、刺身として出ています。 ペンション備瀬崎 噂のアーサーの天ぷら 噂のアーサーの天ぷらです。 油の温度はどれくらいで揚げるのでしょうか? パリパリッとした、とてもいい食感といい香りです。 このアーサーの天ぷらを始めたのは、お母さんがお店を始めた時からだそうです。 アオサを新月と満月の夜に採って、根を残して芽を摘むのが基本だそうです。 そうすれば、また芽が出てきます。 すべて食材は次のことを考えて採るそうです。 ペンション備瀬崎 豚肉のラフテー それから豚肉のラフテーですが、これをお粥と7時間も時間を掛けて、煮込んで作ったラフテーのお粥煮込みです。 とても柔らかくて、食べやすい、とろけるような柔らかさでした。 お寿司を食べながら、沖縄の文化について話が始まりました。 「沖縄は本来どこの国に属していたのか」が話題になりました。 中国なのか?朝鮮半島なのか?あるいは日本国なのか?という話です。 それは、沖縄の文化の中に、中国や朝鮮半島、さらに、島津藩を通して、日本の文化が重なって、残っているからです。 自然が壊されている話も出ました。 本部の地区の開発の激しさのことです。 住民としては生活が便利になってほしいけど、自然も残して欲しいという矛盾です。 ペンションビセザキ 黒マグロの刺身 またお料理に戻ります。 次に黒マグロの刺身です。 これはやや幼い黒マグロでしょうか? マグロにも、食べ頃があるそうで、食べる人の好みを予想しながら、くまさんが、食材を選ぶそうです。 ペンションビセザキ パパイアと大根の漬物 それから途中、漬物がでました。 おいしいなぁと思ったお酒は、秘密がありました。 泡盛をブレンドしたものです。 いくつかの泡盛を混ぜて、甕に入れて、長らくおいておくと、泡盛の味が良くなるそうです。 とても柔らかい、まろやかな味で、飲み易いブレンドの泡盛でした。 くまさんの、お客さんを飽きさせない話を聞きながら、いろいろと工夫して作ったお料理は、うんちくを聞けば、なるほどなぁと思うものばかりです。 さて、今夜は、びっくりパーティを予定しています。 何が起きるのでしょうか? 2008年3月23日(日).

次の

黒魔女さんが通る!!

黒 魔女 さん の ペンション 経営

一章完結。 二章開始。 (二章完結次第、飛ばしすぎたプロローグを見直し、追加投稿する予定です!) 世界では絶滅したとされる魔女の末裔ルナンは、転生者である。 だが、双子の妹の力が強力であるため半端者として生きてきた。 そんな彼女は前世にペンシ ョン経営をしていた記憶があり、また開業しようと密かに企んでいた。 成人の日、ルナンを召使いのように扱う妹は魔女の生き残りとして王都へ招かれた。 それをきっかけに村を飛び出したルナンは、使い魔の師匠(黒猫)と共に新天地で、魔女であることを隠しながらも念願のペンションを開業する。 今はシュデッタ王国トヴァイアス伯爵領のバリザードって町にきてる。 ここにはある有名な店があってな…… それは宿つきレストランで料理はべらぼうに美味いんだが、有名なのは店の人間のほう。 かわいいウェイトレスにセクハ ラすればウェイトレスがタコ殴り、部屋で騒げばホテルマンがタコ殴り、酔っ払って喧嘩すれば用心棒がタコ殴り……もちろん、客を、だぜ? やたらめったら充実してるスイーツを物珍しさに注文したくせに残そうもんなら、悪魔の副店長がすっ飛んできてこっちは血祭りだ。 だけど一番恐ろしいのは、そいつらを束ねる店長とおれは見たね。 なんたってかつては裏社会の勢力蔓延る無法の町だったのを、たった四人の手勢を率いてあっという間に制圧しちまった悪魔たちの首魁だからな。 やつらは某国の精鋭騎士団だったとか、某亡国王家の生き残りとその家臣だとか、はたまた別大陸からやってきた未知の種族が人の皮をかぶって世界征服の拠点にしてるんだとか、色んな噂がある。 だけど、当たり前のマナーを守って普通に暮らす分にはまったくの無害だぜ? だからおれは今日もここで酒を飲み、異国料理に舌鼓を打ち、珍しいスイーツを一口残さず平らげてこういうんだ。 「婚約なんてイヤよ! そうするくらいなら家出するわ!」 その一言をきっかけに、領主の父親の元から飛び出したシェリー=アトワイト。 彼女は家出をした先で、旅館の若旦那であるロロと出会う。 父親が一方的に押し付けてきた婚約を破棄するために、ロロ と先に婚約したと嘘をつく。 このままでは父親を納得させられず家に連れ戻されてしまうシェリーは、父親がやってくる半年後までにその旅館を立派な温泉宿として復興させることを目指す。 果たしてシェリーは寂れた旅館を栄えさせ、婚約を破棄することができるのか。 はたまた父親を認めさせられず、実家に連れ戻されてしまうのか。 片田舎の温泉旅館で巻き起こる、がけっぷち少女の温泉経営譚!! 片田舎でしがない旅館を経営していた両親が経営難で廃業に追い込まれた。 観光地もない。 名産品もない。 あるとすれば温泉だけ。 そんなあまり価値のなさそうな旅館を、何故か政府が買い取って、主人公の両親を雇って再経営を計ることに。 何が起こった のかと思いきや、その旅館の裏山にはなんと異世界に繋がる門ができていたのだった。 政府に秘匿され、異世界人との交流地として再出発することになったこの旅館。 家督を継ぐ人間がいなくなり、出奔して冒険者をしていたところを、無理やり領主に据え置かれたフリードは苦悩していた。 なぜなら金がないからである。 領地は山と川しかないド田舎なのに、親の散財で借金だけは死ぬほどある。 「自分は食わなくてもいいから、 ともかく使用人と領民は食えるようにしなければ」と、思った矢先に魔物の大量発生。 さらには領内にダンジョンの出現ときた。 いやいや、無理無理! 金もないのに大量の冒険者を雇うとか、宿も冒険者ギルドも商人すらこないド田舎でダンジョンの管理とか! ともかく金だ! 少しでも金を貯めて街道を整備して、商人を来るようにして、冒険者ギルドを作らなきゃ領地が破綻する! なに、領民希望の亜人? オッケーオッケー! なに、邪教認定されている教団が教会を作りたい? その代わり治癒術を使った治療をしてくれるんならドント来い! この物語は人柄と腕はいいけれど、金と星回りに恵まれないフリードが、冒険者仲間の人脈や日々の努力で領地を発展させ、ゆくゆくは建国する話です(予定)。 六人姉妹の長女で有名大学の教育学部を卒業して教師をしていたら、 両親は、「おまえが片付かないと妹も片付かないから……」と言われて、見合いをさせられて 「僕は実業家です」という中年のハゲおやじ、やたら羽振りがいい。 両親にも高価な贈り物攻 め。 やたら羽振りの良い話ばかりして、両親が、「この男に決めなさい!!」の神押しされて ……とうとう、優柔不断な状況で、押し切られて、結婚を承知してしまいました。 「結婚したら、きみも事業を手伝って欲しい」と言われて、すっかり持ち上げられて、その気になって 「私も頑張るわー!」とか、中年ハゲの夫に、張り切って返事しました…… そして結婚してみたら そしたら……夫のやってる事業というのは……娼婦宿だったのです。 それから20年。 離婚もせず、夫の事業を……娼婦宿を手伝い、すっかり娼婦宿の女将になってしまったけど、 夫がいきなり心臓麻痺で死んでしまいました。 子供はできなかった。 それで、その娼婦宿を、直ぐ、すっかり売り払い、そこそこのお金を手に入れたので、 教師の経歴を生かして、寄宿制の中高一貫校を始ることに決めました。 子供もいないので、旧姓に返り……前の名前では 「娼婦宿の女将」として遊び人の男性には結構有名になっていたので ……学園の経営者=教育者になるには、少し、イメージが良くありませんから。 で、いま私の名前は、イライザ・ミンチン・ロッテンマイヤーです。 ファンタジー世界の王都の郊外で、寄宿制の中高一貫校の学校を初めて開校します。 43歳のイライザ、わたしに、どんな新しい人生が開けるのか? 「生徒募集で、学校は何にしよう? どういう学校にしょうか?」と近くに住む妹に相談しました。 「共学校? 女子校? 男子校?」と妹が聞きますが、まだ決めてません。 取り敢えず、由緒ある貴族の古い大きな洋館を買い取りました。 その建物で運営することにします。

次の