トイザらス。 トイザラス 破綻の理由と日本の「トイザらス」影響は?

トイザらス・ベビーザらス オンラインストア 店舗情報

トイザらス

米トイザラス 破綻の理由は• アマゾンなどのインターネット通販の台頭• ウォルマート・ストアーズなど大型量販店の安値攻勢 おもに上記の2つがあげられています。 トイザラスは1948年に生まれたおもちゃの販売店で当時のベビーブームに乗って店舗を大型化して事業を拡大してゆきました。 この、事業拡大でトイザラスの最盛期の80年代には「街のおもちゃ屋」を次々と廃業に追い込んだ事が語られています。 その、トイザラスがインターネット通販のアマゾンの通販ビジネスモデルに対抗できず、店舗販売では安売りのウォルマート・ストアーズなどの攻勢をかけられて防戦一方でついに倒産という憂き目をみたということです。 また、先進国の少子高齢化も玩具産業に与えるインパクトは少なからずあったのではないでしょうか? 最近の玩具は高級化は進んでいるものののデジタル化されたゲーム機やソフトウェアが多く、わざわざトイザラスへ足を運ばなくてもインターネット通販やダウンロードで手に入ってしまいます。 日本法人の日本「トイザらス」は、日本マクドナルドとの合弁で89年に設立されました。 当時は大型小売店の進出規制が日米間の通商交渉の議題となっている時期でトイザらスの日本進出で廃業に追い込まれた玩具さんも多かったことだと思います。 ブッシュ大統領(父)が92年の来日の際、「トイザらス」日本2号店(奈良県)オープン時に来店したのは有名な話でトイザラスの大型店構想は日米の通商の問題にまで発展したのです。 その日本の「トイザらス」は2010年に日本マクドナルドとの合弁が解消され米本社の完全子会社となっています。 ・日本「トイザらス」の業績は 日本トイザらスは日本メディアの取材に「日本トイザらスの業績は安定しており、経営には直接的な影響はない」とのコメントをしていますが、ちょうどハロウィンやクリスマスのかきいれ時の米トイザラスの倒産は少なからず業績に影響は出てくるものだと考えられます。 また、トイザラスは「米国とカナダ以外の店舗は破産手続きの対象外」としていますがが、再建が難航すれば、現在160店舗を展開する日本事業にも影響が及ぶ可能性が十分あるとみていいでしょう。 90年代に我々に夢を与えてくれたトイザラス なんとか新しい境地を開いて生き延びてもらいたいものです。

次の

トイザらス・ベビーザらスヤフー店

トイザらス

かつて玩具業界の巨人と言われたトイザらスが9月18日、米連邦破産法11条の適用を申請して破綻した。 負債総額は約52億ドル(約5800億円)と報道されている。 アマゾンでの玩具の売上が、2016年に四半期あたり40億ドルまでに膨らんだ一方で、トイザらスは2013年以降、利益を生み出せていなかった。 ただし、トイザらスにも失地回復のチャンスはあった。 もう少し早めに手を打っていれば、このような結果は避けられたかもしれない。 世間がドットコムバブルに沸いた2000年、アマゾンとトイザらスは10年契約を結んだ。 これはアマゾン上でトイザらスが唯一の玩具の販売業者となる契約で、トイザらスの公式サイトをクリックするとアマゾン内のトイザらス専用ページに飛ぶ仕掛けになっていた。 この取り組みは当初、アマゾンとトイザらスの両社にメリットをもたらすと見られていた。 しかし、アマゾンはその後、トイザらスが十分な商品を確保できていないことを理由に、他の玩具業者らをサイトに招き入れ始めた。 トイザらスは2004年にアマゾンを提訴し、10年契約を終了させた。 そして2006年に自社サイトを立ち上げた。 しかし、その後のトイザらスの動きは遅すぎた。 書店のBordersも同じ過ちを犯した。 Bordersも2001年にアマゾンにオンライン販売を任せる契約を結び、2008年に契約を終了したが、その間にウェブのビジネスをアマゾンに奪われた。 アナリストは「彼らは未来を譲り渡してしまった」と述べた。 米量販店のターゲットはこの罠にはまらなかった。 ターゲットも2001年にアマゾンにEコマースを任せる契約を結んだが、2009年に契約を解除。 2011年に自社のEコマースサイトを立ち上げ、年間25億ドルをテクノロジーとサプライチェーンに投資すると宣言した。 ターゲットのEコマース売上はまだわずかなものではあるが、ウェブ経由の売上は四半期あたり30%増のペースで伸びている。 その一方、トイザらスの場合は今年5月になってようやく、Eコマース事業の立て直しに向け、今後3年間で1億ドルを投じるとアナウンスした。 しかし、彼らの取り組みは遅すぎたとしか言えない。 破産申請を行ったトイザらスは今、同社のブランド名の存続を目指してはいるが、「トイザらス」の商標は今後、他のオンライン業者の客寄せの看板として利用されることになるかもしれない。 最新の統計では米国人の90%が今も実店舗で買い物を楽しんでいる。 しかし、小売業者を破滅に追い込むには、残りの10%が実店舗での購入をやめるだけで十分だ。 米国では今年に入り、靴の販売のペイレスシューソースや子供服のジンボリーらが相次いで破産した。 トイザらスがもっと早く、大きな投資をウェブ向けに行っていればこの事態は防げたはずだ。 しかし、トイザらスもまた他の小売業者と同じ破滅への道を歩んでしまった。

次の

米トイザらス、2019年中に復活へ

トイザらス

アメリカの が再始動する。 新たに創業したトゥルー・キッズ社(Tru Kids Inc)は2月11日(現地時間)、トイザらスのブランドを2019年中に復活させる考えを明らかにした。 米トイザらスは2018年夏、。 トイザらスはまだ終わっていない。 アメリカのおもちゃ大手が破たんしてから数カ月後、「トゥルー・キッズ・ブランド(Tru Kids Brands)」で知られるトゥルー・キッズ社は、トイザらス、ベビーザらス、そしてそのマスコットであるキリンのジェフリーを丸飲みにした。 トゥルー・キッズが2月11日(現地時間)に発表した声明文は、トイザらスとベビーザらスが「2018年に900を超える店舗とeコマース事業を通じて、世界全体で30億ドル(約3300億円)以上を売り上げた」とし、その「ブランド力」と「ブランド・ロイヤルティー」に触れた。 は、トイザらスの依然として価値のあるブランドを救うために2019年に設立された企業で、同社のCEO兼社長のリチャード・バリー(Richard Barry)氏は、トイザらスで33年間働き、グローバル・チーフ・マーチャンダイジング・オフィサーにまで上りつめた人物だ。 バリー氏は声明文の中で、「直近のホリデーシーズンには、アメリカ市場を勝ち取ろうとこれまでにない競争が起きたが、トイザらスやベビーザらスが提供する信頼と経験とは依然として大きな差があり、消費者の需要は高い」と述べている。 米トイザらスによる連邦破産法11条の適用申請とそれに続く閉店、レイオフは、といった玩具メーカーに苦しいホリデーシーズンをもたらした。 だが、トイザらスの復活に向けた動きは、これが初めてではない。 2018年10月に破産オークションがキャンセルされたときには、再始動の計画が持ち上がった。 その翌月には、トイザらスは再編され、スーパー大手クローガー(Kroger)で期間限定型のを実施していた。 トゥルー・キッズの声明文によると、長年トイザらスに務めていた幹部のマシュー・フィニガン(Matthew Finigan)氏、ジェームズ・ヤング(James Young)氏、ジーン・ダニエル・ガティグノル(Jean-Daniel Gatignol)氏も、新会社で指導的な地位に就いているという。 バリー氏は「わたしたちはトイザらスとベビーザらスを完全に新たな、よく考えられた方法で復活させることに力を注ぐ、素晴らしいチームを擁していて、アメリカがこの人々に愛されるブランドなしにホリデーシーズンを過ごす必要はもうない」と述べている。

次の