手越 荒野 行動。 網易匠心打造 《荒野行動》2018發力不停

【專欄】這幾天,日本人為了《PUBG》與《荒野行動》吵翻天了

手越 荒野 行動

民視 2022年卡達世界盃足球賽今天公布了賽程,從11月21日開幕戰到12月18日冠軍戰,成為史上第一次在冬天舉辦的世足賽。 世界足總決定在冬季開踢的原因很簡單,位在阿拉伯半島的卡達,夏季氣溫上看40度是家常便飯,如果在這樣的條件下踢球,選手恐怕會吃不消。 2022年卡達世界盃公布賽程表,比賽將在11月21日到12月18日之間舉行,一共為期28天。 成為自1930年世界盃開踢以來,第一次在冬天舉行的賽會。 位於阿拉伯半島的卡達,夏季日間高溫通常在40度以上,而冬季溫度則介於18到26度之間,相對適合從事高強度的競技運動。 屆時48場小組賽一共分12天開踢,直到12月3日起舉行淘汰賽,18號產生最終冠軍隊伍。 民視 效力印地安人隊的張育成,努力表現尋求開季就上大聯盟的機會,他今天又在分組對抗賽擊出全壘打,而且是從球隊王牌克萊文傑的手中擊出,這也是張玉成在夏訓的第6支全壘打,另外效力紅襪的林子偉今天也有一支三壘安打的表現。 張育成手感發燙擋不住,面對印地安人去年拿下13勝的王牌投手Mike Clevinger,繼續開轟。 這球打到中外野直接飛出牆外,形成一發3分打點全壘打,這是張育成在夏訓的第6轟,全隊最多,除了這支全壘打之外,他也擊出一支二壘安打,展現優異的長打能力。 目前張育成還在競爭開季30人名單二壘手或是替補內野手的位置,原本美國媒體不看好他,但是以張育成目前的打擊表現,絕對吸引到教練團的目光,就看他能否繼續保持,以及把這樣的表現帶進例行賽。 相對於張育成,紅襪的林子偉則已經被球隊設定為今年工具人的角色,進入開季名單沒有太大問題,而且他也持續有表現。 HBL官方網站 HJ Sports/孫傳賢 「無論JHBL或HBL,甲級還是乙級,我們希望讓大家看到,嘉義對基層籃球的努力與決心。 」 由嘉義輔仁中學主辦的第二屆輔仁盃籃球邀請賽,今年在嘉義國民運動中心大力支持下,以「嘉運盃」之名揭開序幕,除了地主輔仁中學外,還邀請永仁高中、南山高中、普門高中、永平高中及安樂高中5隊共襄盛舉,輔仁中學教練黃玟穎表示,期盼藉由3天的循環對抗,讓各隊找回比賽感覺,準備迎接夏季備戰期的嚴峻挑戰。 去年輔仁中學第一次舉辦邀請賽,還有新竹高商與龍津高中等HBL乙級球隊參賽,今年則全數邀請HBL甲級球隊,永仁高中、南山高中與普門高中甚至是近年四強常客,黃玟穎直言,既然要練兵,當然希望拉高強度,讓各隊都能有收穫。 「去年輔仁盃原本就計畫要邀請HBL前段班球隊來給我們一點刺激,結果南山高中與普門高中同時到中國比賽而缺席,今年因為疫情,大家都只能留在國內,期盼藉由這樣的交流機會,讓大家在新學年度更有競爭力。 」 輔仁盃高中組賽事連續兩年都安排在嘉義國民運動中心進行,而這也是108學年度JHBL與HBL乙級南區複賽的比賽場地,負責營運的堤姆有限公司董事長許嘉榮透露,目前正全力提升場館硬體設施,希望有機會爭取JHBL或HBL造訪。 「今年乙級南區複賽算是臨危授命,但我們期待未來嘉義可以成為高中體總考慮舉辦聯賽的城市,而嘉義國民運動中心也已經準備裝設冷氣,最快有機會在明年2月完工,我們會努力升級為能夠承辦重要基層籃球賽事的優質場館。 」 從JHBL與HBL乙級南區複賽,到這次嘉運盃,以及月底的王輝盃,嘉義正努力在國內基層籃球版圖上,爭取一席之地。

次の

NEWS・手越祐也、ゲーム「荒野行動」生配信登場で「普通に手越」「脱退宣言?」と騒然(2019/01/08 08:00)|サイゾーウーマン

手越 荒野 行動

フットサルもeスポーツも、アスリート・手越的には同じ地平かあ 2018年は未成年女性との飲酒疑惑が持ち上がるなど、相変わらずプライベートでお騒がせ続きだったNEWS・手越祐也。 同12月中旬、ネット上で対戦型ゲームを楽しむ「eスポーツ」のチーム・DgG(Pro E-Sports Team Digital Gate Gaming)に所属したのではないかといううわさが出回ったが、ここへ来てグループ脱退説にまで発展している。 「手越は、かねてよりゲーム好きで知られています。 昨年10月の『週刊女性』(主婦と生活社)の報道によれば、中でもスマートフォン版バトルロイヤルゲーム『荒野行動』にハマっているとか。 この時期には、同ゲームをプレイする一部ユーザーの間で手越のアカウントが突き止められており、ネット上で情報が晒されていたようです。 そして12月16日深夜、チーム・DgGの代表を名乗るTwitterアカウントが『DvSTegoはDgGに所属し、クランタグを変えましてDgGTegoになりました!』『本物の手越か?って質問も多いので答えますが本物です!』とツイート。 手越のものとして広まっていたアカウント名と一致することから、『DgGTego=手越』だと、話題になりました」(ジャニーズに詳しい記者) その後、ジャニーズファンとみられるTwitterユーザーが、事務所が公表していないことを発表するのはやめるべきとする意見を寄せたところ、代表は「僕個人の判断ではないので大丈夫です!」と弁明。 また、ジャニーズ事務所は「副業NG」とされるだけに、金銭的な関与を問われると「TegoさんとDgGとの間に金銭は発生していません」と返信したが、事態を知ったファンからは、「金銭が発生していないなら副業扱いにはならない?」などと、チームとの関わり方を気にする声が上がっていた。 手越は公式携帯サイトの連載やテレビ・ラジオで一連の騒動に言及せず、疑惑は晴れぬまま数日が経過。 そして年明け1月4日頃になると、ファンの間では、手越とされるアカウントが「荒野行動」のコメント欄の中で脱退を匂わせていると騒ぎに。 ネット上に上がっているコメント欄の画像を見ると、「残り三人でNEWS大丈夫?」と聞かれ、「それを明日話すから安心して」と返していたほか、「辞めたくないのに辞めざるをえないって解釈でいい?」には「正解」と、反応。 コメントした人物が手越本人とは断定できない状況だが、ファンは「手越脱退宣言」とうろたえている状況だ。 「そんな中、動画配信サイト・YouTubeの生配信動画に『手越が参加している』と発覚。 12月24日に、あるチャンネルでライブ配信された『荒野行動』の実況プレイ内で、配信者らがボイスチャットを介して『DgGTego』に向け『手越さん』と何度も話しかけているんです。 その人物は、やや甲高いふざけたトーンの声色や、『ガハハ!』といった豪快な笑い声まで、確かに手越にそっくり。 この日はクリスマスイブとあって、『手越さんとか用事ありそうなのになぁ~』と予定を聞かれると、手越らしき声の主が『喉の調子が良くなくて自粛してる』とコメント。 「大阪でライブしてる」の一言や、NEWSの楽曲「weeeek」が好きと言われ、「ありがとう」とお礼の言葉を述べる一幕も。 YouTubeのコメント欄やTwitterでは、「テゴ、いつも通りの笑い声」「普通に手越じゃん」という意見や、「手越くんの音声は本人じゃない気がする。 あの声は違う」と否定するものまで、さまざまな書き込みが入り乱れている。 ちなみに、先述のDgGの代表は「手越のアカウントが乗っ取られていないか」とTwitterで確認され、「大丈夫そうですよー」(1月4日午後8時台)と返していた。 『普通に、僕以外の配信してる配信者よりは全然うまいっすよ』と技術を褒められ、うれしかったと話していたんです。 こうしたトークからも、手越が配信者と交流があることは明らかなため、YouTubeで知らないうちに生配信されていたという可能性は低いのでは。 また、これが手越本人だとすれば、いくらデジタル化が進むジャニーズとはいえ、ほかのタレントに示しがつかないのでは」(同) 渦中の手越は1月6日に東京ドームで行われた『NEWS DOME TOUR 2018-2019 EPCOTIA -ENCORE-』に出演。 そのため、「手越が何も触れなかったのが、なんか心配になってきた。 いつもの手越ならうわさは否定してくれるはず」「手越の元気がなさすぎて怖い。 MC後半はほぼ黙ってた」と異常を覚えたファンも。 同曲には「さよなら こんなに好きだけど 決めたんだね」と別れを示唆する意味深な歌詞が特徴のため、「ソロ曲の歌詞が今の状況とリンクして切なくなった」と不安を強めている声も聞こえている。 6日~7日の公演は、手越の口から特に重大報告はなかったものの、果たして今回の騒ぎはどう収束するのだろうか。

次の

荒野行動:並不是所有的物資你都有機會得到,遇到空投該不該去撿

手越 荒野 行動

在2018年的第一個工作周,《荒野行動》毫不懈怠繼續出擊,為億萬玩家帶來了多重更新大禮,其中包括了多人跳傘、成就係統、荒野老兵等大量新玩法,繼續引領著新年吃雞熱潮。 與此同時,《荒野行動》線下賽也戰況火爆,參與人數不斷上升。 如今,《荒野行動》城市賽與高校賽已經去到北京、上海、哈爾濱、深圳、成都、西安等多個城市。 近在家門口的比賽,讓更多的普通玩家享受到了電競的樂趣。 上線一個月註冊使用者破億,DAU超過2000萬,就是玩家對《荒野行動》最好的肯定。 為了讓玩家始終保持良好的遊戲體驗,《荒野行動》不僅加強了對遊戲環境的維護,還保持了極高的更新速度。 在不改變戰術競技核心樂趣的基礎上,遊戲不斷突破創新,推出了多人跳傘、載具射擊、雪天模式等等新道具和新玩法。 《荒野行動》還大膽打破了吃雞遊戲通用的單、雙、四排的模式,推出了全新的五排玩法。 這一舉措將傳統MOBA的五人組隊模式與吃雞完美結合,方便了更多玩家與好友一起開黑,也帶動了遊戲玩家數量和活躍度的幾何性上漲。 高頻率的更新,讓玩家永遠不缺新鮮感,使得《荒野行動》始終熱度不減。 《荒野行動》自上線以來就力壓此前大熱的《王者榮耀》,同時穩居吃雞類遊戲的首位。 自上線以來,《荒野行動》排名超越《王者榮耀》並從未落後 國防正能量 打造優秀遊戲文化 網易的匠心不僅體現在遊戲本身,更出現在了遊戲文化的傳播中。 此前,網易就與中國航空工業集團公司合作,將國產武直-10引入《荒野行動》中,護送玩家跳傘開黑。 這不僅為玩家帶來了更為別緻逼真的跳傘體驗,同時也傳播了我國最新軍事成果,提升了玩家的民族自豪感,可謂是國防教育的最佳平臺。 是在海外市場上,《荒野行動》的火爆人氣也使它成為了當代中國形象的一扇視窗。 在吃雞手遊大戰中,《荒野行動》穩紮穩打,在市場的磨礪中書寫了行業奇蹟。 在2018年,《荒野行動》奔跑的腳步也並未停止。 《荒野行動》的成功,也再一次印證了網易遊戲精品路線的潛力無窮。 責任編輯:.

次の