大島 てる 足立 区。 足立区で68歳女性刺され死亡 殺人で捜査

事故物件公示サイト「大島てる」とは何か?

大島 てる 足立 区

引越しをしたことがない人やあまり事件などをご存知ない方は知らないかもしれませんが「大島てる」とは情報サイトです。 何の情報を掲載しているサイトなのかというと「事故物件」の情報を掲載してくれている情報サイトで、事故物件を避けたい人や、やばい物件の周辺に住みたくない人などに使われる機会が多いです。 事故物件では自殺や殺人・火災などでもそうですが、極稀に心霊現象などを感じた場合なども状況が酷いようであれば心理的瑕疵で心霊現象による事故物件になる可能性もあります。 ですが、大島てるでは心霊現象が原因からなるやばい物件などの訳ありは掲載されていませんのでご注意ください。 心霊系が苦手な方は直接不動産会社に問い合わせたほうが間違いないです。 事故物件という言葉はよく耳にすると思いますが、事故物件のようなやばい物件・訳あり物件はどのような定義で決められているかご存知ですか? 事故物件とは主に次に該当するものが事故物件扱いになります。 殺人事件や自殺者などによる物件などはわかると思いますが、心霊現象が起きたぐらいで事故物件になるのかと驚く方もいると思います。 この心霊現象については、心霊現象があるという噂だけでは事故物件対象にはならず、心霊現象が起きたとうわさになって異常なまでの定着率の悪さが生じた場合に「心理的瑕疵」として事故物件扱い・訳あり物件扱いされることが多いです。 「大島てる」に掲載されているやばい物件・訳あり物件を検索したり、普通のGoogle上でやばい物件・訳あり物件を検索したら「心理的瑕疵」という言葉がよく出てくると思います。 このような検索したら出てくる「心理的瑕疵」とは心理的にもここに住みたいと思いにくい出来事があったという意味で、やばい物件や訳あり物件によくつけられます。 心理的瑕疵以外にも物理的瑕疵や環境的瑕疵なども存在しますが、主に欠点として捉えて頂けたらとわかりやすいと思います。 そのため先ほどの事故物件の所でも紹介したように、自殺他殺などは当然だと思いますが、暴力団が住んでいる所や心霊現象が起きて周りの人が異常に引っ越すような賃貸などの物件などには住みたくないですよね。 そのような住みたいと思いにくい心理的瑕疵があるやばい物件は極稀に悪徳不動産会社なら隠してくる可能性があります。 不動産会社も入居者をつけて初めて収益が入る所が多いので、法律に引っかからない程度の隠ぺい工作は平然と行ってきます。 このようなことが後からわからないように大島てるでは心理的瑕疵があるやばい物件・訳あり賃貸などを紹介してくれています。 次は実際に絶対に借りてはいけない事故物件などをご紹介したいと思います。 まず最初にご紹介するのは神奈川県の横浜市で殺人事件が起きた事故物件です。 坂本堤弁護士一家殺害事件とは1989年に起きた事件で、当時、オウム達が行っていた宗教に入っていた家族の人たちがオウム真理教から脱退したいという依頼を坂本弁護士にしたことから始まったとされています。 坂本弁護士はオウム真理教について色々調べて記事にもしてメディアなどでも取り上げられたことか信者の人たちから当然いいように思われていない状況でした。 そのため、この事件では旧オウム真理教の幹部だった6人がこの坂本弁護士と家族三人を手にかけたことによって起きた事件となっています。 事件が起きてすぐに問題になるかと思われていましたが、事件は綺麗に処理されていたためすぎには判明せず、一家失踪事件として処理されていました。 しかし、事件から7年経った後に岡崎の自供によって事件が明確なものとなりました。 オウム真理教はこのような事件以外にも大きな事件ばかり起こして事件が薄くなってしまっていますが、非常に多くの人を震撼させた事件とされています。 次にご紹介するのは福岡県筑後市にて福岡リサイクルショップ殺人事件が起きた事故物件です。 このリサイクルショップの事件も多くの人がメディアの報道にて知った事件だと思いますが、まさに恐怖しか感じない事件とされています。 このリサイクルショップ事件とは福岡でリサイクルショップを経営していた夫婦による犯行による事件で、住み込みで働いていた従業員を次々と殺めて行った事件とされています。 当時は10年前から行方が分からなくなった男性が白骨化された状態で見つかりましたが、この男性以外にも殺害していたので従業員を雇っては次々と手にかけていたのです。 この殺人現場はGoogleマップでも周辺が観ることができますので、実際にどのような場所か見たい方はGoogleマップで検索していただけたらと思います。 次にご紹介するのは神奈川県相模原市にて相模原障害者施設殺傷事件が起きた事故物件です。 これは最近起きた事件なので多くの方もご存知だと思いますが、この事件は賃貸住宅などではなく、障碍者施設にて起きた大量殺人事件です。 この事件の被害者は19人が犠牲となり、26人が負傷した事件となっています。 この大量殺人事件を起こした男は逮捕されてからの供述で、犯行理由を障害者は人々を不幸にするからという勝手な考えから起こした事件でこれこそ人格を疑うような事件で知られています。 こちらも最近起きた事件とあって事件があった津久井やまゆり園はGoogleマップ上でも出てきます。 気になる方はGoogleマップで検索していただけたらと思います。 次にご紹介するのは東京都江東区にて江東マンション神隠し殺人事件が起きた事故物件です。 この東京都で起きた事件も2008年と割かし最近起きた事件で、凶悪犯だったので非常に有名です。 というのも、この東京の江東区で起きたマンション神隠し殺人事件は名前の通り賃貸住宅にて犯罪を起こしているのですが、賃貸住宅から女性が一歩も外出していないように見えることから神隠しという名前がついた事件です。 この犯人は同じ東京の賃貸に住んでいた住民で、隣の部屋だったそうです。 犯人は殺害した女性を性奴隷目的で監禁しようとしたが被害者の女性の姉がすぐに異変に気付いたことから手にかけています。 さらに、女性を殺害するだけでなく、殺害が分からないようにバラバラにまでしているため、犯行が分かるのが送れたとされています。 東京以外でも賃貸住宅では隣の日とは全く知らない赤の他人なので、賃貸住宅の恐ろしさが際立った事件となりました。 次にご紹介するのは神奈川県座間市にて座間市事件が起きた事故物件です。 これはごく最近おきた猟奇的な殺人事件なので多くの方がご存知だと思います。 賃貸のクーラーボックスから複数の遺体の頭部が出てくるといった事件で、複数の遺体と一緒に過ごしていたことから犯人は異常であるとしか言いようがない事件です。 この事件に対してどう賃貸に住んでいた人は大島てるにもコメントを残しており、すぐに大島てるに載った訳あり物件とされています。 しかし、実はこの訳あり物件は実は大島てるに掲載されたのは今回だけでなく、事件が起きる以前にもGoogleマップで出てきたり、大島てるに掲載されていたりしたのです。 そのため心理的瑕疵がある物件として出され、家賃が以上に安く、多くの人が不信がっていたそうです。 このような点を考えると心霊現象などで不信がっている方がまだ優しいことが分かります。

次の

大島てる 足立区にこんな事実が!!

大島 てる 足立 区

2 某芸人も取り憑かれた京都の幽霊マンション 松原: 三軒目のレジェンド事故物件はこちら。 京都の幽霊マンション。 幽霊マンションといえば、京都の幽霊マンションとよく言われる場所です。 有名な話としては、オーナーの娘が飛び降りて、亡くなった娘さんが部屋に現れるという話ですよね。 部屋にテレビの取材とかを連れてきたら、「ひどいことをするよ」って幽霊が住民に言うという話があるんですけれども。 ここは実際、すごい大きくて軍艦みたいなマンションなんですが、最近綺麗になりました。 大島: これは綺麗になった後ですか? 松原: 綺麗になった後です。 名前も変わっています。 大島: 名前を変えるというのは、典型的な事故物件対策テクニックです。 松原: 心霊話が広がりすぎて、変えざるを得なかったのではないのかなというパターンだと思うんですけれども。 ガリガリガリクソンという芸人がいるんですけれども、その心霊話を知って、一回見に行ったんですって。 気づいたらこのマンションにいる……という状態になって、ある時エレベーターで最上階まで登って、ベランダというか廊下から身を乗り出している自分に気づいたらしくて。 アカンと思って、知り合いのつてをたどって霊能者の方にアドバイスをもらって、行かないようにしたという話は聞きましたけれどね。 ブロック塀の意味も本当かどうかわからないですけれど、中が吹き抜けになっているんです。 だから外に飛び降りるんじゃなくて、マンションの中で飛び降りることが多いらしくて、その血しぶきを壁に当てないようにブロック塀があるみたいな説がある。 真偽のほどはわかりませんけれどね。 ひとつの建物で3人が亡くなった足立区の事故物件 松原: 続きまして4つ目のレジェンド事故物件は大島てるさんに紹介していただきましょう。 大島: 私の中のレジェンド事故物件と言うと、これしかない! というのがあります。 繰り返しあちこちでお話していることなんですけれども、東京足立区の物件です。 写真を見ていただきたいんですけれど、決してビルとかマンションとかいうような規模感ではなく、さらに一戸建てではないと。 ただ屋上が平らになっているので、洗濯物とか干したりできるスペースがあって、そのせいで上で自殺した人もいるということです。 一番はじめに最上階で住人同士が酔っ払って喧嘩をして、ビール瓶で頭を殴られたほうが死んでしまうという傷害致死事件がありました。 その後に屋上の部分で、おそらく住人なんですが首吊り自殺をしたと。 松原: 死んだふたりは無関係? 大島: 無関係です。 大家さんからすれば自分の物件でふたりも死んだと。 一方は自殺、一方は傷害致死事件。 犯人は刑務所に行きましたけれど、その人も住人ということで、もう踏んだり蹴ったりだと。 かわいそうだと思っていたら、 最後にはこの大家さん自身が刺し殺されてしまったということが起きました。 松原: 強盗ですか? 大島: 実は犯人は2階の住人で、この2階の住人も山奥で自殺したと。 この物件の中では3人、この物件絡みでは4人が亡くなっているということで、私にとってはレジェンドと言えば間違いなくこれが最初に挙がります。 ただ重要なことは、足立区は印象が悪かったりしますけれど全然そんなことはなくて、地図で見ても周りは全然炎のアイコンがない。 周囲何キロぐらいはひとつも事件がないんですよ。 隣近所レベルで言うと、どうしてここの物件ばかり? というような感じで3人死んでいると。 私からすると、岐阜のマンションや京都のマンションよりも、こっちです。 あとはビルの名前がないんですよ。 松原: 名前がない? 大島: せいぜい一軒家よりちょっと大きいくらいですから、名前が付いているとか、部屋番号があるとか、そういうサイズでさえないということです。 松原: 建物の名前がないんですか。 大島: 店の上に住む部分があるというだけなので、ハイツでもコーポでもないということです。 ここは間違いなくレジェンド事故物件です。 松原: 何と通称を付けますか? たとえば岐阜なら幽霊マンションとか。 大島: 「多重事故物件」と呼びましょうか。

次の

大島てる 足立区にこんな事実が!!

大島 てる 足立 区

11月25日(月)放送の「家、ついて行ってイイですか? 明け方 」(毎週月曜深夜3時55分)では、下北沢駅前でスタッフを逆ナン(!? )してきたタクシー運転手・髙野一徳さん(53歳)の家について行きました。 階段にずらりと並べられた靴、一人暮らしの男の部屋には似つかわしくないアヒルのおもちゃなど、家の隅々に髙野さんの人生模様が隠されていました。 下北沢駅で14組にフラれたスタッフは、まだ人がいる他の駅へ移動しようとタクシーに乗ったところ、運転手さんから「『家、ついて行ってイイですか?』の方ですか?」と声をかけられます。 運転手さんは「1回やってみたかったんすよ」と、まさかの逆ナン!? スタッフは断るはずもなく、ここで交渉成立! 一旦、足立区の営業所に立ち寄り、埼玉県・川口元郷の自宅へ。 車内では「都心のほうがコスパがいい」「夜勤だと料金が2割増しになるので実入りがいい」「運転手の取り分は売上の6割」など、タクシー業界についての話が飛び出します。 ちなみに髙野さんの1日の売り上げ目標は4万円で、月約100万円。 月収にすると60万円前後ほどと聞いたスタッフは、「二種免許取ろうかな...... 」と心の声がダダ洩れ(笑) 髙野さんのお宅の玄関を開けると、2階のリビングにつながる階段に靴がびっしりと置かれています。 玄関には立派な靴箱があるのに、中は空っぽ! 理由は「ファミリーは玄関にいっぱい靴が並んでいる。 1人で帰ってきて靴がいっぱい並んでいると幸せを感じられる」とのこと。 ちょっとワケありな匂いがしますが...... 自宅は、築5年、10. 9帖のダイニングキッチンと5. 4帖の洋室の1DKで、家賃は55,000円と格安! 実はこちら「瑕疵(カシ)物件」。 いわゆる事故物件で、前入居者が自死したお部屋だそう。 「ここで... 」と前入居者の様子を話してくれる髙野さんに「え~」とビビりまくっていたスタッフも、20分もすると「事故物件、気になりませんね」とケロッ。 室内は完全にリフォーム済みで、「別に怖くないし」と髙野さん。 スタッフも事故物件にすっかり慣れたところで、部屋のそこかしこにアヒルちゃんを発見。 6個で100円のアヒルちゃんに、「癒されますよね」と髙野さん。 以前は家に200個以上もあったのだとか。 お風呂でアヒルちゃんをピュッピュッと鳴らし、「"エアー親子ごっこ"とかしています」と満面の笑みの髙野さんに、スタッフは思わず「ヤバくないですか?」と本音が。 実は、この行動には、ワケがありました。 寝室には、家庭用高圧電位治療器を発見。 こちら、セットも含めると200万円! 実はタクシー運転手になる前は、この治療器を売る営業マンとして日本全国を飛び回る忙しい生活を送っていたそう。 「そのお客様とご縁があって、結婚して...... 」と実は髙野さんはバツイチであることをサラッと告白。 41歳で37歳の女性と初婚同士で結婚。 奥さんの地元・宮崎県で新婚生活をスタートさせるも、仕事で忙しく帰宅しない髙野さんとの生活に奥さんは耐えられず、「入籍期間は1年半で、一緒に生活できたのは3週間ぐらい」という短期間で破局。 子宝には恵まれましたが、髙野さんがお子さんに会えたのは、生まれてから2~3週間後。 「やっと子どもに会える!」と喜び勇んで家に帰ると、奥さんから離婚を切り出され、何度も説得したものの奥さんの気持ちは変わらず、「協議離婚」という結果に......。 「幸せな家庭を築けなかったという、心のしこりはあります」と、寂し気に語る髙野さんの視線の先には、男の子の写真が飾ってありました。 宮崎に住む息子さんと、年に3、4回は電話などでやり取りをしており、「反抗期なのか、電話をかけるたびに話の腰を折って電話を切ろうとする」と言いつつも、笑顔を浮かべます。 現在12歳の息子さん。 ずっと会えなかったものの、5、6歳の時に奥さんから「子どもに自閉症の気がある」と連絡が来たのがきっかけで、父親としてやり取りができるように。 髙野さんのお部屋には自閉症に関する本がいくつも並んでいました。 晩婚の自分に原因があったのではと自責の念にとらわれた髙野さんは、「僕にできることは経済的支援しかないので」と、普通の相場より多めの養育費を送っているそう。 その額15万円。 給料50万円のうち、養育費に加え、親にも5万円仕送りしている髙野さん。 「でも事故物件だから家賃は安いし」と、明るく話します。 「今年で54歳ですから、最低子どもが成人するまでは頑張りたい。 18歳になったら免許も必要だし、新車じゃなくても車を買ってあげたい」と、将来に夢を馳せます。 事故物件に住み、節約生活を送るタクシー運転手さんの深夜勤務で頑張るワケが分かりました。 この放送は、現在で配信中です。

次の