イコカ 履歴。 ICOCAの利用履歴を調べる方法を紹介。500件の履歴が確認できるスマートICOCAがおすすめ

ICOCAの残高確認方法!駅以外で使えるおすすめアプリを教えます♪

イコカ 履歴

スポンサーリンク この記事を読み終える時間: 2 分 「あれ?Suicaで使った交通費の 領収書ってどうやってもらうの?」 最近、ネットビジネスのセミナーや懇親会で 人と会うことがあり、電車移動が多かった。 でも、ICカードのsuicaにチャージして電車に 乗っているから領収書が無いことに気が付きました。 確定申告のときに領収書がないと不便だし、 ICカードのsuicaを買い物や支払いでも 使っているから電車利用だけの使用履歴だけ 領収書として出したかった。 suicaにチャージしたときの領収書では 意味がない。 そう、電車移動した履歴分だけの領収書が欲しい。 悩んでいても仕方がないので、後から発行する方法が ないか調べました。 すると、後からでも利用履歴兼領収書という形で 発行出来ることが分かった。 券売機を利用した領収書の発行 必要な方は、下記の手順で発行できるので試してみよう。 お近くのJRの駅で券売機を使う。 画面の「チャージ 入金 」をタッチしよう。 画面に「suicaを挿入してください」 と表示される。 券売機のsuica挿入口にICカードのsuicaを挿入しよう。 画面に表示される「履歴表示」をタッチしよう。 直近の利用履歴が表示される ので、確認して 問題が無ければ「履歴印字」 をタッチしよう。 すると、利用履歴明細が券売機から発券される。 このように発券されます。 これが、実際に発行した利用明細です。 ちなみに、券売機から印字した領収書を窓口に持っていって、 手書きの領収書を出してもらうことも出来る。 注意点 ・利用履歴の印字は、直近の利用分の最大50件まで。 ・1日の利用回数が21回以上の場合は印字できないことがある。 ・改札機に正しくタッチしていない場合は印字できない。 ・1度印字すると履歴を再印字する事ができない。 ・利用26週間を超えた利益は印字できない。 また、モバイルSuicaの場合は、 パソコンで利用履歴をダウンロードすることも出来る。 「モバイルSuicaサイト」にアクセスして、 「会員メニュー」を選択しよう。 「ご利用明細書(領収書)・払戻計算書」 を選択すると利用明細書を発行出来る。 かなり便利だと思う反面、 どこに行ったかバレバレで少し怖いとも感じた。 ネットビジネスをやっていると、 とにかく領収書とレシートを貰うようになりました。 確定申告の時期に慌てて領収書を探すことがないように、 領収書とレシートは忘れずに貰っておこう。 そういえば先日、有給休暇をとって副業でタイのバンコクへ行ってきました。 初めての海外で1人で行きましたが、ガッツリ商品を仕入れてきました。 フォームに登録して頂けると3秒で受け取ることができます。

次の

ICOCA|運賃・乗車券|阪神電車

イコカ 履歴

履歴表示・印字、残額表示 履歴表示・印字、残額表示 履歴表示・印字 マークのついた「自動券売機」「チャージ専用機」「多機能券売機」では、お使いになった履歴(ご利用明細)の確認と印字、入金(チャージ)残額の確認ができます。 履歴表示は、直近のご利用分最大20件まで行います。 履歴印字は、直近のご利用分最大100件まで行います。 なお、1日のご利用が21回以上の場合や改札機にしっかりタッチしていない場合等、一部印字できない場合があります。 ご利用から26週間を超えた履歴は印字できませんので、ご了承ください。 履歴印字は、一部の駅や一部機種ではご利用になれません。 PASMOエリア・icscaエリアでのご利用は、鉄道利用時は駅名、バス利用時はバス事業者名を印字します。 Suicaエリア・PASMOエリアで表示・印字した場合は、Kitacaエリア、TOICAエリア、manacaエリア、ICOCAエリア、PiTaPaエリア、SUGOCAエリア、nimocaエリア、はやかけんエリアでのご利用履歴の駅名はそれぞれの事業者名で表示・印字されます。 駅名を含む詳細な履歴をお求めの場合は、ご利用になったエリアでの印字をお願いします。 残額表示 マークのついた「自動券売機」「チャージ専用機」「多機能券売機」で、入金(チャージ)残額が確認できます。 また、改札機をご利用の場合には、ディスプレイに入金(チャージ)残額が表示されます。

次の

ICOCA定期券を購入後の利用履歴をチェックはできる?やり方もご紹介!

イコカ 履歴

『Moneytree』 バージョン:1. 6 価格:無料 (バージョンと価格は記事作成時のものです) c Moneytree みなさま、こんばんは。 いまは週刊アスキーの吉田でございます。 さて、本日は愛用しているiOS専用の資産管理アプリ『Moneytree』で交通費精算を劇的に効率化させる方法をご紹介します。 交通費の支払い手段としては、首都圏では特にSuicaやPASMOなどのチャージ型のICカードが主流ですね。 Android端末であれば、モバイルSuicaを利用することで履歴を端末で参照できるので便利ですが、未来永劫フェリカを搭載しないと思われるiPhoneでは使えません。 PASMOはというと、モバイル版はありませんし、ウェブサイトで履歴を確認できるサービスもありません。 そこでお勧めしたいのが『SMART ICOCA』です。 JR西日本が提供しているICカードサービスですが、SuicaやPASMOのエリアでもそのまま使えます。 デメリットは、JR西日本エリア外では クイックチャージ ができない、JR西日本エリア外で購入するには郵送で申込用紙と必要書類一式を送る必要がある、という2点。 交通費精算がラクになるなら、完全に無視していいデメリットですね。 このSMART ICOCA、ウェブサービスが充実しており、パソコンやスマホで利用履歴をチェックできるんです。 ウェブサービスで履歴が見られるということはMoneytreeの出番ということです。 MoneytreeはもちろんSMART ICOCAに対応しており、設定を済ませれば利用履歴が一目瞭然。 SMART ICOCAを交通費精算用のICカードとして利用すれば、精算漏れも防げるはずです。 首都圏では、 消費税アップの際に1円単位で交通運賃の改定が実施されたので、日ごろから正確な経費精算を心がけているみなさんにとってこれは、ヤバイほどうれしいですね。 ただし、履歴の反映には数日かかります。 具体的には、JR東日本などのSuicaエリアは翌日夜、東京メトロや首都圏の私鉄などのPASMOエリアは翌々日夜に履歴が反映されていました。 このあたりは、利用時間によって変わるかもしれませんね。 なお、すでにモバイルSuicaを利用しているAndroid端末やガラケーがあれば、モバイルSuicaのIDとパスワードをMoneytreeと連携させることで、iPhoneで使用履歴を参照することは可能です。 まぁ、スマートではありませんが。 現代社会は、各種カードを複数枚持ち歩いてポイントをためるというのが当たり前ですが、Moneytreeを導入することで、ポイントを無駄なく有効に使うことができるはずです。 (2014. 23 3:30追記)SMART ICOCAのチャージ機能についての間違いを修正しました。

次の