グラブル リヴァイアサン マリス。 【グラブル】 「ティアマト・マリス」ソロ攻略:みーてぃあのブロマガ

[グラブル]リヴァイアサン・マリス参戦者200人のジョブとランク集計してみた[2019/12/26]

グラブル リヴァイアサン マリス

ソロ攻略難易度で言えば、武器は無課金マグナ編成でも倒せるくらいです。 無課金マグナ編成をベースにした攻略記事です。 どういうボスなの? 攻撃を受ける度に「溺水」デバフを付与してくるLV10までたまり(被ダメが爆発的あがる)。 これをクリアオールしながら戦う。 チェーンバーストが発生すると「引き潮」バフがボスに付与され 3貯まると、「 晦冥のタイダルフォール」強烈な全属性ダメカ無効の特大ダメージが飛んでくる。 ソロでやる以上これは何度も受け流す必要があり、ソロ討伐はこれを受け流し切れるかがクリアの鍵になる。 「溺水」が溜まっている場合クリアオールも。 敵CT技に合わせて「溺水」デバフが溜まっている場合はクリア。 85% 素受けでもOK。 通過後「溺水」をクリア 70% 「溺水」をクリア後受ける。 通過後ディスペル 50% かばうorダメカで通過。 付与されたら絶対クリア。 ダメカあれば使用推奨。 CT技&引き潮LV3を同時にくるように調整して、水着ゴブロ1アビ(3T継続)で受ければ水着ゴブロにポーション1個使うだけで切り抜けられる。 多少運要素もあるので、何度かチャレンジしてみることも大切。

次の

【グラブル】リヴァイアサン・マリスHL攻略のための簡易行動表を作成。

グラブル リヴァイアサン マリス

25回のカウントはルシHの30回試練などをやった人ならお馴染みですが「追撃」「多段アビリティダメージ」もそれぞれカウント。 せめて1枚は欲しいか。 スロウで耐える予定があるなら2枚目も用意したいところ。 クリアで解除が可能だが、後半はDAもしてくるようになるのでポンポン伸びてしまう。 被ダメ0にした場合はLv自体が上昇しないので、全カットし続けちゃうのも一つの手。 手段としては水着ブローディア、ラストシャフレワル(ゼノウォフ剣)などが存在。 現状の評価は・・・にゃんとも微妙な所。 コスモス武器の性能に全部持っていかれてしまってる感はある。 ヒュプノスクリスはカツオ剣豪など、テュロスビネットと入れ替えでダメージは伸ばせるものの伸び代的にそこまで大きくないんじゃね? カラダンダは多分両面アグニスで悪滅の雷と合わせて技巧確定編成という専用編成が必要になる・・・とハードルは高そう。 マジェスタスほどの分かりやすいロマンがないのが現状かもしれない。 いうてカラダンダはきっと面白い編成が出てくるとは思うんだきっと多分。

次の

【グラブル】リヴァイアサン・マリスHL攻略まとめ|リヴァマリス【グランブルーファンタジー】

グラブル リヴァイアサン マリス

スキル1『業火の技巧』 火属性キャラのクリティカル確率上昇 中 スキル2『業火の進境』 Lv120で習得 経過ターンに応じて火属性キャラの火属性攻撃力が上昇 中 性能はかなり微妙 奥義効果の使い道が少ないので、メイン武器としての運用はまずない。 また長期戦向きの性能となっていますがエッセル、アラナン、シヴァなど 短期戦が強い火属性では出番が少なそうです。 カラダンダ クリティカル率6. さらに確定クリティカルにしたところで、進境スキルしかないので 長期戦でないとダメージは悲惨なことになります。 今の環境では出番は少ない これらのことから今の環境では出番は少ないですね。 ただ50ターン以上戦うような敵が出てきたら活躍する可能性があります。 進境スキルが増えてきてるので、もしかしたら新コンテンツで実装とかあるかも? そのためドロップしたら念のため保管しておくことをおすすめします。 奥義効果もかなり強いので、 高難度クエストでカオスルーダーのメイン武器の選択肢になりそうです。 中~長期戦で奥義パを使うなら理想編成に入る 奥義ワンパンだけなら奥義ダメージも増やせるエウロペ琴に軍配があがります。 しかし95HELL、100HELLなど 中~長期戦で奥義パを使うなら、連撃率のあがるヒュプノスクリスを使った方が総ダメージに期待できそうです。 しかし 奥義上限に届かないと意味がないので、 高防御相手だと編成には入りづらそうです。 無双スキルで連撃確保ができるのが強力 必殺パでは奥義上限を増やすことが最優先なので、 ミュルグレスなどの連撃UPスキルを持つ武器を入れる枠が厳しいです。 そのため 奥義上限を増やせて、連撃確保もできるヒュプノスクリスは強いですね。 連撃を出すほど奥義ゲージは溜まるので、必殺パと相性がいいです。 短剣なので、 回復効果を強化できるドクターで持てるのも大きいですね。 水属性は奥義バリアや連撃率UPなど、強力な奥義効果を持つキャラが多いので相性抜群です。 さらに詳しく書いた記事はこちら。

次の