くじら ロード 商店 街。 ■

くじらロードの楽しみ増えた!@昭島|多摩ブロガーズ

くじら ロード 商店 街

プロジェクト本文 東京都昭島市で熊本のアンテナショップ「くまプラザ」を運営しております、店長の吉成と申します。 当店では熊本の調味料や銘菓などを取り扱っており、一人でも多くの方に「 熊本」を知って頂くため、日々営業をしております。 当店は青梅線 東中神駅を降りてすぐのところにあります、「 くじらロード商店街」の一角に店を構えております。 ) この「 くじらロード商店街」ですが、10年ほど前まではたくさんの人が行き交い、活気に満ち溢れた商店街でした。 しかし現在では、人通りが少なく、やや寂しい印象に...。 お店の数が減り、空きテナントの箇所が徐々に増えてきているのが実態です。 地元に住む人間として、この商店街に以前の活気を取り戻してもらいたい! では、どうしたらたくさんの人が集まるのか? 当店の周りには保育園や小学校があり、親子連れのお客様がよくいらっしゃいます。 そのお客様方からよく聞くお話が、「この店舗にくまプラザが入る前は、ここはパン屋さんで、よく利用していた」ということでした。 そのパン屋さんは事情でやむなく閉店してしまったようなのですが...。 その当時利用されていた方々は非常に残念がっていたとのこと。 そのお話を聞いた私は、もし「くまプラザ」で焼きたてのパンを提供することができたら、そのパン屋さんを利用されていた大勢の方が喜ぶことになり、そしてそれは、商店街が賑わうきっかけになるのでは? と考えました。 当店は熊本のアンテナショップ。 熊本にゆかりのあるものを提供したい。 そう考えた私は、熊本の方々にとって本当に馴染みの深いパン屋さんはどこなのか? それを調べることにしました。 しかしながら、熊本広し...。 素晴らしいパン屋さんがたくさんあります。 どのパン屋さんがいいか決まらず頭を抱えていたところ、関係者の方から「 永田パン」さんはどうか?とのご意見をいただきました。 私は永田パンさんを知らなかったため、調べてみたところ、なんと昭和27年創業、熊本が誇る超老舗だということがわかりました。 また永田パンさんは創業以来、できるだけ添加物を使用しないことを掲げており、工場生産の製パン会社としてはとても珍しい、「 保存料を使わないパン」を製造しておりました。 そしてこのパンは長年、小学校の給食や、ホテル、レストランなどでも使用されており、地元熊本の方に大変慣れ親しまれたものでした。 これぞまさに!私が求めていたパン! 早速私は熊本へ飛び、改めてこのパンの味を確認し、そして決意しました。 これを東京で広めよう! そして私は、永田パンさんの中でも特に評判の「 クロワッサン」を、「 焼きたて」で提供する企画を打ち立てました。 早速、永田パンさんへ本プロジェクトをお伝えし、技術提供、設備提供の相談をしました。 すると、まさかまさか。 後日、永田パンさんの会長自ら当店へと足を運んで下さりました。 そして本企画にもご賛同いただけることになり、永田パン販売に向け大きく前進することができました。 残る問題は… くまプラザは雑貨品やお土産品の店頭販売と通信販売が中心のため、パンの製造が行える環境がありません。 パンの製造を行うためには、機材の導入や調理場の確保が必要です。 またそれに伴い大掛かりな店舗改修も必要で、それらを合わせると相当な費用が掛かってしまうことがわかりました。 その費用問題さえクリアできれば、永田パンを東京で販売するという企画が現実のものとなります。 あと一歩…!この企画を現実のものとすべく、今回このクラウドファンディングを使わせていただくことに決めました! 今回皆さんからいただいたご支援は、下記の内、オーブン設置費用に充てさせていただきます。 ・大型オーブン及びその設置費用:175万円 ・業務用冷凍庫:10万円 ・手洗い場及びその設置費用:10万円 ・店内改修費用:80万円 ご支援いただいたお礼(リターン)をいくつかご用意しております。 お近くにお住まいの方へは、店頭で使えるクーポンなど。 遠方にお住まいの方へはご配送のセットなど。 いずれも、くまプラザ自慢の商品ばかりです! もし複数のリターンをご希望の方がいらっしゃいましたら、お手数ですが複数回ご支援の手順を踏んでいただくことで複数の選択が可能です。 是非、ご検討いただけますと嬉しいです。 東京でこのパンを販売することは、熊本の「 永田パン」をたくさんの人に知ってもらうきっかけになります。 そしてそれは熊本県の支援にも繋がると考えております。 このプロジェクトは「 くじらロード商店街」と「 熊本県」、この両方が盛り上がるきっかけになる。 そのことに気付いた私は改めて、このプロジェクトを遂行したいと強く思いました。 是非とも、皆さまのお力添えを賜りたく、何卒宜しくお願い申し上げます。 お問い合わせ先 支援者:0人 お届け予定:2020年01月 このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。 FAQ Q. 支払い方法は何がありますか? A. クレジットカードの決済はいつ行われますか? A. 「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず、プロジェクトは成立となります。 募集期間内にプロジェクトが成立した場合のみ、支援金の決済が実行されます。 募集期間内にプロジェクトが成立しない場合は、支援金の決済は実行されません。 その場合はプロジェクトオーナーに支援金は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。 プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか? A. プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。 間違って支援した場合はどうなりますか? A. 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。 リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

次の

大阪旭区の千林商店街公式サイト

くじら ロード 商店 街

プロジェクト本文 東京都昭島市で熊本のアンテナショップ「くまプラザ」を運営しております、店長の吉成と申します。 当店では熊本の調味料や銘菓などを取り扱っており、一人でも多くの方に「 熊本」を知って頂くため、日々営業をしております。 当店は青梅線 東中神駅を降りてすぐのところにあります、「 くじらロード商店街」の一角に店を構えております。 ) この「 くじらロード商店街」ですが、10年ほど前まではたくさんの人が行き交い、活気に満ち溢れた商店街でした。 しかし現在では、人通りが少なく、やや寂しい印象に...。 お店の数が減り、空きテナントの箇所が徐々に増えてきているのが実態です。 地元に住む人間として、この商店街に以前の活気を取り戻してもらいたい! では、どうしたらたくさんの人が集まるのか? 当店の周りには保育園や小学校があり、親子連れのお客様がよくいらっしゃいます。 そのお客様方からよく聞くお話が、「この店舗にくまプラザが入る前は、ここはパン屋さんで、よく利用していた」ということでした。 そのパン屋さんは事情でやむなく閉店してしまったようなのですが...。 その当時利用されていた方々は非常に残念がっていたとのこと。 そのお話を聞いた私は、もし「くまプラザ」で焼きたてのパンを提供することができたら、そのパン屋さんを利用されていた大勢の方が喜ぶことになり、そしてそれは、商店街が賑わうきっかけになるのでは? と考えました。 当店は熊本のアンテナショップ。 熊本にゆかりのあるものを提供したい。 そう考えた私は、熊本の方々にとって本当に馴染みの深いパン屋さんはどこなのか? それを調べることにしました。 しかしながら、熊本広し...。 素晴らしいパン屋さんがたくさんあります。 どのパン屋さんがいいか決まらず頭を抱えていたところ、関係者の方から「 永田パン」さんはどうか?とのご意見をいただきました。 私は永田パンさんを知らなかったため、調べてみたところ、なんと昭和27年創業、熊本が誇る超老舗だということがわかりました。 また永田パンさんは創業以来、できるだけ添加物を使用しないことを掲げており、工場生産の製パン会社としてはとても珍しい、「 保存料を使わないパン」を製造しておりました。 そしてこのパンは長年、小学校の給食や、ホテル、レストランなどでも使用されており、地元熊本の方に大変慣れ親しまれたものでした。 これぞまさに!私が求めていたパン! 早速私は熊本へ飛び、改めてこのパンの味を確認し、そして決意しました。 これを東京で広めよう! そして私は、永田パンさんの中でも特に評判の「 クロワッサン」を、「 焼きたて」で提供する企画を打ち立てました。 早速、永田パンさんへ本プロジェクトをお伝えし、技術提供、設備提供の相談をしました。 すると、まさかまさか。 後日、永田パンさんの会長自ら当店へと足を運んで下さりました。 そして本企画にもご賛同いただけることになり、永田パン販売に向け大きく前進することができました。 残る問題は… くまプラザは雑貨品やお土産品の店頭販売と通信販売が中心のため、パンの製造が行える環境がありません。 パンの製造を行うためには、機材の導入や調理場の確保が必要です。 またそれに伴い大掛かりな店舗改修も必要で、それらを合わせると相当な費用が掛かってしまうことがわかりました。 その費用問題さえクリアできれば、永田パンを東京で販売するという企画が現実のものとなります。 あと一歩…!この企画を現実のものとすべく、今回このクラウドファンディングを使わせていただくことに決めました! 今回皆さんからいただいたご支援は、下記の内、オーブン設置費用に充てさせていただきます。 ・大型オーブン及びその設置費用:175万円 ・業務用冷凍庫:10万円 ・手洗い場及びその設置費用:10万円 ・店内改修費用:80万円 ご支援いただいたお礼(リターン)をいくつかご用意しております。 お近くにお住まいの方へは、店頭で使えるクーポンなど。 遠方にお住まいの方へはご配送のセットなど。 いずれも、くまプラザ自慢の商品ばかりです! もし複数のリターンをご希望の方がいらっしゃいましたら、お手数ですが複数回ご支援の手順を踏んでいただくことで複数の選択が可能です。 是非、ご検討いただけますと嬉しいです。 東京でこのパンを販売することは、熊本の「 永田パン」をたくさんの人に知ってもらうきっかけになります。 そしてそれは熊本県の支援にも繋がると考えております。 このプロジェクトは「 くじらロード商店街」と「 熊本県」、この両方が盛り上がるきっかけになる。 そのことに気付いた私は改めて、このプロジェクトを遂行したいと強く思いました。 是非とも、皆さまのお力添えを賜りたく、何卒宜しくお願い申し上げます。 お問い合わせ先 支援者:0人 お届け予定:2020年01月 このプロジェクトは、All-or-Nothing方式です。 FAQ Q. 支払い方法は何がありますか? A. クレジットカードの決済はいつ行われますか? A. 「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず、プロジェクトは成立となります。 募集期間内にプロジェクトが成立した場合のみ、支援金の決済が実行されます。 募集期間内にプロジェクトが成立しない場合は、支援金の決済は実行されません。 その場合はプロジェクトオーナーに支援金は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。 プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか? A. プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。 間違って支援した場合はどうなりますか? A. 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。 リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

次の

くじらロードの楽しみ増えた!@昭島|多摩ブロガーズ

くじら ロード 商店 街

*東京GGOD!( 2月24日) 出演:さん を散策。 クジラの像を見つけて「クジラの像があるってことはなんかクジラについて有名なんですかね」。 くじらロードという商店街を見つけて「くじらロードって何?え、くじらの道?」。 (1961年)8月にくじらの全身骨格の化石が見つかったことからくじらの街になった。 今年3月28日オープン予定の教育福祉総合センター『アキシマエンシス』に特別に入らせてもらった。 アキシマクジラの13. 5メートルの等身大化石レプリカが展示されてて「うわー大きいですね」と大きな声が出た。 「クジラってだいたい水面からちょっと上が出てる状態の遠くから見えたらラッキーぐらいじゃないですか。 なのでおっきいと言われていてもこんなにおっきかったんだってう体感度というか実感があんましたことないですし」。 「これは是非たくさんの方に、昭島の歴史ですけど日本の大事な歴史の一つでもあるので観に来てもらいたいですね」。

次の