出産 手当 金 いつ 入る。 出産手当金はいつ?いくらもらえるの?最短で支給してもらう方法

産休とは? 期間はいつからいつまで? 出産手当金はいくら? 計算方法、育休との違いも紹介

出産 手当 金 いつ 入る

出産手当金は産休中の所得保障 会社などで働いている人は、出産前後に産休(産前・産後休業)を取得できることが法律により認められています。 産休の期間は、産前6週間(42日間)、産後8週間(56日間)となっています。 産休を取れるのは嬉しいですが、気になるのは産休中のお給料です。 日本のほとんどの会社では、産休中に給与が支払われません。 けれど、産休期間中は、健康保険から出産手当金を受け取ることができます。 出産手当金は、出産のために会社を休んだ人が会社から給与をもらえない場合に、健康保険から支給される給付金です。 産休中に会社から給料をもらえる人は、出産手当金を重ねてもらうことはできません。 健康保険の被保険者なら出産手当金がもらえる 出産手当金は、働いている人のうち、健康保険の被保険者である人がもらえるものになります。 パートやアルバイトでも、自らが会社の健康保険に入っていれば、出産手当金を受け取ることができます。 一方、パート・アルバイトでも、夫の扶養に入っている場合には、被保険者ではなく被扶養者であるため、出産手当金の受給資格はありません。 また、国民健康保険には出産手当金の制度はないので、会社の保険に入れず国民健康保険に入っている人は、出産手当金をもらえません。 任意継続被保険者は出産手当金を受給できない 健康保険には、会社を退職した後も2年間はそのまま健康保険の被保険者を継続できる任意継続の制度があります。 任意継続で健康保険の被保険者になっている人については、出産手当金の受給資格はありません。 出産手当金の受給期間 出産手当金は、原則として出産日または予定日を含む産前42日間と、出産日翌日から56日間の間に、会社を休んで給料が支払われなかった日数分支給されます。 双子など多胎妊娠の場合には、産前は98日間となります。 なお、出産予定日42日前から産休を取り、実際の出産日が予定日より遅れた場合には、予定日から実際の出産日までの期間も受給対象になります。 出産手当金の支給金額 出産手当金の支給金額は、1日につき「標準報酬日額」の3分の2となります。 標準報酬日額とは簡単にいうと日給のことです。 標準報酬日額は、支給開始日前12ヶ月間の標準報酬月額(健康保険のルールに従って計算した月給)の平均額を30で割って算出します。 出産手当金の支給日 出産手当金は、産休が終わってからもらえるものになります。 産休終了後、申請手続きを行った後、支給日までは1ヶ月程度です。 産休は産後8週間まで取得できるので、産休後すぐに手続きすれば、出産日から3ヶ月程度経った頃が出産手当金の支給日になります。 出産手当金の申請先や必要書類 出産手当金を申請するときには、会社が加入している健康保険組合もしくは協会けんぽへ「出産手当金支給申請書」を提出して手続きします。 出産手当金支給申請書には、事業主(会社)の証明のほか、医師または助産師の証明が必要です。 なお、出産手当金の申請期限は、産休開始日から2年となります。 出産手当金の申請は会社がやってくれる 出産手当金の申請手続きは、通常は会社でやってもらえます。 自分ですることは、会社から申請書を受け取り、病院または助産院で証明をもらって、再度会社に提出することです。 申請書の記入や提出を自分でするように言われた場合には、必要事項を記入し、必要な証明をもらった後、協会けんぽまたは健康保険組合に提出します。

次の

出産手当金と育児休業給付金はいつ貰える?振込金額とスケジュール

出産 手当 金 いつ 入る

google. jp 産休にかかわる手当には、 『出産手当金』・『出産育児一時金』の2種類あります。 もちろん、この2つとも、申請すればもらえます。 但し、申請してもすぐにもらえないんですよね。 どうしても、数か月単位のタイムラグが発生します。 妊娠がわかったら、すぐに職場の総務部や会社が入っている社会保険事務所、それと、通院先の産婦人科に問いわせる事をおすすめします! 出産手当金ってなに? 出産予定日を含む56日間の産休中のお給料の代わりとして健康保険からもらえるのが、 出産手当金なんですよ。 社員のほか、契約社員やパート、アルバイト、派遣社員であっても、もらえるんですよ! ただし、健康保険に加入し続けている事が条件なんです。 パート、アルバイトの人で「ホント?知らなかった!」と思ってる人も多いと思いますよ。 法で定められた産前・産後の休み【産前42日(多胎の場合は98日)・産後56日】の間は、お給料が出ない会社がほとんどなんです。 でも、その中で産休中でもお給料を出してくれる会社もあります。 その場合は、手当の額が調整されてもらえないか、少なくなります。 (あわせて日給の2/3の額が上限になる!) 出産手当金についての支給時期を確認しましょう! 出産手当金はいつもらえるの? 出産手当金は、一般的には申請してから1~2か月後に、一括でもらえるケースが多いです。 手続き中に何か遅れがあったりすると、申請してから3か月ほどかかる場合もあります。 さて、その申請についてですが、申請用紙には出産後に医師が記入する部分があるので、 出産してすぐに入院中のベッドの上で書いたとしても、振り込まれるのは産休期間が終わったころになります。 出産手当金を産休中の生活のアテにすることは、考えないほうが良さそうですね! なるべく早く受給したい場合は、申請書を職場の総務部や会社が入っている社会保険事務所から、 あらかじめ貰っておきましょう! 出産育児一時金ってなに? 簡単にいえば、国からもらえる、出産分娩に対する補助金のようなものです。 健康保険が効かない出産費用は、何十万単位の高額になることがほとんどです。 その負担を補うためのものが、国から支給される出産育児一時金です。 この場合も、申請してから3か月ほどかかる場合もあります。 出産育児一時金はいつもらえるの? 出産育児一時金の支給パターンには、2種類あります。 1.直接支払制度と受取代理制度。 両方とも、加入している健康保険から産婦人科へ直接支払われるパターンです。 比較的大きい産婦人科では「直接支払制度」が、小さめの産婦人科では「受取代理制度」が導入されています。 2.出産費用を一度立て替えて後から申請するパターン この場合も、申請してから約2か月ほどかかる場合が多いです。 それぞれについて見ていきましょう! 1.直接支払制度と受取代理制度 この制度を選ぶと、出産後、退院する際には、すでに健康保険から産婦人科へ出産育児一時金が、 支払われています。 そのため、差額のみを支払えば完了!ということになります。 この2つの制度は手続きの仕方がちょっと違うだけで、お金の流れは変わりません。 大抵の場合、出産予定日が近づいてくると、産婦人科のほうから制度を利用するかどうかの問いかけが、あるのでそれに従って手続きをすればOKです! 支給額の詳細 分娩時に脳性まひになってしまった赤ちゃんとその家族の生活を補償する制度に加入している産婦人科で、出産した場合• その保険料も含めて42万円。 (子ども1人につき) 分娩時に脳性まひになってしまった赤ちゃんとその家族の生活を補償する制度に加入していない産婦人科で、出産した場合• 39万円。 2.出産費用を一度立て替えて後で申請する場合 この場合は、手続きの進み具合によります。 健康保険の機関のホームページには、支給する時期は書かれていないので、まちまちといったところではないでしょうね。 こういうお金の給付については、大体申請してから2か月ほどかかることが多いようです。 出産育児一時金を後で申請する場合も、これくらいの期間は見ておいた方がいいと思います。 ちなみに、出産日から2年を過ぎると時効になって手当がもらえなくなるので気をつけて! 申請の方法については、健康保険の機関か、産婦人科に問い合わせると教えてもらえますよ。 産休にかかわる手当が貰える時期• 出産手当金は早くても産休が終わるころ。 出産育児一時金は直接支払制度(受取代理制度)を選んで出産費用を支払うとき。 (実際に手元にお金が入るのではなく、産婦人科に直接支払われる)• 一度立て替えて後で申請する場合は、申請してから大体2か月後。 と覚えておけばいいでしょう! 育休にかかわる手当の種類・もらえる時期は? さあ、無事に、かわいい赤ちゃんを出産! 産後のお休み56日も無事に過ぎて、これから職場に復帰。。。 しかし、保育園に入所申し込みをしたが、すぐには入所できない。 等の事情により職場復帰が延びる場合、 そんな働くママの強い味方が、育児休業給付金なんです! 育児休業給付金ってなに? 原則として、 産後休業の翌日(産後57日目)から子どもが1歳になるまで雇用保険から支給されるのが、育児休業給付金です。 但し、下記の場合は特例として支給期間が延期されます。 父母がともに育児休業を取得する場合:1歳2カ月まで支給。 保育所に空きがない場合:1歳6カ月まで支給。 次に、育休にかかわる手当である 『育児休業給付金』について、支給時期を確認しましょう! 育児休業給付金はいつもらえるの?金額は? 育児休業給付金は、産休が終わってから子どもが1歳になるまでの期間分が支給される手当です。 (ただし、育休中もお給料が出ている場合は減額されるか、もらえないケースもあります。 ) 手当がもらえる時期は、申請した時期によって変わります。 申請はほとんどの場合、会社が行います。 心配ならば、ちゃんと申請されているか確認しましょう! 産休(産後休暇56日)が終わり、育休が始まってすぐに会社に申請したとすると、手当がもらえるのはそれから約2か月後です。 つまり、出産してから約4か月後に、初めて育児休業給付金がもらえるという事になります。 この手当は、2か月ごとに2か月分がまとめて支給されます。 育休手当についても、育休が始まってすぐにはもらえない!と理解しておいた方がいいでしょう! それから、育児休業中に万が一、退職した場合は、退職後は育児休業期間が残っていても支給されません! どうぞ、気をつけて。。。。 まとめ 産休と育休にかかわる手当がもらえる時期は、どちらもタイムラグがあるということが分かりましたね! 今一度おさらいです! 産休にかかわる手当はいつもらえる? 出産手当金は早くても産休が終わるころ。 出産育児一時金は、直接支払制度(受取代理制度)を選べば出産費用を支払うとき。 (実際に手元にお金が入るのではなく、産婦人科に直接支払われる) 一度立て替えて後で申請する場合は、申請してから大体2か月後。 育休にかかわる手当はいつもらえる? 育児休業給付金は会社の申請の時期しだい。 申請してから約2か月後から給付がスタートする。 多くの場合、育休が始まってすぐに申請するので、手当の受け取りが始まるのは出産後約4か月後でしょう。 どんな手当も同じですが、こういう制度からお金を受け取るときは、大体数か月単位のタイムラグがありますよね! 初めての出産のときは、よくわからないでしょうから、そのタイムラグに戸惑ってしまうかもしれません! ともかく、妊娠がわかったら、職場の総務部や会社が入っている社会保険事務所、通院中の産婦人科に 確認、準備しておく事が大事ですよ。 転ばぬ先の杖、、でしょうか! それと、• 出産手当金• 出産育児一時金• 育児休業給付金 ともに、すぐにはもらえませんよね。 子供をもっている先輩からのアドバイスですが、、、 妊娠したら、それなりに当座の必要経費分は、貯金しておいたほうが賢明でしょう! 社会人になってもまだまだ学んでいくことがたくさんありますよね! 家族の生活に影響の大きいお金の知識はしっかり自分のものにしておきたいですね!.

次の

出産手当金は「いつ」「いくら」もらえる?支給額や申請方法を解説!

出産 手当 金 いつ 入る

出産手当金の制度について 仕事を休んだ期間を対象として支給される 出産手当金は、出産や育児のために仕事を休んでいる間に受給することができる手当です。 出産では多くの費用が必要となり、出産後にはさらに家族が一人増えることになるため、出費が増えますが、出産や育児のためには仕事を休む必要があります。 育児休暇も浸透しつつあり、育児休暇をとることができる会社も多くなってきましたが、育児休暇中には給与の支給がない場合が多くなっています。 出費は増えるにも関わらず収入を得ることができない。 そこで役立つのが出産手当です。 育児休暇の間の給与の出ない期間に受給することができるので安心して育児休暇を取得することができるでしょう。 仕事を休んでも給与の支払がある場合は対象外 出産手当金は出産育児のために仕事を休んでいる期間が対象の期間となります。 ただし、仕事を休んでも給与の支払がある場合には、対象外です。 あくまでも、出産育児のために仕事を休む必要があり、その間収入がなくなることに対して保障です。 給与の支払がある場合でも、支給額が出産手当金よりも給与の額が少ない場合には、出産手当金との差額が支給対象となります。 場合によっては有給扱いになって給与の支給があることも考えられますから出産のための休業に入る前に事業所と相談しておきましょう。 健康保険に加入の被保険者のみ対象 出産手当の対象となるのが健康保険に加入している被保険者となります。 国民健康保険や健康保険加入者の扶養などでは対象ではありません。 勤務先が加入している健康保険の保険料を支払っている人であれば正社員に限らず契約社員、アルバイト、パートといった形態であっても出産手当金の対象です。 出産育児一時金・出産育児付加金は、扶養でも対象 出産に関わる助成金として、健康保険では出産手当金と出産育児付加金があります。 出産手当金は出産に伴って仕事を休む間給与の支給がない場合に、給与の一部を支給してもらうことができるものです。 そのため、被保険者である本人のみが対象となります。 出産育児一時金・出産育児付加金は、現在出産するために医療機関によって違いますが40万円〜50万円の費用が必要です。 これだけの費用を負担するとなると出産を躊躇してしまうことも考えられるため、費用の一部を負担するものです。 こちらは、健康保険の扶養であっても対象となり、妻が扶養になっている場合には、夫の事業所の方に申請書を提出することになります。 こういった助成金などは、その助成金の意味によって対象も違ってきますから、間違えないためには、どのような制度であるのかを理解することも必要でしょう。 受給するために必要な保険期間 出産手当を受給するためには、健康保険への加入期間が1年以上あることが必要です。 この場合1年以上の加入期間は継続して1年以上となります。 途中に未加入の期間があり継続して1年にならない場合は対象となりません。 また、出産手当金は、退職した後でも受給することができますが、出産手当金の支給期間内に入っていることが条件です。 支給期間内とは、退職日より42日以内に出産予定日がある場合です。 胎児が双児の場合には、98日以内となります。 退職日が出産予定日より43日以上ある場合、受給対象外です。 出産手当金の計算の仕方 出産手当金はどのくらいもらうことができるのでしょうか。 出産手当金は、それぞれで違った金額となります。 これは、それぞれ給与に違いがあるためです。 出産手当金の計算は次のようになります。 給付日数は、出産予定日通りに出産した場合、98日となりますから、1日当たりの支給額に支給日数をかけた額が出産手当の支給額です。 標準報酬月額が20万円の場合 出産手当金を実際にどのくらい受給することができるのか、標準報酬月額を20万円として計算してみましょう。 出産手当金の申請を出すことで約43万5,512円を受給することができることになります。 もらえる時期やその期間 出産手当金は、産前と産後に分けて計算を行います。 産前休業は、出産予定日を含む産前42日間となり、産後休業は、出産翌日から56日となり、合わせて98日です。 多胎児の場合には、154日です。 産前休業42日は法律で仕事を行うことが禁止されている期間です。 実際の出産では、予定日よりも早くなることもあれば遅くなる可能性もあります。 出産予定日よりも早くなった場合には、その分を産前42日間から引いて計算を行い、遅くなった場合には、その分を足して計算します。 出産手当金は、健康保険出産縦筋支給申請書を出産後に医師に記載してもらい、その後事業所に証明を記載してもらって保険組合に提出した後2週間から2ヶ月程度で支給されます。 出産手当金の意味は 出産手当金は、健康保険の被保険者やその家族が収入の不安を感じずに安心して出産育児を行うことができるようにするための制度です。 出産は、新しい家族が増えることになり、支出も多くなりますが、出産育児のために仕事を休み収入が減少します。 こういった場合の生活の不安を取り除き安心して出産子育てを行うことができるためのものです。 扶養と出産手当金の関係について 扶養内の人の出産手当金 出産手当金は、受給する本人が健康保険に加入しているか加入していて退職してから42日以内に出産予定日があることが条件です。 健康保険の扶養になっている人は、条件に該当しないために受給することができません。 例えば出産を機に退職して夫の扶養になった場合には、出産手当を受給することができません。 仮に退職した場合には、すぐに夫の扶養になるのではなく、国民年金・国民健康保険に加入しておくことが必要です。 夫の健康保険の扶養になってしまうと、せっかく受給資格があったにもかかわらず支給することができなくなってしまう可能性があるので気を付けましょう。 扶養を外れる人の出産手当金 出産手当金を受給するために扶養から外れることも考えられますが、出産手当金の受給には、継続して1年以上健康保険に加入していることが条件ですから、まずはその条件を満たしているのかを確認する必要があります。 継続して1年以上の加入期間があれば、パートやアルバイトという場合でも受給することができます。 仮に受給資格がある状態で退職し、すぐに夫の扶養になった場合には、扶養ということで受給することができませんから、一度扶養から外れて国民年金・国民健康保険に加入する必要があります。 扶養の場合には保険料などは必要ありませんが、国民年金・国民健康保険では、保険料を支払う必要がありますから、予定しておきましょう。 会社を転職や退職した人の出産手当金 出産手当金は1年以上継続して健康保険に加入していた期間があれば対象となります。 出産を機に退職した場合でも退職日が出産予定日の42日以内であれば受給対象です。 43日以上前の退職では出産手当金を受給することができません。 転職の場合には、継続して健康保険に加入していれば問題なく受給することができます。 仮に転職に関わって1日でも健康保険に加入していない日がある場合には、継続して1年間加入していたことにならないため受給対象になりません。 出産手当金を貰うための申請について 出産手当金の申請に必要な書類 出産手当金の申請を行うためには、健康保険出産手当金支給申請書の提出が必要です。 健康保険出産手当金支給申請書は、事業所に準備してもらうこともできますし、健康保険協会にもあります。 また商工会や会議所にもおいてあります。 他にもインターネットで健康保険協会のホームページを開くとダウンロードして使用することも可能です。 申請書には、医師による記載欄もありますから、早めに準備しておき、出産で入院となった際に医師に提出しておきましょう。 医師に記載してもらった後は事業所の証明も必要となりますが、事業所に提出すれば証明をして提出してもらうことができます。 申請書の他に必要となる種類は下記のものです。 提出に関しては直接窓口でも郵送でも行うことができます。 基本的には被保険者本人が健康保険協会へ提出するのではなく事業所の方から提出してもらうようになります。 事業所の方から健康保険協会へ提出することが多くなっています。 どのようにするのかは事業所と相談してみるとよいでしょう。 申請ができる期限に注意 出産手当金の請求にも期限があります。 申請を行うことができるのは、産休開始翌日から出産日から56日までです。 ただし、遡って産休開始から2年以内であれば申請を行うことができます。 出産の際には、出産手当金だけでなく出産一時金の申請など提出する必要のあるものがいくつもあります。 出産手当金などは自ら申請を行わないと給付されることはありませんから忘れないように準備しておくようにしましょう。 申請書には医師に記載してもらう欄もあります。 出産の際にまとめて必要な書類を準備し、医師に記載してもらうことができるようにしておけば漏れがないだけでなく、手間を省くことができます。 扶養内外による出産手当金について知ろう 出産手当金の申請は、健康保険の被保険者であることが条件です。 扶養に入っている場合は対象外です。 出産の際には何かと費用が掛かります。 もらうことができるものに関してはしっかりもらっておくことで、安心して出産育児に取り組むことができます。 出産手当金は、育児休業中に給与の支払がない場合に支給される手当です。 仕事を休んでも安心して生活することができるように、まずは申請が可能かどうかを調べ、漏れのないようにしましょう。

次の