お 心遣い いただき。 「お気遣い」と「お心遣い」の意味とそれぞれの使い方〜就活にも使える覚えたいマナー

「心遣い」「気遣い」「気配り」の違い

お 心遣い いただき

「お心遣い」「お気遣い」の違い 「お心遣い」の意味 「心遣い」の意味は「気を配ること」「心配り」「配慮」です。 また、「ご祝儀」「心づけ」といった意味もあります。 相手が心を配ってくれたことを、丁寧に表現したものが「お心遣い」です。 相手の思いやりを感じた時に使用するのが良いでしょう。 「お気遣い」の意味 「気遣い」の意味は「あれこれ気をつかうこと」という意味です。 また、「よくないことが起こる恐れ、懸念」という意味も持ちます。 「お気遣い」では、前者の意味となり、相手が気をつかってくれたことに対する丁寧な表現ということです。 「お心遣い」「お気遣い」の例文 それでは、「お心遣い」「お気遣い」が実際に使われる際の例文をみていきましょう。 「お心遣い」の例文 「お心遣い」を実際に使う場合の例文を紹介します。 この度は弊社の移転に際しまして素敵な品をお送りいただき、 お心遣いに感謝申し上げます。 先日はあたたかな お心遣いをいただきまして、ありがとうございました。 「お気遣い」の例文 「お気遣い」の使い方の例を紹介します。 「お心遣い」よりは口頭で使う機会が多いかもしれません。 (どこかに招かれた際など)どうぞ、 お気遣いなく。 常日頃から お気遣いいただき、感謝申し上げます。 ビジネスシーンでの注意点と例文 「お心遣い」「お気遣い」はビジネスシーンでも使われることがありますが、場合によっては注意が必要です。 上司や目上の人にも使ってOK 「お心遣い」「お気遣い」は取引先や上司に対して使用しても大丈夫です。 「お心遣い」は普段以上の思いやりや心配りを受けた時、または贈答品や心付け、ご祝儀などの金品を貰った時に使用します。 「気遣い」は気を配ってもらった時、神経を使ってもらった時に使用する場合が多いです。 報告書などのビジネス文書ではNG 手紙やビジネスメールでは「心遣い」「気遣い」を使用できますが、注意すべきは報告書やレポートなどの場合です。 こういった実務的な文書の場合には、訓読みを使う「和語」は原則、不適切とされています。 したがって「こころづかい」「きづかい」という訓読みであるこれらの単語は使用しない方がよいでしょう。 もし同様の表現をしたい場合は、「配慮」という音読みの単語であれば使用できます。 ビジネスメールの例文 ここからは、ビジネスメールで使える例文を見ていきましょう。 例:お心遣いをいただきありがとうございます。 一番オーソドックスな表現です。 相手に特別な心配りをしてもらった時、お礼文として送ると好印象です。 例:お心遣いに痛み入ります。 上述のものより、さらに丁寧な表現になります。 「痛み入る」とは「申し訳ない・恐れ入る」などの意味です。 使用シーンとしては、相当な金品をいただいたり、とても目上の人に心を配ってもらった時などが想定されます。 かなり低姿勢な様子が伝わる表現です。 例:お気遣いくださいましてありがとうございます。 先方が気を配った対応をしてくれた時、神経を使ってもらったと感じた時に使用するものです。 一言添えるだけでも丁寧な印象を与えることができます。 「お心遣い」「お気遣い」に似た言葉 「お心遣い」「お気遣い」の意味と使い方を解説してきましたが、類似の言葉もいくつかあります。 「お心遣い」「お気遣い」がふさわしくないと感じた場合などに覚えておくと便利です。 「ご配慮」の意味 類似の表現に「ご配慮」があります。 こちらも「心遣い」「気遣い」と同様、「心を配ること」「気をつかうこと」という意味です。 訓読みの「心遣い」「気遣い」とは異なり、音読みの表現なのでビジネス文書でも使用することができます。 また、少しかたい表現になるのでビジネス文書でなくとも相手にかしこまった印象を与えたい時に使用すると効果的です。 逆に、「心遣い」「気遣い」を使うとやさしい印象になります。 ただし、使い分けで悩んだ際には「ご配慮」を使用するとよいでしょう。 「ご配慮」の例文 「ご配慮」の使い方を紹介します。 「ご配慮」は目上の人はもちろん、同じ立場の人にも使える汎用性の高い言葉です。 このたびはさまざまに ご配慮いただき、ありがとうございます。 格別の ご配慮を賜り、恐縮に存じます。 まとめ 「心遣い」「気遣い」は相手に感謝を伝える際に有効な表現です。 しかし場合によっては使用できないこともあります。 ビジネスシーンでは思いやりや感謝をしっかり伝える場面と、ビジネス文書などの実務的な場面を混同しないよう注意しましょう。

次の

「お心遣いいただき」の例文・使い方・敬語・目上の人への使い方

お 心遣い いただき

今回のテーマは、「お気遣い」と「お心遣い」です。 ビジネスシーンでも使用することの多い言葉で、一見まったく同じような言葉に思えますが、実は違いがあります。 本稿では例文を交えながら、それぞれの意味と違いについて解説します。 「お気遣い」と「お心遣い」、どう違う? 「気遣い」の意味は、「あれこれと気を使うこと」「よくないことが起こるおそれ。 懸念」で。 「お気遣い」の意味として相応しいのは前者の方です。 「使う」には「頭脳・神経などを働かせる」という意味があることから、「気遣い」は 「神経を使って相手に何かをしたり、発言したりすること」を言います。 一方、「心遣い」の意味は、「あれこれと気を配ること。 心配り。 配慮」「祝儀。 心付け 贈答品やご祝儀など 」です。 前者の意味は「気遣い」と非常に類似していますが、「心遣い」には「心配り」という意味があることから、 「心から相手のことを思いやって、何かをしたり発言したりすること」という意味になります。 どちらも頭に丁寧語の「お」が付いていますが、自分の行動に「お」を付けることはありませんので、気を使ったり、気を配ったりしているのは相手になりますね。 つまり、「お気遣い」「お心遣い」は、相手の気遣いや心遣いに対して使う丁寧表現になります。 たとえば、雨の日にデパートで買い物を終えて帰る際に、店員さんが「足下に気を付けてお帰りくださいませ」と声をかけてくれるのは 「お気遣い」ですが、子どもと荷物を抱えていて傘がさせないことに気付いた店員さんが、「お車までお送りします」と言って車まで傘をさしてくれたら、それは「お心遣い」と言えるでしょう。 もう一つ例をあげると、取引先を訪れた際にお茶菓子を出され、「このお茶菓子、とても美味しいですね」と言ったとします。 すると、話している最中に先ほどのお茶菓子を買ってきて、手土産にと持たせてくれたとします。 この場合、お茶菓子を出してもらったことは 「お気遣い」ですが、手土産を用意していただいたことに対しては、 「お心遣い」が正解です。 ちなみに、このケースでは、「心遣い」の意味である「心配り」と「贈答品」の両方が当てはまります。 このように、 「お気遣い」は一定のマナーやマニュアルの範疇にある言動であるのに対し、 「お心遣い」はその範疇を超えた言動と言えるでしょう。 ・お気遣いに感謝します。 ・どうぞ、お気遣いなく。 ・お気遣いなく。 お気持ちだけ頂戴します。 「お気遣いなく」という表現は、相手の気遣いを断ったり、遠慮したりする場合にも用います。 この一言で、「これ以上の気遣いは要りませんよ」「これで十分です」「ご心配はなさらないでください」といった気持ちを表現することができます。 ちなみに、「お心遣いなく」という表現はありませんので、注意しましょう。 「お心遣い」 ・お心遣いいただきまして、本当にありがとうございます。 ・お心遣いいただき、大変恐縮です。 ありがとうございます。 ・お心遣いに感謝申し上げます。 気遣いや心遣いができるということは、ビジネスにおいて立派なスキルであり、ときに武器にもなります。 単に技術や知識だけを増やすばかりではなく、自然と気遣いのできる社会人でありたいと思うと同時に、常に相手のことを思いやる姿勢を忘れずにいたいものですね。

次の

「お心遣い」の意味と使い方や、類義語「お気遣い」との違いを解説

お 心遣い いただき

この記事の目次• 意味 「お心遣いいただきありがとうございます」は「心遣いしてもらいありがとう」という意味。 なぜこのような意味になるのか? そもそもの意味と敬語について順をおって解説していきます。 お心遣い の意味は「お心配り」 「お心遣い」の意味はざっくり2つ• 気を配ること、心配り、配慮• 祝儀(お金) 「心=こころ」 「遣う=気を遣う、神経を遣う」 との組み合わせで成り立つフレーズ。 もとになる単語は「心遣い」であり、尊敬語or謙譲語の「お(ご)」をくっつけて「お心遣い」という敬語にしています。 使い方は、 とくに金品をもらったときのお礼として使われるフレーズ。 たとえば上司や取引先から「結婚祝い金」をもらった、お土産をもらった、暑中見舞いの品をもらった、などなど。 ビジネスシーンでは何かと「もらいモノ」があります(私だけかも?)。 お土産をもらうときもあります。 お金をもらうときもあります。 そんなときに「お心遣い」をつかってお礼のビジネスメールをすると、あなたの好感度もおおはばにUPするでしょう。 ちなみに似たような語に「お気遣い」もありますが、「お気遣い」は意図しておこなう「気づかい」のこと。 いっぽうで「お心遣い」は意図せずおこなう相手のご厚意のこと。 意味が違います。 すると意味は「心遣いしてもらい~」と解釈できます。 「ご連絡いただく=連絡してもらう」「ご指導いただく=指導してもらう」などのようにして使われる語とおなじ意味。 上司・目上・ビジネスメールに使うフレーズとしてはとても丁寧で好感がもてますね。 ここで「お心遣い」の「お(ご)」の部分は向かう先を立てるために使う敬語であり謙譲語の「お(ご)」です。 心遣い = 心配り• すると「お心遣いいただきありがとうございます」の意味は… 「心遣いしてもらい、ありがとう」 のように解釈できます。 敬語の種類 つづいて「お心遣いいただきありがとうございます」の敬語の種類について。 この項目は少しマニアックな敬語の解説になります。 敬語について細かく学ぶ必要のないかたは読み飛ばしてください。 「お心遣いいただきありがとうございます」の敬語 繰り返しにはなりますが「お心遣いいただきありがとうございます」を敬語としてみると、以下のように成り立ちます。 もとになる単語「心遣い」• 「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」を使い、• 「ありがとうございます」をくっつけた敬語 あるいはもっと細かくすると以下のような敬語の解釈もできます。 もとになる単語「心遣い」に謙譲語「お・ご」で 「お心遣い」• さらに「〜してもらう」の謙譲語「〜いただく」で 「お心遣いいただく」• とにかく敬語としては全くおかしいところは見当たりません。 間違い敬語でもなく二重敬語でもなく、正しい敬語です。 相手の行為にたいして使い、自分の行為には使わないことが基本。 自分の行為に使い、相手の行為には使わないことが基本(例外あり)。 じつは尊敬語と謙譲語にはどちらも「お・ご」の使い方があります。 謙譲語としての「お・ご」の使い方はたとえば、 「会議日程の ご連絡」 「忘年会開催の お知らせ」 「販売状況の ご報告」 「転勤の ご挨拶」 「貴社ご訪問の お願い」 こんな感じのフレーズがあります。 よくビジネスメールの件名で目にする表現ですね。 ところが例文は自分が「ご連絡・お知らせ・ご報告・ご挨拶」するため「お・ご」をつかうのはおかしいと感じるかたもいらっしゃることでしょう。 これは、 謙譲語「お・ご」の使い方を知らないためにくる勘違いです。 尊敬語の「お・ご」だと勘違いしているために間違い敬語と感じるのですが、実際にはどれも正しい敬語をつかっています。 ややこしければ「お・ご〜いただく」セットで謙譲語と覚える 謙譲語の「お・ご」は尊敬語の「お・ご」と勘違いしやすい敬語です。 ややこしく感じる方は「お(ご)〜いただく」をセットで謙譲語と覚えておくとよいでしょう。 また謙譲語で使われる「お・ご」はパターンが限られます。 ざっくりと以下の使い方をマスターしておけばビジネスシーンでは困らないでしょう。 たとえば「了承」「連絡」「確認」「検討」「容赦」「査収」「取り計らい」など。 ここで(お・ご)と( )書きにしているフレーズは「お・ご」があってもなくても敬語としては丁寧。 この謙譲語の「お・ご」を使いすぎると文章が「お・ご」ばかりになるため要注意。 バランスを考えて使いましょう。 また丁寧語「ます」とくみあわせて「〜します」「〜いたします」とするのが丁寧な使い方ですのでご留意ください。 使い方 つづいて「お心遣いいただきありがとうございます」の使い方について。 文字どおりお心遣いしてもらったときのお礼に使います。 取引先など社外あてに限らず、上司や目上など社内あてのメールにも使える丁寧な敬語フレーズです。 使い方「お礼ビジネスメールの書き出し挨拶」 「お心遣いありがとうございます」はとくに上司や目上・取引先から何かしらのお心遣いをもらったとき。 お礼ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 たとえばお祝儀や香典・お歳暮・お中元などなど。 金品はもちろんのこと、物品をもらったときにも使えます。 ちなみに似たような語に「お気遣い」もありますが、「お気遣い」は意図して行う「気づかい」のことで、「お心遣い」は意図せずおこなう相手からのご厚意。 意味が違います。 使い方「お礼ビジネスメール」 「お心遣いいただきありがとうございます」はとくに上司や目上・取引先から何かしらのお心遣いをもらったとき。 お礼ビジネスメール書き出しの挨拶に使います。 たとえばお祝儀や香典・お歳暮・お中元などなど。 金品はもちろんのこと、物品をもらったときにも使えます。 ちなみに似たような語に「お気遣い」もありますが、「お気遣い」は意図して行う「気づかい」のことで、「お心遣い」は意図せずおこなう相手からのご厚意。 意味が違います。 あるいは 「お心遣いくださり、ありがとうございます」としてもOK。 あるいは単に「お心遣いありがとうございます」としてもまぁ問題はありません。 結論としてはどれを使っても丁寧な敬語です。 「お心遣いくださいまして~」の「ください」は「くれる」の尊敬語「くださる」を使っています。 どちらを使っても結局は同じことを述べています。 例文「お心遣い いただきましてありがとうございます」 とするとなお丁寧な敬語になります。 まぁ「お心遣いありがとうございます」だけでも十分ではありますが…丁重なメールに仕上げたいときにどうぞ。 謙譲語「いただく」ではなく「賜る(たまわる)」をもちいた例文を。 例文「お心遣い 賜りありがとうございます」• 例文「お心遣い 賜りましてありがとうございます」 としてもなお丁寧な敬語になります。 「いただく」「賜る」はどちらも「もらう」の謙譲語ですが、よりカチッとした言い回しは「賜る」のほうです。 とくにビジネス文書や手紙・公式な挨拶シーンで使われることの多い敬語フレーズ。 丁重なメールに仕上げたいときにどうぞ。 他にもある丁寧な「お心遣い」の例文 あとは「ありがとう」だけでなく「感謝申し上げます」「深謝いたしております」などとしても丁寧です。 お礼の敬語フレーズは本当にいろいろありますが、代表的な例文だけを紹介しておきます。 例文「お心遣いに感謝申し上げます」• 繰り返しにはなりますが、お礼を伴うビジネスシーン(目上・手紙・メール・上司など)でよく使われる表現となります。 「お心遣い」を「お気遣い」としてもいいのですが… 贈り物やお土産は相手からの厚意であることを考えると「お心遣い」のほうがよさそうです。 転職株式会社の転職です。 昨日はお忙しい中、ご足労いただきありがとうございました。 また、たいそうなお品までいただき、 お心遣い痛み入ります。 別件の打ち合わせのため ご挨拶もできず大変失礼いたしました。 お土産の和菓子、 社内でおいしくいただきました。 同僚女子社員にも好評で いつもながら お心遣いに感謝しております。 大変略儀ではございますが、 まずはお礼かたがたメールにてご挨拶申し上げます。 転職株式会社の転職です。 この度は、ご丁寧なお中元をいただき、 誠にありがとうございました。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 甚だ略儀ではございますが、 まずはメールにてお礼申し上げます。 転職株式会社の転職です。 この度は、たいそうなお品をただき、 誠にありがとうございました。 いつもお心遣いを頂き大変恐縮でございます。 せっかくのご好意を無にするようで心苦しいのですが 弊社ではお取引先様からの贈り物は お受けできないことになっております。 お心遣いだけありがたく頂戴し、 誠に勝手ながらお品は別便にて返送させていただきました。 無礼なこととは存じますが ご理解の上、ご容赦くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。 甚だ略儀ではございますが、 まずはメールにてお礼ならびにお詫びを申し上げます。 メール署名 【敬語の補足】 ・略儀ではございますが の意味は「礼儀を省略して申し訳ありませんが~」 ・まずは の意味は「まずはじめに」 ・言う の謙譲語「申す」 ・たいそうな=結構な で言い換えできる ・甚だ(はなはだ)の意味は「とても、大変」 ・ご容赦くださいますよう の意味は「お許しくださいますよう」 「お心遣いいただき vs お心遣いくださいましてありがとう」の違い ここで少し横道にそれます。 「 お心遣いいただきありがとうございます」と似たような表現には 「 お心遣いくださいましてありがとうございます」 これって何が違うのでしょうか? 結論としてはどちらも上司や目上・取引先などに使える丁寧な敬語フレーズです。 ここではその根拠について順を追って解説していきます。 敬語・意味の違い まずは敬語と意味の違いについて。 とくに色づけした部分についてよくご確認。 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形• 「まして」の部分は丁寧語「ます」の活用形 色づけしたところが主に違います。 どちらも同じように使える ということで、 「お心遣いいただく=心遣いしていただく」なのか「お心遣いくださる=心遣いしてくださる」なのか、という点において違いますが丁寧さとしてはまったく同じです。 また、 「 お心遣いいただきありがとうございます」「 お心遣いくださいましてありがとうございます」はどちらも結局のところ、お礼を述べているわけであってどちらも同じように使います。 おっさん営業マンの経験値であり、本来でしたらどちらも同じように使えます。 どちらも丁寧な敬語フレーズですので、あまり悩む必要はありません。 「いただく」vs「くださる」の使い分け せっかくですので「いただく」「くださる」の違いを例文で考えてみます。 たとえば結び・締めに使う「お願い」するときのシーンを考えましょう すると… 「ご容赦 くださいますようお願い致します」 「ご容赦 いただきますようお願い致します」 「ご了承 くださいますようお願い致します」 「ご了承 いただきますようお願い致します」 「ご検討 くださいますようお願い致します」 「ご検討 いただきますようお願い致します」 こんな敬語フレーズをよく使います。 実はこれらは「くださる」を使うのが一般的です… 「いただく」としても丁寧ではありますが… ところが、たとえば何かをもらった時のお礼のシーンを考えます。 「たいそうな お品をくださりありがとうございました」 「たいそうな お品をいただきありがとうございました」 もうひとつ、 「 ご利用 くださりありがとうございます」 「 ご利用 いただきありがとうございます」 上記の例文はどれも敬語としては正しい使い方。 ただ圧倒的に「いただき〜」とするほうが多いですね。

次の