税理士 問題集。 税理士試験 簿記論の「直前予想問題集(会計人コース)」を購入

[税理士試験]財務諸表論に合格した独学勉強法&テキスト&問題集

税理士 問題集

税理士試験の簿記論を受験する前に 税理士試験を受験しようと考えている人は、今までに大学や専門学校などで簿記・会計を少しはかじったことがあると思います。 そこで、「会計っておもしろいな」とか、「簿記をもっと勉強したい」と思ったりしたのかなと思います。 あるいは今までまったく会計・税務とは関わったことがなかったけれど、仕事で税理士先生に会って憧れたとか、手に職をつけるために税理士になりたいというような人もいることでしょう。 税理士になるためには税理士試験に合格しなければならないわけですが、多くの人が簿記論と財務諸表論という会計科目から受験し始めます。 他にも税法科目があるわけですが、これから受験する人はあまりいないですね。 時間のある学生であれば、簿記論と財務諸表論と税法1科目を同時に受験する人もいることにはいますが。 これはたぶん、税理士試験を受験するまでに日商簿記や全経簿記などの資格試験を受験してきた人が多いからだと考えられます。 なので、 今まで全く簿記・会計に触れてこなかった人、大学の講義などで少ししか勉強しなかった人は、日商簿記や全経簿記の勉強から始めましょう。 日商簿記は4級から1級までありますが、4級は必要ないので3級から勉強していきましょう。 3級に合格したら(実際に受験しなくても3級はもうできるという場合は)、次は2級に合格しましょう。 全経簿記の場合も4級から1級、その上に上級があります。 全経簿記に関しても4級は意味がないと思いますので、3級から勉強していきましょう。 もちろん2級から受験するというのも可能なので、必ず受験回数が増えるというわけではないのですが。 日商1級と全経上級に関しては商業簿記と会計学は税理士試験の範囲とかぶるのでやっておいても良いですが、 工業簿記と原価計算に関しては税理士試験では出題されないので回り道になってしまいます。 (公認会計士試験を受験する場合は必要ですが) ただし税理士試験の受験資格を満たしていない人は、まず受験資格を得るところから始めなくてはいけません。 その場合は、日商1級か全経上級を取得するところから始めなくてなりません。 そのへんの受験資格については以下の記事を参照してください。 税理士試験の受験しか考えていない場合で、受験資格もすでにクリアしている場合は、日商2級合格レベルになったら税理士試験の範囲に入っていきましょう。 日商簿記3級、日商簿記2級の勉強法については以下の記事を書いていますので、参考にお読みください。 税理士試験簿記論(日商簿記1級)基礎レベルの勉強法 スポンサーリンク 税理士試験の簿記論のレベルはほとんど日商簿記1級or全経簿記上級と同じレベルです。 簿記論の過去問を見ると稀に非常に難しい問題が出題されていたりしますが、そのような問題は受験生の間でほとんど差がつかないので気にする必要はないと思います。 また、 簿記論と日商1級、全経上級を比べると簿記論の方が解答スピードが要求されるかなと思います(あくまで個人的な感覚ですが)。 なので、まずは日商1級か全経上級のテキスト・問題集を使って簿記論の基礎レベルの問題に慣れていきましょう。 私は今のところ日商簿記しか受験したことがないので、日商簿記のテキスト、問題集で簿記論の基礎固めにおすすめを紹介していきます。 実際、私はTAC出版から出版されているテキスト、問題集で簿記論を独学し合格しました。 まず、日商簿記1級の商業簿記・会計学のテキスト、問題集から始めていきます。 私は以下の TAC出版の『合格テキスト』シリーズを使って勉強しました。 このシリーズは TAC簿記検定講座の公式教材です。 TACや大原などの資格予備校はあまり市販で公式教材を発売しませんが、日商簿記に関してはTACが公式教材を出版してくれています。 これを使わない手はないですね。 合格テキストは難しい論点なども多くの図解や表を使って説明してくれるので、理解が早まります。 また、設例という形で例題もついているので本当にテキストの内容を理解しているか理解度のチェックができます。 さらに発展的な論点を「研究」という形で、予備的な知識を「参考」という形で記載されていることにより、税理士試験や会計士試験に出題されるような論点も学習することができます。 また、計算の根拠や間違えやすい問題を 「解答への道」として解説があるのですが、これが非常に良くできており、大学受験の定番書である、「チャート式」のようにこれでもかというくらい詳しく解答に至るプロセスを解説してくれています。 さらに繰り返し問題演習ができるように、 「解答用紙ダウンロードサービス」があるのも良いですね。 税理士試験の場合は上記のとおり、工業簿記と原価計算の分野は出題されないので、この合格シリーズの商業簿記・会計学だけ勉強しましょう。 テキストが3冊、トレーニングが3冊の計6冊です。 トータルの価格は、13,176円です。 勉強法ですが、あまり解説することはありません(笑)最初にテキストを読みながら設例を解きます。 時間が取れる場合は実際に手を動かして設例を解いてみましょう。 試験までにあまり時間が無い場合は、設例は頭で解答を思い浮かべながら読むだけでも良いです。 テキストを読んだらトレーニングの該当部分を手を動かして解いていきましょう。 テキストの設例は解かなくても良いですがトレーニングの問題は必ず実際に解きましょう。 わからない問題は、「解答への道」を読み込んで理解します。 問題の復習も王道でよく、前日勉強した問題を復習し、1週間後にその週勉強した問題を復習するという方法で良いです。 ここまでできれば税理士試験の簿記論の問題集に入ってもスムーズに進められるので税理士試験対策に入っていきます。 税理士試験対策の問題集等については次回の記事で解説していきます。 スポンサーリンク こちらの記事もオススメです!:• 資格オタク(弱)による試験に関するブログ。 現在、会計事務所職員として労働中。 資格試験や院試をどのように合格してきたかを書いていくつもりです。 あとは日々の日記用。 人気記事ランキング• アーカイブ• メタ情報•

次の

税理士 過去問 論点ヨコ解き問題集(簿記論)

税理士 問題集

~予備校の税理士試験外販問題集、やる派?やらない派?~ こんにちは。 池袋の税理士事務所、会計事務所タクシスの伊藤です。 TACや大原など予備校が販売している税理士試験の 外販問題集、科目ごとにたくさんの種類の問題集が売られていますが、 やる派、やらない派、人によって異なるかとは思います。 皆さんどうなのでしょうかね? 私は、外販の問題集は、ほぼ やらない派でした。 一時期を除いて、外販の問題集には手を出しませんでした。 今日は、外販の問題集をやらなかった理由や意図について書いていきます。 外販問題集をなぜ使用しなかったか? 私が外販問題集をやらなかった理由ですが、最大の理由は、 科目合格に必要なエッセンスは全て 税理士講座のテキスト・問題集に詰め込まれている、と考えていたからです。 実際のところ、私の考えの通り、一時期独学で勉強していた消費税法を除いては、予備校のテキスト・問題集などの教材、配布物のみで合格できています。 その代わり、一つの教材、テキストにしろ問題集にしろ、最低3周ぐらいは学習しました(この話は後ほど)。 また、外販をやらなかったもう一つの理由としては、時間的にも労力的にも、外販の問題集に手を出す余裕がなかったということもありました。 初年度(簿記論のみ学習)以外は、複数の科目を並行して学習していましたので、結果的に予備校の教材の消化や講義の出席、復習で精一杯でした。 上記のことをまとめると、こんな感じでしょうかね。 外販の問題集をやらなくても十分合格レベルに到達可能。 合格レベルに達することができるように、予備校の教材が設計されている。 複数科目を並行して学習するなら、やらないほうが良い。 一科目のみ学習で、予備校の教材のみでは物足りない場合は、やるのもアリ。 私の教材の回し方 勉強法なんて人によって向き・不向きあるものだとは思っていますが、ご参考までに私のやり方をご紹介します。 上にも書きましたが、私は、余裕がない場合を除いては、一つのテキスト、問題集を、基本的には3回ずつやりました。 もちろん、年度ごとに勉強法は変えていきましたし、微調整をしつつではありますが、勉強法を確立してからは下記のように進めていきました。 1テキスト、10月はNo. 2テキスト・・・、そして、4月はNo. 8と、ひと月に一回新しいテキストが配られ、それを基に講義が行われます(科目によって異なりますが)。 一部の受験生は、例えば、10月ならNo. 2テキストのみ、とか、12月ならNo. 4テキストのみといったように、講義が進行中のテキストのみの学習で終える場合が多く、あまり同時並行で教材の学習をやらないようです。 上記のパターンだと、知識の定着という点では若干弱いのかなと私は考えています。 逆に、私の紹介したやり方のように、ある程度一つのテキストの学習を終えるタイミングまでに知識を習得しておいて、多少間隔をあけてから、再度既習のテキスト、問題集をやるほうが良いのではと思います。 教材については、下記のリンクの記事にも一部考え方をご紹介しています。 こちらもぜひご参考まで。 なお、これからも不定期ではございますが、当ブログで税理士試験に関することを発信していきたいと思っておりますので、ぜひブックマーク、シェア、拡散等お願いします。

次の

【体験記】30歳超えて独学4年で税理士試験に合格した勉強法|テキスト・問題集

税理士 問題集

C土地及びD家屋(以下、「C土地等」という。 )に関する情報は次のとおりである。 (略) 2 丁は、昭和55年3月20日、C土地にD家屋を建築し16,000,000円を支払った。 昭和55年4月1日から丁、丙(乙の母)及び乙がD家屋において居住を開始した。 (略) 6 本年9月30日、乙はC土地を更地にして売却するため、D家屋を取壊し、取壊費用1,296,000円を解体業者へ支払った。 7 C土地は、上記 5 の相続開始後から譲渡の時まで、また、D家屋は上記 5 の相続開始後から取壊し時まで、いずれも未利用であった。 <不適切な点> 建物の取り壊しが土地の譲渡のために行われたときは、取り壊し直前の簿価相当額を譲渡費用として、譲渡所得の計算上控除することができる。 (基通33-8) しかし、家屋の構造(耐用年数)が与えられていないため、減価の額の計算が出来ず、簿価相当額が不明であるため譲渡費用の計算ができない。 (注)取得時期などから取得価額の5%を譲渡費用とする別解が考えられる。 大原:建物の取得費相当額なし。 93 今回に限ってはミスだと思うよ。 真面目に勉強してきた人間がバカを見るようなミス。 譲渡所得で家屋の取得費を譲渡費用に入れれる事を知らない人は、なんの疑問もなくすんなり解けただろう。 退職所得の受給に関する申告書を提出していない場合の源泉徴収税額を知らなかった人はなんの違和感も感じない。 なんで家屋の取得費を譲渡費用に入れれる事を知っている人が、耐用年数を探し回り時間を使い挙げ句の果てにどこにも資料がなく不安になり、退職所得の源泉徴収税額を知っている人が違和感をもって試験を受けなければいけないのか。 こんな奴が試験委員なのが許せない。 20 ID:Whjkr4s10 はっきり言って問1の減価償却の資料は酷い 相手先がいつまで事業供用してたか分からないし、甲がいつから事業供用したのかも分からない。 減価償却資産は買った日から償却できると勘違いしてるんだろうね、だから事業供用日の資料がない。 会計士あがりの試験委員なんてこんなもんなんだな。 一見、今回の試験のクライマックス的な部分だったから、「これで合否が決まるかも?」と考えて、問題用紙の隅々まで耐用年数を探したが、見当たらなかった。 不備だったのなら、おれの無駄に費やした時間を返してほしい。

次の