プルーム テック プラス タール。 プルームテック・アイコス健康面を考えるとどちらがおすすめ?

PloomTECH(プルームテック)のニコチン・タールの含有量は?

プルーム テック プラス タール

<関連記事> 「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」を比較! 3つの違いで吸いごたえに差 まず、「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」には、どのような違いがあるのかを見ていきたい。 「プルーム・テック」ユーザーの不満で多かった「吸いごたえの物足りなさ」を解消すべく誕生したのが「プルーム・テック・プラス」だ。 そのため、「プルーム・テック・プラス」は「プルーム・テック」より吸いごたえを重視した設計となっているが、その満足感の高さ生み出すポイントとなっているのは、「加熱温度」「タバコ葉の量」「リキッドの量」の3点。 それぞれくわしく見ていこう。 「プルーム・テック・プラス」は「プルーム・テック」に比べ約20mm(実測値)ほど長く、直径15mmと太くなった。 重さは、「プルーム・テック・プラス」の17gに対して41gと、約2. 4倍だ(どちらもカプセル、カートリッジ装着時実測値)。 ただ持ってみると、さほど重さの差があるようには感じにくい 1. 加熱温度が高いほどタバコ感が強く出るため、「プルーム・テック・プラス」はより吸いごたえのあるものとなっている。 たばこカプセル内のタバコ葉を増量 「プルーム・テック」は、蒸気をタバコ葉の粉末を詰めた「たばこカプセル」に通すことによって蒸気にニコチンを含ませるのだが、「プルーム・テック・プラス」では、たばこカプセル内のタバコ葉の量自体を増やしている。 当然、たばこカプセルを通過した蒸気に含まれるニコチン量も増えるので、喫味もスロートキック(のどへの圧)も強くなるのだ。 なお、「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」の専用リフィル(カートリッジ+たばこカプセル)は、たばこカプセルのサイズこそ同じものの、カートリッジの構造が異なるので互換性はない。 また、「プルーム・テック・プラス」の専用リフィルは、カートリッジ内のリキッドも、それぞれのフレーバー専用にデザインされているという。 そのため、「プルーム・テック」ユーザーがよくやっていた、「たばこカプセルだけを変えて味変する」という吸い方は、「プルーム・テック・プラス」では推奨されない。 左が「プルーム・テック」、右が「プルーム・テック・プラス」の専用リフィル。 たばこカプセル5個+カートリッジという内容は同じで、1箱で吸える回数もまったく同じだ たばこカプセルのサイズは同じだがカートリッジの構造が異なり、互換性はないので注意 3. リキッド量もアップ。 たっぷりの蒸気で満足感を高める 「プルーム・テック」では、蒸気量に物足りなさを感じるユーザーも多いようだ。 ただ、「プルーム・テック」はカートリッジ内部のコットンに蒸気を発生させるためのリキッドを染み込ませる構造上、蒸気量には限界がある。 そこで「プルーム・テック・プラス」では、たっぷりの蒸気を発生するのに十分なリキッドを内包できるリキッドタンク方式を採用している。 「プルーム・テック・プラス」(左)はリキッドタンクに小窓が付いているので、リキッドの残量(カートリッジ交換タイミング)が一目瞭然 ほかにも、使い勝手が少しだけ違っている。 「プルーム・テック」は完全オートスイッチ式で、いつでも吸い込めば蒸気を発生させられるが、「プルーム・テック・プラス」は本体中央ボタンをトリプルクリックで電源オン、3秒以上長押しで電源オフという仕様になった。 めんどうに感じるかもしれないが、内蔵リチウムイオン電池が190mAhから610mAhへと大容量化しているので、カバンの中などでの不用意な電源オンによる爆発などのリスクを防ぐためにも必要な変更だったのだろう。 また、電源をオンにした後は、吸い込むたびにスイッチが自動で入るので、実際の使用感はそんなに変わらない。 「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」を吸い比べてみる 「プルーム・テック」と「プルーム・テック・プラス」の違いを確認したうえで、改めて両モデルを吸い比べてみよう。 まずは「プルーム・テック」。 こちらは、タール値3mg未満の軽い紙巻きタバコに照準を合わせた喫味だ。 喫煙者だからといって、喫味が強ければいいというものでもないので、このくらいの軽さがちょうどいいという人には最適なデバイスと言える。 専用リフィルを、人気のメンソールやフレーバー系を含めて2銘柄8種類(2019年2月現在)の多彩なバリエーションから選べるのも、先行機種の利点だ。 「プルーム・テック」の蒸気は、喫味の軽さのせいか、軽い広がり方をする。 VAPEで言うとグリセリン類の中のPG(プロピレングリコール)が多いリキッドのような吸い心地だ 「プルーム・テック」の専用リフィル。 6種類ある「メビウス」ブランドの「レギュラー」「ブラウン・アロマ」は2019年2月中旬にリニューアル予定。 「ピアニッシモ」ブランドは、3月11日発売の新味2種「パイナップル・ピーチ・イエロー・クーラー」と、「アリア・メンソール」を追加すると4種類で、全10種類となる いっぽう「プルーム・テック・プラス」は、紙巻きタバコなら5〜6mg程度の喫味を好む人に照準を当てた製品だ。 特にレギュラータイプを吸うと、「プルーム・テック」との違いは歴然。 「プルーム・テック」よりも少し強い喫味が好みだが、「アイコス」「グロー」「プルーム・エス」などの高温加熱式タバコではニオイが気になるという人に適しているだろう。 ただし、専用リフィルは4種(2019年2月時点)と、まだ少ない。 見た目の蒸気量は意外と「プルーム・テック」と変わらない。 むしろ「プルーム・テック」のほうが蒸気が軽い分広がりやすいので、見た目には多く見える。 ただ「プルーム・テック・プラス」の蒸気のほうが重さを感じるので、蒸気発生のためのグリセリンのVG(植物性グリセリン)の比率が高いのだと思われる 「プルーム・テック・プラス」の専用リフィルは「メビウス」ブランド4種類のみ。 レギュラー系・メンソール系がそれぞれ2種発売されている ニオイ問題は同点。 ニコチン感より多彩なフレーバーを楽しむなら「プルーム・テック」、強めの喫味が好みなら「プルーム・テック・プラス」 「プルーム・テック」はその喫味の軽さから、深呼吸のように蒸気を吸い込む肺吸い(ダイレクトラング)向きのデバイスだ。 普通のタバコ同様に口に1回蒸気をためる口吸い(マウス・トゥー・ラング)では、「プルーム・テック」の喫味は軽く過ぎると感じる人も多いだろう。 そのため、普段からVAPEを併用するなど、肺吸いに慣れており、ニコチン感の強さよりも多彩なフレーバーを楽しみたいなら、「プルーム・テック」のほうが適していると言えそうだ。 「プルーム・テック・プラス」は、紙巻きタバコ同様の口吸いできちんと楽しめるデバイスに仕上がっていると感じた。 スロートキックをしっかり感じながら吸えて、ほぼ無臭という特徴は、今までの喫味が弱いと感じていた「プルーム・テック」ユーザーに大いに支持されるはずだ。 <関連記事>.

次の

プルームテック、プラス、Ploom S、3製品のリサイクルプロジェクトがスタート!

プルーム テック プラス タール

旧プルームテックとの比較 まずは見た目から解説します。 実際にプルームテックプラスと旧プルームテックの長さや太さをざっくり測って比べてみると… 【プルームテックプラス】 ・長さ マウスピース未装着 …14cm ・太さ…直径1. 5cm ・長さ マウスピース装着時 …16. 5cm 【旧プルームテック】 ・長さ マウスピース未装着 …13cm ・太さ…直径0. 9cm ・長さ マウスピース装着時 …15cm こんな感じです。 ただ画像や数値では少し分かりづらいかもしれませんが、実際に手に触れるプルームテックプラスの大きさは旧プルームテックの2倍以上に感じます。 質感 私が購入したカラーはホワイトですが、ブラックとは手触りがかなり違います。 イメージとしては… ・ ブラックの質感はアイコスやプルームエスの質感に近く、肌に吸い付くマットな質感といった感じです。 ・ ホワイトに関しては肌をはじくツルツルとした質感で、汗染みや手垢などがブラックに比べ目立たなく気になりません。 プルームエスが手垢や手汗が少し目立つのが気になった為、プラスはホワイトを購入しました。 あとホルダー色が金色なのも決め手かな。 ちなみに今後プラスの方にも限定カラーが用意されているようですが、情報通りにメタリックカラーが発売されるならこのホワイト同様にツルツルした質感が予想できます。 新型PloomTechプラスの4種のフレーバー。 その味 タバコ感 について丁寧に解説します プルームテックプラスには今回4種類のフレーバーが最初から用意されております。 そして、基本的な味の総評は前回書いた通り… ・吐き出せる煙量は3倍くらいはある。 ・味は基本的に旧プルームテックの延長線上。 ・のどのイガイガ感はやはり感じる。 これになります。 ただし、4種類のフレーバーを個別にレビューすると少し違った印象になるので、今回はそれを丁寧に解説したいと思います。 ・MILD BLEND レギュラー味 の感想 マイルド+爽やかなうまみ 引用:Ploom公式サイトより こんな謳い文句のMILDブレンドですが、吸った瞬間に感じたのはアップルティーの風味でした。 いわゆるタバコの風味や雑味はなく、ほんわかアップル風味の蒸気を吸っている感じです。 のどへのイガイガ感は旧プルームテックに比べ抑えられておりますが、やはり少しイガイガしますね。 ・ROAST BLEND レギュラー味 の感想 香ばしさ+奥深いコク 引用:Ploom公式サイトより この謳い文句は書いていると恥ずかしいですね 笑。 吸った瞬間におとずれる風味はカフェオレっぽいかな。 吸い終わった後に残る雑味にほんのりたばこ感を感じられが全体的に甘めな印象。 香料独特の化学薬品的な後味はマイルドよりは少なく感じ、旧プルームテックのブラウンアロマとほぼ近い味だと思います。 イガイガ感はマイルドより感じないかも。 ・COLD MINT メンソール味 の感想 氷冷メンソール+キレのある刺激 引用:Ploom公式サイトより 吸った印象は旧プルームテックのメンソール味が濃くなった感じ。 ほぼ味や風味は変わらない歯磨き粉っぽいミントです。 旧プルームテックのあの味が苦手な方はこのクールミントは買わないほうがいいでしょうし、個人的にもこの味が今回のフレーバーでは最も変わりばえなくて面白くないかな。 ・CLEAR MINT メンソール味 の感想 爽快メンソール+ほのかな甘み 引用:Ploom公式サイトより 今回のフレーバーで面白いと思ったのはコレ。 味や風味のイメージはクロレッツのようなミントガムに近い。 旧プルームテックのメンソールの風味はほぼないですね。 あの味が苦手な人はこのミントかな。 個別の味の印象はこんな感じです。 レギュラー2種に関してはレギュラーという位置づけですが、2種類とも甘めな風味でたばこ感は正直まったくありません。 ミント2種もタバコのメンソールというよりかはミント感が強く、たばこのメンソールとは程遠い味や風味です。 いずれも旧プルームテックの延長線上にある味ではありますが、キック感が増し、のどへのイガイガが低減されたことを考えるとそこは別物と言っていいかな。 ただ、やはりたばこ感はまったく無いです。 たばこ感はどうしても高加熱タイプであるプルームエスやアイコスの方が感じられるでしょう。 プルームテックプラスは無臭!? そのニオイについて。 プルームテックプラスの加熱時、そして吐き出す煙に関しては以前ご紹介したようにほぼ無臭であると言えます。 ニオイの元になる上記画像のリキッドは開封時に少しニオイを感じますが、それ以外にニオイはほぼ感じられません。 車や部屋で吸う時にプルームエスではニオイがかなり残りますが、プルームテックプラスではそれは感じられないでしょう。 プルームテックプラスの使用感。 フレーバーを変えるのは少し面倒かな…。 組み立てに関しては前回ご紹介した通り、一度やればすぐ覚えられるので複雑になったとかそんな印象はありません。 ただ、ひとつ感じたのはフレーバーを変更するのは少し面倒かも。 どうやらストアの店員さんが言うには、今回のフレーバーリキッドはおのおの専用に調整されたものらしく、例えばフレーバーをマイルドブレンドからローストブレンドに変える場合もリキッド交換が必要らしいのです。 レギュラーからメンソールなら分かるんですが、同系のフレーバーでリキッド交換が必要なのは正直すこし面倒に感じましたね。 私のように「吸うならCLEAR MINTかな」というタイプは問題ないでしょうが、色んなフレーバーを楽しみたい方には面倒かもしれません。 出来ればリキッドはすべて共通で、たばこカプセルを変えるだけで別のフレーバーが楽しめる方が消費者にとっては楽だし分かりやすいと思います。 ・専用USBケーブルについて これは私だけかもしれませんが、付属してくる専用USBケーブルが少し短く不便に感じます。 長さは60cm弱くらいなんですが、もう少し長い方がいろいろと便利だと思います。 また、プルームエスもそうなんですがUSBのタイプが【B】なので、差し込みする際に向きを気にしなければならないのは面倒ですね。 アイコスユーザーにとって新型プルームテックを買う価値はあるのか!? 私もアイコスユーザーの友人から新型PloomTechの感想を求められますから。 結論から言わせてもらえば、現状のアイコスの味に問題がないのであれば買う必要はありません。 プルームテックプラスに関しては、この記事内でも書いている通り ・たばこ感はまったく無い ・アイコスやプルームエスとは味や風味は別物 ・ニオイはほぼ無臭 であることから、たばこ感を求めるであろうアイコスユーザーには不向きです。 プルームエスに関しては、 ・たばこ独特の風味は感じられる ・キック感はアイコスには劣る ・ニオイはアイコスとは違うがかなりある ではありますが、基本的にはアイコスに慣れてしまっているとどれも中途半端に感じられると思います。 私が購入した理由は新型PloomTechの仕上がりが別の方向性であることを願っての購入だったのですが…、少しあてが外れた結果となりました 笑。 プルームテックプラスはマウスピースの色合わせが難しい… プルームテックプラスのマウスピースカラー。 これはあくまで個人的な感想なんですが、私が購入したホワイトのプルームテックプラスに合わせるマウスピースのカラーが難しい 笑。 上記画像のブラックマウスピースは正直合うとは思えなく、ホワイトのマウスピースもPloomストアで見た感じでは色味があってない。 個人的には「赤が一番合うかな~」と思っていたのですが、正規品には赤色のマウスピースがありません…。 パープルも悪くはないんですけどね。 リンク 新型プルームテックプラスは旧型と変わらない!? 本日のまとめ。 本日の内容を簡単にまとめると… ・味は旧プルームテックとほぼ同様。 ・のどへのイガイガは旧型よりかはマシ。 ・やはり目新しさは感じられない。 ・とにかくでかい。 ・アイコス民は買う価値はないかな。 ・マウスピースの色合わせが難しい。 こんな感じになります。 PloomTechストアでテイスティングさせてもらった時とそこまで感想は変わりませんでしたが、旧プルームテックにユーザーが感じていた悪い部分をサイズを大きくして修正した感じですね。 また、4種類あるフレーバーの中でも この「CLEAR MINT」のクロレッツ感は面白かったので、これだけは早くコンビニ発売してほしい 笑。 以上、日本で2番目に丁寧なプルームテックプラスの少し辛口な解説でした。 それでは。

次の

【メーカーに取材】プルーム・テックの身体への害は? 副流煙、ニコチン、タール……

プルーム テック プラス タール

プルームテックプラスから数量限定フレーバー「エナジースパークミント」が発売 プルームテックプラスから 数量限定フレーバー「エナジースパークミント」が発売されます。 プルームテックプラスの新フレーバー「エナジースパークミント」レビュー 今回私、発売前に入手することができましたので、一足先に数量限定新フレーバー 「エナジースパークミント」をレビューしていきますね。 エナジースパークミントの外箱は、ご覧の通りです。 エナドリと聞くと青や黄色を連想してしまう習性があるせいか、パッと見エナジー味には見えませんね…。 ちなみに、箱を開けると今までのフレーバーではなかった派手なイラストが描かれています。 パリピ的な感じですかね…? 以下、実際に吸った感想です。 エナジースパークミントを実際に吸った感想 「メビウス・エナジー・スパーク・ミント・プルーム・テック・プラス専用」は、炭酸飲料をイメージした、ハジけるうまさの爽快感が特徴のフレーバーメンソールタイプです。 内容物:たばこカプセル5本、カートリッジ1本入り 喫味:メンソールタイプ 価格:500円 JTプレスリリースより引用 プルーテックプラスの数量限定フレーバー「エナジースパークミント」を実際に吸った感想としては、想像していたよりも甘くなく、程よいエナドリ風味とメンソール感が絶妙です。 VAPEのエナドリを期待してしまうと正直ガッカリしてしまうかもしれませんが、十分エナドリを感じます。 また、基本的にニコチン入りのエナドリたばこを吸えるのは、このプルームテックプラスのエナジースパークミントだけですので、これは売れそうな予感です。 ただし、コンビニで買えないのと数量限定というのが非常に残念ですね…汗 私は絶対にリピします!!! エナジースパークミントの購入方法 プルームテックプラスの数量限定フレーバー「エナジースパークミント」の購入方法は、以下になります。 CLUB JTオンラインショップ• 全国のPloomショップ• 一部たばこ販売店 エナジースパークミントに関しては、全国のコンビニ等では販売されません。 公式ショップでしか購入できませんので、ご希望の方はオンラインショップでの購入がおすすめです。 まとめ いかがでしたか?今回新たに発売される数量限定の新フレーバー「エナジースパークミント」は、加熱式たばこ唯一のエナドリ風味となっていますので、ユーザーから歓喜の声も上がっている事でしょう。

次の