真っ暗で何も見えない猫はどこでしょう。 Brain Testを攻略!全てのレベルの答え一覧まとめ!

夜の墓は猫の活動場?

真っ暗で何も見えない猫はどこでしょう

Q 飼い主さんが寝る時猫ちゃんたちはどこにいますか? 2匹の子猫を飼っています。 常に走り回ったりして大運動会がさかんなため、集合住宅に住んでる自分としてはいつもその音にやきもきしています(汗) 一応防音対策としてどの部屋も厚手のラグやジョイントマットを敷きつめ、さらに毛布を敷いたりしてるんですが、1度下の人から管理を通して苦情が来たためかなりピリピリしています(泣) わたしが寝る時ももちろん子猫たちは寝ないため、やむをえずトイレやえさ、マットや毛布などを脱衣所に入れてそこで一晩過ごさせています。 それでもバタバタと追いかけっこしたりするのでその都度なだめに行く始末です(笑) みなさんちの猫ちゃんたちはどうなのか知りたくなりました。 完全室内飼いです。 3匹皆、私が布団に入ってきます。 まぁケージに入れてても姉妹猫は二匹で一緒のケージだったから、ケージの中でもド... Q 長文ですが聞いていただけると有難いです。 5日ほど前、家族が交通量の多い道路で2ヶ月くらいの子猫を拾ってきました。 家に迎える前に病院では、ノミは多分いない、痩せすぎなので薬は与えられない、検査も無く一週間後にまた来てくださいと言われたそうです。 シャンプーの時にノミを1匹発見しました。 この時点で私がセカンドオピニオンで別の病院にも見てもらえば良かったのだと思います。 痩せぽっちでしたが初日は元気に缶詰めを食べ、トイレもすぐ覚えてくれ 私の足の甲でうたた寝したり、後をちょこちょこっとついてきてくれました。 そんな可愛いくて良い子だったのに、私はやたらノミを恐れ 足にすりよってきてもちょっと足を引いてしまったりしていました。 先住猫が二匹おり、1週間後の再診まで隔離するため新猫をケージに入れリビングに置きました。 ケージにトイレも設置せずに。 尿や便の切れが悪かったのか、トイレ後にぽたぽた落ちたりすることがあり その度に床が汚れること、 ノミの発生を恐れ、また空腹やトイレを鳴いて知らせてくれることに甘えて、ほとんどケージに閉じ込めていました。 時々リビングを歩かせてあげる程度で、私の部屋に入ろうとしても ダメよ~と言って入れてあげませんでした。 先住猫がほとんどそこで過ごしていたというのもありました その時、新トイレを購入したので古トイレを洗い、先住と新トイレ一個で済ませようとしました。 トイレの配置も変えてしまい、リビングに設置してしまいました。 ノミや汚れは嫌なのにもし病気をもっていればうつる可能性大のトイレを共有させるなんて 自分がただ洗ってたばかりの古トイレを引っ張り出して汚すのが嫌だっただけなんです。 当然ですが先住猫はリビングに出たがらず、吐いたり私のベッドに初めて粗相をするようになりました。 私が家族に八つ当たりし、拾ってきた家族が「道端にまた置いてくるよ!!」と言ってはいけないことを言わせてしまったり (新猫にも聞こえていたはずです。 賢い子だったので感じ取ったと思います、 その後、私が新猫に「怖かったね、ごめんね」となでながら謝りに行きましたが 先住の粗相を発見した時、ちょうど新猫が部屋に入ってきそうになり 家族に「新猫をお願い!早く早く!」と言ってしまったりと、新猫に恐い思いやストレスを与えていました。 そしてケージをある部屋に移したのですが、そこはベッドの上に畳があり ノミが沸くのを恐れてナフタレンをベッドの上に3個、裏に2個置きました。 馬鹿でした。 ドアの入り口にケージを設置し、窓とドアは常に開放していましたが 窓の後ろに外に接する窓があり、風がドアに向かって流れていたのだと思います。 下に置いてあったケージに揮発したナフタレンが、降りかかっていたのだと思います。 同じく時々リビングリビングなどを散歩させていましたが一昨日とその前日、その配置でした。 昨日の昼ごろ、猫の食欲や元気があまり無く体が熱いなと感じましたが 家族に聞いてみると熱さはそんなに感じないということで、大丈夫かなと思ってしまいました。 その日の夕方、お腹の上によじ登ってうたた寝してくれたりしていました。 この時に病院に連れて行くべきでした。 昨日の夜はケージから出してトイレなどに行けるようにしましたが、掃除しやすいバストイレに隔離しました… トイレのドアを閉めるのはだめだと思い、ダンボールで柵をしましたが 本当はとても具合が悪くて体が重かっただろうに、ダンボールを乗り越えようとしていました。 」とちょっとなでて、えさと水を置くだけでした。 換気扇をつけた方が良いと思い付けましたが、換気扇の音も怖かったかもしれない、 バストイレで寝るなんて嫌に決まっていたと思います。 自分が疲れたからと言って新猫をこのような最低な扱いをしていることに麻痺してしまっていました。 今日の朝、新猫が吐いていました。 そして歩くのも疲れたように急激に弱り、立てず横になって、かなり消耗しているのが分かり 私はパニックになり、とにかく水分をと思い水で濡らしたティッシュで鼻を濡らしたり おしりに少しおしあてたりすると少し嫌がり 数分後に苦しそうに鳴きながら下痢、血尿、嘔吐によるよだれ 私の行動により体温が急激に下がってしまったのだと思います。 そんな苦しい中、私は何の処置もできず 家族の車が到着するのをただ待って 名前を呼んだり、もうすぐよ、もうすぐよと声をかけたり ただ流れる下痢などを取り除く、拭く、ティッシュを濡らし鼻、口の脇に水を与える しか出来ませんでした。 これも全て間違っていたと思います。 その時の私を見て助けを求めてるような苦しい表情 、または私を恨んでいた表情だったのだと思います。 私の行動がさらに死期を早めてしまったのだと思います。 病院へ行く途中に息を引き取りました、容態が急変しあっというまのことでした。 来た初日は元気であり、私がナフタレンの毒性を 考えずに窓とドアを開けているから 大丈夫かなと安易な考えでケージを置き 、ほとんどそこで過ごさせてしまったからだとしか 考えられません。 先程ナフタレンの中毒症状を調べていたら 毒性が強く、嘔吐、下痢、血尿、腎不全などを引き起こすとありました。 ナフタレンの空気中毒だったのではないかと。 何でもっと早く調べなかったのだと。 ただただ先住と新猫の迎え方を調べ 先住を優先して可愛がるのが秘訣などを湾曲して実践してしまい 自分の仕事を出来るだけ増やさないようにするかだけを考え 大声で口論、配置の移動などストレスばかり与え その上ナフタレンによってこうなってしまったのではないかと。 なぜナフタレンを置いてしまったのか、本当に有用なのか分かりもしないのに ノミなんか気にせず、新猫のことをもっと考えるべきだったのに もっと大事に世話してあげれば、もっと抱いてあげれば、もっと可愛がってあげれば もっと自由にしてあげれば、掃除、ノミのことより新猫が当たり前、 自分のエゴばかりを通していたことに遅すぎてから気づきました。 時々トイレに間に合わずケージの中でウンチをしてしまった時、 ごめんなさいという表情をして くーんと鳴いていました。 もちろん「大丈夫大丈夫、間に合わせてあげれなくてごめんね」と言って叱ったことはありませんでしたが 立ち上がれなくなる最後までトイレで排泄しようとしていました。 病院に連れて行く時、エレベーターではほとんどお腹の動きが無くなっており 走って降りて、日陰に新猫のかごを置き「もうすぐよ、もうすぐよ」と言って 家族の車が着いてないか立ち上がりほんの数秒辺りを見渡し、もう一度目をやると息を引き取っていました。 もしかしたら新猫は私が放棄した、捨てたと思ったのかもしれません。 その直後に車が着いて大声で泣き喚きながら乗り込み 家族も分かっていたと思いますが、私も分かっていたと思いますが 信じられなくて、もしかしたら…と思い 「もうすぐよ、もうすぐよ」と声をかけ続け、病院まで連れて行ってもらいました。 私が家族の待ってと言う言葉より、新猫の実際の状況から自分でもっと近い病院を調べてすぐにでも行けば良かったのだと思います。 私があんなに賢く可愛くていい子だった子猫を殺してしまいました。 長文ですが聞いていただけると有難いです。 5日ほど前、家族が交通量の多い道路で2ヶ月くらいの子猫を拾ってきました。 家に迎える前に病院では、ノミは多分いない、痩せすぎなので薬は与えられない、検査も無く一週間後にまた来てくださいと言われたそうです。 シャンプーの時にノミを1匹発見しました。 この時点で私がセカンドオピニオンで別の病院にも見てもらえば良かったのだと思います。 痩せぽっちでしたが初日は元気に缶詰めを食べ、トイレもすぐ覚えてくれ 私の足の甲でうたた寝したり、後をちょこ... A ベストアンサー ずいぶんと厳しい意見(回答)が飛び交っていますが・・・ こんなにも後悔と自責の念で自分を深く責めて落ち込んでいる質問者さんに対して よくもまぁここまで厳しく突っぱねる回答が出来るものだな~と正直思ってしまいます。 そんなに自分を責めないで下さい。 虐待したわけでもないし、その子猫を助けようと思って 拾ってきたわけだし、ただその子猫に対しての対応がちょっぴり方向性が間違ってた(ナフタレンのことなど) だけです。 子猫には気の毒な結果になってしまったけれど、 >または私を恨んでいた表情だったのだと思います。 子猫は質問者さんを恨んでなんかいません。 対応としては失敗な方向性だったけど、それでも 交通量の多い道路で一人ぼっちでいた野良子猫を家に連れ帰ってくれて、それなりのことは やろうとしてくれていたあなたの心は(思いは)ちゃんと伝わっていると思います。 大事なのは、対応の仕方に落ち度があったことを心に留め置いて、今後またいつか同じような状況に 出くわしたときに、生かせればいいんです。 そしてまた、死んでしまった子猫に対しては、 心の中で手を合わせつつ、これからもその子のことを思い出してあげれば供養になります。 そういう念ってちゃんと通じると思いますよ。 質問者さんは、「うちに拾われて来なければ、もっといい人に拾われて今頃元気に生きていたかもしれない」とか 自分を責めたりしてるのでしょうが、でもそれは誰にもわからないことだと思いますよ。 そのまま放っておいたら本当にもっといい人に拾われたのかどうか、あるいは、交通量の多い道路に居たとのこと、 誰にも拾われずに行き交う車に・・・なんて最悪な最期を迎えてたかも知れないし(誰にも悲しまれずに)・・・ 結果は誰にもわからないことなんですよ。 未来透視ができるわけじゃないんだから。。。 だからもう自分をそんなに責めないでください。 天国へ旅立った子猫がまたいつか生まれ変わってこれるよう、前向きに祈ってあげてください。 誤った対応は胸の中、留め置きながら。。。 ずいぶんと厳しい意見(回答)が飛び交っていますが・・・ こんなにも後悔と自責の念で自分を深く責めて落ち込んでいる質問者さんに対して よくもまぁここまで厳しく突っぱねる回答が出来るものだな~と正直思ってしまいます。 そんなに自分を責めないで下さい。 虐待したわけでもないし、その子猫を助けようと思って 拾ってきたわけだし、ただその子猫に対しての対応がちょっぴり方向性が間違ってた(ナフタレンのことなど) だけです。 子猫には気の毒な結果になってしまったけれど、 >または私を恨んでいた表... A ベストアンサー 他にも同じような回答がありましたが、蛇足的にウチの経験談も。 ウチにも猫が2匹おりました。 1匹は、お母さん猫の下、半年ほど他の兄弟たちと一緒に育った子。 もう1匹は、まだ目も満足に見えない時なのに、ゴミ捨て場に捨てら れていた子です。 小さいときから兄弟たちと一緒に育ってきたほうは、あま噛みをちゃ んと心得ていて、やさしく噛みます。 歯形が残るほど噛むようなこと はありません。 兄弟同士、じゃれ合って育ってきたために、力の入れ 具合、噛み具合というものを知っていたのでしょう。 困ったのは、もう一匹のほうです。 あま噛みを知りません。 本人は甘 えて、遊びのつもりで噛んでいるのでしょうが、歯形が残るどころか、 ブスッと犬歯(キバ)が刺さるようなときもありました。 痛いどころ ではありません。 この子は生まれていきなり、お母さん、兄弟たちと離れてしまったた めに、じゃれ合ったことがないんですね。 先に言いました子が来て7 年目ぐらいに拾ってきたものですから、その子も相手にしない。 いつ も独りぼっちで遊ばなければならなかったし、遊び相手も人間しかい ない。 本来、兄弟同士がじゃれ合うなかで知っていくものを、ひとつ も知らないわけです。 あま噛みを知らなくてもムリはありません。 しかし、あまりにひどいものだから、大人になりかけ寸前のとき、生 後1年を過ぎたかその直前ぐらいの頃に、究極の手を打ちました。 その子が甘えて「いきなり思いっ切り噛み」をしてきたとき、前足を ひっつかみ、「おまえが噛むのはこのくらいに痛いんだぞ!」と、悲 鳴をあげるぐらいに噛んでやったのです。 人間が猫を噛む。 ヘンな光景ですが、これ、相当効きますよ。 以来、 甘えてるくせに、いきなり思いっ切り噛みはなくなりました。 もち ろん、じゃれて噛みつくことはありますが、徐々に力を入れて噛むよ うになりました。 しかも、私が痛いと感じる寸前で力を抜くようにま でなって。 荒療治かもしれませんが、これも本人のため。 ウチの猫は外に遊びに いきますから、当然、他の猫たちと社会的なお付き合いをしなければ なりません。 あま噛みのひとつもできないようでは、健全なる猫関係 (人間関係)を構築できませんからね。 生後2ヶ月(今は3ヶ月かな)といえば、普通なら一緒に生まれた兄 弟たちと盛んにじゃれ合っている頃ですよね。 叩いたところで、遊ん でくれていると思うだけ。 今なら効果絶大のはずです。 ぜひ、dadada さんのニャンコが「痛い!」と鳴くまで、噛んであげてください。 大人になっていくに連れ、遊びで噛んでくる回数は減りますが、なく なることはありません。 大人になってから思いっ切り噛みをされたの では、たまったものではありませんからね。 他にも同じような回答がありましたが、蛇足的にウチの経験談も。 ウチにも猫が2匹おりました。 1匹は、お母さん猫の下、半年ほど他の兄弟たちと一緒に育った子。 もう1匹は、まだ目も満足に見えない時なのに、ゴミ捨て場に捨てら れていた子です。 小さいときから兄弟たちと一緒に育ってきたほうは、あま噛みをちゃ んと心得ていて、やさしく噛みます。 歯形が残るほど噛むようなこと はありません。 兄弟同士、じゃれ合って育ってきたために、力の入れ 具合、噛み具合というものを知っていたのでし... Q もうすぐ3ヶ月になる仔猫(オス)・雑種です。 日曜日に2回目の5種のワクチンを打ちました。 帰って来た当日はとても大人しくなりました。 前回の時も同じように大人しかったので心配していませんでした。 月曜日の午前中には飛び跳ねて遊んでいましたが、 午後から大人しく、ずっと寝ているようになりました。 食事も朝だけしか食べず、水も飲まず ひたすら眠るだけでした。 心配なので動物病院に行ったところ、 「ワクチンを打って、たまにこういう症状が出る子もいます」 と言われました。 血液検査などをして問題がないので点滴を打って帰ってきました。 病院では 「しばらく大人しい状態が続くと思います。 」 「様子がおかしくなったらいつでもいいので連れてきてください」 と言われました。 「しばらくっていつくらいまで?」 と聞くと 「その子によって違います」 様子がおかしいって今でも様子がおかしいのに… 「明らかにおかしいという状態です」 と言われました。 「心配でしょうが、大丈夫ですよ」 と先生はおっしゃいますが、 何度も息をしているか見てしまいます。 今でもずーーーーっと寝たままです。 もし、同じような経験をされた方がいたら、 少しでも何か教えていただけると嬉しいです。 ・ぐったりとした症状はいつまで続くのでしょう? ・どのような状態になったら、病院に連れていけばいいのでしょう? よろしくお願いします もうすぐ3ヶ月になる仔猫(オス)・雑種です。 日曜日に2回目の5種のワクチンを打ちました。 帰って来た当日はとても大人しくなりました。 前回の時も同じように大人しかったので心配していませんでした。 月曜日の午前中には飛び跳ねて遊んでいましたが、 午後から大人しく、ずっと寝ているようになりました。 食事も朝だけしか食べず、水も飲まず ひたすら眠るだけでした。 A ベストアンサー 獣医師です。 この度は大変でしたね。 ワクチン後急激に体調の悪化するアナフィラキシーショックというものがあります。 またそれとは別にワクチン後は大なり小なり発熱することが多いです。 病院で体温は測ってもらったでしょうか? 当院の場合だと午前中にワクチンをうって当日の晩にいつもより食欲がなければ経過観察。 もし翌日になっても食欲がなければ来院してもらうように言っています。 実際にウチの飼い猫もワクチン後体調を崩しました。 それ以後は毎年ワクチン前にステロイドを注射してからワクチンを接種しています。 獣医師によってステロイドではなく抗ヒスタミン剤などを用いる場合もあります 年一回のステロイドのリスクとワクチンを接種しないリスクを天秤にかけて 後者のほうがリスクが大きいと判断したからです。 猫さんはもう回復したでしょうか? まだであれば是非もう一度病院へ行きどうなったら来院するべきなのか、また今後の治療方針、 来年のワクチンの方法などとことん質問すべきだと思います。 それらにきちっと答えてくれなかったり納得がいかないようであれば セカンドオピニオンを求めても良いかもしれません。 獣医師です。 この度は大変でしたね。 ワクチン後急激に体調の悪化するアナフィラキシーショックというものがあります。 またそれとは別にワクチン後は大なり小なり発熱することが多いです。 病院で体温は測ってもらったでしょうか? 当院の場合だと午前中にワクチンをうって当日の晩にいつもより食欲がなければ経過観察。 もし翌日になっても食欲がなければ来院してもらうように言っています。 実際にウチの飼い猫もワクチン後体調を崩しました。 Q 友人に子猫の里親になってくれないかと言われ、迷っています。 飼い方もよく分からないので不安はあるのですが、飼うからにはしっかり責任を持って、可愛がって家族になってもらおうと思っています。 一つだけどうしても心配なのは、留守をさせなくてはいけない時が週1~2回ある事です。 短ければ2、3時間ですが、長い時は朝10時くらいから夜8時ごろまで、という時もあります。 不定期で1、2ヶ月に1回くらいあります。 長い時は家族全員不在になります。 猫を迎えたら極力留守は短くしようと思いますが、全くずっと留守しないわけにもいきませんし… ヘタしたら迎えて1ヶ月以内に長い時間留守の日があるかもしれません。 生後1、2ヶ月の子猫を8時間ほども留守番させるのは、ひどいことでしょうか? そういう時に一匹より数匹の方がいいのであれば、兄弟を2~3匹で引き取ろうかとも思ってます。 大きくなってからならさほど心配もないだろうとは思うのですが、子猫のうちは長い時間留守にしてはいけないのか、猫が不安になってパニックでも起こさないか、それが心配です。 友人にはすまないけど、もう少し大きくなるまで引き取るのを待ってもらった方がいいでしょうか。 友人に子猫の里親になってくれないかと言われ、迷っています。 飼い方もよく分からないので不安はあるのですが、飼うからにはしっかり責任を持って、可愛がって家族になってもらおうと思っています。 一つだけ... A ベストアンサー 私も1ヶ月ではまだちょっと難しいかと思います。 2ヵ月も過ぎたら難なくお留守番できると思うのですが…。 自分一人で排泄ができ、カリカリも自力で食べられるなら大丈夫だと思います。 お留守番の際には誤食には充分気をつけてくださいね。 輪ゴム・おもちゃのヒモ・電気コードなど噛んで危ないものや 遊んでて食べちゃいそうな物は全て片付けてください。 子猫は歯がウズウズするようで何でもよく噛みます。 お水は何ヶ所にもしつこいぐらい用意してあげてください。 1ヶ所だと遊んでこぼしたりして飲めなくなっちゃう場合もあります。 これからの季節は熱中症にならないよう気温も気をつけてくださいね。 ひんやりシートなど売ってますので、利用されてみてもいいかも知れませんね。 窓を開けておく場合も外に出ないように注意です。 びっくりするぐらいの隙間でもするりと抜けちゃいますし、覚えると網戸も自分で開けます。 そして帰ってきたらいっぱい遊んであげてくださいね。 私も猫は多頭飼いをおすすめしますね~。 でもその後2匹になったらそれはもう可愛がって仲良く遊んで問題行動はなくなりました。 兄弟猫ちゃんなら特に何の心配もなくお留守番できると思いますよ。 私も1ヶ月ではまだちょっと難しいかと思います。 2ヵ月も過ぎたら難なくお留守番できると思うのですが…。 自分一人で排泄ができ、カリカリも自力で食べられるなら大丈夫だと思います。 お留守番の際には誤食には充分気をつけてくださいね。 輪ゴム・おもちゃのヒモ・電気コードなど噛んで危ないものや 遊んでて食べちゃいそうな物は全て片付けてください。 子猫は歯がウズウズするようで何でもよく噛みます。 お水は何ヶ所にもしつこいぐらい用意してあげてください。 1ヶ所だと遊んでこぼしたりし... Q 猫を飼った事がある先輩方に質問なんですが 一昨日ブリーダーさんの所から生後3ヶ月のロシアンブルーを引き取りました。 部屋についてすぐ押入れの中に入ってしまいほとんど出てこない状況です。 24時間すぎても御飯もトイレも行かないので心配していたんですが私が寝ている間に 食事とトイレを済ませたようです。 とりあえず一安心はしたんですが何日くらいで出てくるものなのでしょうか? 昨夜までは夜鳴きをしていたのですが本日は昼間でも隠れながらミーミーたまに鳴いています。 実家で猫は飼っているもののそちらは野良で最初から懐いていて初日からソファの上で 仰向けになってました。 不明瞭な点が多々あるかと思いますがなにぶん初めての事でちゃんと慣れるのか心配で・・・ご容赦ください。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー こんばんは。 猫さんは、神経質ですので 新しい環境に慣れるまでは 物の陰に隠れたり、様子伺いをします。 なので、特別、困った行動をしている訳ではないので まずは、ご安心ください。 隠れる場所があるだけで 猫さんにとっては安心できるとも言えます。 なので、しばらくは押入れを開放しておいてあげて下さい。 どれくらいで慣れるかは その猫さんの性格などにも因りますので 明確な時期はお答えしかねますが 人が居ない隙を狙って、ご飯やトイレを済ませるのなら 心配ご無用です。 場所と人に慣れたら、自然に生活に馴染んでいきます。 夜啼きは色んな意味合いがあるので、状況に因ります。 それと同じく、昼間に啼くのも寂しいとか不安だとか 色んな意味合いがあるので、しばらく様子見して下さい。 (恐らく、慣れたブリーダーさん宅からの移動や 母猫から離されたことで不安になっているためだと思われます。 母猫を探しているのかもしれません…。 ) 慣れてきて、人の傍に居られるようになれば 落ち着いてくる場合がほとんどです。 参考までに… 我が家の先代の猫さんは元野良で 我が家で保護した時(生後推定2~3ヶ月齢)は人慣れしておらず 2ヶ月ほどは、コタツの中で暮らしてました。 焦らず様子見してあげて下さい。 猫さんは、神経質ですので 新しい環境に慣れるまでは 物の陰に隠れたり、様子伺いをします。 なので、特別、困った行動をしている訳ではないので まずは、ご安心ください。 隠れる場所があるだけで 猫さんにとっては安心できるとも言えます。 なので、しばらくは押入れを開放しておいてあげて下さい。 どれくらいで慣れるかは その猫さんの性格などにも因りますので 明確な時期はお答えしかねますが 人が居ない隙を狙って、ご飯やトイレを済ませるのなら 心配ご無用です。 場所と人に慣れたら... Q 成猫2匹を飼い始めて、1ヶ月弱、経ちました。 すでに何度か、夜中の4時や5時に運動会をやられました。 家は、ペット可、木造の2階部分です。 夜静かな環境のため、下や隣に結構響いていると思われます。 すぐに、防音対策でマットをいくつか敷きました。 夕方ー夜にかけては、遊んであげています。 それでも深夜、ガラス戸におもいっきりぶつかる音(なんというか、借金取りとかヤクザがドンドンやる位、遠慮がないので、私もびっくりして目がさめるし、近隣にも聞こえてるはずです。 ) 高いところから飛び降りるドスンという音、(結構体重があります。 8キロくらい) カーテンとレースを、ガシャガシャ何度も左右に動かし、のぼり、降りる音。 2匹でケンカのように格闘するので、高いところに逃げて、狙ってを、数十秒のうちに、色々な複数の轟音を立てながら、いくつもやります。 (普段は2匹、とても仲がいいです) 私も生活があり、朝早いこともたまにあります。 1度目の時は、ケージに入れたら、おとなしくなってくれました。 猫は夜行性、暗くなったら元気になる、ということは、 夜中も明るければ、運動会のような異常なテンションにはならないかもしれないと思い、 5、6日間、電気をつけたまま寝てみました。 そうすると、運動会はおきません。 でも少し、かわいそうな気もするので、昨日は久しぶりに電気を消して寝たところ、 案の定、運動会をされてしまい、そのまま電気をつけておいたら静かにしてくれました。 そこで、質問です。 ・長期間(数ヶ月単位)、夜間に照明をつけておくことで、猫に健康被害は出るか。 ・この対策は有効か、気のせいか。 (他に同じような事例がなかったので) ・防音対策で、ガラス戸にぶつかる音を、なんとかできないか。 大人になれば、あと数年すれば落ち着くから、というような意見はご遠慮願います。 ペット可といえ、ここまでの騒音が続けば、住んでいられなくなりますし、 その前に、私の生活と仕事が、異常をきたします。 毎日夜はケージに入れるというのも、ケージが気に入らないと、やはり鳴き続けるので、 それならば電気をつけておくほうがマシな気がします。 それでは、よろしくお願いいたします。 成猫2匹を飼い始めて、1ヶ月弱、経ちました。 すでに何度か、夜中の4時や5時に運動会をやられました。 家は、ペット可、木造の2階部分です。 夜静かな環境のため、下や隣に結構響いていると思われます。 すぐに、防音対策でマットをいくつか敷きました。 夕方ー夜にかけては、遊んであげています。 それでも深夜、ガラス戸におもいっきりぶつかる音(なんというか、借金取りとかヤクザがドンドンやる位、遠慮がないので、私もびっくりして目がさめるし、近隣にも聞こえてるはずです。 ) 高いところから飛び... おそらく皆無でしょう。 日照に生理的反応を示す植物やハチ・蝶などの昆虫(無脊椎動物)では影響は大きい でしょうが、哺乳類全般、明るさが行動を支配していても、生理的には影響がないとさ れます。 恐竜たちのいた白亜紀までは、哺乳類は完全な「夜行性」であったと考えられています。 これは以下の理由からです。 ・爬虫類・恐竜は夜間ほとんど活動しない ・嗅覚が発達している ・夜視に対応した色盲であり、赤色が見えない(夜は3色識別はむしろ不利) ・体温の恒常に優れる。 その後の新生代(6500万年前)となっても、多くはその特徴を残しており、例外は ・草原に進出した中~大型草食獣 ・樹上に進出した霊長目(サルの仲間) *だから例外的に3色識別が必要 くらいですね。 獲物を求めてその後に草原性となったイヌ科は「昼行性」に適応していますが、ネコ科 をはじめ、多くは今も夜行性です。 ただしこれは、狩りを行う時間に元気になる習性であって、常に獲物が手に入る環境で は、いずれも昼・夜に関与しない行動を取るようになります。 (動物行動学。 生態学で実証済み) ネコにとっては、明るくても暗くても、ほぼ同じようにモノが見えますので、どちらも 大差はありませんしね。 ネコとって大切なのは「安心して眠れる一定の時間」ですので、夜間に室内を明るくし たからといって、眠くなるというわけではありませんし、それで体調を崩すということ もないでしょう。 (昼行性の動物は、夜間が明るいと睡眠がとれないけど。。。 ) >この対策は有効か、気のせいか。 暗くなる=飼い主さんが邪魔をしなくなる、というふうに学習していますので、一時的 には有効かもしれませんが、じきに効き目がなくなります。 残念ながら。。。 『積み木』をお薦めします。 ネコが近づいてもらっては困る場所に、先端の尖った物を並べ両面テープで固定すると、 そこを避けるようになりますので、お試しください。 (水入りペットボトルは役立たず) >その前に、私の生活と仕事が、異常をきたします。 最近は、猫ボラやペットショップでも、平気で多頭飼いをすすめるトンデモさんが多い ようですが、子ネコのときは「お祭り」が倍加し、大きくなると相互感染症が多発しま すので、よほどの飼育環境でないと、大変なことになります。 本来が単独性なので、今後は「本気の入ったお祭り」に発展することも予想されます。 (だから、完全室内飼いでも去勢しなければいけない。。。。 ) ペットへの愛情も大切ですが、経済的損失、ご自身の健康、近隣への配慮を優先的に対 策なされてくださいね。。。 おそらく皆無でしょう。 日照に生理的反応を示す植物やハチ・蝶などの昆虫(無脊椎動物)では影響は大きい でしょうが、哺乳類全般、明るさが行動を支配していても、生理的には影響がないとさ れます。 恐竜たちのいた白亜紀までは、哺乳類は完全な「夜行性」であったと考えられています。 これは以下の理由からです。 ・爬虫類・恐竜は夜間ほとんど活動しない ・嗅覚が発達している ・夜視に対応した色盲であり、赤色が見えない... 家に来てから3ヶ月。 撫でようとすると腕にまとわりつき、噛みつきながら、ネコキックします…痛いです…手がボロボロです…。 リスカ状態、と同僚に言われてます…。 家に来たばかりの頃から、よく私の手で遊びました。 その頃は小さかったので、たいしたことなかったのですが、今は、突然やられるとあまりの痛さに反射的に叩いたり、振り払ってしまいます… でも、ほんとうに遊びや甘えならいいのですが、敵意とか、相性悪いのかな…なんて、ちょっと哀しいこの頃です…または、反抗期?でしょうか?ネコの噛み癖ってありますか?なおりませんか? 噛んでキックして、いた~~い!と私に叩かれて、その後、意味不明にぐるぐる喉を鳴らして喜んでいる?時もあります。 しゅんとしている時もあります。 おそるおそる向かって来る時もあります。 威嚇はしません。 いったい何なんでしょうか…。 この行動は私にだけです。 他の者にはやりません。 心当たりや経験がありましたら教えてください。 A ベストアンサー 4ヶ月ならまだまだ大丈夫だと思いますよ。 (^^;; うちは今1才1ヶ月と2ヶ月がいますが、2ヶ月の方はなでようとすると、指に向かって噛み付いてきます。 噛み付きながら猫キックもやりますね。 遊んでいるのです。 敵意があれば、威嚇でしゃ~ふ~しますし、もっとぐわぶっ!!と噛み付いてきますよ。 それこそ牙穴あくくらい。 その行動は、子猫同士がお互いにやるものです。 他の方もおっしゃってるように、それをやることで噛む力加減を覚えていきます。 上の子も、歯が完全に変え変わるまでは私の手とか、コードのようなものとか、よく噛んでましたね。 4ヶ月だと歯が生え変わる時期に差し掛かってきてもいますし、それもあると思います。 噛み応えのあるおもちゃはありますか? ちょっと固めのおもちゃを与えると良いそうです。 ただ、このタイプの噛み癖は、大きくなればなくなっていくと思いますよ? これを遊びとして定着させてしまうと、残ってしまいますので、注意が必要ですが。 うちは、手を差し出して噛み付いてきたら、すかさず棒付きのおもちゃ(先にウサギの毛のぽんぽんがついているようなもの)をもって、それを噛み付かせるようにしたりしました。 噛んでいいものは人の手とは感触が違のだということを覚えさせます。 後は、根気よく噛み付かれたら「いた~~~~いっ!! 」と怒鳴る。 目を見てしっかり怒りましょう。 猫はこちらの感情をきちんと理解してくれます。 だから、本当にしてはいけないことは、こちらも本気で怒らなくてはダメです。 それでもダメなら、軽く顔全体を噛みます。 といっても本当に噛むわけではなくて、「あがぁ!!」と目の前で大口を開けるんです。 結構びっくりされますが、効果はありました。 ただ、猫によってはすねてしまう子がいるので、性格によっては向かないかもしれません。 他の者にはやりません。 それは、あなたのことを一番近い人間、もしくは親だと思っているのですよ。 そのため、野生ではある程度の年齢になれば親離れをして完全な成猫となるのが、室内飼いされている猫は、いつまでも親である人間がそばにいるため、子猫の部分をず~っともっていくのです。 それが猫のかわいい部分でもあるんですよね。 私も上の子の時は、本気で噛み癖に悩みましたが、1才になって落ち着きましたよ~。 そして下の子が来てお兄ちゃんになったとたんに、ぱったりおさまりました。 というか、それを狙って下の子をもらったってのもあるのですが。 (^^;; 一匹飼いの子には、噛み癖が残りやすいそうです。 それはそれで寂しいもんです。 勝手ですけどね。 (^^;; 噛み癖は誰もが悩むことだと思います。 anna1111さんが嫌われているわけでも、しつけの仕方がまずいわけでも、猫ちゃんが悪いわけでもありません。 あまり深く悩まないでくださいね。 自分がめちゃめちゃ悩んだので、お気持ちはよ~っくわかりますが、逆効果ですので~。 (^^;; ママ(もしくはパパかな?)として信頼してもらってるんだと自信をもって、気長にしつけていきましょう!! がんばってください!! 4ヶ月ならまだまだ大丈夫だと思いますよ。 (^^;; うちは今1才1ヶ月と2ヶ月がいますが、2ヶ月の方はなでようとすると、指に向かって噛み付いてきます。 噛み付きながら猫キックもやりますね。 遊んでいるのです。 敵意があれば、威嚇でしゃ~ふ~しますし、もっとぐわぶっ!!と噛み付いてきますよ。 それこそ牙穴あくくらい。 その行動は、子猫同士がお互いにやるものです。 他の方もおっしゃってるように、それをやることで噛む力加減を覚えていきます。 上の子も、歯が完全に変え変わるまでは私の... A ベストアンサー ゲージおすすめします。 普通に買うと高いので、私はネットオークションで4千円位で新品同様を購入しました。 ゲージ入れ癖をつけておくと自宅で工事とか来客時他病院や旅行の時預かる先の方が助かるので色々スムーズに運びます。 また災害他で万一逃亡した時もゲージに入る癖がついてる動物は保護しやすいと聞いた事もあります。 部屋数が多い室内飼いならその間一室に閉じ込めてもいいですが、後で猫にストレスが溜まり言うこと聞かなくなったりする事があります。 ゲージは上下2箇所にスペースがあると思いますのでご飯は上の段、トイレは下の片側奥、水は入り口付近他片側手前に分けておくと猫も快適だし汚物と食事が混ざらず掃除もしやすいです。 初めは入り口を開けたままご飯は中においてオモチャを上から吊るし、上段のもう片側に子猫が入って眠れる位の浅い箱とか入れて快適にしてあげておくと自然にそこが快適になり、自ら入って寝たり遊んだりするようになり、安心で落ち着く場所と認識するようになります。 普段は入口開けたままで少しずつ慣らしておくといいです。 子猫は好奇心旺盛ですが攻撃力や自衛力もまだ弱いので、初めが関心です。 大人になると犬と違ってしつけ不能でワガママで本能的になりますので異種共存と互いの幸せの為にしつけはすごく大事かと思います。 余計な事まですみません。 思い当たる事があり、ついお伝えした次第です。 どうぞ参考までされて下さい。 ゲージおすすめします。 普通に買うと高いので、私はネットオークションで4千円位で新品同様を購入しました。 ゲージ入れ癖をつけておくと自宅で工事とか来客時他病院や旅行の時預かる先の方が助かるので色々スムーズに運びます。 また災害他で万一逃亡した時もゲージに入る癖がついてる動物は保護しやすいと聞いた事もあります。 部屋数が多い室内飼いならその間一室に閉じ込めてもいいですが、後で猫にストレスが溜まり言うこと聞かなくなったりする事があります。 ゲージは上下2箇所にスペー... A ベストアンサー うちも日中はお留守番ですが、電気は消していきます。 小さい子ならまだ寝てることが多いと思いますよ、昼間は。 うちの猫たちも昼はよく寝てるようです。 そのかわり夜とても暴れます。 気をつけたほうがいいのは電気製品です。 コードとか噛みますし、スイッチとか押すものがあると 押してしまうこともあります。 パソコンもよく つけておいてくれますし、夏はエアコンのリモコン、 扇風機などつけておいてくれました。 これは飼い主が元栓を全部抜けばいいことだったのですが 朝忙しくて、忘れたりするとよくそうなっていました。 あと、お風呂の水は抜いておいたほうがいいです。 結構、落ちます。 お風呂たくときもふたのうえとか 好きですから、落ちて火傷なんてこともあります。 ガスの元栓なども勿論閉めていってください。 ねこちゃん、いい子で留守番できるといいですね。 うちは4匹でお留守番しています。

次の

Brain Testを攻略!全てのレベルの答え一覧まとめ!

真っ暗で何も見えない猫はどこでしょう

TAG• 人間社会の身近に生息するカラス。 どこかユーモラスな変な鳥です。 いま「黄色いゴミ袋」がカラス対策として 注目されていますが、なぜ効果があるのでしょうか? カラスの生態と視力の秘密に迫ります。 「夢見るカラス」写真撮影:杉田昭栄氏 実は杉田教授は、「カラス写真写真家」。 いつの日か「カラス写真集」を出版するのが夢。 鳥は、滑り台を滑って地上におりました。 次の瞬間、また鳥は滑り台の上に飛び上がって、滑り台を滑り降りて行きます」また「屋根から落ちたと思ったら、地面スレスレのところで急上昇をする鳥がいます。 一度だけなら飛びそこなったと考えられますが、それを何度も繰り返します」さらに「電線にとまっている鳥が鉄棒のように、クルッと大車輪をしてみせる」その鳥の名は、カラス、遊んでいるのです。 動物にとって生き延びることと種の保存(繁殖行為)こそが一番の目的で、動物の全ての行動は、この2点から説明することが可能です。 ところがカラスをよく観察してみると、それとは全く関係のない行動を取ることがあるそうです。 これらは生存や種の保存とは何の関係もない行為で、あえて言えば「遊んでいる」としか説明できません。 ちなみにカラス以外で「遊ぶ」動物は、実は人間だけなのです。 「カラス博士」として知られる杉田昭栄教授の元には、カラス対策グッズを開発する企業や各自治体から相談事が多数寄せられるという。 環境への適応力も非常に高く、集団で行動するなど一定の社会性さえ持っています」 こう語るのは宇都宮大学農学部生物生産科学科の杉田昭栄教授。 「カラス博士」の異名を持ちカラスに関する著書も多い杉田教授ですが、実は鳥類学が専門ではなく「専門は神経解剖学で、脳機能の研究などがメイン」なのだそうです。 しかし本職の鳥類学者とは異なった解剖学者ならではのアプローチが、カラス研究に新しい風を呼び込んでいます。 「カラスを解剖して脳を調べてみると、人間と同じように大脳が非常に発達していることが分かります。 また神経細胞の密度も、他の鳥に比べて非常に高い」 どうやらカラスが高度な情報処理・学習能力を持っていて、頭がいいのは間違いなさそうです。 また消化器官を調べてみると、通常の鳥にあるような胃壁が厚い筋胃(砂肝)ではなく、壁が極端に薄くて柔らかい袋のような胃を持つとのこと。 カラスが雑食として進化してきたことが分かります。 「雑食で天敵がいないカラスは、自然界の食物連鎖からは外れた存在のように思います」と語る杉田教授。 他の動物より頭が良くて、何でも食べ、これといった天敵がいないので、どんどん増えていく……まるで人間みたいですね。 もしかしてカラスと人間は、似た者同士なのではないでしょうか。 逆に近年はトラブルになっているケースが増えています。 半透明のゴミ袋の普及とともに、生ゴミをあさるカラスの害も全国で増えてきました。 くちばしでゴミ袋を切り裂いて、残飯の中から好物の肉類を器用に取りだすカラスたち。 ちなみに野菜好きではないようです。 都市部ではもっぱら人間のゴミを頼りにしているようで、豊富なエサがあればカラスの数も当然増えていきます。 数百、時には千の単位で群れをなすカラスは、それだけで怖く感じられますし、大量の糞による被害も悩みのタネ。 これを何とかしたいと、杉田教授が開発に協力して誕生したのがカラスには見えない「黄色いゴミ袋」です。 カラスが見ることができない「黄色」 何か特殊な黄色らしい。 企業秘密!? 東京都杉並区で使用されている黄色いゴミ袋。 カラスには中身が分からない。 「そこにエサがあると分かるから、カラスはゴミ袋をあさります。 ならばエサが見えなくなれば、習性としてカラスは他の場所に探しに行ってしまうはずです」 この黄色いゴミ袋、黄色なら何でもOKというわけではなく、特定の黄色でないとカラスの目をだませません。 「実はカラスというのは人間よりも優れた視力を持っています。 人間は光の3原色(赤、青、緑)を組み合わせてものを見ていますが、カラスの眼は4つの色を組み合わせています。 この黄色いゴミ袋を使うと、4つのうちのひとつの色を遮る効果があり、結果的にカラスの視力がガタガタになり、袋の中を見通すことができなくなるのです」 この「黄色いゴミ袋」は、人間よりも精度が高いカラスの視力を逆手に取ったアイデアと言えそうです。 既に東京都杉並区、大分県臼杵市でもカラス対策に効果のある推奨品として利用が始まっています。 「エサが見つからなければ、確実にカラスの数は減っていきます。 数が減れば、各地で問題となっているカラス害も自然と解決されていくのではないでしょうか」 海外では「死のイメージ」と結び付けられることが多いのですが、日本ではどこかユーモラスな存在です。 古事記に登場する神話の鳥「ヤタガラス」(サッカー協会のシンボルマークにもなって有名)や、童謡「七つの子」のように親しまれてきたカラス。 できれば敵対するのではなく、ほどほどの距離を置いて、付き合っていきたいものです。

次の

遺棄された若猫が産んだいつつご 2020初夏

真っ暗で何も見えない猫はどこでしょう

月が美しく感じられる秋。 この季節、つい夜空を見上げてしまう人もいるでしょう。 じつは、 猫と月には密接な関係があるって、知っていますか? 暦文化研究家の景山えりかさんに教えていただきました! 猫は月の動物だった! そのワケとは? 古代の人は、姿や営みに「月」と似ているところのある動物を、「月の象徴」と考えていたそう。 たとえば、牡牛も月の動物の象徴とされていますが、これは角が三日月のような形をしているところに所以があります。 猫の瞳孔の変化に、古代人は「月」を感じていた じつは、 猫も月の動物とされていました。 その理由は、 猫の瞳孔(黒目)が月の満ち欠けように変化するため。 とくに、黒猫は新月の暗闇を思わせることから、猫の中でもより「月の象徴」と考えられていたそうです。 エジプト神話に登場する猫の顔をした女神「バステト」も、月の影響を受けている神様 (撮影/Guillaume Blanchard) エジプト神話には、猫の顔をした女神「バステト」が登場します。 バステトは、 「生殖・出産をつかさどる神様」といわれています。 地球上のあらゆる動物の生殖・出産は、「月」の引力に強く影響を受けているとされることからも、猫と月の密接なつながりが定説となっているようです。 月の満ち欠けの行動は、猫にも変化を与えていた! 地球上のあらゆる生物は、太陽や月など宇宙のメカニズムと関係しているといわれています。 中でも、 月の満ち欠けは、地球上の動植物に何らかの影響を与えていると考えられています。 それは、 野生の猫が暗くなってから狩りに出かけていた名残の可能性があるのだそう。 真っ暗な新月の夜のほうが、明るい満月の夜より「狩猟モード」が高まるのでしょう。 飼い猫になり人と暮らすうちに、変化も とはいえ、満月は活発に、新月は静かになる「逆のケース」もあります。 これは、人が日中明るい時間に活動し、夜暗くなると休息するのに似ています。 飼い猫として人と暮らすうちに野生を失い、人のように明るいときに活発に活動するようになったのかもしれません。 月と猫の密接な関係。

次の