約束のネバーランド ネタバレ 166。 最新ネタバレ『約束のネバーランド』166

最新ネタバレ『約束のネバーランド』166

約束のネバーランド ネタバレ 166

皆でミネルヴァさんの残したペンにあったGF農園の見取り図を見て、作戦を練っていました。 蟻塚のように地下に向かって広がっていく造りのGF農園の図を見ながら、捕えられた仲間たちはどこにいるかを推測します。 レイは恐らく 「地下2階の第2備品庫」だと指さします。 その意見に『一目にもつかず、最小警備で閉じ込めておける』とノーマンやヴィンセントも同意します。 GF全体の警備は大体鬼の職員が常駐で30~40匹くらいだろうと推測しますが、GF農園の場合はその半数が盗難防止の警備兵なので、腕っぷしも強く、シスターなど100人以上の人間職員もいるといいます。 貴族ほどではないが鬼も手ごわく、人間や王兵2000とラートリー家が合わさるとかなり厳しい状況です。 「やっぱり連中王兵は農園の外に配置してる」 「まあ、入りきらんし固めるなら外だわな」 レイも、エマも予想通りだと思います。 「予定通り作戦決行だ。 そうして、今に至るーーーー 「来たか」 「お手並み拝見と行こうじゃないか」 ピーターラートリーもエマたちの行動は想定内の動きで、くる場所もわかっているし、誘い込んだと踏んでいます。 電源を落とされた暗闇の中、予備電源に切り替わるカウントダウンがされた時。 集められた子供たちは縄で縛られたうえ体の大きな鬼の職員に囲まれ、見張られていていて身動きが取れません。 そのすきをついて。 職員の背後に迫っていたのはジリアンとザックで。 「あ」 夜目が利くヴァイオレットがいち早く気が付きます。 「そこだー!!」 振り返って応戦しようにも、奇襲が成功した二人に職員は一手遅く。 」 二人は持っていた閃光弾のピンを引き抜き、鬼の職員に向かって投げつけます。 「こっちよ!」 視神経をやられた職員は対応が遅れ、ジリアンとザックは子供たちの奪還に成功します。 追いかけようとする職員にライフルで応戦。 皆の殿を任されたのはオリバーでしっかり足止めをする。 手早い救出劇でしたが、処刑部屋に連れていかれたナットたち10人のことをアンナはジリアンに伝えようとする。 毒薬でも出るのか、水攻めになるのか、シャワーのついた狭い部屋に閉じ込められた10人。 「大丈夫よ。 みんなすぐ終わるわ」 別室の小窓からイザベラが涼しい顔で言います。 その瞬間。 ダダダダダ! 壁をぶち抜き現れたのはエマ・ノーマン・レイの3人。 「みんな!こっちへ!!」 「エマ!! ノーマン!! 」 ナットが答えます。 そして。 エマ達は小窓から見下ろすイザベラと目があいます。 表情が読めないイザベラに、目を見開き、驚く3人。 『ママ…!!』 そして、表情を引き締めなおし挑むようににらみました。 「走れ!こっちだ!」 レイの誘導でナットたちも救出し、逃げる子供たちを追いかけようとした職員をピーターは止めます。 必要ないと。 ピーターラートリーは言います。 出口はふさいだし、敷地外には2000の兵を配置。 たやすく侵入できたわけではない。 させたのだと。 「どのみち逃げられん」 勝利を確信した笑みでピーターは言います。 そして、人質皆を一か所に合流させたところで内側から鍵をかけるエマ達。 「え」 どうやって逃げる?とと考えていた弟妹達も、 きっと逃げる方向で動くだろうと思っていた職員たちも驚きました。 「退路を塞ぐ?そんなのわかってる。 そもそも逃げるつもりなんてない!」 「今からGF農園を占拠する!!」 在庫保管室に立てこもり宣言をしたところで、第166話が終わります。 約束のネバーランドのコミックスを無料で読む方法 あまり知られていないのですが、『約束のネバーランド』コミックスはVOD(ビデオオンデマンド)サービスのU-NEXTで無料で読むことができます! U-NEXTはVOD(ビデオオンデマンド)サービスとして映画やドラマといった動画配信のイメージが強いですが、実は電子書籍も豊富に取り扱っています。 31日間無料お試しトライアルに申し込むと600ポイントをもらうことができ、そのポイントで 『約束のネバーランド』コミックスの読みたい巻を無料で読むことが出来ます! 無料登録期間に解約をすれば、当然料金は一切かかりませんし、31日間は無料で通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、映画・ドラマ・雑誌も無料で見られます! 登録とかめんどくさい…という方はeBookJapanで数ページの立ち読みが可能なので、まずはこちらで読んでみて、続きが気になったらU-NEXTで1冊まるっと無料で読むというのもオススメです! 伏線? ポイントを考察 閃光弾はレウウィス大公戦でも決め手になった手でしたね。 今までの戦闘が活きていたのが感慨深い。 『人間の世界』の入り口がGF農園にもあるのだから、立てこもり策は正しいですよね。 イザベラがやっぱり読めないですね。 「大丈夫よ。 みんなすぐ終わるわ」は詰み終える死ではなく、エマ達が助けに来ることを示唆している可能性もありますよね。 脱獄したエマ達を見送った、あの時のそのままの思いが、イザベラの中にあると信じたいです。 そもそもの原因になったラートリー家を憎いと思うのも普通な気がしますが… イザベラはとても頭のいい人だから、ピーター側にも悟られずに動きそう… 約束のネバーランド166話感想 逃げではなく籠城戦をするらしい166話でしたが、ネット上での感想はどうだったのでしょうか?一部ご紹介しますね! オリバーの銃撃の精度も正確だしみんなの能力が向上しているからこそスムーズに進入も成功したはず。 フルスコア組がイザベラと再会。 こんな形での再会になるとはね。 GF農園を占拠って凄いことするなー。 驚いてすぐ睨み返すエマ達からは、未知の希望に賭けて脱出した時とは違う、明確な決意を持って帰って来たのだと伝わる。 それを占拠するまでの行動で裏付けてる。 良いよ、今週。 — ルー、アルパカと麒麟。 luckyroo777 やっぱママは別格に怖いのな、エマやレイノーマンも。 — 鈴木宏 saxblue13 約束のネバーランド 正直エマは苦手なキャラなんだけど「占拠する」宣言の時はカッコイイと思ったな。 エマ自身というより、作中から溢れる「この子イイコでしょ?」感が苦手なだけなので、ちょっと攻撃的になっている時の方が好感持てる。 それにしても主人公3人、大きくなったなぁ。 上から ・鬼滅の刃 巻頭カラー ・Dr. STONE ・僕のヒーローアカデミア ・ぼくたちは勉強ができない センターカラー ・マッシュル-MASHLE- ・約束のネバーランド ・魔女の守人 センターカラー ・チェンソーマン ・呪術廻戦 ・アンデッドアンラック ・アクタージュ ・ゆらぎ荘の幽奈さん ・ブラッククローバー ・将棋道中膝栗毛 読み切りセンターカラー ・AGRAVITY BOYS ・ミタマセキュ霊ティ ・夜桜さんちの大作戦 ・ハイキュー部!! 出張読み切り ・れっつ! ハイキュー!? 出張読み切り ・サムライ8 ・ZIPMAN!! 作者コメント欄 で、21作品になっています。 『約束のネバーランド』今週の掲載順番は6番目です。 ここ5週の掲載順番は『6番、休載、4番、4番、4番(最新号から)』ですので、平均は2つあがり4番です。 コミックス17巻が2020年1月4日 土 発売されました 17巻の収録話は 第144話『助けて』から第152話『刻限』までの9話分です。 そして、カイウ先生のカバー折り返しの『女王陛下に踏まれ隊』のパワーワードが個人的にとても気になります。 隊員はどのくらいいるんだろう…。 本誌派の方もあらためて楽しめる内容でしたので気になる方はコミックスもチェックです。 コミックス18巻の発売日も2020年3月4日 水)予定と決定しています。 1カ月後が楽しみですね。 そして。 Wジャンプで詳細が発表されていましたが 「約束のネバーランド」アニメ2期も2020年10月からに放送決定ですね! そして、 実写映画は2020年12月18日全国公開です。 丁度アニメが終盤に入るころに見られるのでしょうかね。 出荷の年齢が16歳に引き上げられてはいますが、実写映画の約ネバの世界はどのようになるのか、こちらも楽しみです。 アニメ2期と実写映画の予習としてもぴったりな約ネバ1期が2020年7月からノイタミナ枠で再放送もされます。 雪が解け、真夏のころにはさらに灼熱な約ネバ旋風が吹き荒れそうな予感です。 公式Twitterでメディア系情報が続々出ています。 詳細気になる方は公式ページをチェックです。 公式Twitterピックアップツイート! 2018年4月からスタートした『約束のネバーランド』公式Twitterから気にあるツイートをピックアップ! 【WJ11号 裏・目次コメント】 WJ本誌とは反対のローテーションでお届けする裏目次コメント。 今週は出水先生! 「バレンタインデー!!チョコといえば、チョコの絵ってちょっと難しいです!昔、チョコの海を描こうと思って、完全に沼(どす黒い!)になったことがあります。 立てこもるのも長くは続かないので、ここから応戦というより、うまく話し合いの席に着きたい感じなのでしょうか。 ピーターラートリーと会わないと話にならないから次話以降は応戦しつつ対話、でしょうか…? イザベラの立ち位置がすごく気になりますが…個人的には味方であると信じたい。 もう一方のムジカ達の様子も気になりますし、果たしてどうなるのか… 続きがまとめて読みたい気持ちになりつつも待ちましょうか。 無血で解決したいですもんね….

次の

約束のネバーランド167話最新話のネタバレと感想!|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

約束のネバーランド ネタバレ 166

約束のネバーランド【第167話】のネタバレ 困惑するピーターラートリー 在庫保管室に立て籠ったエマら。 その頃外では大きい爆発音がした。 その爆発によって外橋が崩落していた。 エマ『 今からGF農園を占拠する!!』 一方ピーターは困惑していた。 鬼の中の一匹が声を荒げた。 鬼『 今にその扉一枚隔てた先から何匹か現れる 連中は我らを殺しこの農園んを奪いに動くだろう 侮るな 奴らは我らの核の視神経の弱さも知っている このGFの構造もだ 保管室の人質は後で良い まずは侵入者 見つけて殺せ 全員だ』 二年前の脱走で受けた屈辱を晴らそうと気だ。 目の前にいた鬼たちに銃弾を連射してながら二手に分かれて散っていった。 その様子をカメラで確認していた鬼が支持をだす。 『 諸君聞け 全階から兵を集めた 地下二階を封鎖する』 するとエマ達の周りのドアが次から次へと閉まっていく。 出口を全て塞がれ鬼の大群に囲まれて絶体絶命の子供たち。 鬼『 行き止まりだ』 しかし次の瞬間閉まっていた扉たちが音を立てながら開いていく。 ヴィンセント『 接続完了 敵制御室を乗っ取った』 制御室を乗っ取ったお陰でGF内の映像が見れるようになった。 敵の位置を把握したうえでノーマンが外にいる子供たちに的確な指示を出し、いとも簡単に絶体絶命のピンチを抜け出した。 更には通信妨害も開始し、完全に鬼側の連帯切った。 エマ達の本当の狙い 『 ボス!見つけた!奴の居場所!ピーターラートリーは今地下1階応接室にいる…!』 そうエマ達の狙いは最初からピーターだったのだ。 エマ、レイ、ノーマンの三人が他の子供たちに後押しされながらピーターの元へ向かった。 残りの子供たちは上手い事鬼を一か所に集めるべく奮闘していた。 子供たちの思惑通り全員の鬼を一か所に集められた鬼たちが困惑しているが、そこへ催眠ガスを投げて全ての扉を閉めて鬼たちを閉じ込めることに成功した。 オリバー『 誘導完了!俺たちも急ぐぞ!!』 ジャンプネタバレ記事はこちら!.

次の

約束のネバーランド「漫画コミック単行本19巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

約束のネバーランド ネタバレ 166

しかし、いずれ来ると予期していたのかラートリーは冷静さを保っていた。 それにエマ達によって停電になったものの、予備電源に切り替える事で対処していた。 時は3日前に遡る…。 無事に子供達を助けるためにエマ達がGF グレイス=フィールド 農園の見取り図を見ながら計画を練っていた。 レイは人質となっている子供達は地下2階の第2備品庫にいるはずだと言う。 備品庫なら最小の警備で閉じ込めておけると皆は同意する。 全体の警備は大体30から40匹くらいだとエマは言うが、それは昔の話なので余り信憑性が無かった。 しかし、ノーマンは大体そのくらいだとエマの意見を肯定し、他にシスターは100人以上とラートリー家の者と王兵2000がいると言う。 そして今朝になる。 偵察した結果、王兵達は農園の外に配置してあることが発覚し、ここまでは予想通りだった。 それ故に予定通り3手に分かれて侵入し、人質を奪還しようとしていた。 彼が来ることは既に想定内であったラートリーは、お手並み拝見と不敵な笑みを浮かべていた。 そして現在に至り、予備電源が起動したと同時に人質の子供達がいる鬼にジリアンとザックが奇襲をかける。 鬼も反応するも、彼らは閃光弾を放って鬼達を目を眩ませ、この間に子供達を連れていく。 目の眩みが消えた鬼達は後を追おうとするも、オリバーが銃による銃撃で足止めする。 そして監視室で鬼は第2備品庫の鬼達に連絡をするも、やられてしまったので応答できなかった。 そんな中、アンナがナット達の事をジリアン達に伝える。 そのナット達は今にも出荷されようとしており、イザベラはガラス越しから見ていてすぐに終わると呟いていた。 もうここまでかと思い始めるナット達。 しかし、エマ、レイ、ノーマンの3人が駆けつけて助けようとする。 そして3人はガラス越しのイザベラを一目見るとナット達を連れていき、鬼達はその後を追おうとする。 しかし、この状況下でもラートリーは冷静であり、追う必要はないと言った。 その理由は既に出口を塞いでおり、仮に脱出できたとしても2000の兵が包囲されているからだった。 そしてエマ達は侵入したのではなく侵入させたのだと言い、ここからは逃げられないと断じるラートリー。 そしたら追っていた鬼からエマ達が在庫保管室に立て籠もったという報告を受け、流石のラートリーも僅かに驚く。 エマ達はラートリーがこうする事を予期しており、今からGF グレイス=フィールド 農園を占拠しようとしていた。 約束のネバーランド・166話「ゴーバックホーム」の感想.

次の