常磐 道 sa。 常磐道の開通情報やサービスエリア(Pasar守谷、友部SA)のおすすめグルメ情報などをご紹介 |観光スポット 地図

常磐道友部SA下りはグルメ好きならぜひ!食事、ガソリンスタンド、お土産について

常磐 道 sa

今回は、スターバックスのあるSA・PAの一覧です。 スターバックス。 私は個人的にはあんまり寄り付きません。 家族で行くと結構なお金が出てしまうので(笑)。 あの甘ったるい味は大大大好きなんですけど、例えばキャラメルマキアートのventiだと510円でしょ。 それを家族4人で頼んだら2000円を越えるじゃないですか。 ちょこっと一息、の値段としては高いなあと。 ただ、一旦お金を払っちゃえばあとは超快適ですけどね。 フカフカのソファもあるし、あのあまーーーいコーヒーをすすりつつのんびりと座って過ごす時間は至福の時です。 その意味では、高速道路に乗るような、そこそこの家族イベントには良いのかもしれません。 運転の疲れも癒せますしね。 私自身はあんまり寄り付かないわけですが、サービスエリアにあるスタバってのは意外と良いロケーションなのかもしれません。 NEXCOも儲かるんだろうし、ドライバーも休憩を取って事故が減るだろうし、良いことづくめなのかも。 ということで、一覧を作ってみました。 これです! 道路名 エリア名 サービス、施設 東北自動車道 蓮田SA 上 スターバックスコーヒー 東北自動車道 羽生PA 下 スターバックスコーヒー 関越自動車道 三芳PA 下 スターバックスコーヒー 関越自動車道 上里SA 上 スターバックスコーヒー 関越自動車道 上里SA 下 スターバックスコーヒー 上信越自動車道 横川SA 上 スターバックスコーヒー 常磐自動車道 守谷SA 下 スターバックスコーヒー 東関東自動車道 湾岸幕張PA 上 スターバックスコーヒー 東関東自動車道 酒々井PA 下 スターバックスコーヒー 中央自動車道(富士吉田線) 談合坂SA 上 スターバックスコーヒー 中央自動車道(西宮線) 諏訪湖SA 下 スターバックスコーヒー 名神高速道路 尾張一宮PA 上 スターバックスコーヒー 名神高速道路 尾張一宮PA 下 スターバックスコーヒー 名神高速道路 多賀SA 上 スターバックスコーヒー 長野自動車道 梓川SA 上 スターバックスコーヒー 東名高速道路 足柄SA 上 スターバックスコーヒー 東名高速道路 足柄SA 下 スターバックスコーヒー 東名高速道路 富士川SA 上 スターバックスコーヒー 東名高速道路 富士川SA 下 スターバックスコーヒー 東名高速道路 浜名湖SA 上 スターバックスコーヒー 東名高速道路 浜名湖SA 下 スターバックスコーヒー 北陸自動車道 南条SA 上 スターバックスコーヒー 北陸自動車道 黒埼PA 下 スターバックスコーヒー 山陽自動車道 三木SA 上 スターバックスコーヒー 山陽自動車道 三木SA 下 スターバックスコーヒー 山陽自動車道 宮島SA 下 スターバックスコーヒー 九州自動車道 基山PA 上 スターバックスコーヒー 長崎自動車道 金立SA 下 スターバックスコーヒー 東京湾アクアライン 海ほたるPA 上 スターバックスコーヒー 今回の北海道・東北は空白地帯・・・っ 結構ありましたねー。 更に、いつもの通り地図にプロットしてみました。 今回は量が多くてちょこっと疲れました(笑)。 では、地図をどうぞ! より大きな地図で を表示 えーっと・・・、思うことは、まず今回も北海道・東北は空白地帯ですね。 気が向いた方はとを一度見てみて欲しいんですけど、明らかに北海道・東北はチェーン展開しているブランドの店舗が少ないんですよ。 まあ土地のものの良さってのはあるのかもしれませんけど、ここまで如実に差が現れるのは不思議です。 ということで、地方別に見ていってみましょう。 前述の通り、北海道・東北は空白地帯。 より大きな地図で を表示 関東・甲信越。 すっげーいっぱいあります。 スタバだけでこれですからね。 また別の記事で書こうと思っているのですが、ドトールとかがあるSA・PAも結構あるので、実はほとんどのSA・PAにコーヒーショップがあるのかも。 より大きな地図で を表示 関西圏。 関東と比較するとグっと少なくなりますね。 ただ、関西は地場のコーヒーショップが結構頑張ってる感じです。 より大きな地図で を表示 中国・四国・九州は合わせて3ヵ所だけです。 北海道・東北に負けず劣らずの少なさ。 より大きな地図で を表示 スタバって都会に集中して出店してるんですかねー。 でも、高速道路なんてアクセス良いんだから、もうちょっと広範囲に広がってても良さそうなもんだけどなあと思いました。 このSA・PA一覧シリーズ、まだまだ書きますよ~!.

次の

磐越自動車道おすすめ【SA/PA】上り下り別ランキング

常磐 道 sa

東北自動車道のSAの方が常磐自動車道のSAよりも施設が充実してる所が多いです。 ただ常磐道も近年守谷と友部のSAがリニューアルしてその2ヶ所に関しては施設が充実しています。 一方の東北自動車道は羽生PAの上り線(東京方面)が鬼平犯科帳の江戸の街並みをイメージした鬼平江戸処、下り線が駅ビルをイメージしたパサール羽生、那須高原SAが高原をイメージしたお洒落なエリアになってる他は普通のSAを大きくした所が多いです。 尚、佐野SAは宿泊施設が有り、上下線隣接していて上下線両方の施設が利用出来るので、東北、北関東、東京のお土産と揃うので、お土産を買う時は大変便利です。 又、蓮田SAは施設が手狭になってる事から現在、少し離れた場所に新しい上り線の施設を作り、現在の施設を橋で繋いで上り線側の施設も下り線側の施設になる様です。 後、お土産についてですが、参考までに 東北自動車道 那須、日光、宇都宮のお土産が充実。 お勧めは御用邸の月、宇都宮餃子関連(スナック菓子)も有り、尚、前述の鬼平江戸処に寄る場合、鬼平江戸処オリジナルのお土産もお勧めです。 常磐自動車道 茨城県のお土産が充実(水戸納豆系が多い)。 お勧めは茨城名物のさつまいも、メロン系のお菓子等で、特にメロンサイダーが美味しいです。 尚、東京や横浜、千葉のお土産は下り線の場合東北道も常磐道も結構売ってますが、東北地方のお土産は東北道の方が東北道の方が売ってる商品が多いです(常磐道のSAでも仙台や福島のお土産は売っている)。 私としては両方周遊して走行する事をお勧めします。 参考までに。 東北道の方が距離も長くSAやPAの数も多いので選択肢は多いです。 常磐道は守谷SAと友部SAを除けば大きなSA,PAはありません。 いわき中央以北は片側1車線の対面通行になるため交通量も東北道ほどではありません。 したがってSA,PAも規模は大きくありません。 お土産系やスナック系はどちらにもありますが,東北道では栃木県に佐野ラーメンやレモン牛乳,宇都宮餃子やとちおとめ関連のお菓子,那須の月など豊富です。 福島県ではママドールもたくさんありますね。 宮城県に入ると牛タン関連のお土産も多いです。 あとはずんだ餅などもあります。 常磐道では茨城県内で納豆関連のスナック類が多いです。 ねば~る君関連の納豆風味商品やうまい棒納豆味なども面白いです。

次の

常磐道友部SA下りはグルメ好きならぜひ!食事、ガソリンスタンド、お土産について

常磐 道 sa

常磐道友部SAへのアクセス 友部SAは常磐道三郷JCTから約73kmの距離にあり、車で約50分ほどかかる位置にあります。 また、すぐ近くには常磐道と北関東道が交わる友部JCTがあります。 友部SAのガソリンスタンドについて、セルフ式?営業時間について 給油方法はセルフ式ではなく、スタッフさんが給油してくれます。 24時間営業ですので、心強いですね! また、友部SAには、スマートICも併設されています。 席はかなりありますが、休日は混雑して、満席になる場合も多いです。 席は満席です。 私個人的には「炙り焼 丼・どん」さんの豚丼が好きで食べています。 肉好きな方にはおすすめです! 第2回全国丼グランプリのメガ盛り部門で金賞を受賞したんですね! TVでも絶賛されたようです! 焼いているのがガラス越しに見えます。 こちらがとん丼大盛です。 いつも食べます。 看板メニューは「常陸秋そば」で、本格的な手打ち蕎麦レストランです。 雰囲気がよりつかめると思いますので、ぜひ視聴してください! ショッピングコーナー ショッピングコーナーです。 茨城の特産物もたくさんあります。 24時間営業しています。 セルフ式です。 また、この脇には コンシェルジェと、 ハイウェイ情報ターミナルがあります。 友部SAのスターバックスコーヒーについて 友部SAにもスタバがあります。 高速道路のSAにスタバは増えましたねー。 個人的にですが、SA内にスタバが出来た時、高速道路上にスタバあっても・・・。 営業時間は 8:00~16:00 、 休日 7:00~17:00 納豆ドックやかりんとう饅頭が人気です。 お体の不自由な方用 トイレ、駐車場も完備されています。 妊娠されている方も停められます。 上の写真の自販機脇には、休憩できるスペースもあります。 給電スタンドはある? 給電スタンドもあります。 24時間使用可能です。 一般道から入れるか? 友部SAは一般道から徒歩で入ることができます。 つまり高速道路に乗らずにサービスエリアの施設が利用できます。 以上、「常磐道友部SA下りはグルメ好きならぜひ!食事、ガソリンスタンド、お土産について」の記事でした。 みなさんのお役に少しでも立てれば幸いです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の