東京電力 雨雲。 TEPCO速報

災害時に活躍する当社情報ツールおよび非常用グッズについて|東京電力ホールディングス株式会社

東京電力 雨雲

東京電力の問い合わせ 東京電力の問い合わせはインターネットからがおすすめだと東京電力エナジーパートナーのホームページに案内があります。 東京電力エナジーパートナーは、東京電力株式会社から分社化された、ホールディングカンパニー制に移行してできた会社です。 電気の契約や再生可能エネルギーの契約などの小売電気事業を行っています。 2016年4月以降の「電気ご使用量のお知らせ(検針票)」や、契約に関する案内などの記載社名は「東京電力エナジーパートナー」となっているので、問い合わせも東京電力エナジーパートナーに行うことが多いと思います。 ただし、離島の電気の契約などについては「東京電力パワーグリッド」が行っています。 カスタマーセンターへの電話は、特に月曜日などの休日明けは終日混んでいてつながりずらいです。 その他の平日でも9時~10時、12時~13時、16時~17時は電話が集中してつながりずらい状態です。 引越しについては24時間インターネットから手続きができるので、引越しの手続きはから行うとよいでしょう。 各種手続き・サポート・お問い合わせはです。 こちらのも便利です。 東京電力パワーグリッド株式会社とは 東京電力パワーグリッド株式会社(とうきょうでんりょくパワーグリッド)は、送電用・配電用の設備を維持・運用しています。 送配電のサービスを提供していて、小売電気事業者のような事業者が主な取引先となっています。 供給区域は関東地方と静岡県東部で、一般送配電事業者となっています。 持株会社へ移行する前の東京電力は、発電・送配電・小売供給の全てを行っていましたが、 東京電力パワーグリッドは大規模な発電所を持っていません。 また、通常の電力小売供給も行っていません。 例外として、東京都の離島である伊豆諸島と小笠原諸島には発電所を所有していて、発電・送配電・小売供給の全てを行っています。 東京電力の停電情報 東京電力の停電情報は東京電力パワーグリッドが提供しています。 があるのでそちらを参照してみるといいでしょう。 サービスエリア内で発生している停電情報が載っています。 停電の情報は地図から探すこともできますし、住所から検索することもできます。 過去の停電履歴を調べたり、電気がつかないときの対応方法や、停電の理由・停電復旧の仕組みなどの説明もあります。 停電の情報をいち早く知りたい方はTEPCO公式スマートフォンアプリの「」を入れておくといいでしょう。 住んできる地域を登録しておくと、停電・雨雲・雷雲・地震情報などを、プッシュ通知でいち早く知らせてくれます。

次の

停電・雨雲・地震情報などを配信するスマートフォンアプリ「TEPCO速報」のサービス開始について|プレスリリース|東京電力ホールディングス株式会社

東京電力 雨雲

1/2号機共用排気筒の解体 福島第一原子力発電所には、原子炉建屋などの排気に使われていた「排気筒」が4基あります。 このうち、1号機、2号機共用の排気筒は、十分な耐震性があることを確認しているものの、より安全に廃炉をすすめるため、2019年8月より、上半分(約60m)の解体作業を開始し、2020年5月に完了しました。 排気筒は、専用の解体装置を使い排気筒本体の「筒身」とそれを支える「鉄塔」を上部から交互に2~4mずつ切断し、作業中の被ばくを抑えるため、解体装置は遠隔で操作しました。 また、放射性物質の飛散を抑制するために、飛散防止剤の散布、切断時に出る「ダスト」の吸引などを実施しました。 排気筒の解体作業に伴う周辺環境への影響は、常にダストモニタで監視しながら、安全第一で作業を進めました。 2019年8月1日• 2019年8月1日• 2019年8月1日• 2019年8月1日• 2019年9月1日• 2019年9月1日• 2019年9月1日• 2019年9月26日• 2019年9月26日• 2019年10月7日• 2019年10月7日• 2019年10月21日• 2019年10月21日• 2019年10月21日• 2019年11月6日• 2019年11月6日• 2019年11月6日• 2019年12月4日• 2019年12月4日• 2019年12月4日• 2019年12月19日• 2019年12月19日• 2019年12月19日• 2019年12月24日• 2019年12月24日• 2020年1月11日• 2020年1月11日• 2020年1月11日• 2020年1月15日• 2020年1月15日• 2020年1月15日• 2020年1月17日• 2020年1月17日• 2020年1月31日• 2020年2月1日• 2020年2月1日• 2020年2月4日• 2020年3月1日• 2020年3月1日• 2020年3月6日• 2020年3月6日• 2020年3月9日• 2020年3月13日• 2020年3月23日• 2020年3月25日• 2020年3月29日• 2020年4月3日• 2020年4月4日• 2020年4月7日• 2020年4月7日• 2020年4月8日• 2020年4月10日• 2020年4月16日• 2020年4月16日• 2020年4月17日• 2020年4月17日• 2020年4月21日• 2020年4月22日• 2020年4月26日• 2020年4月26日• 2020年4月28日• 2020年4月28日• 2020年4月28日• 2020年4月29日• 2020年4月29日• 2020年5月1日• 2020年5月1日• 2020年5月1日• 2020年5月1日.

次の

停電・雨雲・地震情報などを配信するスマートフォンアプリ「TEPCO速報」のサービス開始について|東京電力ホールディングス株式会社のプレスリリース

東京電力 雨雲

1/2号機共用排気筒の解体 福島第一原子力発電所には、原子炉建屋などの排気に使われていた「排気筒」が4基あります。 このうち、1号機、2号機共用の排気筒は、十分な耐震性があることを確認しているものの、より安全に廃炉をすすめるため、2019年8月より、上半分(約60m)の解体作業を開始し、2020年5月に完了しました。 排気筒は、専用の解体装置を使い排気筒本体の「筒身」とそれを支える「鉄塔」を上部から交互に2~4mずつ切断し、作業中の被ばくを抑えるため、解体装置は遠隔で操作しました。 また、放射性物質の飛散を抑制するために、飛散防止剤の散布、切断時に出る「ダスト」の吸引などを実施しました。 排気筒の解体作業に伴う周辺環境への影響は、常にダストモニタで監視しながら、安全第一で作業を進めました。 2019年8月1日• 2019年8月1日• 2019年8月1日• 2019年8月1日• 2019年9月1日• 2019年9月1日• 2019年9月1日• 2019年9月26日• 2019年9月26日• 2019年10月7日• 2019年10月7日• 2019年10月21日• 2019年10月21日• 2019年10月21日• 2019年11月6日• 2019年11月6日• 2019年11月6日• 2019年12月4日• 2019年12月4日• 2019年12月4日• 2019年12月19日• 2019年12月19日• 2019年12月19日• 2019年12月24日• 2019年12月24日• 2020年1月11日• 2020年1月11日• 2020年1月11日• 2020年1月15日• 2020年1月15日• 2020年1月15日• 2020年1月17日• 2020年1月17日• 2020年1月31日• 2020年2月1日• 2020年2月1日• 2020年2月4日• 2020年3月1日• 2020年3月1日• 2020年3月6日• 2020年3月6日• 2020年3月9日• 2020年3月13日• 2020年3月23日• 2020年3月25日• 2020年3月29日• 2020年4月3日• 2020年4月4日• 2020年4月7日• 2020年4月7日• 2020年4月8日• 2020年4月10日• 2020年4月16日• 2020年4月16日• 2020年4月17日• 2020年4月17日• 2020年4月21日• 2020年4月22日• 2020年4月26日• 2020年4月26日• 2020年4月28日• 2020年4月28日• 2020年4月28日• 2020年4月29日• 2020年4月29日• 2020年5月1日• 2020年5月1日• 2020年5月1日• 2020年5月1日.

次の