長芋 の 育て 方。 ナガイモ(ながいも・長芋) 育て方・栽培方法

長芋とろろご飯のレシピ/作り方:白ごはん.com

長芋 の 育て 方

スポンサードリンク ヤマイモとは? ヤマイモの種類としてはナガイモ、ジネンジョ、ツクネイモ(伊勢ではイセイモ)、イチョウイモ(ヤマトイモ)などがありますが、ここでは長芋を育てます。 ナガイモは春に植えつけて晩秋に収穫します。 およそ8か月かかります。 長芋はタネイモから育てます。 タネイモは園芸店などで手に入ります。 一見食用のものと同じに見えますが、 植えつけ後の病気を防ぐために検査などが行われています。 4月の上旬から5月の上旬ぐらいがナガイモの植えつけの適期。 土づくりの方法 【土づくり】 雨が多い日本は土が酸性に傾きがち。 苦土石灰をまき弱酸性にすれば野菜が育ちやすい土になります。 1㎡あたり100gまきます。 今回はクワではなくスコップで苦土石灰を混ぜながら耕していきます。 土がかたいとナガイモが曲がってしまったりしっかり育たなかったりするので、 土をスコップでしっかり掘って耕します。 スコップでの耕し方は 常に掘った場所を崩すようにさし込み、後退しながら掘るのがコツです。 深さ30cm以上が目安。 スコップの刃がしっかりと隠れる程度です。 まっすぐなイモを育てるためにも土の塊は丁寧に砕き、 小石などがあれば取り除きます。 平らにならしたら1週間ほど寝かせなじませましょう。 続いては堆肥と化成肥料をまいていきますが、 肥料のまき方は溝施肥にするとよいです。 溝施肥とは区画に溝を掘り、そこに堆肥や化成肥料をまく方法。 区画全体にまくよりも肥料の効果が長もちします。 真ん中に溝を掘っていきます。 区画の中央にクワでまっすぐに溝を掘ります。 溝の幅は15cm、深さは20~30cmぐらい。 溝が出来たら堆肥と化成肥料をまいていきます。 まずは溝全体に堆肥。 土をフカフカな状態に改善し根が張りやすくなります。 その上に化成肥料を満遍なくまきます。 1㎡あたり100~150gまきます。 タネイモの植えつけ そして溝の中にタネイモを植えていくのですが、 肥料とタネイモが直接触れあうと肥料焼けをおこすことがあるので 掘って盛り上げた土を10cmほど埋め戻し、平らにします。 肥料焼けというのは直接肥料とイモが触れ合うと イモがしおれてしまったり枯れてしまったりする事です。 タネイモを植えていきます 埋め戻した土の上にたねいもを土に寝かせるように横向きに置きます。 向きをそろえます タネイモは細くなっている方から芽が出てその下にやがてイモとなる根が育ちます。 向きをそろえて植えるとお互いの成長を邪魔する事なく大きく育ちます。 芽が出る先の方を30~40cmあけます。 クワで土をかぶせ、溝を埋め戻します。 雨が降ったりすると水がたまってイモが腐りやすくなるので、 高さ5~10cmぐらい土を盛り上げます。 タネイモの中にも水がたくさんありますので、 水やりはほとんど必要ないです。 2~3週間も雨が降らないような時には水やりをしてください。 支柱立てと今後の手入れ 1か月ほどたったらつるが伸びだします。 そしたら支柱を立ててつるを支柱に絡ませます。 ナガイモはつるが伸び、光合成をします。 その光合成の養分がイモの方に回ってイモを太らせます。 なので、支柱を立てて葉によく日が当たるようにします。 支柱の立て方は簡単! 発芽した場所を中心にし15~20cm離れた場所に 3本の支柱を三角形になるようにさし上部を麻ひもで固定するだけ。 つるが伸びてきたら支柱に絡めます。 あとは自由に巻きついていきますから大丈夫です。 今後の手入れは月に1回程度追肥と土寄せをします。 その後の育て方はまた更新します。

次の

ムカゴの植え付け〜収穫までの育て方!栽培時期や病害虫の対策など|育て方Labo(育て方ラボ)

長芋 の 育て 方

山芋、長芋、自然薯、とろろ芋? 色々ありますが、扁平な形である大和芋、長い長芋、山に生えていて非常な粘りをみせる自然薯(じねんじょ)、それらを総称して、ヤマイモ、ヤマノイモと呼びます。 ようするに山に生えていたイモということです。 これらは、家庭では、とろろ芋と呼ぶことも出来ます。 長芋が一番メジャーで安く、出回っているものです。 、大抵、自然薯は高くて手にはいりません。 味は自然薯が粘リがあり、長芋が一番使いやすい無難な万能タイプです。 栽培も容易なのだと思いますが、種イモ自体がすでに3年経過しているという実に贅沢な食べ物です。 有名で、どこでも手に入ります。 これが種芋、苗ですが、ここまで育つのに数年かかっています。 2,3年。 ?? なんて贅沢な栽培でしょう。。。 これが発根している状態です。 どうしてこんなところから??? 奇妙な見た目です。 不思議な生き物のようです。 これが芽です。 こうやって発芽していくのです。 これが居たら? 相当おどろきますね。 お決まりの、ヤマイモを植える掘り方ですが、長芋は特に長いので、深く掘る必要があります。 でも、これが限界、50cmくらいです。 ちょっと、近いです。 近すぎです。 もっと、大きくとらないと、せっかくの種芋が勿体無いです。 もはや、エイリアンの触手のようですが、伸びてしまった芽はあちらこちらに向って伸びてしまいおかしなことになっています。 ツル性植物ですのでつねにくるくると螺旋を巻いていきますので、しかたがないことです。 一箇所から二本も出ていて元気な山芋です。 普通の芽と違います。 茎も凄く不思議な感じです。 とても魅惑的な植物です。 長芋は。 興味をひきつけます。 ツルが伸びてきましたので、支柱を立てます。 もう、遠くから見たらミミズが立ち上がって踊っているようにしか見えません。 まさしく恐怖です。 地面から伸びている部分です。 なにがどうなっているのかが理解しにくい構造をしています。 やはりわかりません。 葉とツルは単純で、朝顔か?っていうくらいにありふれているものです。 ツル同士が絡み合い、めちゃめちゃに絡みます。 こういうのが普通です。 葉の形はハート型で西洋朝顔のようです。 茎がしっかりとしてきました。 根元付近は太いです。 支柱の意味がないくらい、絡んでいます。 これは凄いです。 本来は、山林で野放しでいいわけで、こういうふうに放置するのがいいと思うのですが。。。 どんどんと枝分かれして、ますます複雑になっていきます 隙間なく葉がしげっています。 だいぶ勢いのある葉になってきました。 こういう切れ込みがでてきます。 節ぶしに何か丸いものが付いています。 これが噂のむかごです。 いつの間にか花を咲かせて実をならせているわけです。 いわば、これが山芋、長芋の種です。 強烈です。 下にはダンゴムシがうじゃうじゃしています。 むかごもたくさん。 ジャガイモみたいです。 こんな感じですが、 中を除くと凄いことになっています。 むかごが無数に落ちています。 だいぶ枯れてきました。 ムカゴは最盛期です。 葉をどかすと、何かが起きたかのようにムカゴが落ちています。 これがムカゴです。 山芋、長芋の種、ムカゴです。 断面は真っ白です。 そして、山芋の感じそのままです。 まるっきり小さい、山芋を食べているかのようです。 皮があるので、同じにできませんが、すりつぶせば山芋です。 そして、これをムカゴご飯にすると、ご飯と山芋というテーストが味わえるのですが、香りが山の香りがする、、というのですが、ただの泥の味です。 皮についた泥が入り込んで、どうしても泥を食べている感じがします。 それを消す味付けをすればいいムカゴご飯になるとおもいます。 葉が枯れてきたらもう成長しません。 こういう風に全体的に枯れてきます。 寒さにもよりますが、完全に枯れそうになるくらいでいいと思います。 それが、ヤマイモの収穫の目安です。 逆に山の中で採取するときは、葉が枯れていない時じゃないと見つけられませんが。 株元をみると、ヤマイモが2股に分かれているのが見えます。 あれ、最初は1本だけだったのに、これは長芋だからかもしれませんが、長芋の増え方は本数が増えていくのでしょう。 どちらかが種イモで、1つが新しいイモでこれが種イモにできるかもしれません。 と思うと、地面を掘って長芋をしゅうかくしようとしていると、どちらも大きいイモです。 不思議です。 とりあえず、一本ずつにしました。 根が飛び出していますので、地下茎ということでしょうか。 見事な長芋が収穫できました。 見事に折れたヤマイモの収穫です。 ほんとうに大変です。 おれてしまいます。 何事もルールや決まりを守らないといけません。 ほんとうに海外へいって言葉がわからないからといって、現地でいけないことをやっているのに、見ている人にぶつくさ逆ギレして文句言うようなことだけはやめておくべきです。 あとで、公的機関がやってきてごやっかいになることです。 そういう恥ずかしいだけじゃなくあとで痛い目を見ることもあるので、決まりとかルールというのがそこにはあってそれを守れッて言うことなのだと思います。 それがたとえ小学生が決めたルールであっても、管理者ならば大人もそれに従えということで、ある意味それに文句を言っても意味がありません。 ただ、去りゆくのみです。 それはさておき、ちゃんと、耕すなり、塩ビ管に入れるなりして綺麗にしておかないとこういうふうにせっかくの山芋がポッキリと折れてしまい痛い目を見ることになります。 むかご飯の作り方 ムカゴは捨てるほどたくさんできます。 これは挙げるとか言うレベルじゃありません。 むかご飯の作り方の極意。 それは洗うこと、そして、泥を食べてもいいと諦めること。 といだ米です。 ここによく洗ったムカゴをいれます。 あきらかにゴミぽいのが浮いているので、洗いが足りませんが、もう、こういう次元じゃないんです。 盛り付けると、泥団子がご飯に乗っているように見えます。 ムカゴご飯は非常にお得な料理です。 全体的にご飯が艶が出て、香りものり、ムカゴ自体がヤマイモの味、食感があります。 あとは泥の味がします。 そこは風合いです。 トリフだってそうですから、いいじゃないですか。

次の

トウモロコシの育て方|種まきから発芽までの日数は?プランターでできる?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

長芋 の 育て 方

<自然薯(ヤマノイモ種)> 日本原産種の希少な植物の1つでもあり、古くから日本で栽培されており 自然に生え、山野に自生している貴重な山の宝物です。 ねばりは山芋とは比べ物にならないほど。 昔は山奥までとりにいかなければならなかったので、 めったに口にすることができない高級品だったそうです。 「山のうなぎ」といわれるほど滋養強壮に優れています。 その働きのもとは、豊富に含まれる消化酵素。 皮をむいたときのヌルヌルした粘りには、 アミラーゼ、ジアスターゼなどの消化酵素がダイコンの3倍も含まれています。 これらの成分はでんぷんの消化吸収を助け、胃腸の働きを活発にするので、 病後や虚弱体質にも向いていると言われています。 また粘り成分のムチンは胃の粘膜を保護し、体内でたんぱく質を効率よく 活用させる作用があるので、滋養強壮や疲労回復に有効に働きます。 血糖値を下げる作用もあり、糖尿病や高脂血症予防にも良いと言われ、 健康野菜としても重宝されています。 <短形自然薯> <特長> 東南アジア原産のヤマノイモ科の植物です。 うまく育てると赤ちゃんの頭くらいの巨大なムカゴがたくさんできます。 それはまるで宙に浮いた隕石のよう・・・・・ 地中には、ピンポン玉からソフトボール大の球形の芋が出来ます。 地上のムカゴは炊き込みご飯やけんちん汁、地下の芋は、 とろろや磯部揚げなどにして食べられます。 芋もムカゴも越冬させれば、また来年楽しく育てることが出来ます。 ムカゴ狩り、サンシェードプランツとしても、おすすめの品種です。 <植え付けポイント> 横幅が広いプランターやトロ箱(発砲スチロール)などでも栽培可能ですが、 土量が多く支柱の立てやすい「袋栽培」がおススメ! *プランターの場合は高さが30センチ以上あるものを選びましょう。 *畑なら横向きの植え付けてもOK。 <植え付け方法> 種芋の先が細い方を上にして~、やや縦に植え込みます。 その後、土をかぶせます。 *無事、発芽するまでは水は控えましょう。 ツル性の植物で生育旺盛のため、支柱やネットがあれば 4~5メートルは伸びますので早目に支柱立てやネット張りをしておきましょう。 *1個の種芋から2~3本の芽が伸びている場合は、 芋の肥大が悪くなるので、生育のよい1本を残して他の芽は摘み取る *大きなヤマイモを収穫するコツは、 ツルを旺盛に伸ばさせ、葉の光合成を促してあげるのがポイント! <追肥時期> 追肥はツルが伸び始めてから約1か月に1回の割合でスタートさせます。 7月頃になると~一気に葉が生い茂り、立てた支柱は全く見えなくなります。 初秋ころになると~葉のつけ根にわき芽(ムカゴ)が着き始めます。 *葉の色が黄色くなり始め、 指で軽く触っただけでぽろっと取れる位になったら完熟期です。 <むかごの調理方法> 一般的に「むかごご飯」が有名です。 ほかにも、炒ったり擦ったり炒めたりしても美味しく食べられます <収穫時期> 11月~翌3月頃 *秋に葉っぱが黄色く紅葉したころでは、まだ収穫はできません。 この時期は収穫時期ではなく、成長期に当たります。 晩秋に蔓が完全に枯れた後からが、収穫時期で食べごろになります。 ポチっ とクリックをおねがいします。 いつも皆様の応援に感謝しております。 そして 毎日の励みとなっています.

次の