ストレス 性 胃腸 炎。 ストレス性胃腸炎の症状に使われる薬は?子供でも使える薬はある?

胃腸炎が治るのには期間は何日?完治の目安とは?

ストレス 性 胃腸 炎

ストレス性胃腸炎とは、ストレスが原因で、突然胃腸の調子が悪くなることを言います。 自分ではさほどストレスと感じていないと思っていても、脳はストレスを巧妙に察知し、胃酸を多く出して胃粘膜を荒らします。 ストレス性胃腸炎の状態 ストレス性胃腸炎の方は、胃の粘膜に支障が起こることで、食物が胃内に入ってきた時、胃酸が分泌されることによる胃痛を伴います。 これは荒れた手に洗剤やアルコールをかけたときのような感覚だと思ってください。 原因となるストレスの種類 ストレスというと、人はまず最初に、会社や嫁姑問題、相性が合わない人との人間関係などを思い浮かべますが、本来ストレスとはそれだけではありません。 嗜好品でいうと、コーヒーやアルコール、緑茶の取りすぎ、辛い食べ物や喫煙、薬の刺激などでも、胃腸にとってはストレスになってしまいます。 例えば、体調が悪くて病院から何らかの薬(特に消炎鎮痛剤や抗生物質、ステロイドなど)を処方してもらうときは、医師からの処方箋を書いてもらう際、胃が弱いことを一言付け加えてください。 服薬の際は胃薬も一緒に服用する方が安全です。 食事をする際の注意事項 1. 一度の食事量を摂りすぎず、過食しない。 2. 油っこいもの、脂肪分の多いもの、味付けの濃いものは避ける。 3. 極端に熱いもの、また冷たいものを避ける。 4. 塩分の多いもの、辛いものなど味付けの濃いものを避ける。 5. 空腹時には牛乳やヨーグルトなどを少量摂取する。 6. 食事の1回量を減らし、できれば分食にする。 ストレス性胃腸炎の場合、原因となるものさえ取り除くことが出来れば、治りも早く、連続して症状が続くことはないと言われています。 ストレスの原因が何かを探り、それが判ったらできるだけ原因を取り除く努力をする、もしそれが不可能な場合は、ストレスをなるべく溜めないように心がけましょう。 ストレスからくる急性胃腸炎 食中毒などの細菌性胃腸炎や、ノロウイルスなどのウイルス性胃腸炎。 原因は、食中毒やウイルス感染など様々ですが、ストレスも主な原因の一つとなります。 この刺激は自律神経から消化管へと伝えられ、胃腸の運動が活発になります。 胃なら胃酸分泌を促進させ、消化管の血流が減少します。 そして、過剰量の胃酸が胃粘膜を荒らしてしまうのです。 そのため、ストレス発散!と称してアルコールをたくさん飲んだり、たくさん食べたり、ということが続くと、直接的に胃腸に負担をかけることになります。 自律神経で荒らされた胃腸に、ダブルパンチの状態で、症状が重くなることもあります。 ストレス発散を飲食に求めるのも、ほどほどにしておきましょう。 どこで気を抜けば…という状態かもしれませんが、軽くストレッチをしたり、歩くときに手を大きく振ったりするだけでも、体がリラックスします。 また、睡眠や読書、音楽など、自分だけのストレス解消法を見つけておきましょう。 ストレスは万病のもと。 まったく無くすのは難しいかもしれませんが、少しずつ発散したいものですね。 ストレスが原因の急性胃腸炎を防ぐには? 現代人に多い、ストレスが原因の急性胃腸炎。 家庭や学校、職場での人間関係や仕事などにより多くの人がストレスを抱えています。 現代社会において、このストレスは切っても切り離せない関係だといえるかもしれませんが、それでも急性胃腸炎などにならないよう、その対策を考えなくてはなりません。 精神的ストレス ストレスが原因の急性胃腸炎には、精神的ストレスによって起こるものがあります。 これは人間関係や仕事などによって、精神的ダメージを受けた時に起こります。 緊張が続いたり、強いストレスを感じたりすると胃が痛くなることがありますよね? こういった状況は精神的ストレスによる急性胃腸炎を起こしやすくします。 ストレスを溜め込まないよう努力するか、ストレスをうまく発散させる方法を見つけるなどして、ストレスを軽減させるようにしましょう。 肉体的ストレス ストレスが原因での急性胃腸炎には、肉体的ストレスによって起きるものもあります。 ストレスだと感じていなくても、体がストレスを感じてしまっているものがこれにあたります。 疲労や睡眠不足などは実際にストレスだと感じていなくても、肉体的ストレスが与えられている状態です。 休養をしっかり取り、体を疲れさせないようにすることが、この肉体的ストレスを防ぐ方法です。 ストレスに負けない心と体 現代社会ではストレスという言葉が頻繁に使われています。 それだけ人はストレスと戦いながら生活しているということです。 全くストレスを感じない人はいないでしょうし、ストレスの全くない生活というのもありえないかもしれません。 しかしストレスと上手に付き合っていくには、ストレスに負けない心と体を作っていくしかありません。 自分に合ったストレス発散方法を見つけたり、上手に休養をとるなどして精神的にも肉体的にも、ストレスに負けない心と体を作り、ストレスによる急性胃腸炎にならないように心がけましょう。 ストレスから急性胃腸炎を発症するさまざまな理由 急性胃腸炎の症状があるのに検査をしても異常が見つからないのは、ストレスが原因のストレス性胃腸炎であるケースが多いようです。 中国には「胃は精神の住まい」ということわざがあり、ストレスと胃腸のはたらきには深いかかわりがあると考えられます。 ストレスによって急性胃腸炎を起こす理由について述べます。 急性胃腸炎のとき、胃の中はどうなっているか? 胃腸炎を起こしている胃の中は、胃酸の分泌が多い状態です。 自分が分泌した胃酸で、自分の胃粘膜を傷つけてしまっています。 そのような状態に至るには、いくつかの要因があります。 ストレスと自律神経 胃酸の分泌や胃粘膜の血流の過多は、自律神経のはたらきによって調節されています。 ストレスは自律神経のバランスを崩して胃酸過多、胃粘膜の血流低下を招きます。 その結果、胃粘膜が荒れて急性胃腸炎を発症します。 ストレスが元になっている行動・問題も急性胃腸炎の要因 ストレスがそのまま急性胃腸炎に直結するだけではありません。 ストレスによって行動や体調が変化し、その結果として急性胃腸炎に至るケースもあります。 自律神経は睡眠の影響を大きく受けます。 睡眠時間が短い、昼夜逆転の生活になると自律神経のバランスが崩れやすくなります。 過度のアルコール摂取は、胃粘膜に大きなダメージを与えます。 この場合、急性胃腸炎の直接的な原因はアルコールですが、根本原因はストレスであるといえます。 カフェインには鎮静作用があるため、ストレスが高じるとこれらの飲み物を欲することが多いようです。 水分の摂りすぎも胃もたれの原因になります。 刺激物や油っぽいものを食べると、特に胃腸炎のリスクが高まります。 ストレスは、体や行動にさまざまな影響を与えます。 胃腸をいたわるためにも、ストレス解消が大切です。 これはストレスが原因なの?ストレスによる胃痛と胃痛によるストレス おなかが痛い、胃が痛いのは大変辛いことです。 たかが腹痛とは言えず、この辛さはのた打ち回るような気持ちになることも有ります。 ストレスが原因で胃痛が起きる場合と、胃痛がストレスに成る場合があり、ご紹介させて頂きます。 胃の痛みが何時どんな感じであるのか、どの位の期間あるのか、症状を明確に伝える事が大切です。 ストレスが原因の場合、ストレス解消をすることが胃痛を改善する方法になりますが、痛みによってストレスを強化させることもあるので、痛みは早めに治療しましょう。 何時・誰が・何所で・何を・どうする・これを明確に自分に尋ねてください。 嫌だと感じていることについて、全ての条件を自分に尋ねてください。 誰が嫌なのか、それはなぜか、どうしてそう感じるのか。 言語化して第三者に説明するつもりで、書き出す、もしくはカウンセラーに話してください。 そうすることで、自分を理解し、ストレスの対処法も見つけやすくなるでしょう。 心身は同根で心で感じたことが体に影響が出ることがよくあります。 ストレスを溜めないように、日頃からストレス発散法を見つけておくといいかもしれません。 Photo by:.

次の

【ストレス性胃腸炎】最も効果的な食べ物と食事メニュー5選

ストレス 性 胃腸 炎

ストレス性急性胃炎の原因は? ストレス性急性胃炎の原因はその名の通り、ストレスによる影響が最も大きいとされています。 ストレスによって胃の働きをコントロールしている、 自律神経のバランス乱れが生じることが最大の原因です。 ストレスから過剰な胃酸が分泌され、胃腸の痛みや潰瘍に繋がります。 また胃の収縮が起こり、激しい腹痛や胃の痙攣が起こります。 ストレス性急性胃炎の症状とは? ストレス性急性胃炎の主な症状は、 「強烈な腹痛」や「激しい下痢」です。 また発熱を伴ったり体中に倦怠感を感じて、嘔吐してしまうこともあるといいます。 さらに最悪の場合には血圧の低下や意識障害などを引き起こすことも稀にあるので十分な注意が必要です。 ほかにも、胃腸の機能低下により起こる 「消化不良」や「膨満感」もストレス性急性胃炎の症状です。 嘔吐感や体のだるさを感じたら要注意!これらの症状の緩和には正しい治療が必要不可欠です。 突然の胃の痛みや嘔吐感があまりにも激しい場合には、入院の措置を取ることも少なくないといいます。 このような症状を少しでも感じたら、早目に専門機関を受診することが大切です。 ストレス性胃炎の治療について 治療には胃腸の機能を改善する効果のある薬剤や漢方薬を使用することで症状が緩和するといいます。 また胃粘膜の胃酸分泌を調整する作用のある 胃酸分泌抑制剤を使用することもあるようです。 さらには原因のストレス自体を穏やかにする目的として、抗不安薬などが用いられるケースもあります。 最も肝心な事は原因となっているストレスを見極めて、その状況を出来るだけ改善することです。 入院が必要になることも!! 期間は? ストレス性胃炎を放置すると、 胃潰瘍になる可能性があります。 進行の速度は人それぞれですが、胃潰瘍の兆候がある場合や危険な状態の時には即入院となります。 入院の期間は症状にもよりますが、ストレス性胃炎で 2週間入院した人もいるようです。 不規則な生活や乱れた食生活は、ストレスを悪化させる要因にもなり兼ねません。 治療と併せて正しいリズムで健康的な生活を送れるように意識することも重要なポイントですよ。

次の

ストレス性胃腸炎の症状について!下痢や熱、頭痛は起こるの?

ストレス 性 胃腸 炎

神経性胃腸炎の症状 ストレスによる胃腸炎は「神経性胃腸炎」と呼ばれ、大人だけではなく子供にも起こりうるものです。 胃の痛みだけであれば「神経性胃炎」ですが、それに加え原因不明の下痢が続くと「神経性胃腸炎」となります。 この胃腸炎は、検査をしてもその原因となるものが発見されないという特徴があります。 胃カメラなどを使って検査をしても炎症を認められず、胃の不快症状を頻繁に感じたり、胃酸が喉まで上がってくるといった症状もあり、日常生活でも不快感を感じやすい病気です。 神経性胃腸炎の原因 神経性胃腸炎の原因は、ストレス以外にも存在しています。 神経性胃炎となり胃の働きが弱っている状態のときに、アルコールや香辛料などの刺激物を摂取することで下痢を引き起こしてしまうこともあります。 このように下痢の症状は主に食べ物が関連していますが、それ以外では「また下痢をしてしまうかもしれない」という精神的プレッシャーから下痢となってしまうこともあるようです。 大切な場面で下痢を起こしてしまうという方に多く、下痢をしてしまうかもしれないという不安感や恐怖感が更なるストレスとなって下痢を起こすという悪循環に陥ってしまうのです。 神経性胃腸炎の対処法 神経性胃腸炎の対処法としては、病院で行う治療と並行して自分の精神をコントロールすることが必要になります。 神経性胃腸炎はすぐに治すことが難しい病気ですので、根気よく付き合っていきましょう。 それでは、神経性胃腸炎の対処法を5つご紹介します。 胃の痛みを感じたら休む まず、下痢を起こす前の段階、胃の痛みを感じた時点で現在の疲労を回復するように努めましょう。 睡眠リズムを正し、体をゆっくり休めるようにして下さい。 下痢止めを持ち歩く これは、むやみに下痢止めを服用してくださいということではありません。 下痢止めを持ち歩くことで、「いつ下痢になっても大丈夫」という安心感を得るための方法です。 「今日は大事な会議があるから下痢になったらどうしよう」 「通勤電車で下痢になったらどうしよう」 こういった不安感を取り除き、一種の精神安定剤的な役割として下痢止めを持ち歩くことで、下痢へのプレッシャーを弱める効果が期待できます。 お腹にやさしいものを食べる ストレスが強いと感じている期間は、なるべく胃に優しいものを食べるように心がけてください。 ストレスでアルコールを摂取したくなることもありますが、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。 胃の粘膜を保護してくれる牛乳を、寝る前や朝に飲むのもおすすめです。 ストレスの発散法を学ぶ 自分にとっては何がストレスの発散になるのか、もう一度考え直してみるのも良いでしょう。 一般的にはストレスの解消になると言われているものでも、胃腸炎になるほどのストレスを感じている時にはそれが負担になることもあります。 騒いで楽しむだけがストレス解消ではありません。 アロマの香りを楽しみながら入浴する、いつもより多く睡眠をとるといったことがストレスの解消につながることもあります。 病院へ行く 原因がストレスであることが解っていても、しっかりと病院で治療してもらうことも大切です。 確実にストレスが原因である場合には、心療内科やカウンセリングのある病院へ行ってみてください。 誰にも相談できない、しかし自分では抱えきれない、そんなストレスの中身をカウンセラーに相談することで、自分と向き合うきっかけになるでしょう。 また、心療内科でも胃腸に関する薬を処方してもらえますので、現在感じている不快な症状をすべて伝えるようにして下さい。 まとめ ストレスの内容は人によって様々で、それによる症状も色々です。 人には理解してもらえないような症状もあるでしょうから、強いストレスによって体調不良を起こしている時には不安がらずに心療内科へ行ってみましょう。 一日でも早くストレスから解放され、健康的な生活が送れますように。

次の