市川市 避難所。 指定緊急避難場所(一時避難場所)や指定避難所(避難所)|八王子市公式ホームページ

避難所一覧|野田市ホームページ

市川市 避難所

千葉県市川市から絞り込み• 伊勢宿 0• 入船 0• 押切 0• 鬼越 0• 加藤新田 0• 上妙典 0• 香取 0• 高谷新町 0• 国分 0• 島尻 0• 下新宿 0• 下妙典 0• 関ケ島 0• 高石神 0• 高浜町 0• 宝 0• 田尻 0• 東大和田 0• 日之出 0• 二子飛地 0• 二俣新町 0• 奉免町 0• 本郷飛地 0• 本塩 0• 湊 0•

次の

指定避難所・指定緊急避難場所 指定避難所 / 田川市

市川市 避難所

会場は市川駅北口周辺から京成市川真間(まま)駅周辺にかけてのエリアで、屋台や物産展が出店するほか、市民ステージやパレードなど様々なイベントが行われます。 メイン会場となっている「ふれあい広場」には美味しいグルメが勢揃い!年によって異なりますが、 富士宮焼きそばやステーキ、クレープなどB級グルメからスイーツまで何でもあります。 市川駅北口にある5つのステージでは、市川市内の生徒たちによるパフォーマンスや伝統芸能などを披露。 総出演者数は、なんと約1000人以上にもなるそうですよ。 ほかにも浅草の演芸人による漫才や落語、ちんどん屋にサンバと毎年趣向を凝らしたイベントが人気を呼んでいます。 雨天の場合でもお祭りは予定通り行われるので、ぜひ週末の予定にいかがでしょうか? 名称:市川まつり 住所:市川駅北口周辺~京成市川真間駅周辺 2. 葛飾八幡宮例大祭 市川市八幡に鎮座する葛飾八幡宮(かつしかはちまんぐう)は、下総の国総鎮守として知られています。 平安時代に創建されたこの神社は「八幡」の地名の由来にもなった由緒ある神社で、市川市八幡はこの「八幡さま」を中心に発展した街なんですよ。 葛飾八幡宮では毎年9月15日に「例大祭」、10月に3年に一度の「八幡祭」が行われます。 毎年行われる例大祭では「八幡のぼろ市」と呼ばれる有名な農具市が開催されるほか、様々な屋台が建ち並び大賑わい。 「八幡囃子保存会」の演奏や神楽殿での奉納行事も必見ですよ。 二日目にはいよいよ神輿が街中へ繰り出します。 また、葛飾八幡宮には「三十三周年式年大祭」と呼ばれる33年ごとに行われる大祭もあり、前回は2017年の3月31日から4月3日の四日間にかけて開催されました。 いつもはわりと静かな葛飾八幡宮も、この四日間は昼夜問わずたくさんの人で溢れ大盛り上がりだったのだとか。 ちなみに、次回の「三十三周年式年大祭」は2050年ですよ! 3. 市川市民納涼花火大会 「市川市民納涼花火大会」は、毎年8月上旬に江戸川河川敷を会場に行われます。 打ち上げ総数は約1万4,000発。 スターマインや仕掛け花火など、8つのテーマに沿って花火が打ちあがり夜空を彩ります。 毎年江戸川区花火大会と同日に行われており、観覧場所によっては両方の花火を楽しめると密かな人気を呼んでいるんですよ。 オープニングは毎年恒例、江戸川名物の5秒間1,000発花火!その後はBGMに合わせて次々と打ちあがり、締めくくりはまるで煌めくシャワーのような「金冠(きんかむろ)」です。 地元の人も毎年楽しみにしている「市川市民納涼花火大会」には屋台も出るので、ぜひお友達や家族で訪れてみてくださいね!.

次の

千葉県市川市の避難場所一覧

市川市 避難所

地震など大規模災害で避難する時、避難所にペットは連れて行けるのか。 東日本大震災では避難がかなわなかったペットが多数犠牲になっており、家族の一員としてペットを飼う人にとって深刻な問題だ。 東日本大震災後、市川市がペットを同行した福島県の被災者を受け入れていたことを知っているだろうか。 画期的な取り組みと高く評価される一方、課題も浮かび上がった。 関係者らはペット同行避難の体制整備を求めると同時に、災害に備え「飼い主の責任」も指摘している。 並木市議はかねてからペット同行避難の実現に取り組み、日本愛玩動物協会員でもあった。 「見ず知らずの人がホームページを見て電話してきた」と並木市議。 切実さを感じ取り、ペットを同行した被災者の受け入れを市に働き掛けた。 市側も積極的な被災者支援を方針に掲げていたことから、原発被災者らを対象に受け入れを決定。 発生17日後の3月28日、生涯学習施設「市少年自然の家」(同市大町)にペット同伴可の避難所を開設した。 同協会などでつくる「全国緊急災害時動物救援本部」によると、震災後、被災地以外にペット同伴可能を明言した自治体の避難所はなく、同協会には「福島県外に避難するため泣く泣くペットを手放した飼い主もいる」との情報が寄せられていた。 同本部もペット同伴可の避難所を探したが見つからず、頭を抱えていたところだった。 ボランティアの獣医師による健康診断が行われたほか、同本部スタッフらが飼育場所の衛生管理などを担当。 これまでペットの鳴き声や臭いを気にしながら避難生活を送ってきた被災者から「今まで肩身が狭かった。 助かる」と感謝の声が挙がったという。 同本部が福島県内の避難所で入居者を募集した当初は多くの希望者がおり、同施設も100人、100匹程度の受け入れが可能だったが、同年4月28日の避難所閉鎖までに入居したのは4世帯と犬7匹、猫2匹のみ。 開設直前に県の水道から高濃度の放射性ヨウ素が検出されたことや、知り合いのいない土地に避難することの抵抗感が、キャンセルが相次いだ主な理由と考えられている。 同協会の白井百合課長(44)は「福島の情報が入りにくくなるなどして、市川への避難をあきらめた人も多かった。 地域ぐるみの避難やペット同行避難ができる体制の整備に向けて、各自治体との連携を強化したい」と話す。 具体的な対応マニュアルもなかった。 「市は受け入れに熱心だったが混乱もあった」と振り返る並木市議は「1次的な避難受け入れから仮設住宅まで段階的なマニュアルが必要。 ペット同行避難は飼い主のストレス軽減につながるが、動物が苦手な市民もいる。 次の災害に備え、不快感を与えない仕組みを市民全体の理解を得ながら作るべきだ」。 また、並木市議は「えさや薬の備蓄、しつけなどは飼い主の責任」と訴える。 同協会の﨑田克康事業部長(50)も「日頃から防災意識を持ってほしい。 人に危害を加える恐れがある動物を飼っている人もおり、災害時に逃げ出すと騒動になりかねない。 動物を飼うことは責任が伴うことを肝に銘じて」と呼び掛けた。

次の