ブロッコリー 茹でる。 ブロッコリーの栄養逃さない方法は?茹でると栄養が逃げる?効能や保存方法も紹介

【決定版】ブロッコリーの茹で方/茹で時間ガイド。レンジ加熱も解説

ブロッコリー 茹でる

ブロッコリーを茹でるのは手間? 「実はブロッコリーは電子レンジで茹でることが出来る」 という話は聞いたことありますか?ブロッコリーを茹でるのって結構面倒ですよね。 他の料理も同時に作らないといけないからこそ、ブロッコリーの下処理はなるべく手軽に簡単に済ませたいものです。 私は長年お湯で茹でていましたが、レンジで茹でることを知ってからはレンジを使うことが増えています。 なんといっても、ブロッコリーをレンジで茹でるメリットは「手間が少ないこと」です。 お湯で茹でると、お湯が茹でるまで待って、そこからブロッコリーを入れて・・・という流れですよね。 レンジなら、ブロッコリーをお皿に入れてラップをして、チンして終わり。 そのまま食卓に出せちゃうので楽です。 電子レンジを使った、ブロッコリーのゆで方 では、実際にブロッコリーをレンジで茹でてみましょう。 今回、小鉢一杯分の量で試してみました。 これくらいのサイズ感です。 ブロッコリーを洗う まず、水で洗います。 ブロッコリーはぎゅっと葉と葉が詰まっているので、さっと洗っただけでは汚れが取れないことがあります。 できれば、水をためたボウルに沈めてゆすったりして奥にあるゴミも出します。 レンジで温める 洗った後は、水がついたままお皿に入れます。 塩を軽くかけ、ラップをして ブロッコリーをレンジの強さ600wで1分30秒温めます。 少し歯ごたえが残る固さです。 ブロッコリーを小分けにしてしまうと、下処理後固くなってしまいます。 ブロッコリーの緑色がとても鮮やかです。 レンジの茹で時間 1分40秒で普通の固さ、ほろほろの柔らかい固さにするなら1分50秒がおススメです。 お湯で3分茹でるのと同じくらいの固さになります。 少しですが時短になりますね。 粗熱が取れるまでそのまま放っておけば完成です!お湯で茹でる時と同じで、余熱がブロッコリーの固さを程よくしてくれます。 オリーブオイルと塩をかけるだけで一品に このままでも美味しいのですが、個人的に塩の他にオリーブオイルと胡椒を軽くかけて温めるとパクパク食べられちゃいます!嫌いじゃなければすりニンニクをまぶしても美味しいですよ。 出来立てが美味しいので、作り置きよりは食べられるだけの量をその時にレンジで温めて茹でるのをおススメします! レンジでゆでるメリットとは? ブロッコリーにはビタミンCをはじめとする水溶性のビタミンがたっぷり含まれています。 免疫力のアップや美容に効果的なビタミンCが含まれている量は、野菜の中ではトップクラスです。 レモンの約2倍というから驚きです。 さらに、食物繊維も豊富で、有害物質を吸着して排出を促す働きがあり、発がんリスクを減らします。 その他にも、皮膚の保護や血糖値の維持など様々な効果が期待できます。 ビタミンCは水溶性の栄養成分です。 そのため、ブロッコリーをレンジで下処理する方法は、お湯で茹でるのと比べて、ビタミンCの流出を防げる意外なメリットもあります。 時間も節約できて、栄養面でもメリットがあるので一石二鳥です。 また、ブロッコリーは茎に栄養があります。 茎の部分を捨てる人も多いですが、それではもったいないので是非食べて下さいね。 文・写真 ひださとこ.

次の

ブロッコリーの栄養逃さない方法は?茹でると栄養が逃げる?効能や保存方法も紹介

ブロッコリー 茹でる

【新鮮な 食材宅配サービス】 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために『不要不急の外出』を控えることが大切です。 もちろん買い物にでかけることが禁止されている訳ではありません。 ですが、できる限り安全に美味しいものを食べたいという欲求は消えません。 そこでお薦めなのが 『有機野菜や新鮮野菜の宅配サービス』 食材宅配サービスのメリットは、• スーパーや混雑したお店に行くのを避けられる• 買い物かごやカートなどを触らなくてもよい• 多数の人が触った商品を買わなくてもよい• レジや狭い店内で人との接触を避けられる• 有機野菜のため値段がスーパーより高い• セット売りで野菜を選べない•

次の

ブロッコリーが臭い!腐ってる?茹でた時に匂う原因と臭さを消す方法!

ブロッコリー 茹でる

ブロッコリーの下ごしらえ ブロッコリーはキャベツの仲間で、冬から初春の旬の時期には甘みが増します。 ゆでる前の下ごしらえで気をつけたいのが 「ブロッコリーの茎は食べられるので捨てない」ということ。 茎の芯の部分には、緑色のつぼみの部分以上にしっかりとした甘みがあります。 まず、ブロッコリーは小房ごとに切り落とします。 切りやすい下から順に、 できるだけ小房に付いてくる茎を長く残すように切っていきます。 一番上の部分は小房ではなく、大きい塊になりますが、小房に切り分けることが難しいので大きいままの状態で切り落とします。 つづけて、 ゆで時間を同じ程度にするために大きさをそろえます(大きめ、小さめなどは好みや料理に合わせて調整してください)。 この大きさをそろえる時にポイントとなるのが、緑のつぼみ部分まで包丁を入れてしまうと、バラバラになってしまうので 『茎の部分から数センチほど切り込みを入れ、あとは手で割く』とまな板も汚れにくくなります。 また、 割くほどでもないけど少し大きいのものは、茎に切り込みを入れておくだけで、ゆで時間が少し早くなり、他のものとゆで時間を合わせることができます! 茎の下ごしらえと小房の洗い方 ブロッコリーの茎はまわりの硬い部分の皮を切り落として、 白っぽい芯の部分だけにして調理するとやわらかく、美味しく食べることができます。 茎をまな板の上に置き、端から順に皮を厚く切り落とし、くるくる回しながら芯の部分だけにします。 食べやすい幅に切ってゆでます(今回は6~7㎜幅の斜め切りにしました)。 しっかり塩をきかせてゆでるとよいです。 しっかりと沸いた中に、ブロッコリーの小房と切った茎を入れてゆでます。 ゆで時間は小さめなら2分、大きめなら3分が目安です。 ブロッコリーがゆで上がればざる上げします。 この最後工程で注意したいのが、 『ブロッコリーはゆでた後に水につけずに冷ます』ということ。 これは 水につけてしまうと小さなつぼみの中に水を含んで、食べる時に水っぽくなってしまうからです。 ざるに上げてしっかりと水気を切り、常温で放置しておくか、余裕があればうちわなどを使って冷ますとよいです。

次の