アット ホーム ダッド 子役。 アットホーム・ダッド

アットホーム・ダッド解析サイト

アット ホーム ダッド 子役

この項目では、について説明しています。 一般的な使われ方については「」をご覧ください。 アットホーム・ダッド ジャンル 脚本 演出 二宮浩行 出演者 オープニング 「朝焼けの旅路」 製作 プロデューサー (関西テレビ) (MMJ) 伊藤達哉(MMJ) 制作 放送 音声形式 放送国・地域 連続ドラマ 放送期間 - 放送時間 火曜 22:00 - 22:54 放送枠 放送分 54分 回数 12 スペシャル 放送期間 放送時間 火曜 21:30 - 23:24 放送分 114分 回数 1 特記事項: 初回は10分拡大(22:10 - 23:14)。 最終回は15分拡大(22:30 - 23:39)。 『 アットホーム・ダッド』は、からまで毎週火曜日22:00 - 22:54に、制作・系の「」で放送された日本の。 主演は。 には、スペシャルドラマ『 アットホーム・ダッド スペシャル』が放送された。 概要 [ ] 2005(主催)優秀賞受賞作品。 念願のマイホームを手に入れたが、リストラされて失業した・山村和之()が、男が家事や子供の教育をする「」に挑み奮闘を描く。 妻の美紀()や、娘の理絵との温かい会話に心が和む。 現在の家庭のあり方を考えさせられる部分もある。 山村家の夫婦逆転により、第1話と第2話以降ではオープニングのが異なっている。 とは関西出身だが、演じた役柄が東京出身という設定だったため、標準語で演じた。 演じる大沢健児と演じる倉本冴子はのちに結ばれ、ドラマ『』(2005年)にも夫婦役で出演している(本作の脚本・が同作でも脚本を手がけており、同じ住宅地がロケ地となっている)。 あらすじ [ ] 大手広告会社に勤める・山村和之は、「男は仕事、女は家事」という概念を持った典型的なタイプ。 の美紀との理絵と幸せに暮らし、仕事も順調。 ついに念願のマイホームを手に入れ、まさに順風満帆な時を迎えていた。 しかし突然、リストラされて失業してしまう。 生活のため和之の仕事が見つかるまで、美紀が以前勤めていた職場に復帰して働き、和之がを努める事になる。 和之は、女の仕事と馬鹿にしていた家事に戸惑いつつも、隣の家の専業主夫・杉尾優介に指南してもらう中、家族について改めて考えるようになっていく。 キャスト [ ] 山村家 [ ] 山村 和之(やまむら かずゆき)〈37〉 演 - 主人公。 美紀の・理絵の。 「男は仕事、女は家庭」という古風な考えの持ち主。 として手腕を振るって仕事をしている反面、専業主夫を馬鹿にしているが、会社からリストラされ自分もになる羽目になる。 プライドが高く、自分は何でも出来ると思っているが、家事の大変さを思い知らされ優介に助けを求める。 娘のために甘いものが苦手なのにスイーツクラブに参加したり、お受験に意欲的になるなど「いいお父さん」でもある。 口下手で素直に愛情を表現することができないが、主夫業を通して美紀の偉大さを知り、心から彼女を愛し、感謝している。 最後は仕事より主夫業を選んだ。 山村 美紀(やまむら みき)〈29〉 演 - 和之の・理絵の。 結婚後、を辞めて専業主婦となり、家事と子育てに専念していたが、和之がリストラされた事から同時期に誘われていた新雑誌の創刊を手伝うためにに数年ぶりに復帰し、夫婦逆転の生活になる。 編集長の上田に認められ、となる。 山村 理絵(やまむら りえ)〈5〉 演 - 和之と美紀の。 6月8日生まれ。 おマセな性格で、嫌なことはハッキリと言うタイプの女の子。 それゆえ親に気を遣うこともあり、時に和之や美紀を驚かせる。 杉尾家 [ ] 杉尾 優介(すぎお ゆうすけ)〈34〉 演 - 笙子の・亮太の。 もともとに勤めていたが、起業した笙子の方が収入が上になったため、主夫となり夫婦逆転の生活を選択する。 いつも助けを求めてくる和之には辟易しているが、内心では主夫仲間ができてうれしいと思っている。 和之と共にスーパーでを始めるが、和之が短期間で辞めて独りになってしまったため、自分もつられて辞めてしまう。 一匹狼の気がある和之とは対照的に、独りを嫌う。 二人目の子供を自宅で出産することになった時は、妻を思う気持ちからか病院での出産を勧めていた。 出産数日前にぎっくり腰になってしまったが、無事に夫としての役割を果たす。 自称・カリスマ専業主夫であり、スペシャル版では、自ら立ち上げたサイトで全国の主夫から相談を受けている。 杉尾 笙子(すぎお しょうこ)〈33〉 演 - (当時) 優介の・亮太の。。 人材の社長。 酒好きだがしたことで、美紀からを止められることが多い。 でも会社へと向かう程の会社人間。 毎日笑顔で妻のパンツを干せる優介を心から尊敬している。 杉尾 亮太(すぎお りょうた)〈5〉 演 - 優介と笙子の。 8月15日生まれ。 凡庸で、引っ込み思案な性格の男の子。 しかし、やるときは意外にやる。 岩崎家 [ ] 岩崎 真理江(いわさき まりえ)〈38〉 演 - 翼の。 ひかりの保護者のボスで、自分が常に上に立たないと気が済まず、自分が常に正しいと思い込んでいる傲慢で協調性ゼロの性格。 彼女に気に入られると、子供の幼稚園生活は安泰らしいが、逆に自分に刃向かった者には周囲も使って徹底的な制裁を加える。 そのため、プライドの高い和之でさえも頭が上がらない。 彼女の主催する「スイーツクラブ」は、ただケーキをつくって愚痴をこぼすだけの集まりだが、毎回彼女に一人当たり2~3千円の謝礼金を渡すのが常識となっている。 夫はそんな真理江の傲慢な性格に愛想をつかし、他に女を作り別居中。 しかし、世間体や息子の受験に不利なことから建前上は夫婦円満を気取っており、離婚を渋っている。 岩崎 翼(いわさき つばさ) 演 - 真理江の。 イヤミな優等生坊ちゃんの典型。 でもお母さんにはやさしい。 その他 [ ] 大沢 健児(おおさわ けんじ)〈24〉 演 - スポーツクラブ。 恋人である冴子には、頭が上がらない。 幼稚園のお母様方の怖さを知らないため、交際を隠している冴子に不満を抱いている。 和之と優介も、彼の勤めるスポーツクラブに通っているが、彼らは事あるごとに「退会」をほのめかしており、毎回それを止めるのに必死である。 倉本 冴子(くらもと さえこ)〈22〉 演 - ひかり。 恋人である健児は奥様方のアイドルであるので、仕事に支障をきたさないために交際を隠している。 二人が会うのは多くが冴子の家であるため、幼稚園の教材作りを健児に手伝わせている。 上田 聡(うえだ さとし)〈35〉 演 - ウインザー。 美紀の上司。 麻生 光江(あそう みつえ)〈62〉 演 - 美紀の・和之の・理絵の。 如何なる事情でも和之が主夫をしていく事に反対している。 を観に行くことが生き甲斐。 夫には無関心。 美紀の父親 演 - 長沢局長 演 - 第1話に出演。 大手広告会社に勤務していた和之にリストラを宣告する。 予防接種をする医者 演 - 第11話に出演。 (後に『』でも医者役で阿部寛と共演することになる。 ) 越川 佳恵(こしかわ よしえ) 演 - スペシャルに出演。 越川助産院。 厳しくもやさしくもある昔ながらの助産師さん。 自宅出産する妻よりも慌てふためく優介に一抹の不安を感じていた。 スタッフ [ ]• 脚本:、• 音楽:• 主題歌:「朝焼けの旅路」()• 挿入歌:「」()• 美術プロデューサー:村上輝彦• スタイリスト:• 広報:• 演出:(関西テレビ)、(MMJ)、二宮浩行(MMJ)• プロデューサー:(関西テレビ)、(MMJ)、伊藤達哉(MMJ)• 制作協力:、、、• 制作:、 放送日程 [ ] 連続ドラマ [ ] 各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率 第1話 2004年4月13日 男子厨房に入る 専業主夫誕生 尾崎将也 塚本連平 17. アットホーム・ダッド DVD-BOX(2004年9月1日発売、)• アットホーム・ダッド スペシャル DVD(2004年12月15日発売、ポニーキャニオン) サウンドトラック• アットホーム・ダッド オリジナル・サウンドトラック(2004年12月15日発売、ポニーキャニオン) ロケ地 [ ]• マークスプリングス(、)• 町田市光幼稚園()• 南町田・幕張(・、)• 登場人物が暮らす街「マークスプリングス」()は、後に同局系でに放送されたドラマ「」でもロケ地として用いられた。 和之が在籍していた会社のデスクチェアは、製の「コンテッサ」。 和之の自宅のデスクチェアは、デザイナー御用達で有名な「」である。 外部リンク [ ]• 制作・系 前番組 番組名 次番組.

次の

アットホームダッドの子役『りえ』を演じた安藤咲良の現在の顔は?

アット ホーム ダッド 子役

リストラされた自称エリートが、不慣れな主夫をふてくされながらイヤイヤやる羽目になるお話です。 自己中ダメ主夫ぶりにイラッとすることも多々あり、視聴を断念しようかと思ったこともしばしば。 ですが、都度、家族・隣人の温かい支えで少しずつ、ほんの少しずつですが、まともになる様が、人って変われるものなんだなぁ、と感心しつつ楽しめました。 ハッピーエンドかは見る人で意見が分かれるかもしれませんが、自分にはこう終わってほしい、という願いどおりのラストでした。 子供の頃に見た大好きなドラマで、とても懐かしいです。 とにかくハッピーで、心がほんわかするいいドラマです。 話の構成もテーマも最終回までブレずしっかりしてますし、 展開もわかりやすいのですが、なぜだか惹き込まれ一気見してしまいました。 阿部寛さんは、すっかりシリアスな役ももちろんコメディーもできる実力派俳優さんになりましたね! 宮迫さんの漫才で磨いた小気味良いメリハリのある演技力、見ていて気持ちがいいです…復帰を信じてます! 改めて見て驚いたのは、中島知子さんの演技力の高さ! 中島知子さん…正直演技力の伸びしろは、このドラマの時点では篠原涼子さんよりあったと思います。 なにかのきっかけがあれば…化けたかもしれない演技力…今頃は名脇役女優になってたかもしれなかったのに… 洗脳騒動がなければ…惜しい…。 あと、今は亡き…川島なお美さんもママ友ボス役がはまってますね。 お菓子を作ってる川島なお美さんを見ると…なんだかせつないですね。 このドラマ、今から15年も前にやっていたんだな。 何だか懐かしい気持ちになれた。 この頃の時代背景を考えると、「主夫」という言葉はまだまだメジャーではなかったし、抵抗を感じる人が多かったと思う。 事実、当時22歳だったボクはそんな人たちのことをバカにしていた。 だけど、今は全く違う価値観になってきている。 脳内ソフトの古い一部の人たちは置いといて 広く世間に知れ渡ってきたし、受け入れられるようになってきた。 そういった意味では、かなり時代を先取ったドラマと言えるんじゃないかな。 最近のトレンドで言えば「おっさんずラブ」や「きのう何食べた?」といったゲイドラマが有名だが、そのうち同性愛も当たり前になっていくんだろう。 ってかフツーに認められ始めている。 まだまだ抵抗を感じている人は多いけど。 そういう視点で見ていると、昔のドラマも捨てたもんじゃない気がする。 意外な発見があるので二重三重に面白い。 もちろん、ストーリーの展開やリズムなんかも大事な要素になるのだが、本作品においては全く問題ないので安心してほしい。 出演されてる役者さんたちにも安定感があるし、ちょっぴりウルっときてしまう場面もあってホッコリする。 こういうあったかいホームドラマは最近ないような気がするけど、それも時代の流れなのかもしれないな。 超エリートのCMディレクターがリストラに遭って専業主夫になって、わからないことだらけからスタートしたとはいえ、そこまで賢ければもっと問題解決能力は高いはずなのに、あまりにもポンコツな主夫ぶりになっていて、そのステレオタイプな男の描き方に、共働きで兼業主夫経験者として、男をバカにしすぎてると思いました。 また、脚本の趣旨は理解できないわけではないものの、利益度外視でCMを作り続けた協調性のない主人公が、ちょっとの主夫経験で仕事第一から家族第一に大変身するという設定も、まったくリアリティが感じられませんでした。 (ドラマ「鬼嫁日記」の大沢夫婦のいきさつがわかるという意味では、「鬼嫁日記」の前に見るというのはありかもしれません。 ) 笑えて、たまにしんみりとさせられて、観た後はあったかい気持ちになれるホームドラマ。 主演の阿部寛、違う世界に飛び込んで困惑する姿がとても似合う。 エプロンをして背中を丸めて台所に向かっているだけでちょっと笑える。 不器用でまっすぐな男をコミカルに演じている。 先輩専業主「夫」役の宮迫博之、準主役と言ってもいいくらいの存在感 と出番の多さ。 ご近所の専業主婦に囲まれながらも男を捨ててうまく立ち回っている要領の良い男の役がぴったりで、このドラマの明るく楽しい印象を決定づけていると言っても過言ではない。 そしてこのドラマ、子役がすごくいい!主人公の娘のりえちゃん、パパの頑張りを見て何かを決心するキリっとしたまなざし、高熱を出して寝込んでいる演技、まるで本当の両親と遊んでいるような天真爛漫な姿がとてもかわいらしく、毎回癒される。 鬼籍に入ってしまった川村なお美、近所の専業主婦のボス的存在がはまり役。 典型的なイジワルで高慢なキャラクターだが、第8話で見せる、夫に相手にされない悲しい妻の演技は観る価値あり。 こちらも子役がいい仕事をしていて泣ける。 篠原涼子がバリバリ仕事をしているっぽい演技の際に出す鼻にかかった高い声がたまに気に障るが、中島知子、宮迫博之、永井大など他のキャストはそれぞれ愛すべきキャラクターを演じており、どこを切り取っても作り手の愛情と現場の雰囲気の良さまで感じる、ホームドラマの良作だと感じた。

次の

macdonald.360heros.com:カスタマーレビュー: アットホーム・ダッド

アット ホーム ダッド 子役

スポンサーリンク 安藤咲良と言えば阿部寛主演のホームドラマ「アットホーム・ダッド」の娘役として有名になりましたよね。 あの演技は今思い返しても上手で可愛かったですね。 現在は子役からフリーアナウンサーに転身しています。 事務所はセントフォースの女子大生タレント部門のスプラウトに所属しています。 やっぱり現在もかわいい外見のままで、セントフォースの事務所はとっても本人のキャラに合ってると思います。 現在は知られざるガリバーのリポーターやAbemaTVの番組に出演するなど幅広く活躍しています。 まさかアットホームダッドの子役の理絵チャンがこんなにかわいくなってるとは思いませんでしたね。 それではさっそく安藤咲良について深堀していきたいと思います。 — 安藤咲良 anchan970910 安藤咲良は現在、早稲田大学教育学部に在学中で勉強と芸能界の仕事を両立しながらやっているみたいです。 プロフを見ると趣味はランニングで中学校の部活でもバスケ部に入っていたようなので、活発な性格が伺えます。 高校ではチア部に所属していて、子役から卒業したあとは学業に専念して充実した学生生活を送っていたみたいです。 でもあの子役の安藤咲良が知られざるガリバーでレポーター役として出演していたのには驚きました。 もう子役を引退してからけっこうたつので芸能界には復帰しないと思ってましたからね。 現在は仕事も順調で芸能界で安藤咲良は子役の次のセカンドキャリアを築くことに成功した珍しいパターンだと思います。 久しぶりに見た安藤咲良は子役時代のかわいさに大人っぽさが加わってさらに魅力的になってましたね。 インスタ画像の私服写真がかわいい! さん sakura. ando がシェアした投稿 — 2019年 5月月28日午前2時01分PDT インスタには安藤咲良の色んな可愛い私服の写真がアップされていて、どれも笑顔で写っていて見ているだけで心がいやされました。 やっぱりフリーアナウンサーの仕事をしているので、インスタ写真はどことなく上品な感じが漂っていて清楚系女子って感じです! 他にもトヨタから発売されたばかりの新型RAV4のPR動画の撮影風景写真がアップされていて、スカイブルーのボディーカラーが清楚な安藤咲良の雰囲気にとっても合っていました。 先日、ネッツトヨタ湘南 新型RAV4のPR動画撮影でした!. 子役で芸能界デビューしちゃうと大人になる前に消えてしまうパターンが多いのですが、安藤咲良はしっかり次のステップに進んでいてこれからますます芸能界で活躍しそうな感じです。 また食べるのも好き見たいで、週プレのインタビュー企画の中で在学中の早稲田大学の学食で男子が好きそうなガッツリメニューのチキンカツ定食を美味しそうに食べている写真はちょっと意外でした。 ツイッターでも食べるのが大好きと公言していて、インスタにも趣味の食べ歩きの写真がたくさんアップされていました。 でも安藤咲良のような可愛い女の子がたくさん食べている姿ってなんか癒されちゃいますよね~ メディアの取材にも飾らずに素の自分を出している姿がとっても好感が持てました。 安藤咲良はきっと裏表のない性格なんだと思います。 さらに芸能界という仕事を考えると、色々と出会いも多そうなので勝手な想像ですが熱愛中の彼氏はいると思います。 もしかすると早稲田大学の同じ学部の男の子と付き合っている可能性もありますよね。 中学の時は部活でバスケをやっていて、高校ではチアに所属していたみたいなので、性格も明るそうで男にモテるのは間違いないと思います。 自分のクラスにもし安藤咲良のような可愛い女の子がいたら一か八かの望み薄でも告白しないと一生後悔する気がします。 でもたとえ彼氏がいたとしても結婚するかどうかはまた別の話で、SNSを見ると今は仕事に夢中みたいなので、しばらくは結婚することはないんじゃないでしょうか。 安藤咲良みたいに私服が可愛くて、食べ歩き趣味の女の子とドライブデートしたら絶対に楽しいでしょうね。 2019-06-11 23:08 安藤咲良の性格や子役の経歴について! ボサボサだった前髪が生き返りました😂裁ちばさみでカットするのはやめようと決意😂 — 安藤咲良 anchan970910 ここからは安藤咲良の性格や子役時代の経歴について紹介していきます。 安藤咲良の子役時代の当たり役と言えば阿部寛の大人気ドラマ「アットホーム・ダッド」の山村理絵役ですよね。 阿部寛とのやり取りがとても面白くて毎週楽しみにみてました。 あの頃はティーバーみたいにネットの見逃し配信サービスがなかったので、リアルタイムで絶対に見逃さないように家に帰ってましたね。 その後、再放送でも何度も放送されているのでアットホーム・ダッドの娘役の女の子と言えば顔が思い浮かぶ人が多いんじゃないでしょうか。 ドラマのヒットで安藤咲良の子役の仕事も増えてその後はほんとにあった怖い話やこちら本池上署、Q. 証明終了など数々のドラマに出演しています。 また北川景子主演映画「Dear Friends」に登場する北川景子演じる高橋リナの幼少時代を演じたことでも話題になりました。 こうして見ると安藤咲良は子役として一時代を気づいたと言っても過言ではないと思います。 子役時代の性格はドラマを見ていた感じではちょっとワガママなのかなという印象がありましたが、これだけ色んな仕事が舞い込んできていたということは業界関係者の受けは相当良かったんだろうと思います。 あのちょっとワガママな山村理絵のキャラは演技によるものだったと考えるのが自然でしょう。 大人になってからの山村理絵の芸能界での活躍ぶりを見れば山村理絵がいかに努力かで真面目な性格なのかが分かります。

次の