ハイロー オーストラリア 撤退。 ハイローオーストラリア撤退の真相とは?日本の市場を捨てたってホント?

ハイローオーストラリアがなくなる?終了する?撤退の噂の真相は?【2020年最新】|ハイローオーストラリア口座開設|ハイロードットコム登録はコチラ!

ハイロー オーストラリア 撤退

Contents• ハイローオーストラリアが日本撤退するのは嘘です 数年ほど前から、ハイローオーストラリアは日本から撤退する?という噂が繰り返されてきました。 結論から言えば、ハイローオーストラリアは日本から撤退することはありませんし、終了することもありません。 ハイローオーストラリアが日本撤退するのが嘘である理由は、下記のとおり。 ハイローオーストラリアが公式に否定しているから。 上記のとおり。 実際にハイローオーストラリアに問い合わせたところ、 「そのような決定は現在弊社ではありません。 」と否定されました。 ですから、ハイローオーストラリアが日本撤退するというのは単なる噂であり、事実ではありません。 公式見解で撤退を否定しているのですから、一番信頼すべき情報ですね。 実は、2014年から毎年流れている嘘…。 実は、[ハイローオーストラリアが日本撤退する]というのは、2014年の5月から毎年ささやかれている噂なのです。 事の発端は、 [フォレックス・マグネイト]の記事です。 記事の内容は、下記のとおり。 この内容が、2014年5月に公開されたことで、ハイローオーストラリアが日本から撤退するのでは?という噂が広まり始めたのです。 しかし、実際には2020年現在もハイローオーストラリアは日本人向けにサービスを提供していますよね。 今後も、突然サービスを停止するということはなく、運営を続けていくことが予測できます。 ハイローオーストラリアの撤退が噂される理由とは? ハイローオーストラリアの日本撤退は、なんの根も葉もない噂というワケでもなく、噂がささやかれるようになった理由があります。 ハイローオーストラリアの日本撤退が噂されている理由は、下記のとおりです。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ それぞれ、順番に解説します。 同業のオーストラリア業者が日本撤退したから。 ハイローオーストラリア日本撤退の噂に拍車をかけたのが、同業のオーストラリア大手FX・CDFブローカーのPepperstone社の日本撤退です。 この業者は、実際に2014年いっぱいで日本向けの口座を閉鎖し、日本から事業撤退していきました。 この出来事がきっかけとなり、ハイローオーストラリアも日本から撤退するのではないか?という噂が広がるようになりました。 そして、毎年のようにハイローオーストラリアが日本から撤退するのではないか?という噂がささやかれているのです。 運営会社が変更されたから。 2019年6月に、ハイローオーストラリアの運営会社が変更となり、取引口座の移行手続きがアナウンスされました。 これまでハイローオーストラリアを利用していた人にとっては、寝耳に水だったと思います。 これまで、ハイローオーストラリアの運営元であった[オーストラリア]の「HighLow Markets Pty Ltd」から、[マーシャル諸島]の「MLMI Ltd. 」へサービス移管をおこない、それに伴いユーザーの取引口座移行が必要となりました。 移行前 移行後 HighLow Markets Pty Ltd MLMI LTD オーストラリア マーシャル諸島 創業:2010年5月 創業:2019年4月 上記のとおり。 2019年9月までに口座の移行手続きを完了すれば、口座残高、取引履歴キャッシュバック党の金額が移行されるしくみでした。 そして、手続きをしないユーザーに対しては、ハイローオーストラリアに登録されている銀行口座に強制的に返金するという内容でした。 この変更により、ハイローオーストラリアの運営会社は、[オーストラリア]から[マーシャル諸島]に変更され、金融ライセンスが【マーシャル諸島ライセンス】に変更となりました。 「ハイローオーストラリア」という名前のサービスですが、現在はマーシャル諸島の法律に基づいて運営されている会社です。 この時期には、誰もが 「ハイローオーストラリアはついに終了した。 」と思っていました。 EU(欧州)でも、バイナリーオプションが全面禁止になったから。 EU(欧州連合)経済圏では、金融当局であるESMA(欧州証券市場監督局)からの公式発表で、2018年3月27日にバイナリーオプションとCFD取引の全面禁止を発表しました。 発表の内容は、下記のとおりです。 ESMA AGREES TO PROHIBIT BINARY OPTIONS AND RESTRICT CFDS TO PROTECT RETAIL INVESTORS 27 March 2018 The European Securities and Markets Authority ESMA has agreed on on the provision of contracts for differences CFDs and binary options to retail investors in the European Union EU. The agreed measures include: 1. Binary Options — a prohibition on the marketing, distribution or sale of binary options to retail investors; 引用: 日本語に直訳すると、 ESMAは個人投資家を保護するために、バイナリーオプションとCFDをCFD禁止することに同意します 2018年3月27日 欧州証券市場局(ESMA)は、欧州連合(EU)の個人投資家向けの差額契約(CFD)とバイナリーオプションの提供に関する措置について合意します。 合意された措置には以下が含まれます。 バイナリーオプション-個人投資家へのバイナリーオプションのマーケティング、配布、または販売の禁止。 上記のとおり。 これにより、世界的にバイナリーオプションが禁止されて、 ハイローオーストラリアも日本から撤退するのではないか?という噂がネット上でささやかれるようになりました。 しかし、 ハイローオーストラリアは現在マーシャル諸島に本拠をおくバイナリーオプション業者であり、マーシャル諸島ではバイナリーオプションを禁止する法律はありません。 ですから、ハイローオーストラリアも、バイナリーオプションのサービスを継続することができるのです。 オーストラリアでバイナリーオプションの規制が強化されたから。 2019年8月22日、オーストラリアの金融当局であるASIC(オーストラリア証券投資委員会)は、バイナリーオプションの規制を強化することを発表しました。 参考: そのため、ハイローオーストラリアはオーストラリアの事業者としてサービスを継続することができなくなり、日本撤退の噂が流れました。 しかし、繰り返しなりますが、 ハイローオーストラリアの運営元は、[オーストラリア]から[マーシャル諸島]へと移行され、サービスを継続しています。 ですから、マーシャル諸島でバイナリーオプションが禁止されない限り、ハイローオーストラリアはサービスを継続することができるのです。 日本国内のバイナリーオプション規制に準拠していないから。 日本国内のバイナリーオプションでは、2013年に大きな公的規制が入り、規制に準拠しない業者は国内で運営できなくなりました。 日本国内のバイナリーオプション規制の内容は、下記のとおり。 ・短時間取引の禁止 ・ペイアウト倍率の変動制 ・1営業日あたりの回数規制 ・ペイアウト倍率の変動制 上記のとおり。 2013年の規制以降、上記の取引ルールに従わないバイナリーオプション業者は、日本国内での運営ができなくなりました。 しかし、海外業者であるハイローオーストラリアは、日本国国内の取引ルールに従わずに、[短時間取引の提供]や[ペイアウト倍率の固定制]などを採用しています。 ですから、 日本国内の取引ルールに従わないハイローオーストラリアは、 「日本でのサービスを締め出しされるのでは?」と噂されているのです。 YoutubeやTwitterでの再生数稼ぎに利用されているから。 Youtubeで[ハイローオーストラリア 撤退]と検索すると、 このように、ハイローオーストラリアが〇〇年に撤退する。 といった内容がたくさん出てきます。 このようなYoutube動画は、視聴者の不安をあおって再生回数を増やすことを目的としており、内容は的外れなものが多いです。 さらに、こう言った動画を投稿している人は、詐欺ツールや無資格のコンサルに誘導している人が多いので、騙されないように注意してください。 規約違反での強制解約と勘違いをしている。 ハイローオーストラリアでは、禁止されている規約を違反すると、強制解約されることがあります。 ハイローオーストラリアで強制解約となる理由は、下記のとおり。 ・レートの遅延やフロントランニングを狙った取引 ・業者間アービトラージ等の自動売買ソフトの利用の疑いがある ・クレジットカードの乱用が認められた場合 ・取引額と比べ、入金金額が通常の範疇を越える金額である場合 ・本人確認書類や公共料金、郵送物等に偽造をした場合 ・同一人が複数口座を開いたことが確認された場合 上記のとおり。 これらの理由に該当する場合には、ハイローオーストラリアの口座を強制解約される恐れがあります。 特に、[複数口座の開設]や、[自動売買ソフトの利用]は注意が必要です。 また、ハイローオーストラリアのアノマリーとして、一定ラインを越えて稼ぎすぎると、[取引制限がかかる]というものがあります。 強制解約や取引制限を受けたことを勘違いし、「ハイローオーストラリアは日本から撤退する。 」という噂を流している可能性もありますね。 こういった方はほとんどいないと思いますが、強制解約の画像をセットにして、ハイローオーストラリアの日本撤退の噂を流している人がいるのは事実ですね。 日本撤退はあくまで噂であり、真実ではないので安心して大丈夫だと思います。 AppストアやGoogleプレイからアプリが消えたから。 以前には、ハイローオーストラリアのiPhoneアプリやGoogleアプリがあったのですが、現在ではAndroid端末用のアプリのみがハイローオーストラリアの公式ページに存在しています。 しかし、これはAppストアとGoogleプレイで投資関連(バイナリーオプション関連)のアプリを一斉に削除したのが原因であり、ハイローオーストラリアがアプリを削除したワケではありません。 ちなみに、 2020年現在も、スマホユーザーはWEBブラウザ上のアプリからハイローオーストラリアを継続利用することができます。 ここまで解説してきたとおり、 [ハイローオーストラリアが日本から撤退する。 ]というのは、ユーザーが一方的に勘違いして、「撤退するのではないか?」という予測をしているだけですね。 実際には、ハイローオーストラリアの運営に問い合わせをしても 「そのような決定は現在弊社ではありません。 」と、公式に否定してています。 ハイローオーストラリアは日本から撤退しない理由 ハイローオーストラリアが日本から撤退しない理由は、下記のとおりです。 ・ ・ ・ それぞれ、順番に解説します。 日本国内ではバイナリーオプションの運営は保護されている。 日本国内でバイナリーオプション規制で大きなルール変更があったのが、2013年です。 それ以降は、日本国内では大きなルール変更はなく、バイナリーオプション業界は安定しています。 ようするに、 日本国内ではバイナリーオプションを禁止するのではなく、規制をかけて保護しているのが現状です。 規制をかけて許認可とすることで、税金を納めやすくする方法です。 ただし、海外業者のハイローオーストラリアは、日本国内の規制に準拠せずにサービスを継続していることが問題視されています。 それでも、ハイローオーストラリアはマーシャル諸島に本拠を移して、これまで通りのサービスを提供しており、現状で撤退することは無いです。 ハイローオーストラリアは収益を上げ続けている。 バイナリーオプションの利用者は7割以上の利用者が負け続けていると言われています。 つまり、胴元であるハイローオーストラリアにとっては、非常に収益性の高いビジネスになります。 特に、金融資産のおおい日本のマーケットはハイローオーストラリアにとっても魅力的であり、積極的にマーケティング活動をおこなっています。 ですから、 ハイローオーストラリアの運営元であるHLMI Ltd. にとって、日本のマーケットから撤退する理由がありません。 日本でも人気No. 1のバイナリーオプション業者だから。 ハイローオーストラリアは海外業者ですが、日本でも知名度・人気No. 1のバイナリーオプション業者です。 ハイローオーストラリアが日本で人気がある理由は、下記のとおり。 ・30秒、1分、5分といった短時間取引に対応している。 ・様々なキャッシュバックが豊富 ・業者としての信頼性の高さ ・日本語サポートの充実 上記のとおり。 ハッキリ言って、日本のバイナリーオプション業界はハイローオーストラリアが牽引していると言っても過言ではありません。 ペイアウト率の高さ、キャッシュバック、信頼性のどれをとっても、トップクラスです。 現状、ハイローオーストラリアの日本撤退の心配は必要なし。 海外バイナリーオプション業者「ハイローオーストラリア」の日本撤退のうわさが流れ始めてから、5年以上が経ちますが、これまでどおりハイローオーストラリアは利用できています。 実際に運営元に問い合わせをしても、 「現状、そのような計画は一切ありません。 」との回答です。 ハイローオーストラリア撤退の噂は、1年おきに流れる。 ここまで見てきた通り、ハイローオーストラリアの日本撤退の噂は、1年おきに毎年流れてくるものです。 たとえて言うなら「〇〇年に地球は滅亡する」という噂とおなじくらい、アテにはならないものです。 実際にハイローオーストラリアの運営元が「撤退の予定はない」と言っていることからも、しばらくは日本からの撤退は無いと考えてもよいのではないでしょうか? もし、本当に日本から撤退するなら? とはいえ、もしハイローオーストラリアが日本から撤退するとしても、 ・すぐに資金を引き出せる準備 ・定期的に、稼いだ資金を引き出しておく 普段から上記の2点に気を付けておけば問題ありませんね。 ハイローオーストラリアが日本から撤退するとしても、口座のお金は返金処理がされると思いますが、念のために、定期的に口座から資金を引き出しておいたほうが安全です。 ハイローオーストラリアが日本撤退する噂の真実 このページで解説してきたとおり、 2014年ごろから毎年毎年、 「ハイローオーストラリアが日本から撤退する。 」という噂が流されてきました。 2019年にはハイローオーストラリアの運営会社も変わり、ユーザーとしては他人事ではなく不安を覚えたことでしょう。 しかし、実際にはハイローオーストラリアは日本から撤退することはなく、10年以上も運営し続けています。 また、[個人投資家の保護]を名目に、バイナリーオプションがヨーロッパで禁止されているのは事実です。 ・カナダ … バイナリーオプションを全面禁止(2017年9月28日) ・EU(欧州) … バイナリーオプションの禁止決定(2018年3月27日) ・ドイツ … バイナリーオプションを無期限禁止(2018年11月29日) ・フランス … バイナリーオプションを禁止とする方針(2019年3月25日) ・イギリス … バイナリーオプションを無期限禁止(2019年3月29日) ・デンマーク … バイナリーオプションを永久停止(2019年5月7日) ・イタリア … バイナリーオプションを無期限禁止(2019年6月20日) 上記のとおり。 しかし、 このような中でも、[日本]と[アメリカ]では、バイナリーオプションを規制業種として保護する法律があります。 そして、ハイローオーストラリアは知名度があがり、日本でもNo. 1の知名度をもつバイナリーオプション業者となりました。 結論:ハイローオーストラリアが日本撤退する心配はありません。 現状において、ハイローオーストラリアが日本撤退するというのは単なるネット上の噂であり、確認された事実ではありません。 ですから、「ハイローオーストラリアが日本から撤退するのではないか?」という心配をしても、杞憂におわります。 そんな状況が5年以上も続いているのです。 「ハイローオーストラリアが撤退するのではないか?」という心配をしている間に、僕はハイローオーストラリアで取引をはじめ、2千万以上の利益を稼ぎだすことができました。 の撤退を心配しているうちに、海外業者で稼いでしまったほうが圧倒的にお得ですよね。 それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

ハイローオーストラリアが撤退する!?噂の真相を徹底追跡【2020年最新】

ハイロー オーストラリア 撤退

関連記事 : 2019年はハイローオーストラリアの運営元が別会社に変更したのが引き金 2019年6月16日に運営元が変更になりハイローオーストラリアマーケッツからHLMI LTDに変わりました。 サイトのドメインも変更になったので多くの人がログインできない状況になりハイローオーストラリアが撤退する?という噂が出て来ました。 噂を具体的に集めると 1. オーストラリアのライセンスの記載とロイズ保険の記載がなくなり不安が積もった。 税金対策という悪い印象がついた。 に関して公式サイトに2019年6月20日時点では記載ないですがマーシャル諸島のライセンスを獲得しているとの事です。 に関してマーシャル諸島だと税金対策と考える人が多いかもしれません。 ビジネスを知っている人なら理解できると思いますがあまり知らない日本人は税金対策=悪いと思いますよね。 みなさんが知っている会社も税金対策はしているでしょう。 ちなみに経費を使う事も税金対策です。 子会社を作る事も税金対策の一種になります。 表向きには言わないから怪しいんでしょうけどね・・・ なのでハイローオーストラリアが別会社に譲渡しても基本問題はないです。 そしてまだハイローオーストラリアの口座の移行をされていない方は下記リンクから口座移行の手続きをしましょう。

次の

【2020年最新】ハイローオーストラリアの使い方!取引方法の違いや仕組みも徹底解説!

ハイロー オーストラリア 撤退

ハイローオーストラリア終了の噂は本当なのか 早速答えをお伝えします。 もちろん私はハイローオーストラリア中の人ではないので、あくまで知りうる限りの情報を踏まえた個人的な見解、ではありますが- 「ハイローオーストラリアの日本撤退は現状ない&心配する必要なし」、というのが私の答えです。 ハイローオーストラリアは先述の通り、海外業者の中でも特に日本人トレーダーから支持され、10年以上サービスを続けている老舗でもあります。 私もメイン口座の1つとして長らく利用していますが、 出金トラブルもなく安定したサービスを受けてきていますし、客観的に業者としての信用度も高いです。 若干サポートメールの返答が遅い感じを受けますが、それはユーザー数を抱えている大手である証拠でもあるでしょう。 きよみ そう、公式では一度も撤退するといったアナウンスは出ていないのです。 しかし火のないところに煙は立たないとも言いますし、噂の出どころが気になる方も多いと思うので、次項目から詳しく掘り下げていきます。 ちなみに私は、使っていた海外バイナリーオプション業者が撤退し、 口座が消滅した体験が"何度も"あります。 ぜひ皆さんにお伝えしたいびっくりエピソードもあるので、それも後述しますね…ふふふ…。 そもそも口座移行の通知の影響が大きかった ハイローオーストラリアは過去何度も撤退と終了の噂が出ていますが、直近で決定的だったのは公式が行った 「口座移行」の通知でしょう。 口座移行と言われてもピンと来ない方もいらっしゃるかも知れませんが、簡単に言うと運営会社の名義やドメインが変更 移行 になるので、利用者各位継続利用する方は「継続利用の同意」をしてね、というものです。 正式に移行が実施されたのが 「2019年6月16日」で、利用者としてはボタン操作1つで口座移行を行い、引き続きサービスを利用することができるので大きな問題は発生していませんが、いきなり「口座移行」と言われると不安に思われる方も少なからずいらっしゃったでしょう。 直近で言えばこの時が最も撤退・終了が現実味があるように大きく話題になったタイミングだったかと思います。 しかし実際は、口座移行の操作を利用者が行えば、以前同様のサービスを継続して利用できますし、利用者の取引には一切マイナスな影響はありませんでした。 2019年9月30日までに移行が完了していない口座は強制的に解約となり、口座残高は出金が行われました。 再度利用する場合は新規口座開設を行ってほしいと公式が発表しています。 口座が移行した理由 ハイローオーストラリアが口座移行を行った理由は「運営拠点の変更」です。 ハイローオーストラリアはその名の通りオーストラリアに運営拠点を置き 「HighLow Markets Pty Ltd」という会社でサービスが展開されていました。 バイナリーオプションに対する規制関連の話は後述しますが、オーストラリアの金融庁による規制内容に一部変更があり、オーストラリアから日本へ向けたバイナリーオプションサービスの提供が困難となったため、マーシャル諸島共和国という場所に運営拠点を移し運営会社も「HLMI Ltd」へと変更が行われたのです。 同時にサイトのドメイン・サイトURLも以下のように変更が行われました。 (ワンポイント)ハイローオーストラリアは口座移行前、ハイロードットコムは移行後と認識くださいませ! 参考 バイナリーオプション規制のこれまでの流れ オーストラリアの金融庁の規制強化により、2019年6月16日にハイローオーストラリアは口座移行を行い、撤退・終了と語られました。 しかしハイローオーストラリアの撤退・終了の噂は、ずいぶんと昔から定期的に話題となっていた事をご存知の方も多いでしょう。 あくまで決定打が口座移行であっただけ なぜ定期的にそのような噂が流れるのか?ここではバイナリーオプションの規制の流れについて見てみます。 日本による「バイナリー法改正」実施 この出来事は少し古く、2013年に遡ります。 現在、バイナリーオプションの業者も「国内業者」と「海外業者」とでハッキリとその特徴が分かれ、海外業者のほうがルールの自由度が高く稼ぎやすい・国内業者は縛りが強いという印象が広まっています。 このサイトでも海外業者の利用をおすすめしたりしています。 この特徴の差はここで書く2013年の法改正が要因となっており、短期取引 1分など短い時間での取引 の禁止や、連続取引の禁止 最低取引間隔を2時間は設ける をバイナリーオプションに掛けました。 例えばFXでも国内よりも海外の業者のほうが、よりレバレッジを利かせらると海外業者を選ぶ人が多いですよね。 それと同じ理屈で、日本ではギャンブル性を低くし、破産者を減らすためなどの理由で強い制限が設けらています。 2013年当時、バイナリーオプションの法改正が行われるという事で、海外のバイナリーオプション 日本の金融庁に未登録の業者 も追放してしまうのではないか?という噂がながれ、ハイローオーストラリアの日本サービス撤退が利用者の間で囁かれるようになりました。 結果、運営拠点がオーストラリアである以上、日本の法改正は適用されないということで、引き続き変わらず海外業者もサービス提供が行われているのですが、日本撤退・終了の話題はこの頃からあるので、利用者からすれば 「またか…」というイメージを持っているでしょう。 EUでのバイナリーオプション取引禁止 実はバイナリーオプション取引は法律上の扱いが曖昧になっている国が多く、正式に取引を認めている国は日本とアメリカのみです。 その他の国は基本的に該当する法律が少なく、認めてもいないけど禁止でもないといったケースが多いのが実情です。 そんな中2018年にEU 欧州 にてバイナリーオプションの規制強化が発表され、 イギリス、ドイツ、イタリア、フランスなど、次々とバイナリーオプション取引を禁止にするという出来事がありました。 きよみ ハイローオーストラリアの場合、先述の通り当時はオーストラリアを拠点とし、今もうまく合法の上で運営を行えるよう口座移行など対応をしサービスを継続しているのですが、当時は 「ハイローオーストラリアも撤退する!」と話題になった事を記憶しています。 ハイローオーストラリアの場合、日本人の利用者も多いため、今の支持が続く限りは運営を続けるスタンスなのだと個人的には感じています。 もちろん絶対撤退しないとは言い切れませんが、このようにトラブルにも対応してきた歴史を考えると、多少のことがあってもある意味安心ですよね。 ハイローオーストラリアに訪れた変化 上に項目ではバイナリーオプション全体の法規制や歴史的な観点から、撤退や終了の噂の原因を見てきました。 もちろん主な要因はそういった事にあるのですが、ハイローオーストラリアにも撤退するのではと噂される要因となった出来事がないわけではありません。 次はその部分を見ていきます。 ハイローオーストラリア公式アプリが終了 ハイローオーストラリアは当初、公式アプリをAppStoreやGooglePrayストアでも配信しておりダウンロードもできたのですが、2018年に両ストアから削除。 現在はアプリを利用する場合、ストアではなく公式サイトからダウンロードするしか手段がありません。 アンドロイド限定 2018年に海外でバイナリーオプション取引禁止の取り組みが広がった話をしましたが、ちょうどその頃にアプリも削除されてしまったため、ハイローオーストラリアも撤退説が濃厚と言われてしまったのです。 タイミングとしてはしょうがないですよね…。 ア プリの公式ストアの場合、各国の法律もそうですがアップルとGoogleの審査が別に行われますし、かつ金融商品の提供は年々厳しくなっていると聞きます。 実際ハイローオーストラリア以外の海外バイナリーオプション業者もストアでのアプリ提供は全て終了となりました。 逆に言えば、アプリの審査と公式サイトの運営は別物なので、アプリ終了を理由に撤退はないとも言えます。 ハイローオーストラリアで口座凍結が相次いだ? ハイローオーストラリアは人気の業者で、多くのトレーダーが利用しています。 それ故に悪質なトレーダーも多く、例えば規約上禁止されている自動売買ツールの利用者、複数の取引口座開設しボーナスを複数回受け取る、マネーロンダリングなどは口座凍結や、口座の強制解約なども随時ハイローオーストラリアは行っているのですが、一時期こういった取締が強化されたのではと噂になりました。 実際にそういった不正なアカウントがどれほどの量あったのかは定かではありませんが、歴史が長いサービスであれば取締強化を行うことは至極当然のことなので、確かに他の海外業者に比べると 所謂「口座凍結」の数は多いと思います。 きよみ もちろん不正を行わない限り口座凍結はあり得ないので、真面目に利用しているトレーダーにとっては取締強化はより安心できる事なので良いことだと思いますが、そういった噂が多く広がると、「口座凍結者が増えているのは、撤退を考えているのではないか」「撤退のために利用者への出金を減らしたいのではないか、だから凍結口座を増やしているのではないか」など根も葉もない噂が拡散されてしまいます。 不正の取締と説明されると納得できますが、ぱっと口座凍結が相次ぐと説明されると撤退や終了はもちろん、サイト自体を怪しんでしまいますよね、ハイローオーストラリアにとっては良い迷惑ながら、このように撤退の話題は定期的に作られたと言っても過言ではないでしょう。 実際に撤退した海外バイナリーオプション業者 ここまでハイローオーストラリアの撤退・終了の噂について紐解いてきました。 結論としてハイローオーストラリアは今のところ撤退の可能性は低いと言えます。 しかし、かつて「大手」と呼ばれ日本人人気も高かったにも関わらず突如撤退してしまったバイナリーオプション業者も確かに存在します。 その業者にも触れますが、日本でバイナリーオプションのとても大きなブームが来た時代についても語らなければなりません。 バイナリーオプション業者が乱立した時代 2014年の夏、日本でかつてないバイナリーオプション旋風が巻き起こりました。 ハイローオーストラリアは2010年頃から日本でサービスを提供を開始していたものの、バイナリーオプション投資自体が全く世間に認知されていない状態が続いていましたが、2014年の夏に日本人向けに特化したバイナリーオプションサービスが新規で登場し、ニュースや雑誌はもちろん、テレビ番組でも芸能人が取り上げるなど爆発的に一般に認知されるようになったのです。 その流れを受けて、爆発的に業者数が増え、最も多かった時期は100を超えるバイナリーオプション業者が存在していたと記憶しています。 とは言え、悪質な業者がかなり多く紛れ込んでいて 「入金したけど出金できない」などトラブルが相次ぎ、ここでバイナリーオプション自体が詐欺で悪質なものと覚えられた方も正直多いと思うのですが、私もバイナリーオプションをやっていると人に言えませんでした。 頭の弱い人だと思われるか、もしくは詐欺の勧誘と思われるか、そんな恐怖を感じていましたし、でもそれは実際そうだったと今思い出しても言えます。 そして有象無象の悪質なサイトは年々消えていき、必然的に評判の良いしっかりした運営を行っている業者だけが残っていきました。 撤退を余儀なくされた"大手"サイトたち 現在、 バイナリーオプションはハイローオーストラリア一強と言われるほど、トレーダー支持が偏っています。 実際私も初心者の方に初めて口座開設をおすすめするのであれば間違いなくハイローオーストラリアですし、その他信用できる業者の数 自分自身も口座を所有している業者 は片手で収まるのが現実です。 しかし2014年の爆発的ブームから数年後、2016年~2018年頃はハイローオーストラリアと方を並べる人気業者がいくつか存在していて、 24オプションと オプションビットがその代表格だったのではないでしょうか。 きよみ 24オプションはもともとキプロスを拠点に運営をしていたものの、バイナリーオプション規制が強くなったため、運営地を変更し、かつ日本人向けとして24オプションの姉妹ブランド 「Yバイナリー」という新規バイナリーサービスを立ち上げるなどしましたが、あえなく日本人向けのサービスを終了させていまいました。 もともと海外で人気のバイナリーオプション業者であり、 今も24オプションは海外からは利用可能だったりもするのですが、日本からは利用ができません。 海外が拠点である以上、日本の法規制の影響を受けないというのはハイローオーストラリアが撤退せずに営業を続けられている時点で証明されているのですが、悪質な業者が乱立したせいで 「日本の金融庁の許可を受けていない業者は詐欺」という風評費が当時は強く、かつハイローオーストラリアが日本人ユーザーを多く囲ってしまい、日本人向けにサービスを提供してもあまり得はないと24オプション運営は判断し撤退したと言われています。 きよみ 24オプションは日本という市場を諦め、海外ユーザーのみをターゲットとするため日本を撤退しました。 ではオプションビットは何だったかと言うと…「運転資金のショート」と言う説が濃厚で、実際多くの利用者が最後は資金の出金ができなかったそうです。 私も40万円ほど残高がありました。 そもそもオプションビットはアルゴビットという独自ツールを提供していて、やり方によって安定した高い勝率を出せると人気がありました。 そして入金額の割合でキャッシュバックを行うなど"還元率"の高さに定評があったのですが…それ故の資金ショートと考えると何とも言えませんね。 私の実体験を書くと、利益がそこそこ安定して出ていたので毎月出金を行っていたのですが、ある時 2018年の秋頃 いつもなら出金されている時期に入金されていなかったんです。 問い合わせをし、最初は 「出金申請が多くて対応が遅れている」と言った回答だったのですが、とりあえずはサポートともやり取りができているので 「しょうがないか、そんな時もあるだろう」とあまり深く心配もしていなかったのですが、翌月の出金申請と対応されず。 そうこうして数ヶ月出金ができない流れとなりサポートからの返答も遅れ始め…サイトが繋がらなくなりました。 一応最後にサポートからメールで「サービスは終了するけど資金は必ず出金しますので今しばらくお待ちください」と言った旨の内容をもらったものの、 ええ今現在までそれ以降の連絡もなく、入金もありません。 どうも調べていると、アフィリエイターや広告業者への支払いもストップしたそうで結構な大事になっていたようです。 業者が回収しそこなっているそうなので、個人口座の資金を回収するのは不可能と私は考えてそれ以上追っていませんが、大変苦い思いでです。 参考 不安にさせてしまった方へお伝えできること ハイローオーストラリアは多くの利用者から支持されていて、現状撤退はない。 それを軸とし、撤退の噂の出どころを洗っていくというテーマをメインに記事を書いていたましたが、大手も実際にいきなり撤退した事例もあると書いたことで、不安に感じた読者の方もいると思います。 確かに記事の中でも書きましたが「絶対に撤退しない」とは、私は運営者でもないので言い切れませんし、オプションビットの件は大きな痛手となりました。 でもそんな経験をしているからこそ、ハイローオーストラリアは今は安心だと感じているという背景もあります。 まず24オプションはハイローオーストラリアの展開力を見て日本での勝負は諦め撤退したと私は感じていて、客観的に考えてハイローオーストラリアはサービスが良すぎます。 だって5000円を入金し5000円をキャッシュバックから始まり、ペイアウト率も安定して高かったり、マイナスな要素がありません。 それに、広告費に膨大な資金を出しているの確実で、アフィリエイトの単価も業界で一番高いのです。 運営に関わっていない私も、そこまでやってどうして資金繰りができているのか不思議だったりします正直。 だから最初の頃はそれこそ資金を蓄えていきなり撤退するのではないか?とも怪しんでいましたが、もう10年以上の運営が成立している時点でその可能性は低いと言えます。 おそらく24オプションが撤退したことにその理由があって、日本市場を独占するために他が出せない好条件を出し続けているのだと私は思います。 オプションビットはそれに対抗するために好条件を出していたものの、資金力の差で悲しい結果になったのではと。。 もちろんこれは推測ではありますが、遠からずな自信はありますよ!信じるか信じないかはアナタ次第!• ハイローオーストラリアは現状撤退の心配はない• 世界て定期的に随時バイナリーオプションに関する法規制が発生し、都度撤退の噂が出ているが、随時対応済みである事• 日本市場を撤退した大手業者や資金ショートした元人気業者も、ハイローオーストラリアの存在があっての撤退説が濃厚 私自身が利用していた業者が撤退したなど経験も交えて書いた記事なので、かなり本題からずれたような内容も混じったかも知れませんが、比較対象があるからこそ、私がまだハイローオーストラリアは撤退しないと話している意味も少しだけ深みが出たのかな?と思っています。 定期的に撤退・終了と囁かれるので、変に不安になる事もあるかも知れませんがそれも利用者が多いからこその裏返し。 噂の出どころを見極め、歴史や経緯を知ると見えてくる事もありますね。 以上、きよみでした! ちなみにハイローオーストラリアに興味をお持ちの方はまず無料の「」からスタートしてみても良いでしょう。

次の