スイカ iphone 登録。 iPhoneにSuicaカードを登録する

【Apple Pay】iPhoneの『Suica』登録とチャージの方法一覧

スイカ iphone 登録

長いことJALカードSuicaをオートチャージ機能付Suicaとして利用してきた。 オートチャージ機能はとにかく便利。 設定したある金額を切ったら、自動改札を通過する際に勝手にチャージしてくれる。 さらに便利さを追求し、スマートフォンにオートチャージ+Suica機能を移したいと前々から思っていたが、iPhone 6ではそれができなかった。 しかし今回iPhone Xに買い替えたので・・・ 今回のミッション 先日iPhone 6からiPhone X に変更したことにより、モバイルSuicaをiPhoneで使用可能となった。 Suica機能をiPhoneに移せる、つまり、 持ち歩くカードを一枚削減できるということでもある。 少ない持ち物で生活したい人にとってこれは心踊る。 今回のミッションはシンプル。 「iPhone Xにオートチャージ機能付きSuicaを設定せよ」だ。 スマートフォン:iPhone X• View Card;JALカードSuica 登録にあたってわからないことだらけ ただ登録するだけだと思ったのだけど、思ったより躓きポイントがあった。 特に以下の2つは最初から分かっておくとスムースだったなと思うところ。 ある程度調べないと理解できない難しさがあるが Apple pay?Suicaアプリ? 調べたところ Apple Pay Walletアプリ でSuicaを登録してもオートチャージに対応していないらしい。 オートチャージ機能を使う場合、SuicaアプリをApp storeからダウンロードし、Viewカードを設定する必要がある。 JALカードSuicaの情報がiPhoneに移るの?それとも新しいSuicaがiPhoneに登録されるの? ここは最後まで登録してみてわかったのだが、後者が正しい。 今使っているJALカードSuicaの残額や情報がiPhoneに受け継がれるわけではないので注意が必要だ。 (JALカードSuicaは引き続きSuicaとして独立して使用できた) それでは登録しよう。 登録手順 1. 専用のSuicaアプリをApp Storeからダウンロードする 2. Suicaアプリを起動 3. My Suica 記名式 を選択 *記名式と無記名式? オートチャージをするには記名式を選ぶ必要があるとのこと。 ちなみに、用語の定義によると「記名Suica」とは、Suicaのうち個人を特定する氏名、性別、生年月日等の情報が記録されたSuicaをいうとのこと。 会員登録をタップ 6. 必須項目にメールアドレスやカード情報を入力する ここでクレジットカードを登録することができるので、 JALカードSuicaを登録する。 オートチャージ設定をするものではない。 これでiPhone XでSuicaを使えるようになった。 なお、SuicaはExpressカードとして登録でき、いちいちアプリを起動しなくてもiPhoneに電源さえ入っていれば認識される。 改札もスムースに通過できるというわけだ。 別途行うオートチャージ設定 まず新しいSuicaをSuicaアプリで発行し(上記手順まで)、発行後オートチャージ設定を行う。 チケット購入・Suica管理から「オートチャージ設定」を選択 2. オーチャージ申込を選択 3. 同意する 4. 完了、お疲れ様でした おわりに。 やってみてわかったこと 仕組みの概要 簡単に言うと、 今持っているView cardを移行するのではなく、新しいSuicaをアプリに登録・発行するということらしい。 仕組みが分かってしまえば手順の中で自分が今何をやっているか掴みやすくなる。 その新しいSuicaにチャージするカードにJALカードsuicaを登録する。 これによりオートチャージが可能となる。 なお、これらの機能を使えるのはビューカードのみなので注意願いたい。 やったことをまとめると• Suicaアプリで新規Suicaを発行• Viewカードを登録• オートチャージを別途設定 という手順。 なんだ簡単じゃないかと思う人もいるかと思うが、しっかり頭で理解するまで結構大変でした。 少しでもこの記事が参考になれば幸いです。

次の

iPhoneにSuicaカードを登録する

スイカ iphone 登録

iPhone7• iPhone7 Plus• iPhone8• iPhone8 Plus• iPhone X• iPhone XS• iPhone XS Max• iPhone XR• iPhone11• iPhone11 Pro• iPhone11 Pro Max• iPhoneSE 2020年モデル iPhoneのSuicaは年会費はかかるのか 年会費については少しややこしいのですが、 iPhoneであれば基本的に無料で使うことが可能です。 後ほど詳しく解説しますが、モバイルSuicaにクレジットカードからチャージするには、「 モバイルSuicaに登録したクレジットカード」と「 Apple Payに登録しているクレジットカード」の2つの方法があります。 この2つの方法のうち、Apple Payに登録しているクレジットカードからチャージすると、年会費はかからず無料で使うことができます。 一方でモバイルSuicaに登録したクレジットカードを使う場合は、 モバイルSuicaの年会費として1,080円かかるので注意が必要です。 ちなみに下記に記載している一部のクレジットカードであれば、モバイルSuicaに登録したカードでも 年会費無料で使うことが可能です。 My Suica(記名式)• Suica定期券• My Suica(無記名) 続いて「 会員登録」をタップし、個人情報を入力した上で「 次へ」を選びます。 新規発行には 1000円以上をチャージする必要があるので、「 金額を選ぶ」から任意の金額を選択しチャージをします。 以上で手順でSuicaの新規発行および、SuicaをWalletに追加することが完了しました。 無記名はサポートや引き継ぎができないので注意 ちなみに発行するSuicaを選ぶ際、「 記名式」と「 無記名」の二種類から選ぶことができます。 無記名は会員登録をせずにSuicaを使うことができますが、引き継ぎや紛失時のサポートを受けられないなどデメリットも多いです。 会員登録の手間こそあるものの、特別な事情がなければ記名式を選んでおくといいでしょう。 お持ちのSuicaカードをiPhoneに追加する 続いて既にカートタイプのSuicaをお持ちの方向けに、 Suicaのカードを読み込んでiPhoneのWalletに追加する手順を解説していきましょう。 WalletからSuicaを追加する まずiPhoneのWalletアプリを開き右上の「 +」をタップし、「続ける」を選択します。 交通系ICの中から「Suica」を選択し、普段お使いのSuicaを確認しながら SuicaのID番号と 生年月日を入力します。 IDはSuicaの表面に書かれた JEから始まる数字の下四桁になります。 最後にSuicaサービス取扱特約を読み「同意する」を選択すれば、WalletへのSuicaの追加は完了です。 モバイルSuicaに追加したカードは使えなくなる カードのSuicaをモバイルSuicaとしてiPhoneに取り込むと、その後はカードのSuicaとしては使うことができなくなってしまいます。 カードならではのメリットもありますので、カードからモバイルSuicaに変更する際は慎重に行うようにしてください。 iPhoneからチャージする方法 上記手順でiPhoneにSuicaを追加することができたと思いますので、続いてSuicaにお金をチャージする手順を解説していきたいと思います。 iPhoneに追加したSuicaにチャージするには、以下のいずれかの方法があります。 Apple Payに登録したクレジットカードでチャージする• モバイルSuicaに登録したクレジットカードでチャージする• 自動的にチャージされるオートチャージ• 現金でチャージする• 銀行振込でチャージする Apple Payに登録したクレジットカードでチャージする iPhoneからSuicaにお金をチャージする方法として、 Apple Payに登録したクレジットカードからチャージすることが可能です。 モバイルSuicaのアプリを開き、「 入金」をタップしてチャージしたい「 金額」を選択します。 Touch IDやFace IDで本人確認ができたらSuicaへのチャージは完了です。 ちなみにこちらのApple Payから支払った場合は、 モバイルSuicaの年会費がかからず無料で利用可能することができるのでオススメです。 モバイルSuicaに追加したクレジットカードでチャージする 上記と同じようにモバイルSuicaのアプリから、チャージしたい金額を選択します。 登録しているクレジットカード情報を選択し、Touch IDやFace IDで認証すればチャージ完了です。 ちなみにモバイルSuicaに登録したクレジットカードからチャージすると、 年会費1,080円がかかってしまうので「 Apple Pay」に登録したクレジットカードで支払うのがオススメです。 オートチャージの設定と方法 毎回なくなるたびにチャージするのが面倒という方は、一定の金額を下回ったタイミングで自動でチャージされる オートチャージ設定がオススメです。 ただしオートチャージの設定は、モバイルSuicaに追加するクレジットカードが「 ビューカード」のみ可能となっています。 オートチャージの設定はモバイルSuicaのアプリの「 チケット購入・Suica管理」から、「 オートチャージ設定」をタップします。 現金でチャージする方法 クレジットカードをお持ちでない場合や使いたくない場合、面倒ですが 現金からもモバイルSuicaにチャージすることが可能です。 全国のコンビニからチャージすることができますし、一部の駅にはモバイルSuicaにチャージできる券売機もあります。 銀行振込でチャージする方法 「みずほ銀行」「三菱UFJ銀行」「じぶん銀行」の3つの銀行であれば、銀行振込という形でSuicaにチャージすることが可能です。 ただし、各銀行ともモバイルバンキングの手続きが完了している必要がありますし、チャージするたびに振込手数料がかかるので全くもってオススメはしません。 実際に駅やバス・コンビニでモバイルSuicaを使う方法 モバイルSuicaを追加が終わりお金のチャージもできたら、モバイルSuicaの具体的な使い方につい解説していきたいと思います。 Touch IDやFace IDが不要でSuicaを使えるエキスプレス設定 モバイルSuicaを使うにあたりまず設定しておきたいのが、よりスピーディーな支払いを可能にるす「 エキスプレス設定」という機能です。 通常はSuicaを使う際にはTouch IDやFace IDを使って本人確認が必要ですが、エキスプレス設定をすれば認証なしで改札を通れたり買い物が可能です。 (一部店舗のみ) エキスプレス設定の方法は設定アプリから「 WalletとApple Pay」を選択し、「 エクスプレス」を選択します。 エクスプレに設定できるSuicaは一枚だけですので、複数のSuicaを登録している場合は設定したいカードを選べば完了です。 逆に落としたときに勝手に使われるのが怖いという方は、このエクスプレスの設定をオフにしておきましょう。 iPhoneのSuicaを駅の改札で使う iPhoneに入れたSuicaを使って駅の改札を通るには、 駅の自動改札口にあるタッチセンサーの部分にiPhoneの裏面を近づけるだけです。 WalletアプリやモバイルSuicaのアプリを起動する必要もありませんし、エキスプレス設定をしていれば指紋認証や顔認証をする必要もありません。 モバイルSuicaで改札を通るとiPhoneに通知で乗った駅と降りた駅と料金が通知が表示されます。 iPhoneのSuicaをバスで使う モバイルSuicaは電車だけでなくバスでも使うことができます。 バスにも駅の改札と同じようにカードをタッチする端末があるので、iPhoneの背面をタッチセンサーにかざせばモバイルSuicaを使うことができます。 先払いのバスであれば入 り口部分にある端末にタッチすれば支払いが完了です。 後払いのバスの場合は 入り口部分にある端末にタッチし、降りるときにも精算用の端末にタッチするとそのタイミングで支払い完了です。 iPhoneのSuicaをお店で使う Suicaは公共交通機関だけでなくスーパーやコンビニでも利用することができます。 お店でモバイルSuicaを使うには、会計の際に店員さんに「 Suicaでお願いします」と声をかけ、電子マネー用の端末にiPhoneをかざすと支払い完了です。 iPhoneの電源が切れてもSuicaは5時間ほど使える モバイルSuicaを使っていると電源が切れたら困るじゃんと言われることがありますが 、iPhoneの電源が切れても予備電力を使うことで最大5時間程度はSuicaを使うことができるのです。 予備電力が効いているときは電源ボタンを押したとき、「 エクスプレスモードのカードが利用できます」とのメッセージが表示されます。 iPhoneでSuicaが反応しないときは場所を確認しよう iPhoneの電子マネーのセンサーは背面の上部分に搭載されているので、iPhoneのちょうど真ん中のほうでタッチしても反応しないことがあります。 センサーの位置は写真の赤枠で囲んだ付近にあるので、反応しない場合はタッチしている場所を確認してみるといいでしょう。 iPhoneでSuicaの利用履歴を確認する モバイルSuicaで支払ったものは 利用履歴から確認することが可能です。 iPhoneでSuicaの利用履歴を確認するには、モバイルSuicaのアプリの「 SF利用履歴」からチェックすることができます。 ただし具体的な何を買ったのかどうかまでは履歴に表示されません。 また、 モバイルSuicaの利用履歴を削除することもできない仕様となっています。 機種変更時にすべきモバイルSuicaの移行設定 モバイルSuicaは同期して複数端末で使うことができないため、 端末を機種変更した際はモバイルSuicaの情報を移行するための手続きが必要です。 ここでは機種変更時の移行設定について、詳しい手順を解説してみたいと思います。 iPhoneからAndroidへモバイルSuicaの移行はできない まず注意していただきたいのが、 iPhoneからAndroidに機種変更した場合は、モバイルSuicaの情報を引き継ぐことができません。 そのためもしチャージ金額が残っている場合は、モバイルSuicaのアプリから 払い戻しの手続きをしておきましょう。 払い戻しの手続きはモバイルSuicaのアプリの「 チケット購入Suica管理」から、画面下にある「 このSuicaを払戻す」を選択すればOKです。 iPhoneからiPhoneへモバイルSuicaを移行する方法 iPhoneからiPhoneへモバイルSuicaの情報を引き継ぐには、まず 機種変更前の端末からSuicaの情報をサーバー上に退避する設定が必要です。 まず旧端末のWalletアプリからSuicaを選択し、画面右下にある (••• )をタップし、「 情報」タブを開きます。 最後に情報タブの画面一番下にある「 カードを削除」をタップすれば、AppleIDに紐づいた状態でサーバーに情報を移すことが可能です。 旧端末での設定が終われば、続いて機種変更する新しい端末での設定をしていきます。 新しい端末でWalletアプリの右上にある「 +」をタップし、「 続ける」を選択します。 最後に交通系ICの中から「 Suica」を選択し、サーバーに移したSuicaを選択すれば引き継ぎ設定の完了です。 iPhoneの故障・紛失でSuicaの移行ができないときの対処法 iPhoneからiPhoneにSuicaのデータを移行するには、上記で解説したように移行元のiPhone側で事前設定が必要です。 ただし、 古い方のiPhoneが故障していたり紛失してしまっていると、新しいiPhoneにモバイルSuicaのデータを移行するための設定ができません。 こういったケースはよくあると思いますが、Suicaを移行するための対処法がない訳ではありません。 iPhoneでSuicaのチャージができない 私自身も何度か経験があるのですが、 モバイルSuicaにチャージができない問題がたまに起きることがあります。 チャージげきない原因はいくつかあるのですが、特に多いのが チャージ残高への反映が遅れているだけのパターンが多いです。 僕と同じ問題であれば30分ほど待ると残高に表示されます。 焦って何度もチャージを繰り返すと、しばらくたってまとめてチャージされるのご注意ください。 無記名のSuicaのデメリット モバイルSuicaには記名式と無記名の2つがありますが、無記名のSuicaだと紛失時や故障時にサポートが受けられません。 無記名は登録など不要で手軽に始められますが、できるだけ 記名式のSuicaを使うことをおすすめします。 iPhoneのSuicaでオートチャージ設定ができない iPhoneのモバイルSuicaでオートチャージを使うには、モバイルSuicaに登録しているクレジットカードが「 ビューカード」である必要があります。 使うときにWalletを開く必要がある? モバイルSuicaを使うときに、わざわざWalletアプリを開く必要はありません。 さらに設定からSuicaを「 エクスプレス設定」にしておけば、Touch IDやFace IDで認証する必要もなくSuicaを使うことが可能です。 iPhoneでSuicaを使うメリット モバイルSuicaがない生活は今では正直考えられませんが、実際に私が使ってみて感じた モバイルSuicaの良いところをご紹介したいと思います。 新規発行がアプリから簡単にできる カードタイプのSuicaを発行するには駅で書類を書いたりと手続きが面倒ですが、モバイルSuicaであれば 新規発行もアプリから簡単に手続き可能です。 Suicaは欲しいけど駅に行って手続きするのは面倒、そんな人でもモバイルSuicaなら簡単に発行することができるのが素晴らしいですね。 いつでもどこでもチャージができる モバイルSuicaの何が便利かって、 Suicaへのチャージの手軽さです。 カートタイプのSuicaだとわざわざ駅やコンビニでチャージする必要がありますが、モバイルSuicaであればいつでもどこでも数タッチでチャージすることが可能です。 複数のSuicaを1つのiPhoneで管理できる モバイルSuicaでは 複数のSuicaを管理することができるので、仕事用とプライベート用でSuicaを使い分けている方も、iPhone1つで複数のSuicaを管理できるようになります。 最期に iPhoneでSuicaを使うためのマニュアルとして、モバイルSuicaの色々な使い方について解説してみました。 モバイルSuicaはコンビニや自販機はもちろん、チェーン店とかだと使えないところの方が少ないほど、対応店舗も多いサービスです。 以上、 iPhoneでのモバイルSuica使い方マニュアルでした。

次の

iPhoneに2枚目のSuicaを登録して用途に応じて使い分ける方法

スイカ iphone 登録

このページでは、iPhone Apple pay アップルペイ でSuicaを利用し、そのSuicaへチャージ及びオートチャージできるクレジットカードについて解説していきたいと思います。 まず、Apple pay アップルペイ でSuicaを利用する方法として、 【Walletアプリ】または 【Suicaアプリ】があります。 【Walletアプリ】は、あらかじめApple pay アップルペイ に入っているアプリです。 【Suicaアプリ】は、App Storeでダウンロードできます。 おサイフケータイ機能が付いたアンドロイドスマホや携帯で従来から使われていた 『モバイルSuica』に近い機能を持っています。 それでは、【Walletアプリ】へ登録できるクレジットカード、【Suicaアプリ】へ登録できるクレジットカードを、順にご紹介していきたいと思います。 【Walletアプリ】は使えるサービス、使えるクレジットカードが限られている 【Walletアプリ】は、手持ちのSuicaカードの情報を読み込ませて移行できるという便利さはあるのですが、使えるサービスが限られています。 交通機関利用とSuica決済できる店舗での買い物だけとなっています。 最小限の機能です。 Suicaグリーン券やモバイルSuica特急券などのサービスは使えません。 定期券を使いたい場合も、Suica定期券を取り込んでの継続購入のみ使えます。 また、登録できるクレジットカードも限られていて、Suicaへのチャージは都度のチャージのみで、 オートチャージはできません。 【Walletアプリ】に登録できるクレジットカード 【Walletアプリ】に登録できるクレジットカードは、イコール、Apple payに登録できるクレジットカードです。 Apple payに登録できるクレジットカードは、現在のところ、、、、、 ポケットカード 、 、、JCBカード、三井住友カード、三菱UFJニコス、クレディセゾン ・UCカード 、、dカード、TSキュービックカード、auウォレットカード、ソフトバンクカードとなっています。 上記のクレジットカードでも、Apple payに登録できるクレジットカードは、 JCB、Mastercard、アメックスブランドだけとなっています。 VISAとダイナースクラブは登録できません。 つまり、JR東日本のビューカードであっても、VISAブランドだと、【Walletアプリ】に登録できないということです。 【Suicaアプリ】は使えるサービス、使えるクレジットカードが多い JR東日本は、iPhone Apple pay アップルペイ ユーザー向けに、【Suicaアプリ】を提供しており、App Storeでダウンロードできます。 前述しましたように、【Suicaアプリ】は、アンドロイドスマホや携帯で従来から使われていた 『モバイルSuica』に近い機能を持っています。 したがいまして、【Walletアプリ】では利用できないサービスも使えるのが魅力です。 例えば、Suica定期券、Suicaグリーン券、モバイルSuica特急券 チケットレスで新幹線 、オートチャージなどのサービスも使えます。 【Suicaアプリ】に登録できるクレジットカード 【Suicaアプリ】に登録できるクレジットカードは、『モバイルSuica』同様に、国内発行のほぼ全てのクレジットカードが登録できます。 【Walletアプリ】だと登録できない VISAブランドやダイナースクラブカードも登録できます。 もちろん、JCB、Mastercard、アメックスブランドも登録できます。 また、以下の 「VIEW」のロゴと「Suica」のロゴが付いているクレジットカードなら、 オートチャージもできますし、クレジットカード利用で 貯まったポイントをSuicaへチャージして使うこともできるのです。 クレジットカードからSuicaへのオートチャージ 自動入金 およびチャージ 手動入金 分もポイント付与対象です。 や や も発行• 上記のクレジットカードの他にも、日本国内で発行されているほぼ全てのクレジットカードが【Suicaアプリ】に登録できます。 発行されているほぼ全てのクレジットカードが登録できるとはいえ、Suicaチャージ分をポイント付与対象としているクレジットカードは少ないのです。 どうせなら、 Suicaチャージ分もポイント付与対象としているクレジットカードを登録するほうがお得です。 Suicaチャージ分もポイント付与対象としている一例として、以下のクレジットカードがあります。 なお、下記記載のポイント還元率とは、Suicaチャージ分に対するポイント還元率です。 【Walletアプリ】でも無料です。 iPhoneだと無料なのに、アンドロイドだと年会費がかかるというのは、不公平だという感がありますが、アップルとJR東日本が日本でのApple pay アップルペイ 導入にあたって強いタッグを組んだということの表れなのか。 iPhone Apple pay SuicaもPASMOや全国の相互利用エリアで使える iPhone Apple payでのモバイルSuicaも、首都圏のPASMOエリアをはじめとして、全国の相互利用エリアで電車・地下鉄・バスの乗降の際にIC乗車券として使えます。 首都圏以外のエリアとしては、Kitaka JR北海道 、manaca 名古屋交通局地下鉄・バス他 、TOICA JR東海 、ICOCA JR西日本 、SUGOCA JR九州 、nimoca 西鉄など 、はやかけん 福岡市交通局地下鉄 があります。 ビューカードなどのオートチャージ設定できるクレジットカードを登録してご利用の場合でも、オートチャージ利用可能エリアは、首都圏・新潟・仙台の各SuicaエリアとPASMOエリアのみとなっていますので、ご注意ください。 オートチャージ利用可能エリア以外でSuicaを利用される場合は、残高をこまめにチェックすることをおすすめします。 残高が少なくなった場合は、【Suicaアプリ】を開いて、手動でのチャージをすればOKです。 買い物の支払いも相互エリアでOK Suicaは、「駅ナカ」「街ナカ」加盟店でお買い物の際にSuica電子マネーでのお支払いができますが、相互利用エリアのお店でもお支払に使うことができます。 また、ほとんどのコンビニチェーンでも、Suica電子マネーでのお支払いができます。 ただし、どのコンビニチェーンでも、Suica電子マネーで支払ってもポイントが貯まらないのが残念です。 Suicaの「駅ナカ」「街ナカ」加盟店にてSuica電子マネーでお支払いの場合は、 「100円または200円毎に1ポイント 1円相当 」のJREポイントが貯まります。 つまり、Suicaチャージでポイントを貯めて、「駅ナカ」「街ナカ」加盟店のお支払いでもポイントが貯められる、ということになるのでお得です。

次の